keiko's paris journal <パリ通信 - KSL> keikoparis.exblog.jp

パリ在住21年ライター&コーディネーター角野恵子目線のパリ情報です。Keiko SUMINO-LEBLANC, journaliste japonaise, FOOD et Life Style.


by KSL
プロフィールを見る

タグ:日本酒 ( 4 ) タグの人気記事

a0231632_06362897.jpg
左から、フェニックスのデック・ダーシーさん、クリスチャンさん、
ワークショップ伊勢の中澤寿美子さん
縦の川酒造の砥上さん、フェニックスのローランさん。



2018年1月16日

パリの日本食材セレクトショップ workshop Isse にて
フランスのロックバンド Phoenix
オリジナル日本酒お披露目会。



なぜ、フランス人ミュージシャンが
オリジナル日本酒を?

と、思いますよね。

フェニックスのメンバーは日本酒が好きで、
特別な機会に限らず、
日頃から
ワインやその他のアルコールと同じように
ちょくちょく飲んでいるのだそう。
日本の酒蔵を訪ねたこともあるとか!


物語のスタートは、
ギタリストのクリスチャンさんと
ワークショップ伊勢の創業者故・黒田さんの出会いでした。
当時、クリスチャンさんは
お店のすぐそばに住んでいて、
面白そうな店だなあと立ち寄ったのだそうです。

黒田さんが選ぶ日本酒は天下一品、
そして、黒田さんの表現豊かなフランス語も、また然りです。
杯を重ねるうちに、
クリスチャンは大の日本酒ファンに・・・


「日本酒になじみのない人たちにも
もっと飲んでもらいたい。
飲めば美味しいことがわかるし、きっと喜んでもらえるはずだから」


そんな黒田さんの思いに賛同したクリスチャンさん。
じゃ、フェニックスオリジナル日本酒を出そうよ! 
と。
黒田さんもクリスチャンさんも大好きな
楯の川酒造と協力し合って、
初オリジナル日本酒をリリースしたのが昨年の初夏のことでした。


しかし運命とは残酷で、
黒田さんは昨年2月に他界。
念願だったフェニックス・サケの完成を見ることはありませんでした。




でも、
「日本酒になじみのない人たちにも
もっと飲んでもらいたい」
という黒田さんの願いはこのコラボレーションの中に生き続け、
こうして第二弾が誕生したのです。

そしてなんと、次なる企画もあるとのことで・・・
楯の川酒造だけでなく、他の酒蔵の日本酒も
フェニックス・サケ・コレクションに加わるのだそう!

そうやってどんどん広がってゆく!!

日本酒が、フランス人やイギリス人、
スウェーデン人たちのテーブルに
普通に登る日が、
近い将来やってくるかもしれません。




a0231632_06373364.jpg

左のレインボーラベルが第一弾。

右のメンバーのイラストラベルが第二弾です。


フルーティで華やかだった第一弾がアペリチフ向けだとしたら
さらりと綺麗な辛口の第二弾は
ホタテのカルパッチョや
サーモンのタルタルに合わせたい!
食事に合う仕上がり。


ちなみに、フェニックス・サケは数量限定販売。
第一弾は日本ではすでに完売しています。
第二弾の発売は、この春の予定。



そしてその第二弾、
こんなに素敵な「セット」で販売されます!


a0231632_06370120.jpg


「日本酒になじみのない人にも
手にとって選んでもらえるように」


縦の川酒造のマーケティング・デザインを手がける
砥上さんが
オリジナルトートバッグ、オリジナル枡、そしてオリジナル風呂敷の
セット販売を立案。
これで、日本酒を楽しむ演出も完璧です!


ちなみにフェニックス・サケは東京の代理店と
パリのワークショップ伊勢でのみ発売、
しかも数量限定! 
希少です。
第一弾は、日本では完売していますが
パリには多少在庫あり→ workshop isse e-shop





この日は、食関係のジャーナリストや
フェニックスメンバーのお友達が大勢駆けつけ、
大変賑やかな会でした。

「フェニックスの日本酒は
水のように気持ちよく飲めるよ!」

と、盛り上がっていた男性も。

多くのフランス人にとって、サケ、は
中華料理の最後に出てくるつよーい蒸留酒(白酒)のことだったりします・涙
サケ? 強いお酒は苦手だよ、
と言う方もまだ多いのが現状。
そんな中、
日本酒を初めて飲む人たちが、
楯の川酒造の純米大吟醸から入る、というのは
一人の日本酒ファンとして嬉しいです。
フェニックスのおかげ!





そして私は
ワークショップ伊勢のおかげで、
憧れのフェニックスメンバーと会えました。
(2017年4〜12月まで
パートタイムで働かせてもらっていたのです)

ワークショップ伊勢社長の中澤さん、
ご招待ありがとうございました!


・・・

そんな
私のアイドル(?)フェニックス、
2003年に公開された映画
『ロスト・イン・トランスレーション』以来
ずっとファンです❤️
15年越し、ということ。
コンサートがあれば、必ず行ったものですよ。 
たとえそれが前座でも!
(信じられないけど、ベックの前座をやったことがある)






フェニックスのアルバムを以下
新しい順に:




昨年2017年の夏前に発売されたせいか、
爽やかで明るい
夏のイメージに彩られたアルバム。



ラジオで聞いたインタビューによると
前作から今作までの間に
フランス(そして世界)は多くの試練を体験した、
だからこそ
人生を謳歌したくなるような
軽やかなアルバムにしたかったのだそうです。







コンサートで大盛り上がりに盛り上がった
思い出の曲たち。
アルバム全体がシンセサイザーでキラキラっ!







私にとってフェニックスラブ絶頂期は
デビューアルバムからここまでだったように思います。
(今ももちろん好きですけど!)
フレンチタッチ❤️ なシンプルロック、良いわ〜








数々の名曲。
特に好きなアルバムです!!
モノトーンな(それでいて高度な)ギターに意識がはまる。






ヘナったトマのヴォーカルが
ついにスタイルを確立した!
カーディガンズの男版か? と思うくらい
ヘナってます・笑 そこがいいんだわ。






全てはここから始まった!
映画『ロスト・イン・トランスレーション』の
too young他、
今でも夢中になってしまう名曲がいっぱい!






各楽曲、彼らのサイトにも
ダウンロードアプリが貼ってあります→we are Phoenix









*****


角野恵子の共著書、翻訳本、よろしければ手にとってご覧くださいませ。


【アマゾンからお取り寄せ】
心地よく暮らす TOC TOC TOCの心地よい部屋づくりのアイデア


【楽天からお取り寄せ】







角野恵子、こんな仕事もしています。→こちら
取材、コーディネート、旅のお手伝い、ご質問etc コンタクトはこちらからどうぞ。→こちら



by keikosuminoleb | 2018-01-19 17:35 | パリで日本酒 | Comments(0)

パリの日本酒事情

a0231632_16520018.jpg
la maison du saké ラ・メゾン・デュ・サケのユーリン・リーさん




このところよく
パリの日本酒事情について質問されます。

近い将来、フランス他海外の国々に
日本酒の輸出ビジネスを計画中の方や、
フランスで日本酒を広げる活動をしたいと考えている方、
海外向け日本酒本を企画中の編集者さん・・・などなど。



パリで日本酒はどんなですか?
と質問された時に、
私の個人的な感想としていつも答えているのは

「パリでは日本酒はとても評価が高いです」

という意見。

2011年のサロン・スピリッツ (*こちら!)でも
ワイン評論家や美食評論家、
ソムリエやシェフたちが本物の日本酒に出会い、絶賛する様子を
目の当たりにしました。

フランス人は小さい頃から、
例えばクリスマスのテーブルなどでご馳走を食べる時などに
「これはどこそこの作り手のフォアグラで、他に比べてよりレアだ」とか
「この生牡蠣はどこそこ産で、後味の甘みがすごい」など、語りに語る
大人たちに囲まれて育っています。
だから、
味覚を分析し、美味しいものを評価する文化・習慣が
各自の中にある。

「えー、そうかな?
フランス人なんてろくに料理をしないじゃない」

とおっしゃる方もいると思いますが、
これまで20年間フランスに暮らし、
フランス人の中でやってきた私の感想は上のとおりです。
シンプルに見える(特に美食に興味を持っていそうもない)高校生が
初めて緑茶を口にして
「なんだか芝生の中にいるみたいだね、
どの紅茶とも全然違う不思議な味がする。
でも悪くない、フレッシュで美味しい」
というようなことを言うのです!


美味しいものを評価する(ことができる)フランス人たちの
首都がパリですから、
文化的好奇心の高い人が密集しているわけで、
よって、
選りすぐりの日本酒がパリで評価されないわけがない。
日本酒の試飲イベント salon du saké サロン・デュ・サケも
毎回大盛況です!!



しかし!


「パリの日本酒人気は、メディアでの話。
実際にビジネスとして成立するほどの支持があるのか、となると
話は別です」

と、la maison du saké ラ・メゾン・デュ・サケのユーリン・リーさん。


日本酒ブームを本当の意味でフランスに根付かせるにはどうしたらいいのか?

それを真剣に考え続け、
結果、ラ・メゾン・デュ・サケをオープンさせた彼。

というのも、
たとえ盛大な試飲会を開催し、来場者たち全員が日本酒を絶賛したとしても
それが実際の利益(販売)につながらなければ、
将来的には
各酒蔵の経営者さんも
酒造組合の皆さんも
パリ進出を諦めてしまいます。

膨大な予算、エネルギー、時間をかけて、パリ進出の努力をする面々、
そんな彼らをサポートし、フランス市場への橋渡しをするユーリンさん。

「双方に利益が生まれなければ、続かない。
日本酒のパリでの発展はありえない」


このシビアなフィロゾフィーから
1 試飲イベント開催
2 そこで紹介した日本酒の仕入れ・小売
3 レストランでのサーヴ
全てを満たしてくれるラ・メゾン・デュ・サケをオープンさせたと。


どうしたら、フランスで日本酒が売れるようになるのか?
ずっと考えていると話ていました。
そんな時に、日本でヒットしたボジョレーヌーボーの戦略に
多くを学ぶそうです。

また、ラ・メゾン・デュ・サケは
昨年末、地下にヨーロッパ最大(?!)のウイスキーバーをオープンしたのですが、
それも

「ウイスキーブームは絶大なので、宣伝の必要がありません。
世界中から来店するウイスキーファンの皆さんが、ここで日本酒に出会う、
そんな思いでウイスキーバーを作りました」



ユーリンさんと話をしていると、
本当に応援したいと心から思います。

また、彼がフランス人のお客様にする日本酒の説明も、
彼独自のアプローチで面白い!
例えば、日本酒のタイプを「甘口、辛口」で区別せず
「サケ・モダン、サケ・トラディション」と区別します。
モダンの方はワイングラスで飲んだほうが美味しく、
トラディションの方はお猪口。
その理由は・・・


と、話はつきませんが、このくらいで。



パリで日本酒を買える場所は、
la maison du saké ラ・メゾン・デュ・サケの他に
パリ一番古い日本食材スーパー 京子食品
有名シェフ御用達の日本食材セレクトショップ workshop issé
など。
パリ13区チャイナタウンの中国スーパーにも
かなりレアな銘柄が置いてあってびっくりしました。

また、街場のワインショップでも、品揃えに工夫のあるところでは
日本酒や梅酒を扱っていたりします。
(チェーン店のニコラなどにはありません)
一度、そんなワインショップの販売の方と話をしたら、
日本酒の勉強会に参加したことがあると教えてくれました。
勉強会、どういった組織がオーガナイズしているのでしょう。
ジェトロじゃないだろうし・・・(ジェトロだったら万々歳ですが)
興味があります。

また、
獺祭はパリ支部がありますし、
盾の川も担当の方がパリにいらっしゃって、
食イベントなどに積極的に出展し、プロモーションされています。
一度、獺祭パリ支部の方に
近い将来どこでも普通に日本酒が買えるようになるといいですね、と言ったところ
「実はそれも良し悪しで、管理ができない店で売られるのは困る。
もし状態が悪くなったものを売られてしまったら、
お客様にはそれが獺祭だと思われてしまうから」
との事で、確かに
いい日本酒になればなるほど
ただ数が売れさえすればいいという問題じゃないんだ、特に発展途中の今の時点では、
と思ったのでした。
(注:人件費をかけてでも、自社製品を正しく伝えるために
努力している酒蔵もあるということ)


そういえば・・・
もう10年以上も前ですが、
フランス人ワイン評論家の家に呼ばれた時、
だいぶ前に開栓したであろう日本酒の瓶を戸棚から出されて
「それはもうダメだよ・・・」と思ったことがあります。
日本酒は、コニャックではありません・・・
開栓後に3ヶ月も4ヶ月も戸棚に入れておいたら、
別物になってしまいます。
・・・ということも、知ってもらわねば。
私はいつもフランスの友人に
「日本酒は蒸留酒じゃなくて、ワインと同じだよ。
アルコール度数もそうだし、
栓を開けたら早く飲んだほうがいいのも同じ」
と言っています。





変わって、
飲める店、という店では
ここ数年は
日本レストランに
いい日本酒がずらり揃っていて嬉しい!!
先日行ったpecopeco (*こちら!)や
izakaya issé
うどんのさぬき屋、お蕎麦の更(*こちら!
など。
ユーリンさんのおっしゃる通り、やっぱり飲める店の存在は重要です。
そこでどんどん消費されれば
どんどん広がる、活性化する。


ちなみに、15年前は
ホテル日航の鉄板焼きレストランですら
美少年くらいしかなかった・・・





以上、ざっとですが
パリの日本酒事情でした。
「限られた知識人たちの高尚なお楽しみ」から、
「広く一般に知られる存在へ」。

今年は、フランス初の日本酒コンクール蔵マスターも開催されます。
フランス人ソムリエたちによる
フランス人のための日本酒コンクール!!

パリの日本酒、盛り上げて行きたいです。
美味しいですからね、何しろ!!


⭐︎ ジェトロによるフランスへの日本酒の輸出ガイドブック
ヨーロッパの国別日本酒消費量等
具体的な統計が出ています。
参考になります。








* * * * * * *

角野恵子、こんな仕事をしています。→こちら
取材、コーディネート、旅のお手伝い、ご質問etc コンタクトはこちらからどうぞ。→こちら


応援クリックお願いします → にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ




                                                what's new in paris ?  パリ情報毎日アップ!→ a0231632_18374182.jpg      
   

                                                    my daily life  日々のスナップ → a0231632_1838120.png

by keikosuminoleb | 2017-02-20 23:20 | パリで日本酒 | Comments(0)
a0231632_00514776.jpg


「パリで和食、どこかいいお店ないかな〜〜」
と、比較検討することはよくあります。


「普通の日本のご飯が食べたい」
と、我が娘らもよく言います。(私が作ってあげればいいのですが)

コロッケや唐揚げが美味しくて、
値段が手頃で、
できればいい日本酒が飲めることろ・・・

そんなリサーチ中にチェックしたのが、
ここ、peco peco ペコペコ。

チェックしながらもなかなか機会がなく、
先週、ようやくディナーに行きました。



a0231632_00511875.jpg



ビストロ風なおしゃれな店内。
一目では
和食を出す店、という気はしません。

実はこのペコペコ、
フランス人経営者と日本人料理人の二人が
共同経営でスタートしたお店なのだそう。
だから、パリの他の和食店にはない
独特の、感じのいい
ミックステイストな空間なのですね。



ビストロといえば、の
黒板メニューもこの通り。

a0231632_00494648.jpg


程よくポップなのれんに
パリ特有のタイルの床。
古びた感じと清潔さ、モダンさの調和。
狙っても、なかなか
できるものではないですよね!!






そしてカウンター。
居酒屋の木のカウンターではなく、
一枚石で段差のない
フランスのカフェのカウンターですね。


a0231632_00521333.jpg





連れの到着を待ちながら・・・


a0231632_00523901.jpg

枝豆のから入れ!!
これ誰が折るんだろう?!
私はもう折れない気がします。
折り方を忘れています!!




さて、到着した連れ(仏人男性)は
メニューにはない「おまかせ!」をオーダー。
日本人板さん(シェフ)「萬ちゃん」が
わがままを聞いてくれました。
ありがとうございます・・・
いろいろ見繕って
小さなポーションで、こんな具合に。


a0231632_00541710.jpg

自家製キムチ。
タコは酢だこではなく
ちょっとだけ甘いタレで(お酢の風味は一切なし)。




日本酒は濁りを注文。

a0231632_00550311.jpg

この乳酸・・・!!
お肌も内臓もピカピカになりそうです。

「キムチを食べた後に
一口飲んでみて!
キムチの辛味が中和されるよ」

と、グルメな連れ。




お蕎麦のサラダ。
散らしたざくろが綺麗です。

a0231632_00552410.jpg



唐揚げと野菜コロッケ❤️
肉を食べない私のために
萬ちゃんが工夫してくれました。

a0231632_00554976.jpg





揚げ餃子もベジ!


a0231632_00560936.jpg





イワシのフライ〜〜〜〜❤️
家で作ると匂いと油が厄介で
ついつい面倒になってしまいますが、
程よくレア感を残したジューシーな揚げ具合で
美味しくいただきました❤️

a0231632_04113987.jpg


「お腹はどうですか?」
と、萬ちゃん。
もうかなりいい感じです。

3種類あるデザートを
3種類すべてオーダー。


a0231632_00562836.jpg

日本人パティシエールが作る
抹茶ティラミスとチーズケーキ!
絶品でした。
抹茶ティラミスはあくまで軽く、
チーズケーキはかなりゴッツリとインパクトのある食感・甘さ。
こういうパンチの効いたチーズケーキは
お上品なものが主流な今
かえって貴重!
ものすごく満足しました〜〜〜〜❤️



店内に目を向ければ
おしゃれなパリジェンヌが
カウンターで飲んでいます。

a0231632_01005660.jpg


和食が、パリでこんな風に定着していることが
とても嬉しい。


小さな店内はお客さんでいっぱい。
ご来店のさいは是非予約を!



a0231632_01001033.jpg

お皿を持った後ろ姿が「萬ちゃん」こと
シェフの萬谷美顕さん。
ペコペコのシェフに就任し2年、
それ以前はKinugawa他
パリの高級和食レストランの厨房で
腕をふるっていたそうです。


メニューにベジタリアン仕様が多かったので
ちょっとそのことを伺ったら

「いつかベジタリアンの店をやりたいんです」

とのこと!!
この日、私が食べたキムチ、お蕎麦、コロッケ、餃子は
ベジタリアンでしたが
ちっとも禁欲的なところがなく
わざわざベジ対応にしてもらったという
気がしませんでした。
肉を食べない人(私)だって
普通に美味しいものが食べたいのです。
「ベジプレート」になると
途端に葉っぱだけ生で出すような店も結構あるパリで
萬ちゃんのようなアプローチを取ってくれる
シェフの存在は重要!

今後の動きに注目したいです〜〜〜!!


a0231632_00505150.jpg


peco peco
47 rue Jean-Baptiste Pigalle
75019 Paris
tel. 01 53 16 19 84
営業時間:12時〜14時 19時〜22時(土曜の昼は休業)
定休日:日曜





Facebook ⇨ peco peco Facebook




【ショッピング】
ペコペコにはもちろんワインもあります!
フランスワインのお取り寄せに便利な
ワイン専門店エノテカのオンラインショップはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ ↓






*****


角野恵子の共著書、翻訳本、よろしければ手にとってご覧くださいませ。








角野恵子、こんな仕事もしています。→こちら
取材、コーディネート、旅のお手伝い、ご質問etc コンタクトはこちらからどうぞ。→こちら








by keikosuminoleb | 2017-02-06 18:40 | FOOD | Comments(2)
a0231632_16120349.jpg


雑誌『Pen』のパリ版が、
先日発行されました。


3号目となった今号は、日本酒特集。

ということで、La Maison du Saké ラ・メゾン・デュ・サケにて
発行記念パーティ!



a0231632_16125209.jpg



Pen Paris は、
フランスの新聞『フィガロ』定期購読者の元に
配布されました。

本屋やキオスクで
購入することはできません!

では、フィガロ定期購読者以外は
読めないの?


ということはなく、
パリの和食レストランでも入手可能。
無料です!
(クラースな和食レストランへ
お運びくださいませ)

サイトもあります!→ Pen Online France





a0231632_16153061.jpg


発行記念パーティ会場には
『Pen』が厳選した日本酒6品と、
大粒和栗がごろん!と入った
銀座へしれけーき が並び・・・




a0231632_16171222.jpg



カウンターにも
和の食材をふんだんに使ったお料理がずらり。
(しかし写真が悪く割愛)




懐かしの八海山!


a0231632_16173405.jpg

昨年、新潟の友人が
はるばる持ってきてくれました〜




ラ・メゾン・デュ・サケでは
2016年12月23日まで、
『Pen』がおすすめする日本酒の
試飲ができるようです。
詳しくは→ La Maison du Sake Facebook




a0231632_16105982.jpg

La Maison du Saké

11, rue Tiquetonne
75002 Paris
tel; 09 67 61 97 03
営業時間:サケテーク 11時〜(日曜は18時〜)
イザカヤ 19時〜
定休日:なし




* ラ・メゾン・デュ・サケ、お店の様子は→ こちら!

* レストランの様子は→ こちら!



実は・・・

Pen Paris vol 3 に、わたくし角野が登場しております!
P40〜45




a0231632_02371854.jpg


「パリで20種類の日本酒を飲む」
特集で
飲んで、食べております。



フランスの食に詳しいジャーナリスト
ということで、
光栄にもお声掛けいただきました。



a0231632_02375846.jpg


めっちゃ感じよく撮影してくれた
カメラマンは、
篠あゆみさんです!!
篠さんありがと〜〜〜〜〜〜〜




a0231632_02423188.jpg





みなさん、雑誌『Pen』のクオリティーは
よくご存知かと思います。
・・・

よくこの私が、と思います! 涙


言い訳(?)をさせていただくと、
以前、フランスの料理雑誌Régal レガルで連載をしていました。
日本のワインのことや、学校給食、
伝統的な朝食・・・などなどを紹介し、
結構好評だったのですよ。

あと、年2回だけの発行になりますが、
英仏バイリンガルデザイン雑誌TL mag でも
主に食関係のページを担当しております。
こちらは現在も!


Pen Paris 露出を機に、2017年こそは飛躍できるか?
来年49歳です〜〜〜〜








*****


角野恵子の共著書、翻訳本、よろしければ手にとってご覧くださいませ。








角野恵子、こんな仕事もしています。→こちら
取材、コーディネート、旅のお手伝い、ご質問etc コンタクトはこちらからどうぞ。→こちら








by keikosuminoleb | 2016-12-21 04:23 | お仕事のお知らせ | Comments(4)