keiko's paris journal <パリ通信 - KSL> keikoparis.exblog.jp

パリ在住21年ライター&コーディネーター角野恵子目線のパリ情報です。Keiko SUMINO-LEBLANC, journaliste japonaise, FOOD et Life Style.


by KSL
プロフィールを見る

ラデュレの新ヘルシーファストフード『Picnic』ピクニック

a0231632_04350091.jpg

2017年夏にオープンした
ラデュレの新店舗『ピクニック』。

場所は15区のショッピングセンター
ボーグルネル・・・

ショッピングセンター?! 

そうです!
つまり、
パリの老舗パティスリー・ラデュレが、
ようやくパリジャン・パリジェンヌの元に帰ってきた! ということ。

自分と自分の時間を大事にするパリっ子たちが、
観光客と一緒に行列店に並んでまで
タルト・オ・シトロンを買うか?
そいういうことです・笑




しかもこの『ピクニック』、
現代のパリジャン・パリジェンヌのニーズを反映した
ラインナップなのですよ。

つまり、美味しくてヘルシー。

近郊農家で収穫された、新鮮な季節の野菜や果物をたっぷりと、
そして極力オーガニックのものを。
ベジタリアンやヴィーガンも
『ピクニック』なら選択肢がいっぱいです!!


カウンターに並ぶサラダにキッシュ。
一見、他の
ハイエンドファストフードと同じに見えますが・・・


a0231632_04425227.jpg

・・・デトックスサラダ、
なんてものもあり、


ネーミングからして
その時の自分の欲求を読み取りやすい、選びやすい。


a0231632_04473541.jpg


かといって、中身は禁欲的ではなく、
キングクラブがドテッと入っていたりするのは
さすがラデュレ。

ヘルシーフード、ファストフードでも
グラマラスさは忘れませんよ!




ラデュレらしく、お上品なミニバーガーも。


a0231632_04450537.jpg

これ、↑
よく考えたら、人気のロブスターロールの
バリエーションですね。







コンビニ的に商品の並ぶ棚もあり、
自分で好きなものもピックアップして
買い物できます。

a0231632_04371190.jpg




で、私が一等気に入ったのが
こちら!

自家製のフレーバーウオーター!!!

a0231632_04511638.jpg

オー・デトックス
(デトックスウオーター)
コリアンダーと生姜の風味!





ローズマリーとレモンの風味もあります!

a0231632_23114126.jpg

どちらかがスパークリング水でした。

もちろん両方とも美味!!!


ここ数年、ビオなパリジャン・パリジェンヌたちは
ミネラルウオーターを敬遠します。
なぜなら、輸送のCO2や容器のゴミ問題などに
疑問を抱くから。

例えば、
ビオコープはミレラルウオーターの販売を廃止。

ビストロやレストラン、カクテルバーは
特別な浄水器(例えば、fresh )を採用して
クリーンなカラフウオーターを提供するところが増えています。

浄水器でガス入りウオーターも作れます。

浄水器を採用するメリットは他にもあり、
ミネラルウオーターのストック場所が必要なくなるので
その分、ワインを充実させることができるのだそう。

だから
店オリジナルの水用カラフを作って
自家製フィルター水を提供する
ビストロ、レストラン、カクテルバーが増えました。
ミネラルウオーターよりずっと安いので、
お客さんにとっても嬉しいことですよね。





ラデュレ自家製のお水、いいと思います!
美味しくて、ヘルシーで、
環境コンシャスなパリっ子にも寄り添っている!!
(プラスチックゴミは出ますけど。
各自が容器を洗って、再利用していただけるとなおよし)



ジュースじゃなくて、水、というの、
あるようでなかった!






ちなみに、ジュースもいろいろあって、
これがまたユニーク。

a0231632_20030222.jpg

体を浄化してくれるジュース、など!

中身はビーツ、グレープフルーツ、コリアンダー、ざくろ。





中2階の、イートインコーナー。

a0231632_04400851.jpg



そこから見た店内の様子。
開放的です。

a0231632_04380352.jpg



『ピクニック』にはもちろん、
ラデュレの顔・マカロンもありますよ!

a0231632_23144228.jpg


人気パティスリーもずらり!!


a0231632_04483972.jpg



「ラデュレのパティスリーは好きだけど、
行列するのはちょっと・・・」

という方、

「クオリティーのいい
ヘルシーなファストフードが食べたいな」

という方、

「一人でサクッと食べるられる場所・・・でもテキトーじゃなくて
できればパリらしく」


という方!!


覚えておくと使えると思います〜〜〜




a0231632_04360544.jpg




16 Rue Linois, 75015 Paris

営業時間:9時30分〜20時30分(月〜土曜)
10時〜19時(日曜)

定休日:なし



【お知らせ】
ラデュレのエスプリがぎゅっと詰まった
ダイアリー💗
是非お手元に💗💗




翻訳担当しております!











【2018年ゴールデンウイーク企画】

a0231632_15420347.png
2018年5月2日
マンダリンオリエンタル・パリで
フランスのラグジュアリーを堪能♪
限定5名様の特別なツアーです。
詳細は → こちら!










【2018年3月22日追記】
a0231632_04150008.jpg

パトリック・ロジェさんのアトリエ訪問を
2018年6月20日(水)に開催いたします!
詳細は → こちら! ご覧くださいませ。






*****

角野恵子、こんな仕事をしています。→こちら
取材、コーディネート、旅のお手伝い、ご質問etc コンタクトはこちらからどうぞ。→こちら

Commented by whitelacenonyo at 2018-03-20 22:24
いつも素敵で興味を抱くパリ情報
嬉しくなります。
老舗ラヂュレがファストフード、、
それもおしゃれさを失わないさすがのセンス。
私は特にお水系に惹かれます。
飲みたくなるものばかり、、その上おしゃれなデザインの瓶?
角野さんの簡潔な名文にも惹かれております。
Commented by keikosuminoleb at 2018-03-20 23:02
> whitelacenonyoさん

わ〜褒められて嬉しいですー💗

このお水、本当に素敵でした!
容器はプラスチック製で軽く、口が広いので洗いやすい、
つまり再利用に向いています!
お水のお味はシンプルに見えて、自分では再現できないであろうレベルの高いものです。

美食はフランスの文化遺産。
その美食を、現代人のニーズに合わせた、というのが
このピクニックなんだなと思いました。
第一、ダヴィッド・オルデー社長自身が、
私生活でもこういう食生活の方なのだそうです。

Commented by kanafr at 2018-03-31 07:39
ボーグルネルの記事、大変興味深く読ませていただきました。
昔、仲良くしていた友人がCharles Michelsに住んでいたので、よくこのあたりにはよく行きました。
彼女が帰国してからは、本当に行く機会がなくなってしまいましたが、今は、こんな風になっているんですね。

ところで、記事の中に書かれていらっしゃる水について伺いたいんですが、その前文に「ビオなパリジャン・パリジェンヌたちはミネラルウオーターを敬遠」「輸送のCO2や容器のゴミ問題などに疑問を抱く」とありますよね。
という事は、このラデュレの自家製の水は、ミネラルウオーターではなく水道水ってことですか?
もしミネラルウオーターでないのなら、水道水の方が安全という事なんでしょうか?
あまりフランスの水について知識がないので、お教えいただければと思います。
又、輸送の問題やゴミ問題に疑問を抱く→ラデュレの自家製の水は環境問題に優しいというのは、どういう意味でしょう?
輸送上のco2は起きない?容器のゴミ問題は起きない?というラデュレの自家製の水って、どういう意味なんでしょうか?プラスチック製で軽くとありますが、市販のミネラルウオーターも瓶もほとんどはプラスチック製ですよね。
口が広いので洗いやすいから再利用に向いているとありますが、この瓶はラデュレで回収でしょうか?
もし、普通のゴミの様に捨てられるなら、寄り分けて再利用されるようになっているのでしょうか?口が広くて洗いやすいという事は、ここに並んでいる瓶も、そうやって回収された瓶を洗って使ったものなのでしょうか?
お忙しいのに、こんな質問をしてしまう失礼をお許しいただきたいのですが、環境に優しいものを口にしたいという思いもあり、できましたらお教えいただければ有難く存じます。
Commented by keikosuminoleb at 2018-03-31 16:33
> kanafrさん

水の部分、もっと丁寧に加筆します。ご指摘ありがとうございました。

ミネラルウオーターは容器のゴミ問題と輸送のCO2が理由(地産地消ではない)で
ビオ、イートローカルの人たちが問題視しています。
そこで水は、浄水器にかけたものを支持する層が増えていて(オーガニックショップやレストランの話によると)
レストランでも自分たちでフィルターにかけたスティルウオーターや
ガス入りウオーターを出すところが増えていること
kanaさんもきっと感じられているのではと。

ラデュレの水は、プラスチック容器入りなので、
プラスチックゴミは出ます。
一番の理想は、ラデュレが専用の容器を販売し、
お客さんはそれを持参して、お店で水を詰めてもらうのがいいのだと思いますが
現時点ではこのスタイルでした。

以上簡単なお返事でした。
本文を加筆、変更して、kanaさんのように疑問を持たれる方がないように
いたします。
ご指摘ありがとうございました。
Commented by kanafr at 2018-04-01 09:50
私の読みが浅い事から生じた不躾な質問に、ご丁寧にお答えいただいただけでなく、加筆までしてくださって有難うございます。
環境問題は、企業も努力し、消費者も関心と知識を持つことが大事ですよね。少しづつフランスも変わって行っているんですね。角野さんの記事でそういう事が分かって勉強になります。有難うございました。
Commented by keikosuminoleb at 2018-04-01 16:29
> kanafrさん

読みが浅いなんて、とんでもないです。
私は自分の名前を出してここに文章を載せているからこそ、
曖昧な表現をそのままにしてはいけないのだと
改めて気付かせてもらいました。

今後もまたこのような「はてな?」がありましたら
どうぞご指摘いただきたいです。
毎度毎度お手数をかけないように、私も気持ちを入れ替えて文章を書きます!

kanaさん、ありがとうございました!
by keikosuminoleb | 2018-03-20 22:12 | FOOD | Comments(6)