keiko's paris journal <パリ通信 - KSL> keikoparis.exblog.jp

パリ在住21年ライター&コーディネーター角野恵子目線のパリ情報です。Keiko SUMINO-LEBLANC, journaliste japonaise, FOOD et Life Style.


by KSL
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

Boutique Cour de Marbre 〜 ヴェルサイユ宮殿のお土産ショップ『クール・ド・マルブル』

a0231632_20232606.jpg
© Didier Plowy



ヴェルサイユ宮殿のお土産ショップ
『クール・ド・マルブル』が
2018年11月26日オフィシャルオープン!





a0231632_03101236.png


素敵な招待状(写真上)が届いたので
オープニングパーティへ出かけました。






夜のヴェルサイユ宮殿。

だだーん!(と、音が聞こえてきそう)

a0231632_02340304.jpg




石畳をひたすら前に進みながら、

このきらびやかさに改めて・・・

・・・よく造ったものだと。


そして、よく修復したものですよね!!
屋根の窓枠など
ものすごい金箔の量!




ライトアップされた
夜のヴェルサイユ宮殿も
趣があっていいですね〜


a0231632_02344223.jpg

クール・ド・マルブルのショップは、この写真のちょうど左側。



クール・ド・マルブル、すなわち
大理石の中庭。

暗くて全然わかりませんでしたが、この写真の中庭部分の床が
迫力の大理石細工になっています。







そして私は訳あって
遅刻して到着。
すでにオープニングセレモーには
スタートしており・・・


a0231632_02350182.jpg


ものすごい人の山!



と思ったら、ファッションデザイナーの
シャンタル・トーマスさん!


a0231632_02351786.jpg


彼女の作ったものを身につけるのが
学生時代の夢でした〜😍

スタイルのある女性は
年齢を重ねてさらに存在感を増しますね。
素敵!






こちらがブティック
クール・ド・マルブル入り口!


a0231632_02255022.jpg


各部屋の品揃えが
テーマ分けされていて、
ショッピングが楽しい!!!




まずは王妃の部屋。

a0231632_20193018.jpg
© Didier Plowy


a0231632_02360139.jpg

マリーアントワネットにちなんだ商品が
ずらり並んでいます。

クール・ド・マルブルのコンセプトは、

フランスの伝統技術を継承する
選りすぐりのメゾンに、
ヴェルサイユ宮殿オリジナルのグッズを作らせ
販売すること。


陶磁器の『ジアン』、
アクセサリーの『レ・ネレイド』、
内装テキスタイルの『フランソワ・ポワソン』
etc

有名メゾンばかりです。
そして、ここにあるものは
他では購入できません!

ますます行きたくなりませんか?!





Gien

『ジアン』の絵皿、種類豊富にありました。


a0231632_02353373.jpg

『ジアン』アートディレクターのマリエルさんに、
この後のパーティでばったり。

マリエルさんの住まいは→こちら!





オフィシャルフォトを交えつつ、
商品をざっとお見せします。


a0231632_02362951.jpg





Antoinette Poisson
↓ 『アントワネット・ポワソン』

a0231632_02564824.jpg





ゴブラン織り?
ジャガード織りかな。
Mのイニシャルをあしらった商品は
この他にもいっぱい!

a0231632_02380147.jpg



王冠のペンダント〜


a0231632_02365099.jpg






部屋が変わって、こちらは
キッチンの部屋。

a0231632_20140076.jpg
© Didier Plowy






Debeauve et Gallais
ドゥボーヴ・エ・ガレ

a0231632_02383285.jpg
配り用に便利な
小箱入りのチョコレートも! ↑




食べるのがもったいなくなる、こんなものも ↓

a0231632_02385339.jpg




la cocotte
『ラ・ココット』 !!

a0231632_02391408.jpg

ココットがマリーアントワネットになっています!!!





ガーデニングの部屋もありました。

Maison Baluchon
『メゾン・バリュション』

a0231632_02560947.jpg








住まいの部屋。

a0231632_20171748.jpg
© Didier Plowy




a0231632_02573135.jpg


Bernardaud
ベルナルドのキャンドルスタンド
リトファニー。

a0231632_02575003.jpg

ベルサイユ宮殿の絵柄!





子供の部屋もありました。

a0231632_20205103.jpg
© Didier Plowy




a0231632_02570978.jpg






首の部分を
金糸でかがったボディーとか。

なんとも言えません :-)
a0231632_02595202.jpg



この後、修復されたばかりの
「王の娘の寝室」なるものを見学させてもらい、

その後にカクテルパティー、

というソワレでした。



常々、パリのお土産は何もかもがかわいらしい! 

と思っていましたし、

美術館のお土産ショップは最高のプレゼントの探し場所

とも思っていましたが、
ここ、ヴェルサイユ宮殿の
クール・ド・マルブルは桁外れの規模です。
生活雑貨が一通り揃う感じ。

お土産探しというよりは
真剣にショッピングをしたくなる、そんなお店でした。



ベルサイユ宮殿の門を入ってひたすらまっすぐ、
その突き当たりの左にあります!





【追記】
『クール・ド・マルブル』を見た後は、
王女の部屋を見学、続いてカクテルパーティ、でした ↓










ロフトネットストア


* * * * * * *

角野恵子、こんな仕事をしています。→こちら
取材、コーディネート、旅のお手伝い、ご質問etc コンタクトはこちらからどうぞ。→こちら


応援クリックお願いします → にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ




                      what's new in paris ?  パリ情報毎日更新しています→ a0231632_18374182.jpg      
   

                                                    my daily life → a0231632_1838120.png

Commented by whitelacenonyo at 2018-11-29 22:37
またまた、、素敵な情報、、
嬉しいやら、困るやら、、、(汗)
明日にでも飛んでいきたいパリ、
ヴェルサイユ、、。
keiko,さんは色々なパーティーにお呼ばれされて
凄い女性なのですね〜(前々からそう思っていましたが、、)
Commented by keikosuminoleb at 2018-11-30 09:06
> whitelacenonyoさん

嬉しいやら、困るやら(笑)
お気持ちわかります!
これでまた混むぞという心配もあったり・・・

フランス人は本当にアイデアマンというか、
自分たちの持っているものを最大限に生かす術を心得ていますよね。
ヴェルサイユ宮殿のオリジナルグッズを、
フランスの人気ブランドに作らせる、というのですから、
私たちが欲しくないわけがないのです!笑

で、私が呼んでもらう集まりは、基本プレス向けでして、
他の日本人ライターさん、コーディネーターさんも多数いらしています。
みなさん素晴らしいご活躍をされている方ばかりで、
私は・・・・頑張ります。
by keikosuminoleb | 2018-11-29 04:37 | museum 美術館・名所 | Comments(2)