keiko's paris journal <パリ通信 - KLS> keikoparis.exblog.jp

パリ在住20年ライター&コーディネーター角野恵子目線のパリ情報です。Keiko SUMINO-LEBLANC, journaliste japonaise, FOOD et Life Style.


by KSL
プロフィールを見る

タグ:ル・ブリストル・パリ ( 13 ) タグの人気記事

a0231632_01485337.jpg

2016年6月、
今年もブリストルの夏恒例
ガーデンパーティに呼んでいただきました。
ありがとうございます!!

しかしながら、
夏らしくない今年のパリ・・・
寒く、雨が多く、
それでもまずは青空でスタートし、一安心。




a0231632_01364464.jpg
現在、ル・ブリストルの中庭に
ダニエル・ビュランのインスタレーションが
登場しています。
パレロワイヤルのしましまの円柱で知られる
フランス人アーティスト。
ちょうど今、ルイヴィトン財団の建物を
蛍光カラーのスケルトンで覆った
彼のインスタレーションが話題ですね!
21世紀は白黒ストライプではなく、
カラフル&透明感のあるストライプ。
(ということなんだなあと)




上から見るとこんな感じ!
a0231632_01455594.jpg
毎年、ガーデンパーティの際に
リニューアルした部屋を見せてもらっています。
今年はスイート2つを見せてもらい、
1つはテラスが、
もう1つは書斎が新しくなっていました。


中庭に面した廊下!
こんなに雰囲気のある廊下!!
天井が高くなく、こじんまりしているからこその
この親密感。
a0231632_01443565.jpg
私はどうも
だだっ広い空間よりも、
このくらいの規模の親密な内装の方が
好きみたいです。
より「贅沢」「特別」「本物」
を感じられる・・・もちろんここ、十分広いですけど!



ご覧ください、この自然な緑!
これが新しくなったスイートのテラス。
a0231632_01385338.jpg
やっぱりシャンペトルですね。
パレスホテル(パラス)も、野の草花。
これぞ、時代の空金感。

中庭のフランス庭園は
ブリストルの特徴の一つですが、
スイートのテラスには
自由な雰囲気のシャンペトルを採用しているのですから。

a0231632_01403530.jpg


そしてこちらが、新登場した書斎!
映画関連の書籍が集まっています。
a0231632_01465023.jpg
ル・ブリストルでは伝統的に
映画試写会のインタビューが行われるので、
あえて映画関連の書籍を揃えた、と
装飾の責任者の話でした。



そしてバスルーム。
a0231632_01422591.jpg
フリストルの、飾らないバスルーム。
飾らないけれど、大理石たっぷり。
これがここの方針だと感じます。
そして、スイートのアメニティーは
ずっと変わらずエルメス!




中庭の壇上で、ディレクターのスピーチです。
フィリップ・ペールさん。
南仏のHotel du Cap Eden Roc ホテル・デュ・キャップ・エデンロック
他、3つのラグジュアリーホテルのディレクターであり、
つい1ヶ月ほど前から
ホテル・ル・ブリストル・パリの
ディレクターも兼任する凄腕!

a0231632_01494224.jpg

お待ちかねのトンボラ(くじ引きビンゴゲーム)
のタイミングで、ついに雨は本降りに。


a0231632_01513365.jpg
でもなんだか可愛い❤️
ブリストルの傘、いいですよね。



お部屋も見て、
スピーチも聞いて、
いよいよ料理に集中!
a0231632_01504309.jpg

三ツ星シェフ
エリック・フレションさんのビュッフェの数々、
どれも繊細で、本当に美味しいです。
写真のこれ、なんだと思いますか?
なんと、
ラディ・オ・ブール(ラディッシュとバター)!
赤いジュレの中に
シャキシャキのラディッシュが隠れていて、
上の緑色のクリームが
ムース状に軽くしたバターでした!
フランスでは給食でもおなじみの素朴な前菜を
こんなにおしゃれにしてしまうなんて。
さすが!




デザートは、ローラン・ジャナンさん。
安定のクオリティーですよ〜〜〜〜!
a0231632_01524080.jpg




近年、ル・ブリストル・パリは、
ラ・メゾン・デュ・ショコラとのコラボが盛ん。

a0231632_01575559.jpg

新作のチョコレート「エアー」と、
やはり新作マカロンボックス。
ボックスは、エルメスと同じメーカーのもの!



作りたてガナッシュにクーベルチュールを絡め、
よく冷えたシャンパンに落とします。
a0231632_01584479.jpg
ぜ・い・た・く❤️



MOFバーマン(バーテンダー)
マキシム・ウルトさんによるカクテルも!
a0231632_01593222.jpg
大量を一気に作らねばならないこういった場でも
完璧に美しいです!



グラスにはル・ブリストルのロゴ。
赤いカクテルは
最近パリのあちこちで見るようになったピムスを
ツイストした一品。
a0231632_02001349.jpg


こちらはウオッカベースの一品(確か)。
夏はキュウリのカクテルが
爽やかで美味しいんですよねー!
あいにくの雨でもったいない。

a0231632_02004276.jpg




3品めはラムベース、
ココナッツを使ったパンチ!
a0231632_02011806.jpg
口当たりはいいですが
とても危険な一杯だと思いました・笑

マキシムさん、この2月だったか
日本の帝国ホテルでプレゼンをしたそうで、
その体験談を熱っぽく話してくれました。
日本サイドの準備は万事完璧で、
とても仕事がしやすかったそうです。
ついでに「浅草寺でおみくじを引いたら
大凶だったよ〜〜」とも・笑




楽しい時間はあっという間。

a0231632_02021504.jpg
夏らしくない天気で
せっかくのガーテンパーティがもったいないようでしたが、
それでも私は十二分に堪能させていただきました!

私がもし、シャローン・ストーンか誰かだったら
ここに来るたびに
「やっと我が家に戻ったわ」
と言いたい!

ちなみに、この言葉は実際に
シャローン・ストーンさんが、エデン・ロックで
フィリップ・ペール総支配人に
かけた言葉だそうです。




a0231632_02030462.jpg

映画『ミッドナイト・イン・パリ』の舞台にもなった
ホテル・ル・ブリストル・パリ。
この落ち着き・・・
とても心地よいのです。


a0231632_02043053.jpg

クラシックな花も素敵!
ザ・フランス!!


ル・ブリストル・パリの、
パレスホテルならではの心地よさを
気負わず、気軽に利用したい時は、
café Antonia カフェ・アントニア(例;クラブサンドイッチ42ユーロ)
Le Bar du Bristol ル・バー・デュ・ブリストル
(例;オリジナルカクテル各26ユーロ、+無料ウエルカムカクテル)
がおすすめです。




Le Bristol Paris
112, rue du Faubourg Saint-Honoré
75008 Paris
France
reservation@lebristolparis.com
Tel: + 33 (0)1 53 43 43 00









*****


角野恵子の共著書、翻訳本、よろしければ手にとってご覧くださいませ。








角野恵子、こんな仕事もしています。→こちら
取材、コーディネート、旅のお手伝い、ご質問etc コンタクトはこちらからどうぞ。→こちら








by keikosuminoleb | 2016-07-02 04:06 | イベント & お披露目 | Comments(0)
a0231632_035931.jpgJe ne jète pas des sac
en papier, j'en réutilise.
Ils sont hyper travaillés, recherchés

... cliquer More ☆↓

ショッピングバッグ、たまりますよね。
私は、まずゴミ箱として使って、
その後で袋ごと捨てていますが
(2度使えばまあいいか、と)
ソク処分、は、心が痛みます。
だって、どれもよくできてる!
予算のある店は贅沢に、
そうでないところはアイデアで ↓

More ☆
by keikosuminoleb | 2014-10-12 01:31 | デザイン/ DECO/ DIY | Comments(0)
a0231632_22322487.jpgLa presentation du Noël 2014
à l'Hôtel Le Bristol Paris.
La bûche de Noël,
la table de fête et
cocktail de Noël ont été mis
dans le Salon Castellane
...
cliquer More ☆↓

ホテル・ル・ブリストル・パリの、
クリスマスプレゼンテーション!
さすがのザ! パレスホテルでは、
お上品に洗練された
ゴージャス感がキラリ。
“伝統”もしっかり抑えています。↓

More ☆
by keikosuminoleb | 2014-09-28 17:51 | FOOD | Comments(4)
a0231632_15544165.jpgLe cadeau sympathique du Garden Party
au Bristol Paris ICI !
Voici le Coffret Cocktail
de La Maison du Chocolat,
collaboration de 2 Meilleurs Ouvrier
de France !

… cliquer More ☆↓

ホテル・ル・ブリストル・パリの
ガーデンパーティこちら ! にて
お土産にいただいたのは
ラ・メゾン・デュ・ショコラとの
コラボレーション
『カクテル・ショコラ』


More ☆
by keikosuminoleb | 2014-07-09 15:18 | FOOD | Comments(0)
a0231632_1620947.jpgIci, nous somme dans la salle de bain
de la Suite Lune de Miel
de l'Hôtel Le Bristol Paris.

Lors du Garden Party ICI,
j'ai eu la chance de visiter
deux suites fraichement rénovées

… cliquer More ☆↓

なんとここはバスルーム。
ホテル・ル・ブリストル・パリ
ハネムーンスイート
窓からはパリを一望!
エッフェル塔も見えます。


More ☆
by keikosuminoleb | 2014-07-07 00:47 | HOTEL & ラグジュアリー | Comments(0)
a0231632_19531463.jpgLe 2 juillet, Le Palace
Hotel Le Bristol Paris
a organisé le garden party
comme tous les ans
où je me réjouie de l'art de vivre Française

… cliquer More ☆↓

7月2日、毎年夏の恒例
ホテル・ル・ブリストル・パリの
ガーデンパーティ。
天候にも恵まれ、大勢の招待客で
にぎわいました。
4人のMOF(フランス最優秀職人)を抱える
パリきってのパレスホテル ↓

More ☆
by keikosuminoleb | 2014-07-04 02:55 | HOTEL & ラグジュアリー | Comments(4)
a0231632_0152564.jpgMaxime Hoerth, MOF barman
au Bar du Bristol.
Je suis fan de son cocktail et son bar.
Récemment, lors de la visite parisien
de mes clients dont j'ai programmé
la soirée, au Bar du Bristol entre autres,
j'y ai découvert les Chocolats Cocktail
de La Maison du Chocolat !

… cliquer More ☆↓

MOFバーマン(バーテンダー)
マキシム・ウルトさん
@ル・バー・デュ・ブリストル。
フランス最優秀職人=MOFの彼が、
もう一人の最優秀職人とコラボ! ↓

More ☆
by keikosuminoleb | 2014-05-28 03:23 | カクテル/ ワイン/ バー | Comments(0)
a0231632_21101226.jpgLe Palace du plus parisien,
l'Hôtel Le Bristol ouvre
la porte de leur nouvelle suite.
200m2, environ, est composé
de deux chambres, une salle de réunion,
un salon, deux salle de bain
en marbre etc

... cliquer More ★↓

ホテル・ル・ブリストル・パリの
スイートと中庭の工事が終了。
生まれ変わったスイートのひとつ、
約200㎡を見せてもらいました。


More ★
by keikosuminoleb | 2013-06-29 22:48 | HOTEL & ラグジュアリー | Comments(0)
a0231632_3521811.jpg

Quelles belles frites!!
Moi, qui ai réalisé le grand reportage sur les frites parisiennes,
impossible de passer à côté, il faut que je les goûte !
Ici, nous sommes aux 110 de Taillevent,
leurs frites, genre allumettes, accompagnent beau
Côte de Boeuf, 138 euros/2 personnes.
Idéalement dorées, elles sont bien croquantes
et pas graisses du tout d'où la cuisson 100% huile végétale, je crois.
J'adore également cette manière de service, très original!
(Plus d'images sur ce restaurant, voir ICI)


ご覧くださいませ、レ・サンディス・ドゥ・タイユヴァンのフレンチフライ!
去年、雑誌『ソトコト』で、『パリのフレンチフライ特集』を
実現(!!)した私としては、見逃せないプレゼンです。
こちら、見事なステーキ(2人分138ユーロ)と共に
サーブされました。
太さ1センチ未満の“アリュメット”タイプ、
カリッと揚がった色と歯ごたえは、やめられない止まらないおいしさ!
油は植物油100%、しかもフライによく使われる落花生油ではなく、
菜種やサフラワー油をミックスしたような、軽いものと思われます・・・
(この店の詳しい写真はこちら


Passons au 114 Faubourg de l'Hôtel Bristol Paris.
Ces frites "Pont-Neuf" sont servies avec le Fish & Chips, 28 euros.
Travail du chef... raffiné même en servant le papier genre journal,
elles sont croustillantes autour et moelleux à l'intérieur... hummmmm...

a0231632_3585740.jpg

つづいて、ホテル・ル・ブリストル・パリのブラッスリー
サンキャトルズ・フォーブールのフレンチフライ。
お上品なフィッシュ&チップス(28ユーロ)と共に・・・
ストリートフードのエスプリを取り入れ、新聞紙風のペーパーにくるまれた
フレンチフライは、太さ約1センチの“ポンヌフ”。
(注:アリュメット、ポンヌフなどは、フレンチフライの太さや形を表す呼び名で、
かの料理人エスコフィエの本には、すでに、レシピとともに記載されています)
シンプルに見えても、表面はカリッと、中はしっとりの、シェフの仕事に
ブラボー!!
フレンチフライなのに、こんなに丁寧にサーブされるというところにも
感心してしまう私でした。
(この店の詳しい写真はこちら





Et les dernières, chez Terroir Parisien.
Pardon pour cette photo floue en couleur fade...
Mais ce qui est intéressant, c'est que ces pommes Allumettes "Maison"
se commande seulement à 4 euros!!
Fines, fidèle pour la recette d'Escoffier, elles sont très agréables à
grignoter sans fin...
Oui, il y a des recettes différentes, des variétés de la pdt différentes...
J'ai tout découvert en réalisant mon reportage sur ce sujet !!
(Plus d'images sur ce restaurant, voir ICI)

a0231632_3464919.jpg

最後は、テロワール・パリジャン
本格『ポム・アリュメット“メゾン”』。
ピンボケ写真で色もさえず、ヤニック・アレノシェフ、ごめんなさい。
この自家製フレンチフライ、たったの4ユーロなのですよ!
そこに感激してしまった!
(この店の詳しい写真はこちら



Depuis que je vis en France, je découvre beaucoup de vérités chez les français
inconnues par les japonais.
On dit que le pain, le vin et le fromage sont des nourritures
très attachés par les français mais les frites?!!
Elles ne sont pas moins aimées que ces trois produits phares,
n'est-ce pas?


フランスに住むようになってから、フランス人のいろいろな「面」を知りました。
たとえば、パン、ワイン、チーズなどには
誰もが一家言あり、止めどなく語る、という
よく知られた「面」のほかに、
日本人の私たちが知らない彼らのこだわりや、習慣や、特徴・・・
たとえば、このフレンチフライがそうです。
ジャガイモの種類、切り方、揚げ方、使う油の種類、2度揚げか3度揚げか、
何を付けて食べるのか。
そのこだわりようといったら!!
ぜひ『ソトコト』を、見ていただきたい・・・
間違いなく、国民食です!(言い切ります!)



Les 110 de Taillevent
195 rue du Faubourg Saint-Honoré
75008 Paris
Tél: +33 (0) 1.40.74.20.20
pour le déjeuner de 12h15 à 14h15
et pour le dîner de 19h30 à 22h15 (定休日なし)



114 Faubourg de l'Hôtel Bristol Paris
114 rue du Faubourg Saint-Honoré
75008 Paris
Tél: +33 (0) 1 53 43 44 44
Déjeuner du lundi au vendredi de 12h00 à 14h30
Diner du lundi au dimanche de 19h00 à 22h30 (定休日なし、土日は夜のみ)



Terroir Parisien
20 rue Saint Victor
75005 Paris
Tél: +33 (0) 1 44 31 54 54
ouvert tlj de 12h à 0h (年中無休、営業時間12時〜0時)
brunch tous les dimanches        (日曜はブランチのみ)



*****

a0231632_22321652.jpg

* magazine "SOTOKOTO" avec le reportage sur les frites françaises, voir ICI
et je remercie beaucoup à M Kilien Stangel de L'Institut européen d'histoire et des cultures de l'alimentation qui m'a beaucoup aidé sur ce sujet.

* 『ソトコト』パリのフリット特集掲載号は、こちら
調査とインタビューにご協力くださった、ヨーロッパ食文化史研究所の
キリアン・スタンジェル氏に、心からお礼申し上げます。
by keikosuminoleb | 2012-10-24 01:28 | FOOD | Comments(0)
a0231632_2215913.jpg

Le Bar du Bristol est ouvert depuis le 14 septembre!
J'y suis allée pour son lancement qui a eu lieu la veille!!
A l'entrée, on est déjà dépaysé, dans cet ambiance glamour chic colonial...



ル・バー・デュ・ブリストルが、9月14日にオープンしました!
その前日の、オープニングパーティの様子。
まず、入り口からして、この魅惑のムードです。
コロニアルスタイル、グラマラス、ウルトラシック!

Le paon!
"Bienvenue au Pays des Merveilles!"

a0231632_22172349.jpg

見事なクジャクの剥製がお出迎え。
異国情緒ムンムン!


La salle est décoré par le goût classique & sage du Bristol, à la base.
Au font, il y a la tapisserie de Gobelin que j'adore...

a0231632_22182938.jpg

内装は、重厚クラシックと、ウルトラモダンの融合。
一番奥の壁には、どっしりとしたゴブラン織りのタピスリー。
パレスホテル、ですね。


... avec la boiserie anglaise qui couvre tout le mur...
La bibliothèque et la cheminé sont bien sûr authentique.

a0231632_22191484.jpg

脇をかためる壁面は、英国調のビブリオテック。
木材は英国から輸入。
かの有名な(というより神話的な)バー、ホテルリッツのバー・ヘミングウェイを
モデルにしたのだそうです。
暖炉も本物。
冬には本当に、薪を焚く予定とか。

... et puis au bar!
Le font en miroir s'intègre l'écran d'une dimension impressionnante
pour diffuser des images de l'art contemporain.
Cela se marie bien avec la musique de la soirée, forte!
*il y aura un DJ.

a0231632_22195342.jpg

そしてバースペース。
壁面全体がミラーになっていて、中心部分は、
コンテンポラリーアート画像を映す大画面。
この演出、店内に充満するラウンジ系BGMに、ぴたりと一致していました。
セクシーなパリの夜!


Alors, coté carte...
Le whisky japonais de la marque SUNTORY !
Le "Hakushu" est fabriqué dans ma région natale ICI!!!
En plus, le chef barman est M Maxim Hoerth, Meilleur Ouvrier de France!
Je l'adore depuis que nous avons travaillé ensemble ICI.
Il faut que j'y retourne en tant qu'une cliente normale.
Encore une fois, Le Bristol Paris m'a séduit...

a0231632_2221639.jpg

気になるバーメニューは・・・
流行のジャパニーズウイスキーが3種類!
私の故郷こちらで生産される白州に、ここで巡り会えるなんて。
チーフバーテンダーのマキシム・ウルトさんは、
MOF フランス最優秀職人バーマン取材こちら
ご一緒して以来のファンです。 (ジョルジュサンクからの引き抜き!!)
近いうちに、お客として来店し直さねば!!
ル・ブリストル・パリ、またしても私を魅了しますよ!!!





Le Bar du Bristol
112 rue du Faubourg Saint-Honoré
75008 Paris
tel. +33(0)1 5343 4241

Ouvert tous les jours de 17h à 2h (営業時間:17時〜翌2時)
DJ du jeudi au samedi soir de 21h30 à 01h30 (DJ:木〜土曜,21時半〜翌1時半)

Chef Barman(チーフーバーマン) : Maxime Hoerth
Responsable du Bar(バー責任者) : Edgar Vaudeville
Chef des Cuisines(料理長)    : Eric Frechon




*le cocktail créé par Mamixe Hoerth, MOF barman, est ICI
*チーフバーテンダー、マキシム・ウルト氏と彼のカクテルは、こちら
by keikosuminoleb | 2012-09-16 20:41 | カクテル/ ワイン/ バー | Comments(0)