keiko's paris journal <パリ通信 - KSL> keikoparis.exblog.jp

パリ在住21年ライター&コーディネーター角野恵子目線のパリ情報です。Keiko SUMINO-LEBLANC, journaliste japonaise, FOOD et Life Style.


by KSL
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

Hostellerie de L'Abbaye de La Celle - オステルリー・ド・ラベイ・ド・ラ・セル

a0231632_21214466.jpgJe voudrais vous parler
pour la première fois dans
mon carrière de journaliste :-))
de l'endroit que je ne connais pas
encore et que je rêve de
découvrir...
Hostellerie de l'Abbaye de la Celle
dans La Provence Verte,
la région du Var

... cliquer More ★↓

私のライター歴の中で初めて
(大げさ・・・)
まだ見ぬ場所のご紹介を。
南仏はヴァール県にある
オステルリー・ド・ラベイ・ドラセル
12世紀の大修道院が、1999年、






Ouvert depuis 1999 comme un des établissements du Groupe Alain Ducasse,
cet hôtel transmit une véritable trace histoire de la France
datant de XII siècle!

a0231632_21175211.jpg

南仏情緒ゆたかな洗練ホテルに
生まれ変わった、という・・・
グループ・アラン・デュカスのオーベルジュです。



Robert Michel, architecte, a totalement rétablit
cette ancienne abbaye
avec le goût et le confort d'aujourd'hui.
... j'adore cet art de vivre en Provence...

a0231632_21183925.jpg

「建築家のロベール・ミッシェルが、歴史ある大修道院を
今日の快適さを備えたプロヴァンスの館に改装し、
3ヘクタールの庭は、フランチェスコ・フラヴィニィーが
18世紀当時の趣を保存しつつ、手入れをしています」
と、広報担当のマノンさん。
彼女が、私の趣味を見抜いて、このホテルを教えてくれました。
これがズバリ、私のツボに的中!



"Le paysagiste Francesco Flavigny, a réaménagé le jardin,
en préservant les essences bicentenaires de la propriété
de trois hectares ! "

(Merci Manon Fays de m'avoir informée :-) )
Vous voyez les vignes sur la photo?
Le domaine produit le vin Coteaux-varois-en-provence.

"C'est une jeune appellation qui fête ses 20 ans cette année"
m'a expliqué Benoit Witz, le chef de cuisine de
l'Hostellerie de L'Abbaye de la Celle.
Quelle richesse de la nature et de l'histoire...

a0231632_21202129.jpg

見てください、この眺め!
生け垣の向こうは、葡萄畑 & 山並みです。
故郷の山梨・勝沼とそっくり!!(これホント、こちらを!)
この葡萄畑から、コトー・ヴァロワ・アン・プロヴァンスという
ワインが生産されるそう。
「コトー・ヴァロワ・アン・プロヴァンスは、ことし20年目を迎える
若いAOC (産地呼称)なんですよ」
と、シェフのブノワ・ウィッツさん。
彼とは今回、書面でやり取りをし、
そのせいで、早く彼の料理を食べたくてたまりません。
が、まずはホテルの客室内を・・・



Passon dans la chambre.
J'ai surtout envie de me loger dans celle-là,
la chambre Garcende de Sabran.
Sobre, mais avec la touche de féminité à la Provence...

a0231632_21255665.jpg

南仏風でありながら、この洗練。
各部屋の内装がそれぞれに違うところも、こういった歴史的ホテルの
楽しいところ。
個人的にはこの、Garcende de Sabranルームに、宿泊したいなー。
漆喰の壁の素材感など、たまりませんね。



a0231632_2127496.jpg






La chambre Lucrèce de Barras est immense !
Selon Manon, les clients profitent pendant leurs séjours
visiter de la Maisons des Vins des Coteaux Varois en Provence,
le voisin contigu à l'hôtel, et d'autres vignobles alentours,
et également visiter des villages de charme
tels que Cotignac, Tourtour, Entrecasteaux...

a0231632_21282220.jpg

さすがもと大修道院だけあり、こんなにだだっ広い部屋もあります。
マノンさんによると、宿泊客は
ホテルの隣のワイナリーをたずねたり、トレッキングやサイクリングを楽しんだり、
エクサンプロヴァンス(59km)やマルセイユ(80km)へ足を伸ばしたり・・・
ドライブの道々がまた、まるで映画の世界のように
美しいですからねー、この地方は!!!!!



... la piscine de l'Hostellerie de l'Abbaye de la Celle,
randonnées, équitation, vélo,
journée au lac de Sainte-Croix et Gorges du Verdon,
shopping à Aix-en-Provence, les calanques de Marseille,
la côte entre Hyères et Saint-Tropez...
Pleines de possibilités mais pour moi, lire et écrie tranquillement
et me promener dans le jardin du 3 hectares me font rêver très fort.

a0231632_180738.jpg

しかしながら多分、3ヘクタールの庭を散歩して、
シェフが手塩にかける畑も見て、
ホテルのプールで泳ぎ、気が向いたら本を読み、友達にポストカードを書いて・・・
そんな時間の過ごし方が、一番贅沢なのでしょう。
夢!



Passon à table ! OUI !!
Il faut que je demande à Manon le nom du décorateur,
c'est magnifique!

a0231632_21322430.jpg

さあさあ、テーブルへ!!
この程よくフェミニンなアレンジ、素晴らしい!!!
誰が手がけているのか、マノンさんに聞かねば。
(マダム・デュカスの作では、というのが私のヨミ)



Le chef Benoit Witz, alsacien à l'origine, offre à leur clients
la cuisine du Sud réalisée avec les produits du jardin de
l'Hostellerie de l'Abbaye (!!) et des maraichers et des producteurs locaux
qui lui sont fidèles, même en hiver.

"A chaque saison, j'ai le plaisir de travailler des produits différents.
La nature est riche, donc je ne m'ennuie jamais en cuisine.
Par exemple à l'automne, les produits que j'utilise sont
les betteraves, les cèpes, les figues...
En hiver, je propose des plats à base de salsifis, d'agrumes…"

explique le chef.

a0231632_21345250.jpg

トリュフのリゾット。
ブノワ・ウィッツシェフは、こんなお便りをくれました。
「四季を通じて、折々の食材を料理する喜びがあります。
自然は大変豊かですから、どの季節でも、料理がつまらなくなることは無いのです。
秋ならば、例えばビーツやセープ茸、イチジクなどを使うのが好きですし、
冬は、西洋ゴボウや柑橘類を、お客様におすすめします」







a0231632_21405544.jpg

柑橘フルーツのタルトレット。
「素材の料理!」という感じ!!!
食材は、敷地内の畑から、又は
信頼関係を築き上げた近隣農家から届くものばかり、とのこと。






a0231632_21481424.jpg"J'ai le bonheur d'avoir mon propre potager à L'Hostellerie de l'Abbaye de la Celle. Une de mes passions reste les légumes. Je souhaite continuer ce que j'ai toujours aimé faire: travailler les produits, et en particulier les légumes, en respectant les saisons, le terroir et en partageant ma passion avec mes clients, mes équipes et mes fournisseurs. "

以下、ブノワ・ウィッツシェフの言葉です。
「大変幸福なことに、私は
オステルリー・ド・ラベイ・ドラセルの敷地内に
自分専用の畑を持っています。
私のパッションは、やはり
野菜
なのです。
これからも今まで通り、私自身が
好きなことを、続けて行きたいと思っています。
つまり、素材と向き合い、特に野菜を使って、
旬と、土地のものを大切にしながら
みんなと情熱を分かち合う。
お客様、厨房のチーム、そして、生産者のみなさんと。」






Maintenant, il n'y a que'à effectuer la réservation pour rencontrer au chef Benoit Witz
et aussi pour avoir la bénéfice du domaine et la naturel!
Je pense que c'est maintenant que l'on profite mieux
cet établissement de charme.
réservation →
NB. il existe une chambre pour 211 euros la nuit pour 2 personnes.

a0231632_21295621.jpg

シェフによると、今の季節でも
テラスで食事をすることは、たびたびだそう。
きっと、繁忙期を過ぎた今の南仏こそ、味わい深い趣があるのでは。
実は私、カンヌでフランス語を学び、
その後毎年夏になると、ヴァール県でバカンスを過ごしていた
自称「第二のふるさとはコートダジュール」人間。
ヴァール県、葡萄畑、野菜料理・・・呼ばれている気がする。

*予約は、シャトーホテルコレクションの日本語サイトが便利 →



Hostelleire de L'Abbaye de la Celle
10, Place Général de Gaulle
83170 La Celle-en-Provence
FRANCE
tel. +33 (0) 4.98.05.14.14




copyright David Bordes pour toutes les photos




*Si vous souhaitez avoir la recette de Benoit Witz, merci de cliquer "like"
de facebook ci-dessous !

*ブノワ・ウイッツシェフのレシピ、ご興味ありますか? 
下のFacebookアイコンをクリックしてください。
ご要望が多い場合は、別の機会に必ずレシピをご紹介します。


***



*Merci pour beaucoup de like! La recette du chef Benoit Witz est ICI !!!
*likeをたくさん、ありがとうございました! 
ブノワ・ウイッツシェフのレシピは、こちら です!!!






a0231632_21522776.gif*** Blogランキングに
チャレンジします!
どうぞ応援してください →
Commented by akiko_tp at 2013-10-30 23:54
うわー!ここずっと行ってみたいと思ってたんですよねー!
物理的に距離は近いですが、環境的に行けるようになるのはいつのことやら、、、、

すみのさん、絶対呼ばれてますよ。
お出かけの際はぜひカンヌにもお寄りくださいませ♪
Commented by keikosuminoleb at 2013-10-31 00:11
*akikoさま、
私ときたらお恥ずかしいことに
バスティッド・ドゥ・ムスティエのことばかり気になっていた、
ここはまったくノーマークだったのです。

小さな子どもさん連れのバカンスは、
またそのときだけのお楽しみがあり・・・
思い出すと懐かしいです。(段取りは大変ですが)
今もデスクの目の前に、サンポールドヴァンスの記念写真が
飾ってあります。
麻衣子1歳10ヶ月、美奈3ヶ月・・・

カンヌ、あー! もうずっと行っていない!!!
電源切れのままずっとほったらかしの気分です! いかん!


by keikosuminoleb | 2013-10-19 09:05 | HOTEL & ラグジュアリー | Comments(2)