パトリック・ロジェのアトリエをZOOMでライブ訪問 〜 カドー・ド・フランス

パトリック・ロジェのアトリエをZOOMでライブ訪問 〜 カドー・ド・フランス_a0231632_16502766.jpeg
右がMOFショコラティエのパトリック・ロジェさん。
左は製造責任者のステファノさん。
*MOFとは、「フランス最優秀職人」のことで
MOFショコラティエは現在フランス全土に21名のみ存在します。




フランスのとっておきを取り寄せる
カドー・ド・フランス の第一回目

「Cadeaux de Patrick Roger 〜 
パトリック・ロジェさんの贈り物」

が、本日のzoomアトリエ訪問をもって
無事終了いたしました!

3月上旬に注文を受け、
3月中旬に商品がお客様のもとに届き、
そして本日、zoomでお客様をロジェさんのアトリエ見学にご案内!




携帯で撮影しながらのzoom中継は初めてで、
技術的な不安も多く。。
しかもそもそも携帯でやるというのが申し訳なく、
反省も多いのですが、
参加してくださった皆さんから早速
「楽しかった!」とメッセージが届き、胸を撫で下ろしています。。


ポジティブな参加者のみなさんに恵まれ、
素敵なパトリック・ロジェチームのみんなに恵まれ、
天気にも恵まれ!🙏

こんなにラッキーなことはありません😭🙏🍀



旅行できない今、フランス好きのみなさんにフランスを届けたい、と思い
たどり着いたのがこの策でした。
ロジェさんも、日本のファンの皆さんと繋がれて
嬉しそうでしたよ!!🍀

頑張って良かったですー🍀🍀🍀







パトリック・ロジェのアトリエをZOOMでライブ訪問 〜 カドー・ド・フランス_a0231632_16501192.jpeg


パトリック・ロジェのアトリエは、
世界中に名ショコラティエ数あれど
「快適で美しいチョコレート工房」としては別格。

ロジェさん本人も「世界一のアトリエ」と自負していましたね。


なぜこんなに快適で美しいアトリエを作ったのか? という質問には

「1日の長い時間を過ごす場所なので
自然光の入る快適な空間の方がいい。
フランスではSDGsをとても大切にしている。
従業員たちのウエルネスのためにも
快適で美しいアトリエは絶対に必要」




と回答してくれました。
こんなトップの元で働きたいですよね!




ロジェさんはもうずっと以前から環境に配慮をしていて、
現在チョコレートに使っている色素は
100%天然だそうです。
ヴァローナとコラボで開発しているという天然色素は
今のところ4種類。

1ー赤(ビーツ)
2ー黄(ウコン)
3ー青(スピルリナ←海藻の一種)
4ー黒(炭)


これにプラス、白として、ホワイトチョコレートを使っているそうです。
ロジェさんの代表作のドーム型チョコレートの数々は
よく「宝石のよう」と表現されています。
この「宝石」の色は、たった4種類の天然色素から生まれている、
というわけです。




たった4種類の色素を独自に調合し、
メゾンのエンブレムカラーであるエメラルドグリーンを出したりするのですから
やっぱりアーティストですね。







パトリック・ロジェのアトリエをZOOMでライブ訪問 〜 カドー・ド・フランス_a0231632_16495310.jpeg

3メートル以上ありそうな「キリンの首」という彫刻作品。
もちろん、パトリック・ロジェ作!

その右隣に、エコな一人乗りカー。
ブランドロゴが入っています。
最高のチョコレートを追求して、
その仕事でもって環境を守るアプローチをとり(天然色素の開発等)、
そうして得た収益をエコな最新技術に投資する(エコカー)。

素敵なローテーションです。
こんな夢物語を、実際に実現している場があるとは!
こう眺めてみると、従業員のウエルネスが重要だ、とする
ロジェさんの姿勢は、
彼の中では当たり前のことなのでしょう。

zoomアトリエ訪問の中で見た
箱詰め過程の、なんと芸術的だったこと!
環境が、そこで働く従業員に影響し、
最終的な味にも影響するはず、と思いました!!






パトリック・ロジェのアトリエをZOOMでライブ訪問 〜 カドー・ド・フランス_a0231632_16493600.jpeg


庭の菜園はまだ冬の名残りでしたが、
これから果樹には花が咲き、
菜園はハーブの緑で覆われることでしょう。

ミツバチの巣箱、3つありましたね!
そしてミツバチたち、ものすごく元気でしたね!!



そうそう、zoomアトリエ訪問中の
受講者さんからの質問に

「なぜワインづくりを始めたのか?」

というものがありました。


「南仏に購入した約50haのアーモンド畑の真ん中に
葡萄の木があります。
これを効率のために引き抜くことなどできません。
そこで、ワインづくりを始めたのです」



と、ロジェさんのお返事でした。


この回答にプラス、以前ロジェさんから教えてもらった情報によると、
南仏で若き考古学者の女性に出会ったことが大きかったようです。
彼女は、古代方式のワインづくりをしていて、
ギリシャ時代のように素焼きのカメを使った醸造を研究していた、と。

「なんてクレイジーな女性だろう」

と感動したロジェさんは、彼女に自社アーモンド畑の葡萄から
ワインを作るよう依頼した、というお話でした。



葡萄もアーモンド同様、当然オーガニック栽培です。
以前1杯だけご馳走になりましたが
本当に芳醇な赤ワインでした。









パトリック・ロジェのアトリエをZOOMでライブ訪問 〜 カドー・ド・フランス_a0231632_16491851.jpeg

カドー・ド・フランスシステム構築のために
苦楽を共に進んでくれた
@lasourcekobe の @04tomoko06 さん、
本当にありがとう!!






第二回目もどうぞお楽しみに!









* * * * * * *

角野恵子、こんな仕事をしています。→こちら
取材、コーディネート、旅のお手伝い、ご質問etc コンタクトはこちらからどうぞ。→こちら


応援クリックお願いします → にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ




                                                what's new in paris ? → パトリック・ロジェのアトリエをZOOMでライブ訪問 〜 カドー・ド・フランス_a0231632_18374182.jpg      
   

                                                    my daily life → パトリック・ロジェのアトリエをZOOMでライブ訪問 〜 カドー・ド・フランス_a0231632_1838120.png

by keikosuminoleb | 2021-03-24 17:33 | お仕事のお知らせ | Comments(0)

パリ在住26年ライター&コーディネーター角野恵子目線のパリ情報です。Keiko SUMINO-LEBLANC, journaliste japonaise, FOOD et Life Style.


by KSL