keiko's paris journal <パリ通信 - KSL> keikoparis.exblog.jp

パリ在住20年ライター&コーディネーター角野恵子目線のパリ情報です。Keiko SUMINO-LEBLANC, journaliste japonaise, FOOD et Life Style.


by KSL
プロフィールを見る

タグ:パリ散歩 ( 48 ) タグの人気記事

a0231632_19231798.jpg

Toujours, soit en métro soit en voiture,
quand j'arrive à la Place de la Concorde,
je suis impressionnée par sa beauté.
L'Obélisque, les Fontaines de la Concorde, et la Tour Eiffel plus loin...
Le matin, la Place est couverte par le ciel bleu immense, émouvant,
et le soir, elle métamorphose complètement,
avec ses illuminations... vraiment magique.



パリを歩いていると、ふと「初心」に戻れる瞬間があります、こちら
それはパリの美しさが、いつも変わらぬ新鮮な感動を
見る人に与えるからかもしれません。
コンコルド広場に立つとき、私は必ず感動します。
メトロから地上に出た瞬間、
車で通過するその移動中、広場上空にパッと広がる巨大な青空と
そこに見えるオベリスク、コンコルドの噴水、遠くのエッフェル塔、
全ての調和があまりにも見事で。




Passons par le pont Alexandre III...
a0231632_19251466.jpg

アレクサンドル三世橋をわたって、左岸へ。


C'est magique encore une fois!!!
On comprend pourquoi les rives de la Seine à Paris sont classées
au patrimoine mondiale de l'UNESCO.
Et devant tous ces beauté de la ville, je retrouve toujours
mes impressions du premier voyage à Paris...
... comme ICI.

a0231632_19261024.jpg

コンコルド広場も、アレクサンドル三世橋も、
電燈が灯されると、また全く違った表情に。
この世のものとは思えない、幻想的な美しさだと
いつも感じます。


***

冬時間になりました。
とても天気のいい、10月28日、朝8時39分のパリ郊外です。
現在、日本から友人が遊びに来ていて、
彼女たちの感動や感想に「そうなの、そうなの!!」と共感。
その共感とともに、今回のBlogを書きました。
by keikosuminoleb | 2012-10-28 17:09 | museum 美術館・名所 | Comments(4)
a0231632_1933595.jpg

Souvent, les japonais s'étonnent en découvrant le petit déjeuner français,
à cause de sa composition trop simple (au Japon, c'est un repas complet
dès le matin!) et aussi, à cause de la forme du pain coupé.
"Pourquoi le pain est coupé en longueur?"
C'est pour tartiner, bien sure !!
J'explique à ce moment-la la variété du pain :
Pain parisien 400 ou 500g
Baguette et Bâtard 300g
Petit pain 50g / "LE PETIT LAROUSSE"

et la ficelle qui fait une demi baguette environ...
Car moi, je ne faisais pas attention à l'existence du
pain parisien pendant longtemps.
Vous, les français, êtes vraiment les OTAKU du pain!
A chacun sa préférence de la taille et la forme, pour la même pâte!
*Je vous invite vivement à comparer avec le petit déj japonais ICI!!



日本から友人が遊びに来ると、決まって驚かれるパリの朝食。
理由は、
1、パン、バター、ジャム、オレンジジュース、コーヒー、しかない
2、バゲットがたてに切って出て来る


「なんでたてに切るんだろう? 面白い」
という言葉、何度も耳にしました。
これは、バターやジャムを塗りやすく、食べやすいから。
朝は縦切りが基本、
変わって、昼や夜の食事のときには、バゲットは輪切で出されます。
パンがメインだと、縦切りになる
んですねー。
ついでに言うと、細長いパンも、バゲットだけでなく、こんなにいろいろ:
パン・パリジャン(400、500g)
バゲット(300g)
バタール(300g、バゲットより太く短い)
プチ・パン(50g) (以上 "LE PETIT LAROUSSE"より)
フィッセル
(上の写真)、というごく細いパンもあり、これはバゲットの約半分の量で、
朝食の時にだけ登場します。
ごく細い=中身の部分が少ないので、軽く、朝食にぴったり!
そしてパン屋で、「“パン”(パンパリジャン)をください」と買って行く人に遭遇すると
意外とびっくり
します。
だって、パン屋で“パン”ですから。
ところでこの5種類、生地は全て同じです。
違いは、大きさと、形だけ。
その大きさと形の違いが、ぱりっと焼けた表面と、しっとりした食感の中身の
割合に影響するので、みなさん、自分好みのパンというのがあるのだと。
いやー、深い。 
用途別の切り方も含め、文化です!

*おなじみ、日本の朝食こちらと、比べてみてくださいませ。
by keikosuminoleb | 2012-10-25 23:32 | パリ 街と人 | Comments(0)
a0231632_18533679.jpg

A Paris, souvent, je retrouve "les instants" de mon premier voyage
en 1993.
J'étais touriste, seule, marchais dans le froid sous le ciel gris.
J'adorais prendre un café crème dans un endroit populaire et
toujours étais étonnée de sa saveur profonde que
je n'avais jamais connu avant.
J'adorais aussi voir les vieux messieurs prenant une pression
de bière dès le matin, debout, discutant tranquillement entre eux...
Aujourd'hui, tous ces images de l'époque
jouent un sorte des clefs pour le voyage dans le temps
quand je les retrouve.
Et à chaque fois, je redeviens une petite débutante de cette ville,
de la vie...



パリを歩いていると、
「ああ、パリだなあ」
と、あらためて実感する“場面”に遭遇します。
1993年、初めて旅行した時に見た、
メトロ通路に吹き溜まる落ち葉、
早朝のブルーの空気と清掃車の音、
セーヌ川沿いに広がる展望etc.
15年暮らした今も、それらの“場面”に行き当たると、
旅行者として初めてパリを歩いた
あの時の感覚がよみがえります。
そして思うのです、
「パリはいつでも、初心にもどれる街」
あなたも、そう感じていませんか??
by keikosuminoleb | 2012-10-22 23:05 | パリ 街と人 | Comments(2)
Je vous laisse admirer La Seine vue par le Pont du Carrousel, hier.
On voit le Pont des Arts, Le Louvre...

昨日午後6時のセーヌ川。
向こうに見えるは、板張りの芸術橋。
左はルーブル美術館。
a0231632_2044450.jpg



Le Bateau Mouche...
観光船のバトームーシュが通り過ぎ・・・

a0231632_209694.jpg




a0231632_20101990.jpg



遠くにノートルダム寺院が見えます。
a0231632_20113386.jpg

Et maintenant, on va où??

さて、これからどこへ行きましょうか。
by keikosuminoleb | 2012-09-14 20:21 | museum 美術館・名所 | Comments(2)
a0231632_415358.jpg

Je pars pour le Japon d'ici dans 4 heures!
Et il fait beaux, c'est un juste.
Cette année, nous n'avons pas encore eu le vrai "été".
Mais entre temps, j'ai fait la promenade parisienne avec une copine.
Je passe d'abord le lac du Vésinet à côté de chez moi.


天候に恵まれない2012年、フランスの夏。
とはいえ、時にはからりと晴れた日もあって、
そんな一日、友達とパリ散歩をしました。
まずは我が家を出発し、パリ郊外の街、ルヴェジネ市の池を歩き。
(これが我が家から駅までの道のり)


Et puis, je traverse le pont Notre-Damme.
On voit le BATOBUS!!
a0231632_4161140.jpg

セーヌ川にかかる橋、ノートルダム橋をわたります。
バトビュスが見えますねえ。




Et puis le Notre-Dame de Paris.
Ses rosaces et le Point Zéro est ICI.

a0231632_4171290.jpg

ノートルダム寺院。
中から見たバラ窓の様子と、フランスのゼロポイントはこちら


La rosace vu d'extérieur...
a0231632_418475.jpg

バラ窓、外からの眺めはこんな感じ。


Notre-Dame vu de derrière.
C'est vraiment comme la carte postale!

a0231632_419106.jpg

ノートルダム寺院の、後ろからの眺め、好きです。
まるで絵はがきのよう!


J'espère que vous aurez la chance de beaux temps comme ce jour-la
pendant les vacances...

a0231632_420771.jpg

これからパリも(そしてフランス全土も)、夏らしい天気が続きますように。
天候不順は自然にも、経済にも、メンタルにも、良くないですので...
2012年のワイン、どうなるんでしょうね。


Voilà le pont de Chatou et je suis revenue!
La prochaine fois, je vous écris depuis le JAPON!
Bonne vacances pour tout le monde!

a0231632_4205938.jpg

RERに乗って、パリ郊外の自宅へ戻ります。
シャトゥーの橋を渡って、到着!
ちなみにこれも、セーヌ川。
今から3時間後に私は家を出発して、日本への長い里帰りに出ます。
次回のBlogは日本から!
皆様もよい夏休みを!
by keikosuminoleb | 2012-07-17 19:45 | museum 美術館・名所 | Comments(0)
a0231632_0531549.jpg

Paris - Tokyo Kawaii FOOD est renouvelé.
Ce mois-ci, je parle de l'huile d'Olive chez O&CO où on peut trouver
les grands crus!!
Ici, sur la photo, la boutique de rue des Francs-Bourgois est ouvert 7j sur 7
alors très pratique pour les touristes et les parisiens.



オレンジページネットの連載「ときめきフード」が更新されましたこちら
今月はO&COの、グランクリュオリーブオイルの話題。
フランスで流行中の、アルガンオイルも紹介しています。←こちらは別メーカー。
是非ご覧ください。
写真の店は、O&COのパリ3区店。
この一帯はマレ地区といって、古いパリの町並みを残す区域、つまり、
町並みそのものが文化財です。
というわけで、昔の薬局のファッサードが保存され、こんな具合に。
この風情、好きです!
しかもパリに数件ある店舗のなかで、ここだけは年中無休。
旅行者には嬉しいですよー。


O&CO  paris 3e、パリ3区店
36, rue des Francs-Bourgeois
75003 Paris 03
Tél : 01 42 74 38 40
ouvert de 11h-20h, 7j/7
営業時間:11時〜20時
定休日:なし

by keikosuminoleb | 2012-07-05 16:00 | お仕事のお知らせ | Comments(2)
a0231632_2041092.jpg

Notre Dame de Paris, un monument immanquable pour les touristes
du monde entier.



パリの空に、高くそびえるノートルダム大聖堂

Ces Rosaces sont hyper connues, vraiment impressionnantes.
Mais, je dis toujours aux amis japonais de ne pas oublier
le Point Zéro des routes de France qui se trouve juste la cathédrale.

a0231632_2043325.jpg

有名なバラ窓は、何度見ても圧倒的です。
この精密さ、巨大さ。
ところで、「パリのゼロポイント」なるものが、ノートルダム寺院の正面にあること、
ご存知ですか?(普通の常識だったらごめんなさい)


Récemment j'y suis passée et vu des pièces de monnaie posées dessus.
Une drôle de coutume récente comme les cadenas
sur les ponts de La Seine... qui a commencé?

a0231632_20435353.jpg

フランスの地図に記される「パリから〇〇km」の距離は、ここが出発点。
この間、ひさびさに見に行ってみると、なぜかお賽銭(?)がありました。
セーヌ川にかかる橋に、南京錠をかけることが(観光客の間で?)流行して
久しいですが、ここにも新しい習慣が発生した様子。

パリのゼロポイントは、1767年に現在の場所に定められ、
それ以前はまさにこの場所で、中世からずっと「さらし者の刑」が行われていたとか。
犯罪者は、身体の前後にプレートを掛けられてここにくくられ、
プレートには自分の犯した犯罪と、かせられた刑罰が記されていたそうです・・・
し、知らなかった・・・
by keikosuminoleb | 2012-06-18 00:08 | museum 美術館・名所 | Comments(6)
a0231632_5192769.jpg

En ce moment, j'accompagne les dames japonaises pour leur séjour parisien
et on a pris le BATOBUS jusqu'à la Tour Eiffel après la visite
au village Saint-Paul.
Le BATOBUS, cela me fait penser à la grève de 1995, toujours.
J'ai été au Japon encore et vu cette infos sur la télé.
Les gens prenaient le rouleur ou même ce bateau pour aller travailler.
"Les parisiens sont de grands débrouilleurs...", oui, j'ai été impressionnée.
Le tarifs du BATOBUS a monté depuis et cela coûte 15 euros pour la journée.
Alors maintenant il est plus cher que le Bateau Mouche (11,50 euros) mais
il est toujours pratique car on peut se déplacer avec, comme un moyen
de transport.
De plus, la vue de Paris par la Seine est quelque chose!



ただいま、日本からのお客様の、パリ滞在をお手伝い中。
久しぶりにBATOBUSバトビュスに乗りました。
ヴィラージュ・サンポールを散策後、パリ市庁舎〜エッフェル塔までの移動を、この船で。
バトビュスは、巡回バスのような周遊船:
エッフェル塔→オルセー美術館→サンジェルマンデプレ→ノートルダム寺院→植物公園→
パリ市庁舎→ルーブル→シャンゼリゼ→エッフェル塔

の、8つの乗り場を、乗り降り自由に使えます。
料金は、1日券15ユーロから。
バトームーシュの11,50ユーロより高くなってしまいましたが(20年前は
どの船よりも安かったのに)、
セーヌ川観光しつつ、次の目的地にもたどり着け、便利な交通手段です。

私にとってのバトビュスは、1995年の大ストに直結しています。
当時、私はまだ日本にいて、この約1ヶ月続いた冬のストの報道をテレビで見ました。
郵便局、交通網、教育機関が完全マヒした深刻なスト。なのに、
パリジャン・パリジェンヌたちは、ローラーブレードを買い、
バトビュスに乗って、ヨユーで通勤。
「楽しんでるなー! たくましい!!」と、驚きましたよ。
そんなわけでバトビュスは、魅力的な交通手段として、
私の脳にインプットされたわけです。
2010年4月のバトビュスクルーズはこちら
by keikosuminoleb | 2012-06-10 06:29 | museum 美術館・名所 | Comments(1)
a0231632_5241590.jpg

Le Musée du Louvre est, comme le Temple d'Or à Kyoto, un monument
mondialement connu que les habitants proches n'ont pas de temps
d'y fréquenter...


ルーブル美術館は、京都の金閣寺と同じで、
近くに住んでいる人には案外縁のない、世界的な観光名所。
(生活に追われて時間がない、というのが、私のいいわけですが・・・)
しかし、常設展はもちろん、
特設展も魅力いっぱいで、世界中の人々を惹き付けている、と思うと
見に行かない自分が愚か者に思えます。


J'y passe à côté et le contemple...
Ce palais est incroyablement travaillé au niveau de décoration même
jusqu'aux les plus petits détails du mur extérieur.
Il y a toujours des expositions qui font rêver les gens du monde entier
alors je me sens idiote de les ignorer...

a0231632_5432819.jpg

そばを通って、建物を眺めれば、毎回発見と大きな感動。
外壁の小さなディテールにいたるまで、見事に装飾的で、
この宮殿そのものが、巨大な芸術品なんですね。




Musée du Louvre - ルーブル美術館
ouvert de 9h à 18h (nocturnes mercredi et vendredi jusqu'à 21h45)
fermé le mardi et le 1er janvier
営業時間:9時〜18時(水・金は21時45分まで)
定休日:火曜、1月1日


Carrousel du Louvre
地下のショッピングセンター、カルーゼル・デュ・ルーブルは
年中無休、10時〜20時営業。
お土産ショッピングに便利です。

by keikosuminoleb | 2012-06-09 15:39 | museum 美術館・名所 | Comments(2)
a0231632_1644128.jpg

En marchant jusqu'au Sake Bar pour la soirée "Sake Sommelier",
j'ai profité l'occasion et fait la promenade dans le quartier.


サケバーでの利き酒会=『サケ・ソムリエ』参加の日、
せっかくなので、周辺エリアをパリ散歩。


Il y a 20 ans, je suis venue à Paris pour la première fois de ma vie comme
touriste et j'ai choisie le quartier Latin pour me loger.

a0231632_166553.jpg

20年前のこと、初めてパリを旅した時に
宿を取ったのがここ、パンテオン周辺の『カルチエラタン』界隈でした。
学生街なので物価が安い、というガイドブックのアドバイスは本当で、
当時、星ナシホテルに一泊3000円、トイレは共同、大満足のチープな旅!!
今ではそのホテルも改装され、三つ星で立派な値段をとっています。
時代ですね。


Le Panthéon, le monument datant du mi XVIII e siècle...
Paris est tout d'abord une ville ancienne et historique...

a0231632_16105989.jpg

パンテオン。
18世紀のモニュメント。
パリは花の都で、ファッションの都ですが、
なによりもまず、歴史的な古都なのだと、散策をするたびに実感します。


Etonnamment et heureusement, le quartier Latin reste LE lieu des étudiants!!
Il est hyper vivant, ce quartier!

a0231632_1685871.jpg

私が一人のツーリストだったのは1993年、そして今年は2012年。
フランからユーロへ、時代は変わり、物価は恐ろしく上昇しました。
が、カルチエラタンは相も変わらず学生の街。
大勢の若者が、図書館から出たり入ったり・・・ すばらしい伝統!!!
『カルチエラタン』は、ソルボンヌ大学の歴史とともにある?
とすると、12世紀から??!!!


On y trouve la charme ancien et historique un peu comme Montmartre
mais beaucoup plus académique.
(NB; Un irlish pub juste à coté du Panthéon!!
Pour les touristes? Pour les étudiants? )

a0231632_16135654.jpg

パンテオン界隈は、モンマルトルの丘と同じように、「パンテオンの丘」と呼ばれます。
古い雰囲気、散策にぴったりの風情は、モンマルトルと同じ。
でも、もっとずーっと、アカデミックですね。
(なぜかパンテオン左脇にアイリッシュパブが出現。
観光客向け? 学生向け? ビール片手に語り合う人々で大賑わいでした)


Un vieux restaurant qui sert le steak de braise,
les terrasses ensoleillées...
J'étais très contente me promener comme cela, comme j'ai fait il y a 20 ans.
Il faut y revenir plus souvent car on a le cinéma de Panthéon et Le Salon!!

a0231632_1614583.jpg

ちょっと坂を下ると、炭火焼のステーキの店です。
小道にはテラスが並び、人々がグラスを傾けながら、にぎやかに語り合っていました。
こんなふうに散策するのは、まったくわるくありません。
もっと頻繁に観光しないと。
そして、もっと頻繁にこのエリアにも足を運ばねば!!
だって、炭火焼ステーキの店も、小道のテラスも魅力的だし、
それにパンテオン映画館と、その上のレストランル・サロンもすぐそばなのだから。
by keikosuminoleb | 2012-06-08 05:36 | museum 美術館・名所 | Comments(0)