keiko's paris journal <パリ通信 - KSL> keikoparis.exblog.jp

パリ在住21年ライター&コーディネーター角野恵子目線のパリ情報です。Keiko SUMINO-LEBLANC, journaliste japonaise, FOOD et Life Style.


by KSL
プロフィールを見る

タグ:マンダリンオリエンタル・パリ ( 13 ) タグの人気記事

a0231632_17133513.png


2018年5月2日

清々しい五月晴れの空の下、
ゴールデンウイーク特別企画
『マンダリンオリエンタル・パリのラグジュアリー体験ツアー』
を開催することができましたので、ご報告。

ツアー告知↓





アルバム写真左上、
緑の中で日光浴している場面は
このホテルで最も広いスイートルーム
ロイヤル・マンダリン・スイートのテラス!
このテラスからは
チュイルリー公園の観覧車からエッフェル塔まで、
パリの屋根の風景を一望できます。
この眺め、芸術作品です。



シェフパティシエ
アドリアン・ボゾロさんのデモンストレーション。

a0231632_17140800.jpg

三角形のサントノレが
いかに手の込んだ工程を経て作られるのか
教えてくだいました。

パティシエの探究心に感服しました!




レストラン『カメリア』でティータイム。
グラスシャンパンは、マグナムからサーヴ💗

a0231632_17164645.jpg

銘柄は、ルイ・ロデレール💗




a0231632_17173431.jpg

グラスのカメリアのロゴ、
うまく撮影できませんでしたが
キラキラです!



ティータイムの盛り付け!
きゅうりのサンドイッチを食べてから
撮影したので、一番下のお皿に空白がありますが。

a0231632_17175478.jpg


バー8や、スパ、
屋上のミツバチの巣箱も見ました。


マンダリンオリエンタル・パリの蜂蜜は、
短期間宿泊されるゲストが
バスローブやバスタオルを毎日変えなくてもいい、と指定した場合に
お礼として差し上げているそう。
エコロジーへのアプローチです。





さて、今回のラグルアリー体験ツアー、
参加されたお客様からは

「普段自分では足を踏み込まない場所を
見ることができてよかったです!」

「パラスホテルと聞くと気後れするけれども、
実はスタッフの皆さんとても親切で、気持ちのいい時間を過ごせました!!」

「この心地よさは癖になりそうです!」


などのご感想を頂戴いたしました。

物価高のパリ、
ちょっと食事をすればあっという間に高額になります。
そんな時代だからこそ、
本物のクオリティーとその価格が、説得力を持つと思います。

いつ行っても必ず心地よくなれる場所。
そんなパラスの魅力を、日本のお客様と共有することができました。
体験ツアー、企画してよかったです。



そして、参加してくださったリピーターの皆様!

今年のGWもお会いでき、本当に幸せです!!!!!

ありがとうございました!






【お知らせ】
ラグジュアリー体験ツアーに、ご興味を持っていただけましたか?
ご希望に合わせて、同様の体験ツアーをアレンジ致します。
いつでもご相談くださいませ。
以下HP Contactからご連絡を ↓








ワイン専門店エノテカが、マンダリンオリエンタル・パリが選んだシャンパン
ルイ・ロデレールを扱っています。
シャンパンは管理が肝心! 
購入する際は、信頼できるショップでぜひ!
どんな逸品も、テレビの上に2年間飾ったようなものでは
本来の味は期待できません!! もたいないです。





* * * * * * *

角野恵子、こんな仕事をしています。→こちら
取材、コーディネート、旅のお手伝い、ご質問etc コンタクトはこちらからどうぞ。→こちら


応援クリックお願いします → にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ




                                                what's new in paris ? → a0231632_18374182.jpg      
   

                                                    my daily life → a0231632_1838120.png

by keikosuminoleb | 2018-05-04 17:47 | お仕事のお知らせ | Comments(0)


フラワーアレンジメントの専門雑誌

『花時間』のウエブマガジンにて

連載を担当させていただくことになりました。






毎週1回更新します。

人気コンテンツになったら
もっと頻繁に更新できる!? はずですので、
どうぞみなさま、応援のほどよろしくお願いいたします!








【花を飾る一口メモ】


マンダリンオリエンタル・パリの
チェックインカウンター。
ドーム型の花器に、スイートピーと
ビバーナムが活けてありました。

a0231632_20015199.jpg




ちっちゃな小瓶にさしています💗

a0231632_20021322.jpg





【お知らせ】
2018年5月2日(水)
マンダリンオリエンタル・パリの
ラグジュアリーを体験するツアーを開催します。
あと2名さまのお申し込み可能です。









*****


角野恵子の共著書、翻訳本、よろしければ手にとってご覧くださいませ。


【アマゾンからお取り寄せ】
心地よく暮らす TOC TOC TOCの心地よい部屋づくりのアイデア


【楽天からお取り寄せ】







角野恵子、こんな仕事もしています。→こちら
取材、コーディネート、旅のお手伝い、ご質問etc コンタクトはこちらからどうぞ。→こちら



by keikosuminoleb | 2018-04-27 20:10 | お仕事のお知らせ | Comments(0)
a0231632_15420347.png

『マンダリンオリエンタル・パリ』を訪問

そしてシェフ・パティシエ

アドリアン・ボゾロさんと出会う!

フランスのラグジュアリー体験ツアー





開催日:201852


時間:15時〜16

(*16時からティータイム。終了時間はご自由です)


料金:40ユーロ

(*別途ティータイム料金48ユーロをご負担いただきます)








パリを代表するパラスホテルマンダリンオリエンタル・パリ

一歩足を踏み入れると・・・


眩い色大理石のロビー、

「アーバンジャングル」の誉れ高い中庭、

ウエルネスの最高峰『スパ・マンダリンオリエンタル』、

そしてかのティエリー・マルクスシェフが腕をふるう

レストラン『シュール・ムジュール』etc

そこには洗練と贅沢の粋を集めた、

特別な空間が広がります。





a0231632_07525279.jpg




迫力あるアート作品は
なんと刺繍でできています!


a0231632_07545040.jpg


エントランスのアート作品は
花同様に定期的に作品が変わります。
6月はどんな作品が
展示されるでしょう?





新緑眩い5月の午後、

ホテル代表者の案内で館内を散策。

客室、中庭、バー、スパ、フラワーアレンジメントの数々・・・



a0231632_07532977.jpg





a0231632_07542418.jpg
ホテル内部への期待を高揚させる
エントランスの花。
客室ほか、ぜひ実際にご覧いただきたい!




フランスのラグジュアリーに浸りきったら、

シェフ・パティシエの

アドリアン・ボゾロさんとランデヴーです。

彼の代表作『トライアングル・サントノレ』を、特別にデモンストレーション!

もちろんこの機会に、

レストラン『カメリア』に並ぶパティスリーの数々を、

ボゾロさん直々に説明していただきましょう。


ツアーの最後はぜひ、お好きなテーブルで

『マンダリンオリエンタル・パリ』のティータイムをご体験くださいませ。

(*ティータイム48ユー別途ご負担いただきます)







限定5名様までの

特別企画。

ぜひこの機会に、フランスラグジュアリーの頂点を

ご体験くださいませ!







パティスリー・デ・レーヴ出身の
シェフパティシエ、アンドレ・ボゾロさん。

a0231632_15411305.png



彼の代表作、トライアングル型のサントノレ。

a0231632_15342701.png

どんな風に組み立てるのか?
そのモンタージュを特別に
目の前でデモンストレーションしていただきます。








パリのパラスホテルに先駆け
パラスのクオリティーをテイクアウトできるシステムを採用した
『ケーキショップ』。


a0231632_15345926.png
ここに並ぶパティスリーを
シェフパティシエのボゾロさん自ら
ご説明 162.png





館内の散策と
ボゾロさんのデモンストレーションを
たっぷり満喫した後は、
ぜひこの機会に
ティータイム(*別料金)をお楽しみくださいませ!

a0231632_15340162.png
Photo by @aparisianjourney



《ティータイムメニュー》

48ユーロ(グラスシャンパン付き68ユーロ


温かいお飲み物

お好みのパティスリー

finger chocolate

抹茶のスイーツ

フィンガーサンドイッチ盛り合わせ

ヘーゼルナッツと柚子のケーク

パンナコッタとココナッツのエキゾチックブリュノワーズ

スコーンの盛り合わせ

ボルドー流本格カヌレ




マンダリンオリエンタル・パリのクオリティーと
サーヴィスが行き届いたティータイム。
この内容で48ユーロは
自信を持ってオススメできます。



a0231632_15344318.png

五月晴れの空の下、
アーバンジャングルのテラスで
ティータイムもいいですね。


限定5名様までの特別なツアーです。

お申し込みお待ちしております!






お申し込み:

参加者の①人数と ②フルネーム
(可能であれば代表者の携帯番号)
③パリの滞在ホテル名を添えて
こちらから→『contact』からお申し込みお願い致します





注意事項:
・ 集合場所は、マンダリンオリエンタル・パリのロビーです。
・ 当日15時までにロビーにお集まりください。
・ 集合場所までの移動が不安な方は、お申し込みの際にご相談ください。
・ ティータイム料金は、ツアー参加費40ユーロに含まれません。
・ お支払いは当日現金にてお願致します。振込みご希望の方はご相談ください。
・ お名前入りの正式な領収書を発行いたします。角野恵子会社情報→société








キャンセリングポリシー

ツアー1週間前から2日前までのキャンセル  ツアー料金の30%

ツアー前日のキャンセル − ツアー料金の50%

ツアー当日のキャンセル  ツアー料金の100%

ツアー当日の無連絡不参加  ツアー料金の100% 

*4月24日までのキャンセルは無料です






a0231632_07554785.jpg

5月2日、
パラスホテルの門をくぐって
魅惑の世界をご体験くださいませ。








『マンダリンオリエンタル・パリ』を訪問

そしてシェフ・パティシエ

アドリアン・ボゾロさんと出会う!

フランスのラグジュアリー体験ツアー





開催日:201852


時間:15時〜16

(*16時からティータイム。終了時間はご自由です)


料金:40ユーロ

(*別途ティータイム料金48ユーロをご負担いただきます)







お申し込み:

参加者の①人数と ②フルネーム
(可能であれば代表者の携帯番号)
③パリの滞在ホテル名を添えて
こちらから→『contact』からお申し込みお願い致します






a0231632_17411964.png










お知らせ:

おかげさまで、こんなに充実した体験ツアーとなりました!







*****


【2018年6月のツアー】
a0231632_04150008.jpg

パトリック・ロジェさんのアトリエ訪問を
2018年6月20日(水)に開催いたします!
詳細は → こちら! ご覧くださいませ。







*****


角野恵子の共著書、翻訳本、よろしければ手にとってご覧くださいませ。


【アマゾンからお取り寄せ】
心地よく暮らす TOC TOC TOCの心地よい部屋づくりのアイデア


【楽天からお取り寄せ】







角野恵子、こんな仕事もしています。→こちら
取材、コーディネート、旅のお手伝い、ご質問etc コンタクトはこちらからどうぞ。→こちら



by keikosuminoleb | 2018-03-23 16:25 | ツアーのお知らせ | Comments(0)
a0231632_18442210.jpg


5月16日は聖オノレの日、
つまりサントノレの日!

ご存知の方も多いと思いますが、
フランスのカレンダーを見ると
どの日にも必ず聖人の名前が記されています。

例えば、2月14日は聖ヴァランタンの日。
つまりセント・バレンタインデー、というふうに。

パリのサントノレ通りにあるパレスホテル 
Mandarin Oriental Paris マンダリンオリエンタル・パリは、
今年から聖オノレの日=サントノレの日を
お祝いすることに!

サントノレ、といえば、フランスの伝統スイーツの名前でもあります。
シュークリームをミニピラミッド型に積み重ねて
クリームでデコレーションしたお菓子、
と表現すればいいでしょうか。
シュー菓子好きにはたまらない一品で、
かつ、マンダリンオリエンタル・パリのシグネーチャーとも言えるスイーツ!
つい今年の5月頭までシェフパティシエを務めていたダヴィッド・ランドリオさんが
かつて見たことのないエレガントなサントノレを作ったのでした!
*ダヴィッド・ランドリオさんのサントノレは⇨こちら!



・・・前置きが長くなりましたが、そんなわけで
マンダリンオリエンタル・パリとサントノレ(通りも、お菓子も)は
切っても切れない間柄。
今年から毎年、サントノレの日をサントノレ(お菓子)でお祝いする
というイニシアチブ、遊び心があって素敵だと思います❤️



サレ(塩味系)のサントノレが数種類ふるまわれ、
シャンパン片手に談笑していると・・・



超巨大サントノレが登場!

a0231632_18453659.jpg

もう2ヶ月も前のことなので
忘れてしまいましたが、
確か280人分のサントノレだったと思います。

それにしても見事な美しさ!!

こんなに大きいのに、パーフェクトな仕上がりですよね。
さっすがパレスホテルのクオリティー❤️




パティシエたちが数名連なって
両脇をささえて運んできました。

a0231632_20011513.jpg




サレのサントノレはこちら ↓

a0231632_18433913.jpg



シェーヴルチーズ(ヤギチーズ)と
トマトだったと思います。

a0231632_18431578.jpg







a0231632_18440218.jpg





こちらは甘いサントノレ。


a0231632_18450030.jpg
ローズ、ヘーゼルナッツ、ピスタチオ
だったかな。




シャンパンは、ルイ・ロードレールのロゼ❤️❤️❤️



a0231632_18451613.jpg


普段はロゼを選ばない私も
このロゼは美味しかった〜〜〜〜



ルイ・ロードレールの営業マン氏の
携帯ケースです。
いいですよね!


a0231632_18444381.jpg



初夏の夜はゆっくりとふけてゆき・・・

a0231632_20013877.jpg




「アーバンジャングル」と呼ばれる
マンダリンオリエンタル・パリの中庭は
別の表情を見せはじめます。

a0231632_20020931.jpg


なんとも言えない独特のムード。
夏のこれからは特におすすめしたい!
何しろ緑の勢いがハンパありません!!!

a0231632_20030476.jpg




DJの音楽とともに・・・


a0231632_20023282.jpg



やっぱり素敵です、マンダリンオリエンタル・パリ。

いつも、いろんな人に言っていますが、
エントランスを入った瞬間から
いい「気」を感じるのです。




a0231632_20035308.jpg


また遊びに来ますね。

本当に気持ちよくなれる、好きな場所です。


そうそう、マンダリンオリエンタル・パリのサントノレ、
ケーキショップで買えます!
オススメ!










* * * * * * *

角野恵子、こんな仕事をしています。→こちら
取材、コーディネート、旅のお手伝い、ご質問etc コンタクトはこちらからどうぞ。→こちら


応援クリックお願いします → にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ




                                                what's new in paris ? パリ情報、毎日更新しています!→ a0231632_18374182.jpg      
   

                                                    my daily life  日々のスナップ集 → a0231632_1838120.png

by keikosuminoleb | 2017-07-11 05:25 | HOTEL & ラグジュアリー | Comments(0)
a0231632_02071895.jpg


2017年1月6日はエピファニー、公現祭。
ガレット・デ・ロワを食べる日ですが、
私は抹茶タルトを食べました!



マンダリンオリエンタル・パリの新シェフパティシエ、
ダヴィッド・ランドリオさんの新作『Aya』



昨年9月にお目にかかって以来
彼のパティスリーのファンです。
(*彼作の、世にも美しいサントノレは→ こちら!


彼のインスタグラムもフォローしています❤️



初めてお会いした時に、女性の名前をつけたタルトを
これから作ってゆく予定だと話してくれました。
その3作目(確か)となる『Aya』
今日からメニューに並ぶというのです。


『ケーキショップ』こちら!で買って帰ることもできますが、
バー8 こちら! でゆっくりお茶しながら
堪能することに。
(とある日本の父娘さんにご馳走になりました〜。
この場を借りてお礼です!!!)





抹茶風味のタルト、AYA !

a0231632_02094566.jpg




中は、綺麗にさいの目に切った
パイナップル。



a0231632_02100677.jpg


いつもながら、この極薄のタルト台、
それでいて、サブレ風味はバツグン・・・

抹茶のタルト、というと
私たちは
カスタードクリーム的、または
練乳的なものを想像しがちかもしれません。
レモンタルトの抹茶版のような?

しかしこれは、
そんな発想とはまるきり無縁。
抹茶なのにジューシー、
これまでにない感覚でした!





こんな風に作るようです →(ランドリオさんのinstagram)



本当に
クリエイティビティーが半端ないです、
パティシエの仕事は!





ご一緒させてもらったお二人の
お父様の方は、
私が熱心にすすめたサントノレ(奥)を、
お嬢様は
洋ナシのシャルロット(手前)


a0231632_02102526.jpg

サントノレはもちろんそうですが、
洋ナシのシャルロットも
シャルロットに見えません。
が、カットして納得、
中にビスキュイがそうになっていて、
その上下はムース。
ランドリオさん、伝統スイーツの再構築をしているようですね。




バー8の個室でゆっくりくつろいで、
紅茶は12ユーロ、
ケーキは15ユーロ。
紅茶にはさっくり美味しいサブレがついて
しかもお代わりのティーポットまで!
(継ぎ足し用のお湯を添えるのではなく!!)
最高のサーヴィス!


やっぱり好きです、マンダリンオリエンタル・パリ。
みんな優しいし。

もちろん、他のパレスホテルも
素晴らしいサーヴィスですし、好きです!
またくどくなりますけど、つまり
リッツ・バーのところにも書いたように(*こちら!
パラスの絶対のクオリティーは
ものすごい安心感だと。







エントランスホールの天井は
見事な金箔細工。

a0231632_02075039.jpg





この冬に登場した暖炉も金箔。
アーティストがせっせとメンテをしていました。


a0231632_02090486.jpg

常にパーフェクトな状態で
ゲストを迎えるのですね。

(このところ金箔を見ると、必ず注目する私。
ご近所さんアーティストの
ジャン=マルク・ヴァシュテールさんこちら!
影響にちがいない・・・)






最後に、マンダリンオリエンタル・パリと言えば、の
バティストの花❤️


a0231632_02104614.jpg



これが、左右の壁に。
お正月にふさわしい潔い美しさ。




a0231632_02111047.jpg



サイズ感がうまく伝わりませんが、
かなりの大きさです。






スイーツ好きのみなさま、
チェックリストに加えることをおすすめします!




251 rue Saint-Honoré
75001 Paris
France
tel.  +33 (0)1 70 98 74 00
営業時間:11時〜20時
定休日:無し










【ショッピング】
ショコラの魔術師
ジャン=ポール・エヴァンさんが使用する抹茶は
京都の一保堂のもの。
「いいものを使ってるよ。
最高級の次のカテゴリーのもの」
と話してくれたことがあります。

一保堂のお抹茶4種、アマゾンのお取り寄せリンクを
ご参考まで。

















*****


角野恵子の共著書、翻訳本、よろしければ手にとってご覧くださいませ。








角野恵子、こんな仕事もしています。→こちら
取材、コーディネート、旅のお手伝い、ご質問etc コンタクトはこちらからどうぞ。→こちら








by keikosuminoleb | 2017-01-07 04:12 | FOOD | Comments(2)
a0231632_21561112.png

マンダリンオリエンタル・パリの
ビュッシュ・ド・ノエル2016は、
潔い球形。

すっきりと上品な形ですが、
作るのはとてもむずかしい・・・
誰もが知っている完璧な形状(ボール、です)なので
ほんの小さな歪みもすぐに察知されてしまう。
加えて、
デコってない分、わずかなミスも許されません。



作者は
この夏、シェフパティシエに就任されたばかりの
David Landriot ダヴィッド・ランドリオさん!
まだ26歳とお若いシェフ!
a0231632_22025553.jpg

実は・・・

これまでシェフパティシエを務めていた
ピエール・マチューさんの仕事が
私はとても好きでした。
ダヴィッドさんは、昨年から
ピエール・マチューさんのセカンドとして
チームに加わっていましたが・・・
そういう人の後を継ぐ新しいシェフパティシエに
これまで結構
がっかりさせられてきたのです。
一口食べ、別のものを食べても、
「・・・本当に彼の右腕だったの?!」
と・・・
だから、ダヴィッドさんのことも
本心を申し上げると若干心配で・・・
(失礼!)


しかし、私は間違っていました!!
嬉しいことに!


この日、ビュッシュ・ド・ノエルと
他の新作を試食させてもらい
ものすごくわくわくしました〜〜〜〜❤️


a0231632_22104538.jpg
ビュッシュ・ド・ノエル
ホイップした生クリームとココナッツのムース
ライムのジュレ
ベトナム産Poivre de Cimes(山椒だと思います)を効かせた
チョコレートのクリーム、
マンゴー、バナナ、ライムのコンポテ、
バナナケーキ。

6人用 78ユーロ
1人用 8ユーロ(テイクアウト)
または15ユーロCamelia カメリアでお召し上がりの場合)


ダヴィッドさんはこの若さで
すでに世界各国で仕事をされた
経験の持ち主。
フランス(パティスリー・デ・レーヴ他)、
イギリス、日本、シンガポール、中国!
と、様々な国と都市で仕事をし、
そこで得た経験が
今回のビュッシュに盛り込まれています。
ベトナム山椒が香るチョコレート、
ココナッツ、ライム・・・
とてもフレッシュ!
ピエール・マチューさんのパティスリーと同様に
軽く、とても繊細で、砂糖は本当にミニマム。
ダヴィッドさんはさらにそこに
大胆な風味の利かせ方をする、と感じました。
そして、まん丸くピュアな外見からは想像できない
たくさんの仕事の数々・・・
パティシエの仕事にはいつも
感服させられます。




そんな大胆なダヴィッドさんは、
シェフパティシエに就任するや否や
ピエール・マチューさんのシグネーチャーを全て
自分カラーにリニューアルしたのだそうです!!
(とてもシャイでおとなしいお人柄でありながら
ものすごい行動力!)
a0231632_21591752.jpg

例えばこの、サントノレ。

"サントノレ通り唯一のパレスホテル" ということで
マンダリンオリエンタルの名物スイーツは
伝統のサントノレ!
ピエール・マチューさんが
おしゃれなレシピで登場させた伝統菓子を、
今度はダヴィッドさん、
こんな形にしてしまいましたよ!


a0231632_21595293.jpg

やっぱりピュアですっきりとした
円形です。
表面には細工なし。
一目見て、サントノレだと思う人はいないでしょう。
どちらかというと、タルトに見えます。
だって、シュー生地が見えない!
ちょこんとトッピングした
ノワゼットみたいに小さな
シュー以外には!


a0231632_22022388.jpg


断面をご覧ください。
実は、土台部分のごくうすーーーーい生地が
シューなのです!
この極薄のシューを
丁寧にキャラメルかげしている、という。
そして
クレームパティシエとシャンティイイ、
どちらもバニラビーンズがものすごい!
この通り、
コンポジションは確かにサントノレなんですが、
こんなにすっきりとモダンになるなんて!

お味の面では
キャラメルが心に残っています。
クリームにスプーンを入れると
2層になったクリームの間にも
うすーいキャラメルの幕があり、
これがカリっと砕けます。
砂糖をキャラメルかさせることで
甘味を飛ばし、風味とテクスチャーを引き出す。
言葉で説明するより、
一度食べていただきたい!



もう1つの新作、ルイーズ。
フランボワーズとライチ(確か)のタルトです。
a0231632_22042742.jpg

「女性の名前をつけたタルトを
これからも定期的に出して行こうと思っています。
まず最初がこのルイーズ。
次のアイデアはもう決まっていて、
ゾエになる予定です。

僕にとっては、タルトが女性の名前を持つことは
とても自然なんです」





これからはどんな発見をさせてくれるのでしょう?!
楽しみでなりません!
新パティシエがダヴィッドさんで
本当に良かった❤️









おまけ:
みずみずしくエントランスを飾る
マンダリンオリエンタルの花!
このホテルに配される花には
1点1点とても惹きつけられるものがあります。

a0231632_22050719.jpg



a0231632_22070663.jpg


もう一つおまけ:
今回の試食会は、スイート・ロワイヤル・マンダリンで
行われました。→こちらです!












*****


角野恵子の共著書、翻訳本、よろしければ手にとってご覧くださいませ。








角野恵子、こんな仕事もしています。→こちら
取材、コーディネート、旅のお手伝い、ご質問etc コンタクトはこちらからどうぞ。→こちら








by keikosuminoleb | 2016-09-29 19:24 | FOOD | Comments(0)
a0231632_02382050.jpg
マンダリンオリエンタル・パリのレストラン『カメリア』で
ランチをご馳走になったあと、
エミリーさんにお願いして
客室を見せてもらいました。
(*ランチの様子は→こちら!
ティエリー・マークスシェフによるベジタリアン、ヴィーガン、
グルテンフリーなど、誰でも美食を楽しめるメニュー構成です)


嬉しいことにスイートを2つ見学!
まず1つめは、ロイヤルオリエンタルスイート→Suite Royale Oriental

ロイヤルオリエンタルスイートの一番の魅力は
何と言ってもテラスだと思いました。
が、とにかく室内から見て行きましょう。


スイートの基本である
広々リビング、
バーカウンター、
ダイニングルーム、
書斎、
などが上下2階に展開されています。







a0231632_02391072.jpg
写真左の黒い家具、
よく見ると扉部分に刺繍がされれています。
なんと、かの有名な刺繍のメゾン
ルサージュによるものだそう!!


a0231632_02402049.jpg
木に刺繍ができるとは・・・
驚きました。


白(明るいベージュ?)を基調としたリビングの先に・・・
a0231632_02464512.jpg

テラスへの窓(ドア?)があり・・・

a0231632_02453902.jpg



バーン!
こういうの憧れます!

a0231632_02410054.jpg

もし自分の家に
こんな露台があったら、
家の中ではなく外で書物をしたり
読書をしたりするはず!





a0231632_02414189.jpg

ゲストを迎える時は
テーブルほか美しくセッティングされるそうです。
きっとたくさんの花が飾られるのでしょうね。



a0231632_02423171.jpg


スライド式のスクリーンが
程よくプライバシーを感じさせ、
程よく日光を遮る、という。
素敵なデザイン❤️



このテラスは中庭に面しており・・・

a0231632_02435565.jpg

マンダリンオリエンタル・パリが誇る
緑豊かな中庭を一望。

ついでに
パリの屋根も一望です〜〜。


a0231632_02444492.jpg

室内に戻りましょう。

中庭に面したこのスイートは、
窓がずっと続き
清々しくらい明るい。

a0231632_02394182.jpg
ダイニングルームからの眺め。




そしてこちらはベッドルーム。
a0231632_02472458.jpg

ベッドヘッド部分に
ルサージュの刺繍が!
オートクチュールです!!

a0231632_02481699.jpg


バスルームのアメニティーは
なんとディプティックのオリジナル!
パリですね〜〜〜❤️

a0231632_02484674.jpg


バスルームには、大きなバスタブと壁に内蔵したテレビ、
シャワールーム、
そしてハマムが。
a0231632_02504205.jpg

マイハマムがあるなんて!

でも、バスルームそのものは、
もう1つのスイートの方が魅力的でした。
では、そのもう一つのスイート、
ロイヤルマンダリンスイートへ!
→ Suite Royale Mandarin
a0231632_03531323.jpg

こちらも上品な
明るいベージュが基調です。


a0231632_03540704.jpg

吹き抜けのリビングを上から見るとこんな感じ。

ロイヤルマンダリンスイートも、
スイートの基本である
広々リビング、
ダイニングルーム、
バーカウンター、
書斎があり、
それに加えてフィットネスルームと
キッチンもありました。


ベッドルームのベッドヘッドには
やはりルサージュの刺繍です❤️

a0231632_03544844.jpg


いやー、素晴らしい。
さすが、オートクチュールの技術!!

a0231632_03554205.jpg



そしてこちらがバスルーム!
私の写真技術では
窓の外のエッフェル塔をとらえることはできませんでした。
こんなお風呂があったら
ずっと湯船に浸かっていると思いますよ!

a0231632_03570305.jpg


ああ、いつか泊まれるだろうか〜



最後に、ロイヤルマンダリンスイートの
テラスを。

a0231632_03580891.jpg
(写真が良くなくてゴメンなさい)



目を移せば感動的なこの風景。
こんな素敵なパリの屋根、初めて見た気がします。
まるで絵葉書。

a0231632_03584303.jpg

この眺めのせいで
ますます好きになりました、
マンダリンオリエンタル・パリ。



HPから客室の全てをご覧いただけます→ Mandarin Oriental - chambres et suites


251 Rue Saint Honoré
75001 Paris








【お知らせ】
パレスホテルのラグジュアリーとはまた違いますが・・・

フランスのインテリア、いいですよね。
フランスの、そしてパリのエスプリを
手軽に自宅に取り入れるアイデアを集めた
インテリアの本2冊、
手にとっていただけますと嬉しいです。

 

アマゾンからのお取り寄せは、こちらから
* DIYでつくるパリのインテリア


楽天からのお取り寄せは、こちらから
    ↓
* DIYでつくるパリのインテリア




*****

角野恵子、こんな仕事をしています。→こちら
取材、コーディネート、旅のお手伝い、ご質問etc コンタクトはこちらからどうぞ。→こちら



by keikosuminoleb | 2016-06-25 04:36 | HOTEL & ラグジュアリー | Comments(0)
a0231632_04251771.jpg

雨の続いた5月のパリ・・・
そんなある日、マンダリンオリエンタル・パリのレストラン
Camelia カメリアに招待していただきました。
Merci Emilie !!


マンダリンオリエンタル・パリにはレストランが2つあって、
1つは、二つ星のSur Mesure シュール・ムジュール(オーダーメイドの意味)、
もう一つがカジュアルなここ、カメリアです。
(他に、Bar 8バー8 もありますが)

カメリアは、カジュアルとは言っても当然
ラグジュアリーでお上品。

それに加え、メニュー構成が素晴らしく、
グルテンフリー、
ベジタリアン、
ヴィーガン、
乳製品未使用、
ナッツ類未使用、
と、誰にでも選択肢があるのです!

シェフはかのティエリー・マークスさん。
(*そろそろ「マルクス」さん、に直そうかしら・・・
外国語のカタカナ表記は難しいです)

シュール・ムジュールのほか
マンダリンオリエンタル・パリの料理の全てを
彼が担当していますから、
星付きシェフのベジタリアンやヴィーガン、
グルテンフリーが食べられる、というわけ。


さて、この日私が選んだ前菜は、
上の写真のトマトの一皿(29ユーロ)。
色とりどりのトマトの下に、
ブッラータチーズが隠れています。
オリーブオイルにはバニラが効いていて
バニラビーンズのつぶつぶが見えました!
トマトに混じって、実はいちごも
赤、白、ワイルド、の3種類が添えられています。
おなじみのトマトモッツアレラの
『パレスホテル版!』
とでもいいましょうか、
新しいおいしさを発見しました。
バニラグースを漬け込んだオリーブオイルなんて
誰が考えたんだろう!



友人が選んだのは
柑橘フルーツの入ったグリーンサラダ(28ユーロ)。
a0231632_04255518.jpg
夏らしい爽やかな一品ですね〜❤️
写真があまり良くありませんが、
ツヤッツヤ、シャッキシャキの野菜たちです。



続いてメイン、
友人は自家製タグリアテルと
熟成パルメザン、グリーンピースのフランス風(34ユーロ)。
a0231632_04262856.jpg
テーブルで好きなだけ
パルメザンチーズを削ってくれます。
これ、食べたかった・・・!!
パスタを食べると野菜不足になる気がしますが、
これはバランスも良さそう。
お腹も重くならなさそうです。



私が選んだのはイシビラメ!(63ユーロ)
庭で採れたほっそりポロネギと、
サヴォワのワイン、ヴァンジョンヌを使ったサバイヨンソース。
a0231632_04273247.jpg
写真ではわかりませんが、
魚があまりにも肉厚で、肉厚で・・・
超満腹。
サバイヨンなんて、貴重な伝統ソースを味わえ
本当に幸せ❤️





しかし
デザートの余地はありませんでした・・・
そこで、カフェグルマン(16ユーロ)をチョイス!

a0231632_17560912.jpg



小さなスイーツが6種類並ぶ
カメリアのカフェグルマンは、
ランチのみのサービスです。
これにコーヒーもついて16ユーロは絶対お値打ち。


a0231632_04282031.jpg
コーヒーにミニスイーツをたっぷり添えて
サーブするのが「カフェグルマン」
=食いしん坊のコーヒー、です。
最近、フランスのあちこちで見るようになりました。
流行かな?



以上、本当にごちそうさまでした。
明日への活力がみなぎります。
写真を見てさえも!



さて、ここカメリアは、
『パリのラグジュアリーホテルで一番好きな中庭』(私談)
に面しています。
ゆえに、解放感がハンパない。

a0231632_04290410.jpg
天気が良ければ
ぜひ庭のテラスに陣取りたいもの。



ご覧ください、このみずみずしい緑!
アーバンジャングルとも
アーバンオアシスとも言われる、
マンダリンオリエンタル・パリが誇る中庭です。
a0231632_04300025.jpg
ちなみにこちらは、バー8サイド。
カメリアサイドは、ちゃんとテーブル席が並びます。
(*アーバンジャングル! な中庭の様子は
レ・ゼトワール・ド・ムージャン発表会の投稿を→こちら!



ホテルロビーもこの解放感。
初めてここに来た時、風水を感じたのですが(そういうことに鈍感な私も)
実際に、風水に則って
庭づくりがされたと聞きました。
気持ちが良いわけです。
a0231632_04303967.jpg
ロビーで待ち合わせをしながら
軽くシャンパンでも。
マンダリンオリエンタル・パリの特徴の一つが
マグナムボトルでサーヴするグラスシャンパン!

贅沢!
美味しい!!
お姫様気分です!!!

a0231632_04311223.jpg

ラグジュアリーホテルでは、もちろん
何をやっても値段が高いですが
それを払ってでも行きたい場所です。
仕事のおかげで、それを知ることができた私は
ラッキーな幸せ者。
その幸運をいろんな人にお分けして、
ラグジュアリーホテルを使う喜びを
共有できたら、と思うのです。
(そんなの知ってます、という方も多いですね!!)


昔、『ティファニーで朝食を』のフレーズに
『嫌なことがあったらティファニーに行くといいわ。
あそこには嫌なものは一つもないから』
というのがあると知って、
ふうん、と思いました。
ラグジュアリーホテルは、ティファニーだと思います。
それに、
ロビーでシャンパン1杯飲むだけでも、
そのメゾン全体の
歴史や気概やサーヴィスを
まるごと享受していると思うんですよね。



最後に、バティスト手がける花を!
a0231632_04320188.jpg




a0231632_04344544.jpg





a0231632_04324915.jpg




a0231632_04335570.jpg

Mandarin Oriental Paris
251 Rue Saint Honoré, 75001 Paris

カメリアの予約はこちら +33 (0)1 70 98 74 00







【追記】
ランチの後、
スイートを2つ見せてもらいました。
マンダリンオリエンタル・パリの客室の様子、ぜひご覧くださいませ→こちら!





*****


角野恵子の共著書、翻訳本、よろしければ手にとってご覧くださいませ。








角野恵子、こんな仕事もしています。→こちら
取材、コーディネート、旅のお手伝い、ご質問etc コンタクトはこちらからどうぞ。→こちら








by keikosuminoleb | 2016-06-23 05:47 | FOOD | Comments(4)
a0231632_21525431.jpg
マロニエ、リラ、アカシア、桐・・・

5月、街を歩けば花がいっぱいのパリです。

そんなパリで、いけた花を堪能するのに絶好の場所は
やはりホテルやレストランでしょう。
ホテルごとに個性さまざまなフラワーアレンジを見ていると、
「これだけを見て回るツアーがあってもいいのでは?」
と、真剣に思うほど!

中でも、マンダリンオリエンタル・パリの花は、
アールデコでオリエンタルな場のムードに調和する
独特の生け込みが好きです。
要確認ですが、バティスト・ピトゥが担当している様子。
HP→Baptiste Pitou


a0231632_21570751.jpg


a0231632_21585682.jpg
日頃は作り込んだ花に
あまり興味のない私でも、
この、場のムードと花の競演には
いつも目を奪われ、
しばし足を止めて見惚れるほどです。


a0231632_21575969.jpg

パレスホテルの格付けを有する
マンダリンオリエンタル・パリ!
a0231632_21534538.jpg

マンダリンオリエンタル・パリの中庭と
玄関のフラワーアレンジは、こちら!是非チェックしてください!
「アーバンジャングル」的な中庭とテラス、最高です。


ところ変わって、こちらはパリ左岸、
サンジェルマンデプレ。

a0231632_22094893.jpg

サンジェルマンデプレ教会脇に、ワッサワサと茂る緑、
そして満開の白い花、ブルーの花・・・
a0231632_21552560.jpg
可憐です。
しかしこれ、なんという花?
リラではないし・・・??
お分かりの方、教えてくださーい!

*名前がわかりました!
トネリコ、またはStaphylier colchica
だと思います! twitterからの呼びかけに
答えてくださった皆様、ありがとうございました!




そしてここはシテ島、
時間が止まったかのように静かな、ドフィーヌ広場。
a0231632_22105990.jpg
ピンクのマロニエが花盛り!
パリの街とマロニエは、よく似合いますね。


a0231632_22122212.jpg

ドフィーヌ広場には、いくつかカフェやレストランがあり、
その1軒のテラスには・・・
a0231632_22001462.jpg
リラの花が無造作に。
枝ものの花を空き瓶にいけてしまう、
こういう発想は日本にはないように思います。




パリ郊外には、巨大なマロニエがたくさん!
満開の時に思うのは、『もののけ姫』のコダマ。
強風に揺られる様などは、
ししがみさまが戻ってきた時の、あのシーンのままです!
a0231632_22130394.jpg


5月1日、メーデーは
街のあちこちにスズラン売りが立つのも
パリ、そしてフランスの伝統。
a0231632_22153282.jpg
花が日々の中にある、
いいですよね、こんな生活 056.gif



【お知らせ】
パリジャン、パリジェンヌは
植物との付き合い方も自分らしく、無理をしないのが特徴だと感じます。
植物好きたちのインテリアを集めた
素敵な本の、
パリのページを担当させていただきました。
ぜひご覧になってください。 







* * * * * * *

                                                what's new in paris ?   パリ情報、毎日発信しています → 
a0231632_18374182.jpg      
   

                                                    my daily life   日々のスナップ → 
a0231632_1838120.png


by keikosuminoleb | 2016-05-21 22:54 | パリ 街と人 | Comments(3)
a0231632_22285013.pngLes Oeufs de Pâques
sont arrivés!! Ou presque.
Voici 4 créations des grandes
maisons purement parisiennes !
(je fais exprès pour ma copine de Tokyo
qui va passer Paris pendant
cette période :-) )
La 1ère : "L'Œuf Jouet"
de François Perret
@ Shangri-La Hotel Paris

… cliquer More ☆↓

来月はイースター!
ショコラティエにとっては、一年で一番の
腕の見せ所。
パリのグランメゾンから


More ☆
by keikosuminoleb | 2014-03-26 03:52 | FOOD | Comments(0)