keiko's paris journal <パリ通信 - KSL> keikoparis.exblog.jp

パリ在住21年ライター&コーディネーター角野恵子目線のパリ情報です。Keiko SUMINO-LEBLANC, journaliste japonaise, FOOD et Life Style.


by KSL
プロフィールを見る

withはぴe にて、agricool 紹介しています。

a0231632_01115056.png



関西電力のウエブマガジン
withはぴeの、
海外情報を担当させていただきました。

定期的にお仕事できますように・・・


まず初回は、
改装したコンテナの中で、クールにアグリカルチャーする
アグリクールの話題!
都市型農業の新しい可能性を

ぜひぜひ、ご覧いただきたいです!





withはぴeは登録が必要ですが、
誰でも無料で読むことができます。

登録の一手間をかけて・・・

どうぞご覧くださいませ。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓









*****


角野恵子の共著書、翻訳本、よろしければ手にとってご覧くださいませ。


【アマゾンからお取り寄せ】
心地よく暮らす TOC TOC TOCの心地よい部屋づくりのアイデア


【楽天からお取り寄せ】







角野恵子、こんな仕事もしています。→こちら
取材、コーディネート、旅のお手伝い、ご質問etc コンタクトはこちらからどうぞ。→こちら



Commented by lamaisondesoeurs at 2018-06-05 12:13
こんにちは!
いつも楽しい情報を、心待ちにして読ませていただいております。
早速「withはぴe のアグリクール」拝見しました。
(登録しなくても読めましたよ。笑)

日本でも植物工場などと言われて色々な企業が試みているようですが、
結局露地物よりコストが掛かって値段が高くなったりして‥‥。
その点パリのように公園にコンテナを設置して、と言うのはよく考えられていますし、イチゴって言うのが良いですよね。
次回パリに行った時にはモノプリで買ってみます。

また素敵な情報を楽しみにしています。
Commented by keikosuminoleb at 2018-06-05 14:45
> lamaisondesoeursさん

コメントありがとうございます!
しかも早速記事を読んでくださって!!
登録なしでも読めたというのもお教えいただき・・・びっくりしました!

「植物工場」とは初耳でした。
勉強しなくては。
で、アグリクールのイチゴ、木で完熟したものを朝もいで、夕方には店に出す、
という短縮流通にも注目しています。
今、果物も野菜も、食べごろになる前に収穫するのが当たり前ですよね、
農家でない私たちは本来の味を知らないというわけです。
実は私、幼少期は農家の娘で、
「今日の夕飯、いんげんがいいな」と思ったら
ざるをもって庭に出、自分で収穫していました。
そういう野菜の味は、売り物ではなかなか得られません。
アグリクールのイチゴは、新しい味覚体験をあたえてくれると思うのです!
ちなみに、購入できる場所はFacebookで告知しているので
どうぞチェックしてくださいませ。
今現在はアニエールのモノプリに週に数回出ているようです。

by keikosuminoleb | 2018-06-05 01:20 | お仕事のお知らせ | Comments(2)