keiko's paris journal <パリ通信 - KSL> keikoparis.exblog.jp

パリ在住21年ライター&コーディネーター角野恵子目線のパリ情報です。Keiko SUMINO-LEBLANC, journaliste japonaise, FOOD et Life Style.


by KSL
プロフィールを見る
a0231632_21152235.jpg


2018年6月20日(水)

参加者の皆様12名様と

パトリック・ロジェさんのアトリエ訪問。



火災で丸焦げになったあのアトリエが

以前の姿に蘇り、

機材面ではさらにバージョンアップもして
(ドイツ製、ショコラティエのロールスロイス的マシンを
試運転中でした!)、

夢のような環境の中で仕事をする

ショコラティエのみなさんの姿を見ることができました。


ロジェさんご本人は、なんとチョコレートの彫刻の作成中。

彼の作品、どんどん巨大化していますが

今夏の新作もだいぶ巨大!

写真に写っているのは、それのごく一部です。





2年前の訪問では

庭の菜園もこれから、という状態でしたが

今年はバーベナやレモンバームが茂るわ茂るわ!!!!!!

それをチョコレート作りに使うというのですから

贅沢です。

蜂の巣ばこもありましたよ!

パトリック・ロジェのアトリエの庭の菜園は

憧れの循環農業が実現されていました。





そして!

庭のジャクジー!

従業員なら誰でも、一仕事終えてから使えるとのこと。


「このジャクジーに入りたかったら

ここで働いてくださいね」



と、秘書のジョアンナさんが冗談を言っていましたが、

働きたいですよ、本当に!

パトリック・ロジェのチョコレートは食べ放題だし!

建築も、設備も、人間関係も、本当に素晴らしい環境の中で

みなさん、お仕事されているのですよね。






ライムを一つ一つ、手でゼストに下ろし、

さらにやっぱり手でジュースを絞って。

そうやって出来上がるパトリック・ロジェのチョコレートが

他に抜きん出ているのは当たり前のことなのでしょう。


1つ、見逃したのが

この日、父の日向けに作っていたチョコレートの制作風景。

私たちの訪問ご

若いショコラティエさんから私に直接連絡があり

「なんで僕らのところまで来てくれなかったの!」

と。

みたかったよ〜〜〜〜 もちろん!!!

ご参加くださった皆様、そういうわけでカラフルな制作工程の1つを

私たち、見逃していました・・・

不可抗力ということで、お許しくださいませ・・・




「また来年!」


と、ジョアンナさんも言ってくださったので

また来年、第三弾を企画します!





ロジェンさんのオフィシャルInstagramにも
早速この通り ↓ ↓ ↓


a0231632_20512732.png






女子プロレスラー風な私と、

とっても気さくなロジェさん。
(優しい変わり者、だとも思います)

a0231632_21155402.jpg




また来年〜〜〜!!!



そしていつも思います、

この訪問企画に協力してれるパトリック・ロジェさん、

秘書のジョアンナさん、

ショコラティエのみなさん、

そして、お申し込みくださる参加者の皆様、


幸せな時間をありがとうございました!!!!!








今回の訪問ツアー告知 ↓





2年前、2016年は、こんな感じでした。
まだ新アトリエは完成しておらず、
仮設アトリエを見学 ↓ 










*****


角野恵子の共著書、翻訳本、よろしければ手にとってご覧くださいませ。


【アマゾンからお取り寄せ】
心地よく暮らす TOC TOC TOCの心地よい部屋づくりのアイデア


【楽天からお取り寄せ】







角野恵子、こんな仕事もしています。→こちら
取材、コーディネート、旅のお手伝い、ご質問etc コンタクトはこちらからどうぞ。→こちら



# by keikosuminoleb | 2018-06-22 21:23 | お仕事のお知らせ | Comments(0)