keiko's paris journal <パリ通信 - KSL> keikoparis.exblog.jp

パリ在住21年ライター&コーディネーター角野恵子目線のパリ情報です。Keiko SUMINO-LEBLANC, journaliste japonaise, FOOD et Life Style.


by KSL
プロフィールを見る
通知を受け取る

ジャン=ポール・エヴァンのクリスマス2016 ビュッシュ・ド・ノエルとマカロン!

a0231632_06094608.jpg

Jean-Paul Hévin ジャン=ポール・エヴァンの
2016年クリスマスコレクションお披露目会。
会場は、銀器の老舗クリストフルの
ロワイヤル店2階です!

「今年のテーマはフレンチタッチ!
フレンチカンカンや鶏がモチーフになっているんだよ」
と、エヴァンさん。

ルノワールの名画『船遊びをする人々の昼食』に
ご自身が登場しているではありませんか!
素敵なサプライズ!

クリスマス商品の展示方法も
アート作品さながらです。



a0231632_06112980.jpg




bûche "Rêve" ビュッシュ・レーヴ
『夢』

a0231632_06122608.jpg
キャラメル化させたオレンジの
クレームブリュレ。
ブラジル産グランクリュカカオの
チョコレートムース。

焦がしたオレンジから来る
ほんのりスモーキーな残り香が
実に上品。






Bûche "Cancan" ビュッシュ・カンカン
『フレンチカンカン』

a0231632_06102389.jpg
グリヨットのジュレ、
ペルー産グランクリュのカカオ。
土台のチョコレートに隠された
シナモンの風味が素敵なアクセント!





Bûche "Fashion" ビュッシュ・ファッション

a0231632_06143427.jpg
栗の粉を使った
グルテンフリーのクリスマスケーキ。
栗の粉=結構素朴でがっつり食感
かと思いきや
とても繊細な口どけ。
このメゾンはとことんまで上品です。





Bûche "Grand Style" ビュッシュ・グランドスティル
a0231632_06135159.jpg
エクワトル産グランクリュのカカオ。

「お持ち帰りやお土産にふさわしいケーキを」
と、エヴァンさんが考案した
Gâteau de voyage
(ガトー・ド・ヴォワイヤージュ 旅行のケーキ)
の、新作。
これだけは必ず常温で食べること!
常温で食べてこそ美味しく味わえるように
工夫されたレシピなのです。





試食のお皿❤️
a0231632_06154211.jpg
手前(下)が『夢』
左が『フレンチカンカン』
上が『ファッション』
左が『グラン・クラシック』

この凝りに凝った仕事・・・
頭が下がります。




新作マカロン『ココリコ!』(コケコッコ!)も
フランスのシンボル
雄鶏をまとって登場!
a0231632_06150470.jpg
エクアトル産グランクリュのカカオ使用。
一般的にガナッシュのマカロンは
重いのが玉に瑕なのですが、
ここのはそんな野暮じゃない!
口どけふんわり&さらり、甘みも風味もお上品でした。




a0231632_06171690.jpg




a0231632_06184479.jpg

エヴァンさん、ブラボー!
なんと、京都にお店ができるとか?!
情報待ってますよ〜〜〜♫








【お知らせ】
ラデュレのダイアリー、翻訳担当させていただきました。
スイーツのレシピはもちろん
お料理のレシピ、お招きの工夫、
生活を楽しくするヒント、名言格言etc
素敵な情報が詰まった手帳です。
どうぞ毎日のおともに!
または、クリスマスプレゼントに如何でしょう? 016.gif








*****

角野恵子、こんな仕事をしています。→こちら
取材、コーディネート、旅のお手伝い、ご質問etc コンタクトはこちらからどうぞ。→こちら




Commented by confortable-juju at 2016-09-23 22:17
角野さま☆
今回も詳細で素敵なレポをありがとうございます!!
ケーキも素晴らしいですが、ルノワールの絵画にご自身が登場されるという発想が既に魅せる演出ですね~。これはコラボというのでしょうか・・・素敵すぎます。
京都に路面店が出来るのですね。
時々通っていたのに全く気づきませんでした。
この通りは近くにベルアメールがあります。また近くの別の筋にはマリベルがあります。お菓子屋さんを巡る人にはまた楽しみが増えますね。
路面店が出来たら覗いてみますね!
juju
Commented by keikosuminoleb at 2016-09-24 01:09
> confortable-jujuさん

京都情報、さすが地元(と言っていいのかな?)です!
私は西のことは全くわからず、話を聞いては憧れるという状態が長年続いています。
そしてこのところのスイーツラッシュ@京都。
何かあるとしか思えませんよね、やっぱり日本もインバウンド時代ということでしょうか。

エヴァンさんxルノワールの絵画は、本当、さっすがの一言!!
フランスといえば・・・ということでの発想のようでした。
実は私、この絵画の舞台になったシャトゥーの街に、ついこの7月まで住んでいたのです。
フランスは素敵です。
このところとてもフランスかぶれ&フランス贔屓です、私。笑



Commented by kanafr at 2016-09-24 02:07
最近グルテンフリーの物が増えてきていますよね。
アレルギーの方が、フランスにも増えているからでしょうね。グルテンフリーにケーキ屋さんは以前からありますが、大御所のエヴァンさんがビュッシュ・ド・ノエルをつくられたら、今までせっかくのノエルに食べられなかった人達も一緒に味わう事ができますね。
それにしてもマロンも気になりますが、オレンジのクレームブリュレも気になります。
ああ、迷います(苦笑)
Commented by keikosuminoleb at 2016-09-25 02:20
> kanafrさん

エヴァンさんは毎年必ず1つ、グルテンフリーのビュッシュを作っていると
このプレゼンで教えてもらいました。
これまで気づかずに申し訳なかった・・・

kanaさんのおっしゃる通り、大御所エヴァンさんのビュッシュを
アレルギーなど気にせず食べられるというのは
みんなにとって嬉しいこと!!

そして、どれにしようか、迷いに迷う・・・
嬉しい悩みですが、悩みですね〜〜〜〜❤️

Commented by confortable-juju at 2016-09-25 10:48
角野 様☆
京都進出、多くなりましたね。
ジャン=ポール・エヴァンが京都の街で、どんな設えで登場するのでしょう。
大阪の伊勢丹(今はルクアイーレ)地下に出来た当初は、いつもお客さんが並んでいました。
京都は路面店だし、観光客が多いので、どうなりますかね。

エヴァンさんは毎年グルテンフリーのクリスマスケーキを取り入れておられるのですね。
多様なお客様に喜んでいただけるよう、お客様の立場に立たれている姿勢、尊敬します。

角野さん、絵画の街に住まれていたのですか!!
いつまでもフランスかぶれ&フランス贔屓でいて下さいね~。

juju

Commented by keikosuminoleb at 2016-09-26 17:23
> confortable-jujuさん

jujuさんにそう言っていただけたら
もう百人力の気分です!!
フランスかぶれ&フランス贔屓で行きます! 笑

エヴァンさんの京都店、オープンしたら是非行きたいです。
京都の街にそっと寄り添うような
感じのいいお店ではないかなあと想像しています。

by keikosuminoleb | 2016-09-22 06:56 | FOOD | Comments(6)