エピファニー2022 ラ・メゾン・デュ・ショコラのガレット・デ・ロワでお祝い

エピファニー2022 ラ・メゾン・デュ・ショコラのガレット・デ・ロワでお祝い_a0231632_04171515.jpeg



1月と言えばガレット・デ・ロワ👑

#ガレットデロワ は日本のケーキ屋さんでも
年々人気を増していると聞きます。

ガレット・デ・ロワは、アーモンドパウダーで作ったクリームを
パイ生地で挟んだリッチなスイーツ🍰

クリスマスとセットになった祭日
「エピファニー(公現祭)」に食べます。



12月25日にイエスキリストが誕生し、
そのお祝いに東方から三博士が駆けつけたのが
1月6日エピファニー、なのですが、
今年のカレンダーを見たら1月2日「エピファニー」とありました。



はてな?




ウイキによると、1971年以降カトリックでは
クリスマスから二番目の日曜日をエピファニーとしていて、
フランスでは1802年からそうなのだそうです。
今年初めて知りましたよ。。

ガレット・デ・ロワは、
1月いっぱい何度でも食べる
人気のお菓子です!^_^



エピファニー2022 ラ・メゾン・デュ・ショコラのガレット・デ・ロワでお祝い_a0231632_04444599.jpeg


写真は @lamaisonduchocolat_paris #ラメゾンデュショコラ のもの🇫🇷
注文制、6人サイズ、60€。

タルトタタン風のりんごが
チョコレートムースとフランジパン(アーモンドクリーム)にかくれている
 #ゴールデンガレット 🌞



「砂糖をしっかりカラメル化させて、甘さを抑えています」

とクリエイティブディレクターのニコラ・クロワゾーさんの説明でした。
何を作らせても完璧‼️
恐れ入ります!🙏✨😋



エピファニー2022 ラ・メゾン・デュ・ショコラのガレット・デ・ロワでお祝い_a0231632_04440207.jpeg


私はこれを、昨年9月のプレスデーで試食させてもらったのでした。

こうして写真を見ているだけでも食感や風味を思い出します。
確か、トッピングにまぶしたブツブツは
蕎麦の実のスフレじゃなかったかな。
スフレのグリルした香ばしさ、
しっとり大人の甘さに仕上げたりんご、
味わいしっかりながらもエアリーな食感のチョコレートムース、
そして上質バターが豊かにかおるパイ生地。



注文しなくては!

エピファニー2022 ラ・メゾン・デュ・ショコラのガレット・デ・ロワでお祝い_a0231632_04173747.jpeg




***

ラ・メゾン・デュ・ショコラのガレット・デ・ロワは
残念ながら日本では購入できないようですが、

日本ならではのフレイバーを詰め合わせたビーガンクッキーは
以下の婦人画報のお取り寄せサイトから購入できます!
これ、友人でありエイタブリッシュ代表取締役の川村明子さんが
パリに持ってきてくれました!
せっかく日本のビーガンなんだから
日本ならではのフレイバーのものを作ってほしい、と以前リクエストしたことがあり
もしかすると、そんな私のお願いも少しだけ関与していたら嬉しいなあ。。なんて
こんなエピソードは本人は覚えていないと思います・笑


柚子、抹茶、ほうじ茶、しそetc
どれもそれぞれにスパイスの個性がしっかり際立った仕上がり。
山椒が特に印象に残っています! 


詳しくは以下をぜひ、クリックしてください! ↓






* * * * * * *

角野恵子、こんな仕事をしています。→こちら
取材、コーディネート、旅のお手伝い、ご質問etc コンタクトはこちらからどうぞ。→こちら


応援クリックお願いします → にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ




                                                what's new in paris ? → エピファニー2022 ラ・メゾン・デュ・ショコラのガレット・デ・ロワでお祝い_a0231632_18374182.jpg      
   

                                                    my daily life → エピファニー2022 ラ・メゾン・デュ・ショコラのガレット・デ・ロワでお祝い_a0231632_1838120.png

by keikosuminoleb | 2022-01-05 04:50 | museum 美術館・名所 | Comments(0)

パリ在住26年ライター&コーディネーター角野恵子目線のパリ情報です。Keiko SUMINO-LEBLANC, journaliste japonaise, FOOD et Life Style.


by KSL