keiko's paris journal <パリ通信 - KSL> keikoparis.exblog.jp

パリ在住21年ライター&コーディネーター角野恵子目線のパリ情報です。Keiko SUMINO-LEBLANC, journaliste japonaise, FOOD et Life Style.


by KSL
プロフィールを見る
通知を受け取る

アンジェリーナのクリスマス、ビュッシュ・ド・ノエルとマカロン

a0231632_16300590.jpg

Angelina のクリスマスコレクション2016!

今年のテーマは『ベルエポック』。
パリ華やかしきこの時代、創業1903年のアンジェリーナは
著名人たちの社交場だったことで知られています。

そのベルエポックのシンボルは白孔雀、
ということで、
今年の新作は『La Bûche Paon』
ラ・ビュッシュ・パン、孔雀ビュッシュ!




La Bûche Paon ラ・ビュッシュ・パン
8〜10人分 70ユーロ

a0231632_16303083.jpg
パッションフルーツ
ココナッツ
クレープダンテルのクランブルを混ぜ込んだホワイトチョコ、
オレンジとパッションフルーツ、マンゴーのジュレ、
アーモンドのビスキュイ

ホワイトチョコレートとフルーツの酸味、
合いますね!
とても軽く、繊細なお味なので
クリスマスディナーの最後にふさわしい。
「お腹いっぱい!」でもこれなら入ります。






メゾンの看板スイーツ『モンブラン』のビュッシュ

a0231632_16310329.jpg
「昔からの顧客のために
レシピを変えることはできない」
と聞いていましたが、
食べてみて、昔とは全然違う!
(というか、3〜4年前とも違う)
テクスチャーがずっと軽いですし、
恐ろしいほどだった甘さも
素材のマロンの風味が堪能できる
ちょうどいい度合いです。
メレンゲと、生クリームと、マロンクリーム、
この三位一体が
こんなに美味しかったとは!




チョコレートのビュッシュ。

a0231632_16332041.jpg
フランスの宴会に
チョコレートはやっぱり欠かせません。
こちらは純粋なチョコレートフレーバーに徹し
フルーツは一切加えない、潔い一品。







ローストしたパイナップルのビュッシュ。

a0231632_16335157.jpg

こちらもホワイトチョコレートベース。
「酸味のあるフルーツには
ホワイトチョコレートがよく合いますから」と
パティシエ氏のお話でした。
ホワイトチョコレート自体も
ムース状に仕上げられているので
本当に軽い。
軽くて風味豊か!
そういうスイーツがいいですよね〜❤️
(昔と今では、人々の嗜好も違うのでしょう)





そして
アドベントカレンダーもよいです!
本のように開く作りになっていて・・・

a0231632_16361593.jpg

開くと、アンジェリーナの店内!
これはゲットしたい人、続出では??


a0231632_16365031.jpg
29ユーロ
2016年11月16日から発売






白孔雀と同様に
金箔をまとったマカロンも
クリスマスに登場します。
a0231632_16372771.jpg
むっちり食感のバニラフレーバー、
かなり好みでした。
アンジェリーナのマカロン、
こんなに美味しかったの?
これまでノーマークだったかもしれません。
反省。
ごめんなさい!!





アンジェリーナは
プランタン銀座他、東京にもありますが、
アドベントカレンダーは多分入荷されないとのことでした。
新作の
ショコラショー用ミックスや、
マロンクリームの瓶詰などは入るかな?






【ショッピング情報】
アンリ・ル・ルー、セバスチャン・ブイエ、
ウエストetc
伊勢丹のオンラインショップのラインナップは
魅力的です! → 伊勢丹スウィーツ






*****


角野恵子の共著書、翻訳本、よろしければ手にとってご覧くださいませ。








角野恵子、こんな仕事もしています。→こちら
取材、コーディネート、旅のお手伝い、ご質問etc コンタクトはこちらからどうぞ。→こちら








Commented by kanafr at 2016-09-17 08:57
角野さん 今晩は
連日のブッシュ・ド・ノエルの記事を楽しく読ませていただいています。今年のノエルの参考にさせていただきますね。
去年も我が家はHUGO&VICTORのケーキだったんですが、去年のクリスマスバージョンは、マロンクリームだったので、マロンクリーム好きな私はもうすごく期待しました。でも生クリームが少なくちょっと重かったんです。
角野さんが「恐ろしいほどだった甘さ」と書かれた一文に思わず「その通り!」と言ってしまいました(笑)
でもこのブッシュ・ド・ノエルは違うんですね。
大いに心動かされています。
Commented by chocolat0713 at 2016-09-17 14:10
先日AMAZONで『パリで「うちごはん」…』を手に入れました。写真はすてきだし、とても実用的な内容だし、なんでもっと早くに買わなかったんだろうと少々後悔。パリ初めての方には必須では?と思いました。これは今回のパリ旅行に一緒に行く、初パリのお友達にプレゼントします。
ところで、各メゾンのノエルのスイーツたち、どれもこれも可愛くて美しくておいしそうで、眼福。食べたらもっとシアワセなんでしょうね。あ~早くも年末が楽しみです。
Commented by keikosuminoleb at 2016-09-17 15:36
> kanafr さん、

そうでしたか! 
そしたら今年のアンジェリーナのモンブランビュッシュは
きっと好みに合うと思います!!
小麦粉がないところも、軽さの一部になっていました。
(昔のアンジェリーナのモンブランは、小麦粉の部分か全くないことで
あの甘さの中和が不可能な「逃げ場のない味」と感じたのでした)

我が家は今年はどうしよう・・・
子供らがリヨンの家族のところへ行くので、私は一人なんですよね。
日本から友達が遊びに来る予定なので、
彼女の好みを聞いて選ぼうと思います!


Commented by keikosuminoleb at 2016-09-17 15:43
> chocolat0713さん

なんと嬉しいお褒めの言葉!!
重信初江先生、加藤郷子さんにも
伝えさせてください! ありがとうございます!!!!
個人的に、地図の使い方の説明は丁寧だったと思っています・笑
(あれを書いた加藤さんは、苦労されたはず・・・)

話変わって、
人気メゾンのスイーツをこうして見せていただける環境に
感謝しなくては。
しっかり仕事します!


Commented by confortable-juju at 2016-09-18 11:52
角野さま☆
アンジェリーナのクリスマスコレクションも素敵ですね~~。
ベルエポック、良い響きです。
ビュッシュドノエル、トユ型が多いのでしょうか。。。ケーキがモダンで美しいです。
アドベントカレンダー、これ品切れになっちゃうかもですね。
大人も子供も夢が詰まってる。
JUJU
Commented by keikosuminoleb at 2016-09-18 16:08
> confortable-jujuさん

そうなんです、もう私がこっちに来た20年ほど前も
トユ型が多かったです。
なんでも、当時は軽いビュッシュが好まれ、ムースタイプが流行したから、とか
また、短期間に大量生産するために型でこしらえることが必要で、
その対策とか、
いろいろ理由はあるそうです。
そんなわけで、従来のロール型を見つけると感動してしまうのです!
あれは作り置き(冷凍)ができないデリケートなものだと聞いています。

アンジェリーナは老舗の品格の中に
現代の空気を上手に取り入れていますよね。
ラデュレもそうですね。
ラデュレのノエルお披露目は数日後です!!

by keikosuminoleb | 2016-09-17 00:13 | FOOD | Comments(6)