日本の名建築を守るヒント フランスの取り組みをぜひ参考に!

日本の名建築を守るヒント フランスの取り組みをぜひ参考に!_a0231632_17062436.jpeg
10年にわたる修復工事を経て
2022年9月再オープンしたフランス国立図書館リシュリユー館。


いま、珍しくTwitterを開いたら日本の情報、
女優の鈴木京香さんが私財を投じて名建築を守ることを取材した
ルポルタージュのお知らせが表示されました。

日本の名建築が次々に姿を消している。
それでもいいの?
という問いかけがあり、私も常々興味を持っていることだったので、
日本が文化にかけている
国家予算をちょっと調べてみました。

「諸外国の文化予算に関する調査」という
いいものが出てきました。 → こちら
平成24年度文化庁委託、とあります。

この調査からわかるのは、国家予算に占める文化予算額の比率
フランスがダントツで1位
続いて、韓国、イギリス、ドイツ、アメリカ、中国、日本。
日本が最下位でした。

他の数値も出てきますので、
ご興味のある方はぜひ上 ↑ のリンクをご覧ください。

フランスが、たくさんの国家予算をかけて文化遺産を守っていることは
これまで26年間フランスに暮らしながら、じわじわと、
そしてしっかりと、実感しています。
上の調査結果を見て、やっぱりそうだったか、と思った次第。

そして、やっぱり、日本は文化に予算をかけておらず、
文化遺産を守る努力も、文化支援も、あんまり熱心ではないわけです。

どちらも案の定でした。

日本から来た友人や知人とパリを歩きながら
「地震のない国はいいですね、こうやって古いものが残っていて」

と言われるたびに、
「いや違いますって、時間もお金もものすごくかけて
努力して保存して後世に伝えているんですよ」

と話しています。
めっちゃ手間がかかります。

国家予算をかけることに加えて、
サマリテーヌを修復したLVMHグループや
ブルス・ド・コメルスを美術館に蘇らせたピノー財団など、
プライベート企業や団体の努力もあります。

さらに、大小のアソシエーションも
自分たちの地域の文化遺産を守るために活躍している。

それらを参考に日本の名建築を守ることがでできないか?
日本の文化遺産も後世に伝えて行けるといいですよね。
奈良・京都だけが日本の文化遺産ではないですから。









* * * * * * *

角野恵子、こんな仕事をしています。→こちら
取材、コーディネート、旅のお手伝い、ご質問etc コンタクトはこちらからどうぞ。→こちら


応援クリックお願いします → にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ




                                                what's new in paris ? → 日本の名建築を守るヒント フランスの取り組みをぜひ参考に!_a0231632_18374182.jpg      
   

                                                    my daily life → 日本の名建築を守るヒント フランスの取り組みをぜひ参考に!_a0231632_1838120.png

by keikosuminoleb | 2023-05-05 17:29 | museum 美術館・名所 | Comments(0)

パリ在住26年ライター&コーディネーター角野恵子目線のパリ情報です。Keiko SUMINO-LEBLANC, journaliste japonaise, FOOD et Life Style.


by KSL