keiko's paris journal <パリ通信 - KSL> keikoparis.exblog.jp

パリ在住21年ライター&コーディネーター角野恵子目線のパリ情報です。Keiko SUMINO-LEBLANC, journaliste japonaise, FOOD et Life Style.


by KSL
プロフィールを見る
a0231632_22242149.jpg

いつかいつかと心待ちにし、

ようやくオープンしました

獺祭ジョエル・ロブション!!





花時間webで紹介しております。
ぜひ記事をご覧くださいませ!

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓









洗練された味わいが持ち味の
日本酒、獺祭。

獺祭ジョエル・ロブション店内には、
その世界観にふさわしいスタイリッシュな内装の
獺祭バーがあります。

a0231632_22244037.jpg



取材日は、なんと

巨匠、ジョエル・ロブションさん

ご自身が、カウンターに立って接客中!





a0231632_22250835.jpg





獺祭バーのお隣は
サロン・ド・テ。


ここで、
日本酒とパティスリーのペアリングを
初体験!



a0231632_22304512.jpg


騙されたと思って
ぜひお試しください、

獺祭 x パティスリーのペアリング!




中村忠史シェフパティシエ
ジョエル・ロブションさん


a0231632_22310187.jpg

もう10年以上、共に仕事をされているそうで
ツーと言えばカーという感じ。

素晴らしい信頼関係でした。






で、なぜこの獺祭ジョエル・ロブションを
花時間で紹介させてもらったかというと、

オープン時のショップデコレーションを
フラワーコーディネーターの
濱村純さんが担当されたから!!!

a0231632_22234349.jpg



白い空間に、白い紙花・・・

ポエティックです。





a0231632_22200962.jpg

しかしプロカメラマンではない
私には酷な条件。

白x白、写真にならん・・・



詳しくは、花時間webをご覧くださいませ!!






獺祭・・・

私にとっては、「初恋の人のような日本酒」
だと思います。

こんな日本酒があったんだ! と
獺祭が教えてくれました。
初めて知ることになった味覚世界。
日本酒がこんなにも華やかに、
洗練された飲料になるとは
想像もしませんでした。


獺祭のおかげで、日本酒が大好きになり、

もっといろんな日本酒を飲んでみたい!

知りたい!!!

と、興味を持ち、
昨年4月〜12月は、workshop isseで
働かせてもらいもしました。

するとすると!

研ぎ澄まされた獺祭もいいけれど、
骨太な剣菱もいいじゃん!!
ザ・日本酒!!!!!
熱燗にしたらもう、五臓六腑に染み渡るよ!!!

という
また別の世界の扉を開けることになり、

獺祭みたいに誰が飲んでも美味しい日本酒は
もういいかなー、
などと思い始め・・・


でも、ある日また
獺祭を飲む。
すると

「ああやっぱりこの日本酒が好きだ」

と思う。


初恋の人、って、そんな感じかなーと思います。
獺祭は多分、ずっと
私の好きな日本酒です。


フランス人は「フォアグラに合う!」と絶賛しますが (*こちら!
今度は「パティスリーに合う!!」ことも
知ってもらおっと❤️







【2016年6月21日追記】

2階のガストロノミーレストランも
ついにオープンしました〜〜〜!







* * * * * * *

角野恵子、こんな仕事をしています。→こちら
取材、コーディネート、旅のお手伝い、ご質問etc コンタクトはこちらからどうぞ。→こちら


応援クリックお願いします → にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ




                                                what's new in paris ? → a0231632_18374182.jpg      
   

                                                    my daily life → a0231632_1838120.png

# by keikosuminoleb | 2018-06-08 22:55 | お仕事のお知らせ | Comments(6)