keiko's paris journal <パリ通信 - KSL> keikoparis.exblog.jp

パリ在住21年ライター&コーディネーター角野恵子目線のパリ情報です。Keiko SUMINO-LEBLANC, journaliste japonaise, FOOD et Life Style.


by KSL
プロフィールを見る

カテゴリ:デザイン/ DECO/ DIY( 32 )

a0231632_23592174.jpg

前回のル・マルシェ・ノワール こちら! に続き
今回も古着屋さんの話題です。
なぜなら、このお店が
本当にチャーミングで、大好きだから!
オススメしないではいられません!!


メトロAnvers (モンマルトルの丘へ行く時に、ここで降りる人も多いハズ)そばの
Antirouille アンチルイユ、というお店です。


アンチ(反)と、ルイユ(さび)をくっつけた
造語の店名は、
「たとえ古着だとしても、古びないもの」
という意味だと想像します。

実際、子供服やレトロな水着など、
デザインがお上品で、素材や縫製の質が良くて、
もうこんなものは作れないよな〜
と思ってしまう商品がたくさん!

ワクワクする店内、ちょっと見てやってください!


a0231632_00003871.jpg


ディスプレーは、シーズンごとに
テーマを決めた飾りつけがされ、
ちょくちょく変化します。
写真は去年の8月のものなので、
「夏のバカンス」がテーマですね。
a0231632_00014404.jpg


「こういうしっかりしたコットンが
いいんだよねー」
「マリリンモンローが着ていそう!」
など大盛り上がり!!
a0231632_00033473.jpg

サンダルと小説、タオルを入れて
ビーチへ行きたくなるカゴ❤️
a0231632_00060376.jpg



そういえば、サングラスもたくさんありました。
スカーフの棚には時々、
エルメスなどが混ざっています。
a0231632_00111801.jpg


先日は、あまりにも続いた雨を受けて、
レインコートと雨傘、長靴を使った
コーディネートがディスプレーされていましたよ。

お店の方(とても気さくで笑顔の素敵な女性)が
楽しみながらやってらっしゃることがよくわかります。
FBアカウントにちょくちょく写真がアップされるので
ぜひチェックしてみてください→Antirouille FB


a0231632_00123237.jpg
ANTIROUILLE
2 rue Gérando
75009 Paris

営業時間:12時〜20時
定休日:日・月・火曜
tel: 09 65 16 35 73
mail: antirouille.boutique@gmail.com




もしかしたら
「もう古着しか買わない!」
と決意するかもしれません!!(私)
そうやって、2、3年試してみて、
どんな風になるのか見てみたい気分です。
そのくらい、ここの商品は面白く、
それに当然安い!
細部にこだわって、自分自身でハードルを上げ、
高い買い物をするのがばかばかしくなります・・・






ファッション同様に
パリの人々のインテリアは個性的です。
日本ではよく
「ミックススタイル」と表現されますが、
それは、家族から受け継いだ家具や、道端で拾った雑貨、
一目惚れして買ったファブリックなど、
時代もブランドもスタイルも
全てバラバラなものが集まっているから。
それでいて一つにまとまる「自分スタイル」が
パリの「ミックススタイル」なのだと
取材を通じて実感しました。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

【お知らせ】
フランスの、そしてパリのエスプリを
手軽に自宅に取り入れるアイデアを集めた
インテリアの本2冊、
手にとっていただけますと嬉しいです。

 

アマゾンからのお取り寄せは、こちらから
* DIYでつくるパリのインテリア


楽天からのお取り寄せは、こちらから
    ↓
* DIYでつくるパリのインテリア




*****

角野恵子、こんな仕事をしています。→こちら
取材、コーディネート、旅のお手伝い、ご質問etc コンタクトはこちらからどうぞ。→こちら



by keikosuminoleb | 2016-06-07 06:03 | デザイン/ DECO/ DIY | Comments(0)
a0231632_22451181.jpg
パリ3区、
マレ地区でものんびりムードのエリアに
Le Marché Noir ル・マルシェ・ノワールという古着のお店がオープンしました。
SNSで情報を得た瞬間に
まず個性的な内装に心惹かれ、
その後コンセプトを知って2度びっくり!

ここはただの古着屋ではなく、
アフリカのトーゴ共和国で買い付けた古着を売る店。
なんでも、赤十字など
慈善団体からかの地に届く古着は
ほとんどがヨーロッパ諸国からの発送品なのだそう。
届いた古着は一旦現地の業者の手に渡り、
露店や商店で販売されている、という・・・


ル・マルシェ・ノワールの店主と、買い付け担当者は
どちらもトーゴ共和国出身。
その現状を熟知しているわけです。
「それじゃあ、トーゴの商人から高い値段で古着を買い付けて
彼らの生活をサポートしつつ、
パリでヴィンテージの店をやってはどうだろう?」
と、生まれたのがこのル・マルシェ・ノワール!
(*これら情報Le Parisienサイト参照しました)

金は天下の回りもの、
ではないですが、古着が大陸を超えて回っている・・・笑


第一、
マルシェ(市場)ノワール(黒)というネーミングからして
インパクトがあります。
この表現は、一般に
「闇市」という意味なのです。

フェアトレードであるようでないような、
チャリティーであるようなないような、
エコであるようでないような?
不思議なビジネスの場にふさわしいネーミング。
「ノワール」は「アフリカ大陸」を指しもするので
本当にセンスがいいですよね。





そんなル・マルシェ・ノワールの店内、
こんな感じです!
a0231632_22461844.jpg
広々店内の素敵な内装と
商品の見せ方を、なんとか写真でお見せしたく
努力しましたが・・・
うまくいきません・・・
いわゆる古着屋ではなく、
ヴィンテージショップを名乗るにふさわしい
品揃えだと思いませんか?



店内はグリーンがいっぱい。
そしてヒョウ柄のカーペット。
a0231632_22471748.jpg


サンタフェ、というイメージ。(古い・・・)
でもこれ、アフリカの伝統的な内装なんですよね。
a0231632_22482885.jpg


この広さですよ!
a0231632_06142624.jpg
商品は、デニムのコーナー、
トランクのコーナー、ドレスのコーナー、といった具合に
グループ別に陳列されているので
とても見やすく、選びやすく、買い物しやすいです。



a0231632_22494362.jpg

結局この日、私は何も購入しませんでしたが
(めったに買い物をしないので)
ローラアシュレイのコットンのワンピースなど
本気で欲しいものが数点ありました。
サングラスもたくさんあったので
今年の夏用に1つ欲しいなあ〜

トーゴ共和国で買い付けた古着の他に
委託販売も行っているそうなので、
掘り出し物が多そうです。


a0231632_22533040.jpg
Le Marché Noir 
18, rue Perrée
75003 Paris
営業時間:日〜水曜 11時〜20時
木〜土曜 11時〜22時




プラスα情報:
サロンドテも併設しています!
こちらも抜け感たっぷり、開放的!!
a0231632_22542470.jpg
年中無休
8時〜22時営業
内装がとてもいいです。
しかもテラスの正面は緑いっぱいの公園。

この辺に住みたくなります。









【お知らせ】
フランスのインテリア、いいですよね。
フランスの、そしてパリのエスプリを
手軽に自宅に取り入れるアイデアを集めた
インテリアの本2冊、
手にとっていただけますと嬉しいです。

 

アマゾンからのお取り寄せは、こちらから
* DIYでつくるパリのインテリア


楽天からのお取り寄せは、こちらから
    ↓
* DIYでつくるパリのインテリア




*****

角野恵子、こんな仕事をしています。→こちら
取材、コーディネート、旅のお手伝い、ご質問etc コンタクトはこちらからどうぞ。→こちら



by keikosuminoleb | 2016-06-04 15:57 | デザイン/ DECO/ DIY | Comments(2)
a0231632_16425946.jpg
Klin d'oeil クランドゥイユ、というイベントがあります。
2013年に発足、
フランスの手作りクリエーターたちが参加する
不定期のイベント。
場所も、その度にいろいろで・・・

と、なんともゆるく、いい感じにアバウトな
フランスらしい(?)エスプリのお集まり。
去年の5月に、初めて見に行って以来、
一発でファンになりました!

というわけで、第9回目となった
5月7・8日の開催へGO!
場所は、前回と同じ、マレ地区の
Le Carreau du Temple(ル・カロー・デュ・タンプル)。
モードの見本市会場にもなる、素敵な場所です。



a0231632_16463634.jpg
去年はここで、レピスリー・ヴェジェタル(*こちら!)ほか
たくさんの素敵な出会い&発見がありました。
今年はどうかな??



Atelier Carmin Fleurs
a0231632_16493920.jpg
Nathalie Jegou さんと
Ayako Derozier さんの、お花ユニット。
スタンドからは、
新鮮な酸素があふれるよう!


サンジェルマンデプレのブティック等の
フラワーアレンジを担当しているそうです。
a0231632_16505830.jpg
「今、ショップの場所探しをしているところなんです」
と、アヤコさん。
ぜひ1日も早く、一般の私たちにも
購入できる場所=ショップができてほしいですよね!


a0231632_16551666.jpg
いや〜、いい目の保養になります。




a0231632_16561738.jpg
サラさんが、1点1点てづくりし、
手でペイントしている陶器のオブジェ。




a0231632_16583688.jpg
日本のだるまみたい!
だるま風の置物は、「優しさ」「安らぎ」など
それぞれの色に意味が込められていました。


a0231632_16593454.jpg
イノセントな作風は
サラさん自身を投影しているかのようです。



Elise Lefebvre
a0231632_17013631.jpg
エリーズさんも、セラミックのクリエーター。
やっぱりイノセントな作風ですが
それぞれの佇まいは少々不思議で
少々ビミョウ?!
そこがたまりません!!

a0231632_17025046.jpg

a0231632_17041064.jpg
「もともとは、お皿やかカップを作っていましたが、
だんだんと実用から非実用に
興味が移って」
と、エリーズさん。


a0231632_17050742.jpg
小鳥の頭、好きです!
確かに実用ではありませんが、欲しくなるから不思議。




Marie Leonetti
a0231632_17091312.jpg

一つ一つ丁寧な手作り一点物なのに、
買える値段だからまた、嬉しいです。
つくづく、
中間業者が入らないというのは、すごいことですね。
a0231632_17103657.jpg
作った本人に直接代金を払える、というのも嬉しい。




LMK
a0231632_17134315.jpg
前回出会って、以来すっかりファンです。


a0231632_17150835.jpg
「マテリアルに興味があるんです」
とのことで、植物性樹脂や水彩絵の具、メタルなどを
加工して、アクセサリーを作成。

a0231632_17163720.jpg



a0231632_07063155.jpg
体育館のようにだだっ広いカロー・デュ・タンプルに
70組のクリエーターが集合!

a0231632_07080036.jpg
DJブースもあり・・・
なんだか学園祭みたいですよ!


写真スタジオも!
jozephine
a0231632_07091328.jpg

なにやら楽しそう❤️
こんな写真が出来上がります→jozehine / klin d'oeil
a0231632_07103332.jpg

バカンス気分いっぱいの
リラックスチェアコーナーも!

奥はフードコーナー。
a0231632_07124367.jpg
フードスタンド、よく見ると
ダンボールとマスキングテープだけで
できています。
a0231632_22004847.jpg
よくできているし、カッコイイ!

a0231632_22043743.jpg
テーブルクロスは
切りっぱなしの布3色を縫い合わせた手作り。
アイロンもかかっていないのに
なんだかいい感じ〜。


a0231632_22021578.jpg

パリの生ビールを飲みました。
a0231632_22091149.jpg

a0231632_07113582.jpg

子供の遊びスペースもたっぷり!

a0231632_22104322.jpg

サッカーゲームに、
a0231632_22062928.jpg

各種アトリエ。
こちらは、アフリカの布を使った
「巻き」のテクニックを教えていますね。
(私も風呂敷アトリエかなにか
やらせてもらおうかな)
a0231632_22074621.jpg


a0231632_22124848.jpg


a0231632_22140730.jpg

若いクリエーターたちの才能と出会える楽しみ、
手頃な価格で世界に1つのお気に入りを購入できる楽しみ、
作った本人に代金を払える楽しみ、
ヘルシーな地元フードを食べられる楽しみ、
そして、音楽の流れる心地よい空間で
日がな一日ゆる〜く過ごせる楽しみ。
入場は無料!




a0231632_22151373.jpg
次回の開催はまだ告知されていませんが、
以下、ぜひチェックを:
Facebook→klin d'oeil FB
最近クランドゥイユのショップが誕生しています!



エルメスほか一流メゾンはもちろん素敵で
心から憧れます。が、
最近また、手作りの小さなクリエーターたちがおもしろい!
そういうタイミングに来ているのかもしれません。
大きな動きよりも、
小さいながらも個性的で、個人的な動き。
クランドゥイユ、応援してゆきたいです!
若手クリエーターたちも頑張れ〜〜〜〜。
次回までに貯金します!



* * * * * * *

角野恵子、こんな仕事をしています。→こちら
取材、コーディネート、旅のお手伝い、ご質問etc コンタクトはこちらからどうぞ。→こちら


応援クリックお願いします → にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ




                                                what's new in paris ? → a0231632_18374182.jpg      
   

                                                    my daily life → a0231632_1838120.png

by keikosuminoleb | 2016-05-17 00:14 | デザイン/ DECO/ DIY | Comments(0)
a0231632_00131817.jpg
去年の冬の夕暮れどき・・・
パリ10区を歩いていたら
カラフルでレトロな、ちょっと変わったウインドーに遭遇。
立ち止まってよく見ると、
「絶滅危惧種」と言われて久しい手芸店です。
(*その時の写真は→ こちら 



リボンやボタン、毛糸など、
手芸店は見ているだけでも楽しいですよね。
そんな手芸店が、街からだんだんと姿を消し、
かわりにZARAになっていたりして・・・


時代錯誤かもしれないけれど、
手芸店がなくなってしまうのは寂しい。
とは言っても、手芸人口が少なくなれば、それもやむをえず・・・
がしかし! 昨今のDIYブームから
徐々に活気を取り戻しているのも事実!!
だからこそ、こんなに素敵なお店があるんだろうな〜と
好奇心から店のドアを押しました。



中に入ってみて、大正解!!
まず、店主が男性です!
そして、男性店主の審美眼で選ばれた、魅力的な品々!
道具だけでも欲しくなる💝


レ・トリコトゥール・ヴォラン、
こんなお店です ↓



春のウインドーは、原っぱのイメージ 🌼
a0231632_00144941.jpg


店のロゴも洒落ています。
a0231632_00155374.jpg



そして、この品揃え!!
a0231632_00170133.jpg
手編みのものって、
難しく凝った編模様よりも、自分の好きな色で編むところに
魅力があると思いませんか?
私はそういう派です。



道具もとてもおしゃれ!
a0231632_00185196.jpg


a0231632_00212876.jpg


a0231632_00272063.jpg
上質なアルパガもあります。
店主のイチオシ!


a0231632_00224795.jpg


a0231632_00392634.jpg

a0231632_00253783.jpg


本もいろいろ。
なぜか編み物シーズンの冬よりも、
春の方が充実している、という・・・
a0231632_00313337.jpg

a0231632_00300808.jpg



何も作らなくても、つい欲しくなりますよね!
a0231632_00283728.jpg



安全ピンなどの小物。お土産にいかが?
a0231632_00335108.jpg


店主作、コウモリ!
a0231632_00345143.jpg



こちらも店主作。
現在ショール作りに夢中の様子。
a0231632_00360740.jpg


ここにも・・・
a0231632_00380596.jpg


ショールは横幅があるので、
輪編みの編み棒で編むのだそうです。
a0231632_00423428.jpg


店主のエンリコさん!
店に入り、彼と、彼が作る店内を見た瞬間に
「次の編み物の材料は、ここで買おう」と決意しましたよ!!
a0231632_00405571.jpg
Les Tricoteurs Volants

22 rue de la Fidélité
75010 Paris
Téléphone : 01 47 70 52 57

営業時間 : 10h30 – 19h30(月〜土曜)

定休日:日・月曜






エンリコさんによる手編み教室情報は、
HP、またはFacebookで。
フェイスブック → FB :Les Tricoteurs Volants



・・・
勉強も仕事も、下手をすると友達付き合いまでも
インターネットやパソコンで行われる現代。
そんな時代だからこそ、かえって
若い人たちの中には
「自分の手を使って、実際に、具体的なものを作る喜び」
を見出し、DIYをする人が増えているようです。
などの本作りのために取材をしながら、それを実感しました。


絶滅が危惧された手芸店も
案外、安泰かもしれません。
本屋や本も、同じだといいなあ・・・



そして、個人店の魅力もまた
最近になって見直されていると感じます。
だってこんなに可愛いお店、量販店や大型店にありますか!?
エンリコさんに会いに、近いうちにまたお店を訪ねると思います。
やっぱり人は、人が好き! パソコンではなく!!
次は何を編もうかな ❤️



追記:
去年、新潟のパン屋さんラ・ターブル御一行様の
パリ旅行をお手伝いした際に、
意外にも手芸店で盛り上がったという経験があります。
細々したものをあれこれ悩みながら選ぶのは
楽しいもの。
" 旅の思い出を使って手作り" したら、
二重の楽しみがあっていいですよね。








【お知らせ】
フランスのインテリア、いいですよね。
フランスの、そしてパリのエスプリを
手軽に自宅に取り入れるアイデアを集めた
インテリアの本2冊、
手にとっていただけますと嬉しいです。

 

アマゾンからのお取り寄せは、こちらから
* DIYでつくるパリのインテリア


楽天からのお取り寄せは、こちらから
    ↓
* DIYでつくるパリのインテリア




*****

角野恵子、こんな仕事をしています。→こちら
取材、コーディネート、旅のお手伝い、ご質問etc コンタクトはこちらからどうぞ。→こちら



by keikosuminoleb | 2016-04-21 07:53 | デザイン/ DECO/ DIY | Comments(6)
a0231632_16231023.jpgシェフ、アラン・デュカス氏の
レストランガイドシリーズ、
"ジェイム・パリ"と
"ジェイム・ニューヨーク"。
いろいろな意味で、感動的です。
↓(⭐️をクリック!)

Je ne peux pas m'empêchée !
J'ai été super touchée par
le design, travail, esprit ...
Je parle de la série du livre
des adresses gourmands
"J'aime", réalisée par le chef
Alain Ducasse


⭐️ More, click here !
by keikosuminoleb | 2015-02-08 17:57 | デザイン/ DECO/ DIY | Comments(0)
a0231632_1525305.jpgジュエリーのメゾン・ドファン
maison DAUPHIN 
"コレクション2"発表会。
今年2年目のブランド、
2度目の作品展。
↓(⭐️をクリック!)

28, jan. 2015, j'ai découvert
la maison DAUPHIN,
joaillerie toute fraiche
fondée il y a 2 ans par
Charlotte Dauphin de la Rochefoucauld,
designer de la maison.
(@palais de tokyo)


⭐️ More, click here !
by keikosuminoleb | 2015-01-29 17:41 | デザイン/ DECO/ DIY | Comments(0)
a0231632_23464062.jpgギユネル・ルスタノヴァさんは、
ファッションブランド
GYUNELのデザイナー。
オートクチュールとプレタポルテを
ロンドンで展開中。
昨夜、パリのホテルにて、昨年末誕生した
小物ラインの、お披露目会がありました 
↓(⭐️をクリック!)

J'ai rencontré hier
avec Gyunel Rustanova,
designer de GYUNEL.


⭐️ More, click here !
by keikosuminoleb | 2015-01-29 00:26 | デザイン/ DECO/ DIY | Comments(0)
a0231632_4343625.jpgラデュレの今年のフェーヴ、
こちらですでに、ご紹介しました。
このネコちゃんトリオ、
いま現在、ラデュレのスター的存在!
ガレット・デ・ロワのフェーヴのほかに
←ガレットの王冠もそうですし
↓(⭐️をクリック!)

Comme vous savez,
les fèves de la galette des rois 2015
chez Ladurée sont
la famille de trois chats ICI.
Et la couronne aussi!
Quelle perfection...



⭐️ More, click here !
by keikosuminoleb | 2015-01-21 05:14 | デザイン/ DECO/ DIY | Comments(4)
a0231632_1644221.jpg去年10月、北マレにオープンした
AMEN paris
不思議なガジェットや、
キラリ! とおしゃれな
小物がいっぱいのセレクトショップ
見つけました。 ↓⭐️

Je viens de découvrir AMEN paris,
boutique de gadjets et fashion
insolite dans le Nord de Marais.
En passant devant, j'ai senti
quelques choses Belge, Anvers et Bruxelles,
et j'avais raison : leur première boutique
se trouve à Bruxelles ↓


⭐️ More, click here !
by keikosuminoleb | 2015-01-19 17:05 | デザイン/ DECO/ DIY | Comments(0)
a0231632_2102081.jpgJ'adore tout ce qui est vieux
en France... ou presque !
Comme ce "paquet monté" de
pâtisserie
... More ⭐️↓

パティスリーの伝統『三角包み』 、
リクエストにお応えして
ハウツーを見つけました!
材料は、包装紙と
パリッとしたリボンのみ。
(布製でないもの)
セロテープは不要です。
エコですね。

まずはムーヴィをごらんください ↓

⭐️ More, click here !
by keikosuminoleb | 2015-01-05 02:49 | デザイン/ DECO/ DIY | Comments(10)