keiko's paris journal <パリ通信 - KSL> keikoparis.exblog.jp

パリ在住21年ライター&コーディネーター角野恵子目線のパリ情報です。Keiko SUMINO-LEBLANC, journaliste japonaise, FOOD et Life Style.


by KSL
プロフィールを見る

パリ13区にボローニャ発見! case della mamma カーサ・デラ・マンマ

a0231632_03122222.jpg


「いや〜〜〜〜 今も有ってくれてありがとう!」

思わずそうさけびたくなる店や場所、
ありますよね。


パリ13区のカーサ・デラ・マンマは
まさにそんなお店です。

ボローニャ生まれのおばあちゃんが
たった一人で切り盛りする
イタリア総菜店。


実はここ、
去年の夏からずっと
行きたい、行きたいと思っていたのですが、
これがなかなか開かない。

バカンス中、ということもありましたし、
そうでなくても
営業時間が不思議な時間帯で・・・




で、ようやく先週末
4月1日イースターの日曜日に
初めてお店に入れました!

a0231632_03150447.jpg


「イタリア人のおばあちゃんが一人でやっているんだよ」

「イタリア語しか話さないんだよ」

「彼女が死んだら後を継ぐ人もないだろうな〜」


というようなことを
この店を教えてくれた人から聞いていて、

この日お店の中に入り、全くその通りだと。






惣菜の品数は
大変限られていますが、
どれも自家製。
おばあちゃんの手作りなのだそう。

a0231632_03133226.jpg

ボローニャといえばフレッシュパスタ。
お手製のラビオリやラザニアがいい感じです。




デザートは、パンナコッタと
ティラミスのみ。
これも自家製、1パック6ユーロ。
迷いましたが、パンナコッタを購入。

a0231632_03174174.jpg





バジルのラヴィオリも買いました。
こちらもワンポーションで6ユーロ。
(だいたい8個くらいだったかな?)

a0231632_03140422.jpg


袋に入れて、一応秤で計っていましたが
多分アバウトだと思います・笑







a0231632_03160108.jpg



ここに店を構えて18年になること、
最近足を怪我して大変だったこと、
時々日本人が買い物に来ること、
日本人はとても親切で礼儀正しいこと、

などなど
お話ししてくれたおばあちゃん。


私がフランス語で質問し、
おばあちゃんはイタリア語で答える、という
妙な会話でしたが
時々は理解できました・笑



しかし
ここに店を構えて18年ですかね?!
もっと古くないですか、おばあちゃん?



でも確かに、この18年で
ものすごく変化したんでしょうね、このエリアも・・・
マレ地区だって、18年前と今とでは
だいぶ違っていますから。



a0231632_03153202.jpg


おばあちゃん、また来るね!
と、抱きしめてしまいましたよ。
本当に、
今もあってくれてありがとうと、
心から感謝したくなる店でした。





a0231632_03162968.jpg



飾らぬ佇まいのお店です。





a0231632_03171215.jpg




で、お味の方はと言うと、
やっぱり手作りらしい、実直な(?)味わいでした。
パンナコッタは、私がこれまで食べた
どのパンナコッタとも違っていて、
ちょっとリ・オ・レの塊のような?
つるんとした口当たりではなく、
だいぶ濃く、しっかりしていました。
ラヴィオリも大振りで、
4個食べれば結構十分な感じ。
あとは、おばあちゃんがオススメしてくれた
ブッラータか何かあれば
十分1食になります。

シェフのイタリアンとか、
最近の洗練されたイタリア総菜店とかと違いますので
ご承知のほどを!


おいしいから買いに行く、というよりも
おばあちゃんがいるから買いに行く、
そんなお店です。
だからこそ、今もあってくれて嬉しい!!
私たち人間は、結局
人の魅力に着くんですね(猫は家に着く、と言うけど)。

また来るからね〜〜〜おばあちゃん!

a0231632_21511007.jpg



50 Rue de Domrémy
75013 Paris
営業時間:
10時〜13時30分、17時〜20時30分
*日曜は20時まで
月曜午前中は閉店しています





*****


角野恵子の共著書、翻訳本、よろしければ手にとってご覧くださいませ。


【アマゾンからお取り寄せ】
心地よく暮らす TOC TOC TOCの心地よい部屋づくりのアイデア


【楽天からお取り寄せ】







角野恵子、こんな仕事もしています。→こちら
取材、コーディネート、旅のお手伝い、ご質問etc コンタクトはこちらからどうぞ。→こちら








【プラスα】
イタリア、といえば! 
料理のプロも認める最上級のオリーブオイル!『オリーブハート』
Commented by あたふた at 2018-04-05 12:41 x
こんにちは^_^
こういうお惣菜屋さんって、日本でも下町の方に行くとあったりして、素朴〜〜な味でホッとしますよね!
13区の滞在が楽しみです。
このおばあちゃんと会話できるように、今から即席イタリア語を習得しなくては!?
Commented by keikosuminoleb at 2018-04-05 15:26
> あたふたさん

共感していただけて嬉しいです!
KSLブログがそもそも、
日本のマジョリティーには響かない情報ばかりだと思うのです。
(無意識のうちにずれているんです)
それでもこうして読んでいただけで、
しかもこのおばあちゃんの店に来店してくださるなんて!
シタディーヌ滞在であれば、ラヴィオリも茹でられますね!!!
Commented by あたふた at 2018-04-06 03:14 x
たしかに、そうかもしれません!
私はだいたいいつも、マイノリティーに属しています(笑)
だからこそ、有名どころではなく、普通は紹介されないような場所を紹介していただける恵子さんのブログはとてもワクワクするのです^_^

ところで、SNCFの大規模なストが始まりましたよね。
6月まで続くというので、ちょっとというか、かなり心配になってきました!
合わせてAir France もストの予定があるみたいですし、フランス国内の移動はちょっと方法を考え直さなくてはいけないかな、、と思ってみたり。。
ストのスケジュールって、予定が変更することもあるのかな???
どちらにしても、国民にとっては(もちろん観光客にも)本当に迷惑を通り越して被害ですね。。
早く終われば良いのですが!!!
Commented by keikosuminoleb at 2018-04-06 03:42
> あたふたさん
や〜〜〜 マイノリティーに属してらっしゃいましたか〜〜〜笑
それでも、たとえマイノリティーでも、
こうやって仲間がいることがわかって、私、嬉しいです!!!

で、SNCFのスト。
毎日ラジオで(私、テレビを持っていません)問題になっています。
今日はついに首相がゲストに招かれ、オーディエンスから寄せらる質問に
答えていました。
本当に、実際に、劣悪な労働環境なのか? というところが
多くの人の疑問点で、国民の共感を得られなければストも続けられませんから
6月まで続くことはない、と私は読んでいます。(甘いかな?)

エールフランスに関しては、
世界中のどの航空会社よりもサラリーが高いと報道されていたので、
全く同情の余地なし。

これからはフランスはバカロレア他の試験シーズンにも突入しますし、
こんな状況が長続きするのは全くもって異常。
賢明な判断がされることを期待しています。(フランス人たのむ〜〜〜)

by keikosuminoleb | 2018-04-04 22:24 | FOOD | Comments(4)