外出制限の日常〜7 53日目 59歳 ワイン店経営者 クリストフさんの場合

外出制限の日常〜7 53日目 59歳 ワイン店経営者 クリストフさんの場合_a0231632_01050472.jpeg
*たった一人で接客していた3月のクリストフさん。


5月8日(金)

フランスは戦勝記念日、祭日です。

祭日、つまりお休みにもかかわらず

ありがたいことに我が家に新しいMacが届きました。

4月半ばから使えなくなった9年もののMac・・・ ブログの更新もできなくなり

外出制限の楽しみだったインタビューもできなかったわけですが、

ギリギリ間に合いました!!

外出制限解除3日前の、パリジャンをインタビューしました!






名前: クリストフ・(男性)
年齢: 59歳
職業: ワインショップ経営者
家族: 妻と23歳の息子と3人暮らし。 
25歳の長女は友人らとレ島に移動して外出制限中。
住まい: 90㎡のアパート、7階、広いテラス付き






ー外出制限53日目、どんな生活ですか?

ずっと通常通りに仕事をしています。
4週間の外出制限中、一度も店を閉めることはありませんでした。

3月14日(土)のフィリップ首相の宣言で
翌日からカフェやレストランの休業が命じられた時も、
私は15日(日)に通常通り店を開けました。
実はその時は、ワイン店が必要最低限の店かどうか、
つまり法で営業が認められているのかどうかは、よくわからなかったのです。
月曜日になってリストが明らかにされて初めて
ワイン店も必要最低限とされていることが確認できました。

自宅では、妻も息子もテレワークで仕事をしていますから
私が外に出るのはちょうどいいのです。
十分に広い住まいだとは言っても、一日中、複数の大人がそこで仕事をするとなると
やはりある時点でいっぱいいっぱいになります。
妻がキッチンで仕事をして、息子がリビングで仕事して、
私はこの店で仕事をする。
いいバランスでした。



ー通常と比べて、お客さんの入りはどうでしたか? ほぼ常に店の前に行列がありますが、忙しいですか?

はい、売り上げはとても良く、通常の15%増です。
外出制限中はみんな、普段よりもワインを飲んだようです。
売り上げが上がるのはもちろんありがたいことですが、
最初の1ヶ月間は、3人の従業員を自宅待機させていたので
通常4人でしている仕事を私1人でこなさねばならず、体力的にとても厳しかったです。
おかげで痩せましたよ(笑)

いいえ、レストランやカフェに卸してはいません。
あなたのような個人のお客さんだけを相手にしています。
ですので、外出制限でレストランやカフェが閉まっても
影響は全くなかった。
違いといえば、シャンパンはほとんど出ませんでしたね。
友達を招いたり招かれたり、ということがなかったわけですから、当然です。

本当に、外出制限の影響を受けずに済んだことはラッキーでした。
ここパリ13区の商店は、パリ中心部とは違って、あまり社会の影響を受けないのです。
2019年の年末のゼネストの時も、
2018年の年末の黄色いベストのデモ騒動の時も、
私たちは問題なく商売ができました。
地域に根差した店の強みです。
そうは言っても、コロナ後の経済の影響をどう受けるかは未知数です。




ー今の生活は辛いですか?

人々の態度が変わったことが辛いです。
先日、友人(女性)が来店した時に、いつも通りにキスの挨拶をしようとしたのですが
彼女は安全距離を保っていました。
もちろん彼女の態度は理解できますし、すべての人が用心深くあるべきだとは思いながらも
この変化は私にとってはショックです。

新型コロナウイルスは本当によくわかりませんね。
感染しているのか、そうでないかもわからない。
実は先日、私の娘に症状が出て
医者に電話をし、匂いと味覚がなくなったことや
発熱があること、咳が出ることなどを伝えたところ
検査をすることになりました。
で、検査の結果は陰性でした。
全ての症状が現れていたのにこの結果だったので、不思議でしたよ。
そうかと思えば、全然症状がなくともキャリアーになっている場合もあると言いますし
全く謎だらけです。




ー運動不足の心配はありませんか?

日頃からスポーツはしていませんし、
外出制限に入ってからの方が忙しかったので
運動不足の心配は全くありません!




ー外出制限解除について、どう感じていますか? 心配事はありますか?

解除は喜ばしいことです。
私は外出制限反対派なのです。
これをする以外に方法はなかったわけですから、やむを得ないことはわかりますが
もうこれ以上はいいでしょう。
解除を心配する声も聞きますが、
私は人々が十分に用心深い行動をすると信じています。

私のお客さんを見ていても、早く職場復帰したいと言う人が大勢います。
たとえテレワークで仕事をしていても、
仕事をするにふさわしい環境で、
同僚たちの顔も見たり意見交換もしたりして、思い切り仕事をしたい、と。

5月11日になればわかることですが、
きっと公共の交通機関を使いたくない人が多く、車が増えるでしょうね。
それから、11日に解除するとは言っても
パリは赤ゾーン(*感染状況と医療現場の状況から、フランス本土と海外県の各地が
比較的安心度の高い緑ゾーンと、注意が必要な赤ゾーンに分類されている)なので
自由度はあまり高くないでしょう。
私もできれば、南仏トゥールーズの母に会いに行きたいですが、
100Kmを超える移動は特別な場合をのぞいて許されませんし・・・
母は高齢なので、本当は様子をみに行きたいのです。






ー外出制限で発見したポジティブなことはありますか?

街が静かになったのは最高です。
車の量が少なくなって、小鳥のさえずりが聞こえて。

それから、特に外出制限が始まったばかりの頃は
いろんな人の「語りたい」欲求をとても感じました。
お客さんに対応していると、普段は話さないような親密なことを
私に話してくれる人がとても多かったのです。
そういう「語りたい」「思いを分かち合いたい」ムードには
温かみを感じました。
このムードが続くといいなあとは思います。
さすがに最近では、皆さんこの環境に慣れて
早く外出制限が終わればいい、
もういっぱいいっぱいだ、というムードですけど。




ー外出制限があけた後の社会に、期待していることはありますか? 人々はこの経験を簡単に忘れるでしょうか?

すぐに忘れてしまうと思います。
例えば来年、この外出制限の2ヶ月間のことを
私たちがどう振り返るのか、興味があります。
今、whatsAppなどを見ていると、いろんなマスクが出てきますが
これがモードのように振り返られるのかも知れません。

私は個人的に環境に関心がある方なので
この経験がコロナ後の世の中を変えるきっかけになるといいとは思いますが、
どうなるでしょう。
資本主義経済にはとても強い力がありますし、
一度得た快適さを手放すことは
人々にはなかなかできないと思うのです。

そうそう、テレワークは一般的になるかも知れません。
うまく導入して、通勤の仕方がよりフレキシブルになって
みんなの暮らしが向上するといいですね。


外出制限の日常〜7 53日目 59歳 ワイン店経営者 クリストフさんの場合_a0231632_01073560.jpeg
*マスクが日々、進化しています!笑




メルシー、クリストフさん!







外出制限の日常〜7 53日目 59歳 ワイン店経営者 クリストフさんの場合_a0231632_01060761.jpeg
*入店できるのは3名まで。
他のお客さんは1mの安全距離を確保して外で待つ。




45 Rue de Tolbiac
75013 Paris
営業時間:10時〜20時30分(日曜のみ10時〜13時)
定休日:月曜


クリストフさんのお店『ラ・カーヴ・ド・トルビアック』は
スタッフの皆さんもとても丁寧に接客してくれる信頼のお店。
明日のライン飲み会のために、いいロゼを2本、かいました〜❤️



* * * * * * *

角野恵子、こんな仕事をしています。→こちら
取材、コーディネート、旅のお手伝い、ご質問etc コンタクトはこちらからどうぞ。→こちら


応援クリックお願いします → にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ




                                                what's new in paris ? → 外出制限の日常〜7 53日目 59歳 ワイン店経営者 クリストフさんの場合_a0231632_18374182.jpg      
   

                                                    my daily life → 外出制限の日常〜7 53日目 59歳 ワイン店経営者 クリストフさんの場合_a0231632_1838120.png

by keikosuminoleb | 2020-05-09 01:07 | パリのニュース 街と人 | Comments(0)

パリ在住21年ライター&コーディネーター角野恵子目線のパリ情報です。Keiko SUMINO-LEBLANC, journaliste japonaise, FOOD et Life Style.


by KSL