サロン・デュ・サケ2019、そして燗酒 KANBAN GROOVE

サロン・デュ・サケ2019、そして燗酒 KANBAN GROOVE_a0231632_23362372.jpg


2019年10月、

第6回目を迎えた『Salon du Sake サロン・デュ・サケ』が

パリ市内の会場で3日間にわたり、開催されました。



今回、私としては初めて、通訳としてサロンに参加。

新潟県の選りすぐりをパリで発信するブティック Kinasé(キナセ)の
スタンドで、3日間みっちり通訳を担当させていただきました。

Kinasé Facebook は、こちら!

Kinasé Instagram は、こちら!!





・・・・・と、いうわけで、
今年は新潟の日本酒、特に
吉乃川 と 真野鶴 についてはよく知ることができましたが、
サロン・デュ・サケ全体を見ることはできず・・・


しかし、

「どんな人が来場するのか」

「どんな日本酒が求められているのか」



という点に関しては、
例年以上によくリサーチできたと思います。





そんな、「あまり見ることのできなかった」

第6回サロン・デュ・サケ会場で、

ひときわ目を引き、私の関心をつかんだのが

写真1枚目の KANBAN GROOVE


サロン・デュ・サケのサイトによると、
代々木の居酒屋『酒坊主』のトモさんが主宰。

なんと、KANBAN GROOVE のスタンドは、着席制!

30分間対面レクチャー付きで、熱燗体験ができる

という。

燗酒専門のスタンドは、

これまでサロン・デュ・サケにはなかったはず。



燗酒、いいですよね。

美味しくつけた剣菱の熱燗を飲んで以来、大大大好きになりました。

フランス人は味がわかるので(そして凝り性なので)、

温度帯によって全く表情が変わる日本酒の面白さを

きっと気に入ると思います。









そして、

もう1つ、面白かったのは

生ビールサーバーのような生酒の樽を、ずらりと並べていた蔵。
(名前が・・・)

樽の内部は、真空保存になっているとのこと。

サーバーが会場側を向いて置かれていて、

来場者が自由に、自分でサーヴできる仕組みでした。

生酒ファンの私としては、ぜひ飲んでみたかった!

しかし、通訳がスタンドを離れるわけにはいきません。



スタンドに人を引き寄せる分には、いいですけど!






で、まんまと引き寄せられた一人が
フランスのロックバンド、フェニックスのギタリスト
クリスチャン・マザレさん ♡

サロン・デュ・サケ2019、そして燗酒 KANBAN GROOVE_a0231632_23363903.jpg


フェニッックスのメンバーは日本酒好きで

これまでに 楯野川 や 風の森 と

コラボ日本酒を発表しています。

この日、クリスチャンさんはゲストとして登壇し、

新作Phoenix Sparkling について話したのだそう。


新作、フェニックス・スパークリング! ↓






一人のファンだった私が、
こうしてクリスチャンさんと話せる間柄になれたのも、
パリの日本食材店『ワークショップ伊勢』のおかげ。
2017年に数ヶ月間
アルバイトをさせてもらったおかげです。

クリスチャンさんは『ワークショップ伊勢』のお得意さんで、
故・黒田社長の親友。


サロン・デュ・サケ2019、そして燗酒 KANBAN GROOVE_a0231632_23370256.jpg




・・・

やはり、お酒は、人と人を繋ぐのですね。

ありがたいことです。

人に感謝、

仕事に感謝。






フェニックス・サケ第二弾発表会の様子は、こちら ↓









サロン・デュ・サケ2018のリポートは、こちら! ↓





*****


角野恵子の共著書、翻訳本、よろしければ手にとってご覧くださいませ。


【アマゾンからお取り寄せ】
心地よく暮らす TOC TOC TOCの心地よい部屋づくりのアイデア


【楽天からお取り寄せ】







角野恵子、こんな仕事もしています。→こちら
取材、コーディネート、旅のお手伝い、ご質問etc コンタクトはこちらからどうぞ。→こちら



by keikosuminoleb | 2019-10-11 00:39 | お仕事のお知らせ | Comments(0)

パリ在住26年ライター&コーディネーター角野恵子目線のパリ情報です。Keiko SUMINO-LEBLANC, journaliste japonaise, FOOD et Life Style.


by KSL