keiko's paris journal <パリ通信 - KSL> keikoparis.exblog.jp

パリ在住21年ライター&コーディネーター角野恵子目線のパリ情報です。Keiko SUMINO-LEBLANC, journaliste japonaise, FOOD et Life Style.


by KSL
プロフィールを見る
a0231632_04234773.jpg
左から、獺祭フランスの飯田薫さん、
旭酒造社長の桜井一宏さん、
旭酒造会長の桜井博志さん、
シェフのジョエル・ロブションさん。


2016年6月18日(月)

レストラン獺祭ジョエル・ロブションの
プレスランチにご招待いただきました。

獺祭、といえば
今や日本のみならず
アメリカやイギリスでも人気の日本酒。
かの地のでは、
「saké」と注文するのではなく
「dassai」と名指しでオーダーする人たちも多いそうです。



そのクオリティーはもちろんのこと、
最近ではスマートファクトリーアワードの受賞や
ニューヨークにおける酒造りプロジェクトなど
え?! と驚く話題が絶えません。


パリに住む私の耳にも、
いろんな噂話が入ってきます。

噂を聞けば聞くほど、一ファンとして
疑問や質問が湧いてくる。

今日はついに、社長ご本人に直接
疑問・質問をぶつけることができました!!





赤裸々な質問劇(?)の舞台が
本日お招きいただいた
レストラン、獺祭ジョエル・ロブションです!


a0231632_04250005.jpg

通常のカメラマンの他に、
テレビカメラも2台入っての
プレスランチです。



まず1階のサロン・ド・テコーナーにて
スパークリング獺祭で乾杯し、
2階のレストランへ移動しました。





なんと、メニューの名称は
どれも日本語(ローマ字表記)で、
フランス語の説明が添えられていました。



a0231632_04240713.jpg





1皿目
Chaman mushi

a0231632_04242172.jpg


お出汁が濃い!

しいたけの香り、風味、
そこにさっと差し込む紅葉おろし的な辛み。







2皿目
Shake

a0231632_04244381.jpg

アボガドをカップ見立てた土台の中に
サーモンのタルタル。
シソの葉の天ぷらがフレーク状になって、
クリーミーなタルタルとの相性が新鮮!







3皿目
Ebi Shinjo


a0231632_04251580.jpg


刺身のツマのような、ごく細に仕上げた
シャキシャキ野菜が、
ブイヨンに絡んで最高でした。
えびしんじょにに至っては
もやはコメントいらないかと思います。



で、なんとここで、
櫻井社長が一言。

「エグゼクティブシェフはフランス人ですし、
厨房の料理人全員がフランス人です。

フランス人だけでこの味を作っています」





そ、そんな・・・!
パリのおいしいレストラン、一流レストランの厨房に
日本人料理人がいない?!
あ・り・え・ま・せん!!

しかもこれらのお料理、
澄み切った旨味成分たっぷりの
ザ・和食! ですよね?!


櫻井社長曰く、
ロブション氏の狙いは
フランス人が作る本物の日本料理レストラン。



「日本にもフレンチやイタリアンのお店はたくさんあって、

それを日本人が作っている。

同じように、フランス人が本格日本料理を作る店を

ぜひフランスでやりたい」




こう、ロブション氏が語ったと。


考えてみれば、確かに、それが今までなかったことが
不思議とも言えます。

それに、現地の食材を使って、
現地の人たちが作って初めて
その料理が広くその土地で発展し、根付く、
ということは絶対にありますよね。
(Sushi Bの花田雅芳シェフ こちら!
教えてくださったことです。)





4皿目
Ghindara no Saikyo Yaki

a0231632_04253418.jpg


鰹節の下に隠れているのは
桂むきした大根でロールしたナス。
歯ごたえの残る大根と
したざわりなめらかなおナス。

銀ダラを包んでいるのは、ほうば。
このとろりとろける西京焼きを、
フランス人シェフが作っているとは・・・
感慨深いものがあります。






5皿目
Usuyaki

a0231632_04255514.jpg


ほんのりわさび香るシャキシャキ野菜を
薄切りビーフでロール。
ちなみに、しゃぶしゃぶに使うような
薄切りのお肉は、
フランスの肉屋には売っていません。
つまり、このお肉は
厨房でスライスされているということかと。






デザート
Parfum de Dassaï


a0231632_04262209.jpg

デザートだけは、フランスの名前です。
パルファン・ド・ダッサイ、
獺祭の香り。


どうやって作るのかわかりませんが、
ごく薄い飴細工のボールの中に、
クリーム2種類、イチゴのソース、
イチゴの実が入っていました。
水面に見えるのは、スダチのジュレ。

木の小枝に見えるのは、チョコレート。


これまた、見る俳句と表現したい。
もしくは生け花。



お茶とともに、獺祭を使ったチョコレートが
サーヴされました。
ミルクと、ブラック。

a0231632_04263859.jpg



お料理とともに供された獺祭ラインナップ!


a0231632_04273483.jpg

左から
磨き二割三分
磨き三割九分
その先へ
スパークリング50



今日、櫻井社長から教えていただいた
ちょっとびっくりの獺祭の楽しみ方は

二割三分でフグのひれ酒!


獺祭は、山口県のお酒。
山口県といえば、下関、フグ。
フグ料理で
私(すみの)が一番好きなのはひれ酒。
と申し上げたらば、
ぜひ二割三分で!! と盛り上がり
これはぜひとも試したい!



実は、
友人の超ベテランテーブルコーディネーターさんが

「私は料理に獺祭を使う。
そうすると、特におすましなんか
本当に美味しくなるから!」

と言っていたのです。
彼女も、山口県の出身。


「美味しくないお酒なら、料理に使うべきじゃない」


同じ言葉を
かのエスコフィエの本で読みました・・・

「料理に美味しいワインを使わないなら、
水にしてくれ」




櫻井一宏社長!

a0231632_04265871.jpg



旭酒造は、
全然スマートカンパニーではありません。
酒造りの過程で起こる色々を
データに起こしてはいますが、
他の大きな酒造で働く従業員の数よりも
うちのほうが多いくらい、
人を使っています。
人間も、機会も、データも使って
酒造りをしているだけです。
(つまり、AIやロボットで作る日本酒ではない)


ニューヨークでの酒造りプロジェクトは、
かの地の名門料理学校からお話があって
実現したことです。
酒造りのイロハをアメリカの学生に教える際に、
ボタンを押せば日本酒ができるというような
会社にお願いはできない、と。
(つまり、アメリカで大々的に日本酒を作って売っている
他の大手と、同じことをやるわけではない)







実際にお話を伺うことができ、
本当に良かったです!!!

一つ一つの質問に
丁寧に答えてくださった
櫻井社長に感謝!





a0231632_04230970.jpg


せっかくいいものを作っても、
それを欲しがっている人の元に
届ける努力をしない限り、
そのいいものは存在しないと同じ。
そう思うのです。

獺祭が飲める国が、こんなにある、ということは
ひとえにその「届ける努力」の賜物だと。

また、その届ける努力が実を結び、
ニューヨークでの酒造りプロジェクトや
ジョエル・ロブション氏とのコラボ店が生まれた
ということですね。







レストラン・獺祭ジョエル・ロブション

a0231632_04394392.jpg

184 Rue du Faubourg Saint-Honoré
75008 Paris








パティスリーやショップ店内の様子は
花時間webの記事ご覧くださいませ。
ロブション氏のお茶目な素顔が
垣間見られますよ〜!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓






【おすすめの本】

『鎮守の森』店主、竹口敏樹さんをインタビューした時に
教えていただいた、
長年お客様と接してきた中で実感する
「日本酒の将来」のこと、
ちょっと櫻井社長にお話しました。
竹口さんも、とてもユニークな方。
著書もやっぱり自由! でした!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓



* * * * * * *

角野恵子、こんな仕事をしています。→こちら
取材、コーディネート、旅のお手伝い、ご質問etc コンタクトはこちらからどうぞ。→こちら


応援クリックお願いします → にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ




                                                what's new in paris ? → a0231632_18374182.jpg      
   

                                                    my daily life → a0231632_1838120.png

# by keikosuminoleb | 2018-06-19 06:05 | パリで日本酒 | Comments(0)