keiko's paris journal <パリ通信 - KSL> keikoparis.exblog.jp

パリ在住21年ライター&コーディネーター角野恵子目線のパリ情報です。Keiko SUMINO-LEBLANC, journaliste japonaise, FOOD et Life Style.


by KSL
プロフィールを見る
通知を受け取る

L'Obe, restaurant à l'Hotel de Crillon - ホテル・ドゥ・クリヨン『ロベ』でディナー

a0231632_19281354.jpg

A la veille de Pâques, mes enfants et moi sommes allées dîner à l'Obé
à l'Hôtel de Crillon
.
C'est un restaurant plus détendu qu'aux ambassadeurs donc très convivial
pour les familles.
Pour l'apéritif, les enfants ont pris un cocktail maison
sans alcool
.
C'est un astuce chez nous pour éviter de prendre du coca et également pour
profiter pleinement une table d'exception.


イースターの週末に、ホテル・ドゥ・クリヨンのレストラン『ロベ』へ行きました。
母娘3人の、家族ディナーです。
ホテル・ドゥ・クリヨンのレストランといえば、かの有名なメインダイニング
レ・ザンバサドゥールがありますが、
カジュアル使いには『ロベ』がぴったり。
カジュアルとはいえ、もちろん、本物のサービスを堪能できます。
アペリチフに、子どもたちはノンアルコールカクテルを注文。
以前、子どものアペリチフは何がいいかな、と考え(残念なことに、コーラや
オレンジジュースが一般的なので)、ひらめいたのが
ノンアルコールカクテルでした。
その店のオリジナルを楽しめるという点でも、良いアイデアだと思っています。
こちらのものは、何が材料かも分からないくらい複雑で、
とても美味しい、と、子どもたちの談。



Comme entrée, Maiko a choisi une assiette de légume crus.
Quelle beauté!

a0231632_19305552.jpg

前菜に、麻衣子は季節の生野菜の盛り合わせを注文。
春先なので、根菜と春の野菜が混ざっていますね。
美しい!


Mina a pris un saumon façon nordique.
a0231632_19321195.jpg

美奈は北欧風サーモンマリネです。
いつものスモークサーモンとはちがった調理法、そして
ブリニ(そば粉入りパンケーキ)とフレッシュクリームが
付け合わせになっています。



Et moi, j'ai pris un velouté d'asperges, oui, c'est la saison!
Belle couleur et bonne température (à mon avis, c'est trop tôt pour une soupe
froide), j'ai adoré cette texture onctueuse et sa saveur prononcé
des asperges
.
C'était comme si je goûtais le printemps!

a0231632_19331245.jpg

私は、季節の食材、アスパラガスのヴルーテを。
アスパラガスの香り豊か、クリーミーな口当たりで、“春を味わう”気分です。


Comme plat, j'ai choisi un bar.
C'est un poisson que je prépare souvent à la maison mais ici, cela n'a
rien à voir.
La cuisson donnait au poisson une chaire juteuse et goûteuse tout en
réalisant une surface bien dorée (oui, il le faut!).
J'ai également beaucoup aimé le fenouil cru et cuit qui était un peu comme
une purée fraiche et crémeuse.

a0231632_19345858.jpg

メインに選んだのは、すずきの一品
我が家の食卓にちょくちょく登場するこの魚、ですが、
ここのすずきは、まるで別物でした。
火の通し方が絶妙で、魚の肉質がジューシー、かむごとに味わいが染み出るようです。
魚というより、見事な肉をそしゃくするような感覚。
しかも表面はごらんの通りの、ぱりっとした焼き色!
これ、大切だと思います。
付け合わせのフェンネルもよかったです。
ピューレ仕立ての、両方の食感が面白く・・・ こういう「手間が
余計にかかる」ものは、家ではなかなか作れません・・・
(家では生なら生、煮るなら煮る、どちらか1つの調理法のみ)

Mina, qui aime la viande bien rouge, s'est régalée avec la bavette de
bœuf traditionnelle
.
La cuisson et la sauce au goût profond étaient impeccables, ma fille
était très contente de son plat.
Et la purée était "hyper bonne", selon elle.

a0231632_19375186.jpg

立派な赤身肉の好きな美奈は、牛のともばら肉(バヴェット)
レアで注文。
焼き加減もソースもすばらしく、大満足で食べていました。
ジャガイモのピューレにいたっては「マジうまい」だそうです。



Et Maiko a pris un carré d'agneau, rosé!
C'est pascal... et vraiment très beau!
NB. les frites ici sont remarquables avec leur arrière goût doux.

a0231632_19405575.jpg

麻衣子は仔羊のローストを。
実にイースターらしいメニュー焼き加減はロゼです。
この肉のピンクの断面、写真からも香りがたつようですよね!!
ついでに、付け合わせのフライドポテトも美味でした。
「さつまいも?」と思わせる甘みと軽さがあり、これもフランス料理のなせるワザ。


Pour le dessert, nous savions ce qu'il fallait : un mille-feuilles.
Il était posé au comptoir de l'Obé!

a0231632_19425940.jpg

デザートは、『ロベ』のカウンターの上にどどーんと置かれたミルフィーユ
ホテルレセプショニストのおすすめでした。



Il est servi comme cela, coupé un grand morceau.
Nous l'avons partagé en trois...
La crème pâtissière était bien épaisse et parfumé à la vanille.
Il n'y avait pas d'autre touche compliquée donc c'était simple et DELICIEUX !
Un véritable mille-feuilles traditionnel !!!

a0231632_19445564.jpg

このように切り分けて、サーブしてくれます。
こってり濃厚なカスタードクリームは、バニラの香りが実に豊か。
そしてそれ以上の何も足さない、正真正銘の伝統ミルフィーユですね。
堪能しました!


A l'Obé, il existe un menu enfant à 28 euros,
Un menu déjeuner à 35 euros et un dîner découvert à 55 euros.
C'est une affaire, sans aucune doute.

a0231632_19504218.jpg

『ロベ』には子どもメニュー28ユーロ
ランチメニュー35ユーロディナーコース55ユーロがあります。
この値段、絶対にお値打ちです。



restaurant L'Obé à l'Hôtel de Crillon
4, rue Boissy d'Anglas
75008 Pairs
tel. 01 44 71 15 15




NB:
Sur la carte, les plats réalisés avec des ingrédients de saison qui viennent
de la région proche sont marqués avec l'image d'une feuille.
C'est la démarche "locavore".
L'Hôtel de Crillon est très attentive à l'environnement.
*leurs petites trousses recyclées, voir ICI.

『ロベ』のメニューには、葉っぱのマークのついた料理があります。
これらはパリ近郊で生産される、季節の食材を使ったもの。
イートローカルの動きです。
ホテル・ドゥ・クリヨンは環境を考慮した活動を行っていて、たとえば
オリジナルのリサイクルポーチはこちらです。
Commented by ちゃこ at 2012-04-21 21:06 x
美味しそう・・・・。イートローカル、地産地消ね。大事だと思います。
Commented by keikosuminoleb at 2012-04-21 23:43
*ちゃこさま、
その通りです! 地産地消。
これこそが究極のラグジュアリーだと思いますよ!

by keikosuminoleb | 2012-04-17 16:31 | FOOD | Comments(2)