keiko's paris journal <パリ通信 - KSL> keikoparis.exblog.jp

パリ在住21年ライター&コーディネーター角野恵子目線のパリ情報です。Keiko SUMINO-LEBLANC, journaliste japonaise, FOOD et Life Style.


by KSL
プロフィールを見る
通知を受け取る

Japan Expo 2018 〜今年で19周年! ジャパンエキスポ!

a0231632_14320065.jpg


今年も開催されました、
ジャパンエキスポ!


今回で19回目を迎えたこのイベントは
ヨーロッパ最大の日本文化見本市(コンベンション)です。

7月頭の4日間に、
フランス全土からはもちろん、
ベルギー、イタリア、ドイツ、イギリスなど
ヨーロッパの各国から日本ファンが押し寄せる!
その数、24万人とのこと!


日本に関するいろいろを
ヨーロッパに発信したい企業や個人にとって
ジャパンエキスポ以上に好都合な場所はないでしょう。

今年は糸井重里さんも
開発したアプリの紹介に来ていらっしゃいましたよ。








私は今年も
取材インタビューの通訳を担当しました。
今年で3回目。


インタビューをしていて面白いのは、
例えば、メタルコアのミュージシャンや
ロボットアニメのアニメーターさん、
アニメのシナリオライターさん、
アイドル、人力車の車夫さん、
などなど
個人的に興味がなかった職業の方々のお話が
実にカラフルで、
インタビュー後には必ず、強く惹きつけられているところ。

名作を生んできた方々のお話は
重みがあります。
そして、
パリまで呼ばれる方々は、それだけの理由を持っていますね!



来年も行こう!
と、思わされます!!
スタッフの皆さんもいい感じなのです。



いつもいい出会いをあたえてくれる
ジャパンエキスポ、ありがと〜〜〜〜〜


a0231632_14322329.jpg








おまけとして、先日
とても暑かった日に(このところパリは連日30度越え)
我がパリ13区のたい焼き屋さんへ行きました。
おめあては抹茶ソフト。

しかし、この通りシャッターが閉まっており・・・

a0231632_14325369.jpg



なんと、ジャパンエキスポ出店に向け
準備も含めて
お休み中とのことでした。


a0231632_14342205.jpg


こうやって、いろ〜んな人たちが
参加するイベントなのだと痛感。






「たい焼きパリはどんなお店?」
こちらをどうぞ!











*****


角野恵子の共著書、翻訳本、よろしければ手にとってご覧くださいませ。


【アマゾンからお取り寄せ】
心地よく暮らす TOC TOC TOCの心地よい部屋づくりのアイデア


【楽天からお取り寄せ】







角野恵子、こんな仕事もしています。→こちら
取材、コーディネート、旅のお手伝い、ご質問etc コンタクトはこちらからどうぞ。→こちら



Commented by あたふた at 2018-07-13 11:32 x
こんにちは^_^全く関係のないところへコメントしてしまい申し訳ありません!
先日、夜のテレビニュース「WBS」を見ていたら、外国での日本酒人気について取り上げられておりました。
当然、パリの獺祭ブームも!
パリで獺祭を提供するレストランに旭酒造の会長さん達が赴き、偵察をしていましたが、温度管理と賞味期限管理が出来ておらず、味が劣化してしまっていたとのこと。。
ロブション氏の新しいお店でもそれができていなかったそうなのです。
多くのフランスのソムリエ達は、ワインと日本酒の大きな違いを理解していなかったそうなのですが、仕方ないですよね、きちんと伝えられてなかっただけかな?とも思います。
会長さんは、このままでは先が見えているとして、今後はその辺りを徹底して行くそうです。
獺祭は製造後半年以内に飲むべし、だそうです^_^
私も冷蔵庫の中で一年寝かせたことがありますから。。
日本酒は、「とりあえず買っておこう」ではなくて、「飲む予定があるときに」買うのがベストなんですね!
Commented by keikosuminoleb at 2018-07-17 14:48
> あたふたさん

情報ありがとうございました!!

フランス人に日本酒を理解してもらうまでは
予想以上に時間がかかるということなのですね。
今、オテル・ド・クリヨンのシェフソムリエ氏などが
日本酒に力を入れていて、蔵マスターというコンクールも主催したりし、
日本酒の普及と理解に尽力されています。
これまで長年パリの日本酒事情を見てきた私としても、
かなり良い方向に向かっているという実感があります!
(ラ・メゾン・デュ・サケのユーリン・リー氏は、
シャンパンと同じように管理し、飲むよう、教えているようです。
シャンパンも温度管理が大切で、新鮮な方がいいので)
これも一案ですよね! わかりやすい)

本当に多くの日本人、フランス人の
日本酒ファンたちが、これまで地道に、努力を続けてきました。
彼らの思いが実を結ぶ日も近いと思います!!!!
by keikosuminoleb | 2018-07-09 14:55 | お仕事のお知らせ | Comments(2)