keiko's paris journal <パリ通信 - KLS> keikoparis.exblog.jp

パリ在住20年ライター&コーディネーター角野恵子目線のパリ情報です。Keiko SUMINO-LEBLANC, journaliste japonaise, FOOD et Life Style.


by KSL
プロフィールを見る

タグ:パリ土産 ( 4 ) タグの人気記事

a0231632_18265942.jpg

2016年12月15日、
キャラメル専門のパティスリー
Karamel Paris キャラメル・パリがオープンしました!

パティシエのニコラ・エルウインさん(写真中央)は
ラデュレのインターナショナルシェフパティシエを
5年間勤めた実力派。
満を持して独立、キャラメル・パリの「キャラボス」として
メゾンのすべてのクリエーションを手がけています。


実は
彼をサポートするマネージャーのジョナタンさん(写真左)も
ラデュレ出身。
つい先日まで、レ・マルキ・ド・ラデュレのマネージャーだったのです。
(*レ・マルキ・ド・ラデュレは→ こちら! 




ジョナタンさんからオープンのお知らせが届き、
7区のサン・ドミニク通りへ!


a0231632_18235620.jpg




パティスリーのすべてに
キャラメルが使用されています。

a0231632_18242482.jpg




こちらも
カットすると中にキャラメルの層が。

a0231632_18244633.jpg



12月なので、ビュッシュ・ド・ノエルも
もちろん!
ショコラxキャラメルと・・・

a0231632_18252413.jpg





キャラメルxキャラメル!!

a0231632_18255494.jpg




クレモンティーヌとキャラメル!
これ、よくできていますよね、
丸ごとパティスリー。

a0231632_18261274.jpg





アントルメもあります。

a0231632_18362918.jpg





隣のショーケースには
キャラメルがずらり!

a0231632_18334253.jpg




a0231632_18342949.jpg





箱もよいです〜〜〜〜
さすが元ラデュレ!


a0231632_18340669.jpg





a0231632_18345010.jpg






壁面には焼き菓子等
お土産にぴったりのラインナップが勢ぞろい!

a0231632_18283180.jpg




フローランタンなどがありますね。
フローランタン、大好物 ❤️

a0231632_18285213.jpg





瓶入りのキャラメル(ペーストタイプ)は
フレーバータイプもいろいろ。

a0231632_18291527.jpg





キャラメルをミルクチョコレートでコーティング。
一度食べ始めると止まらなくなる
危険なやつです。

a0231632_18300802.jpg





瓶入りのキャラメルは
ミニサイズもあります。

やっぱりお土産によい!


a0231632_18321187.jpg



a0231632_18323756.jpg




板チョココーナー!

a0231632_18332095.jpg





キャラメルその他を挟んだタイプの
板チョコの他、
カカオの産地別のピュアなタイプも。

a0231632_18325726.jpg

かなり種類がありますよ〜!





ニコラさん、なぜかおどけています・笑

a0231632_18352910.jpg





そして
このお店だけの特徴として、
毎日午後の決まった時間帯に
「作りたてキャラメルシュークリーム」
を実演販売。

a0231632_18360906.jpg


トップにグラッサージュしたキャラメルは
かなり分厚く、存在感があり、
ほんのりほろ苦い私好みの味。
中のキャラメルクリームも風味豊か。

キャラメル、とは言っても
ちゃんと大人が食べて納得出来るクオリティーでした。
当たり前ですね、
元ラデュレのインターナショナルシェフパティシエですもの!






しかも、サロンで食べることも
できる、という!!
パリ歩きの一休みに最適!
サンドミニク通りはグルメストリートなので
足を運ばれる方も多いと思いますが、
案外サロンドテがなかった。
キャラメル・パリよ、ありがとう!

a0231632_18351081.jpg


ニコラさん、ジョナタンさんと話し感じたのは、
独立し、自分たちサイズのメゾンを開くことで
市場のニーズに素早く対応出来ることが
何よりも大きい、という事。


これからたくさんの
素敵なスイーツを生み出してくれる事でしょう。



a0231632_18364995.jpg

Karamel Paris

67 rue Saint-Dominique

75007 Paris

Tél : +33 (0)1 71 93 02 94 / +33 (0)6 21 80 18 88

営業時間:7時30分〜19時30分

(土曜は9時〜19時30分、日曜は9時〜13時)

定休日:月曜






おまけ:
サンドミニク通りのクリスマスイルミネーション!
7区! です!!

a0231632_18371861.jpg

サンドミニク通りには、
ガトー・トゥーミュー →こちら!
2つ星のレストラン・トューミュー、
アンリー・ルルー、
カフェ・コンスタン、
レ・ココット、
ラ・フォンテーヌ・ド・マルス →こちら! など
人気のショップ、レストランが集中しています。
サダハルアオキさんがオーナーになったジャン・ミエもありますね!

そのサンドミニク通りに並ぶ
最初のお店(アンヴァリッドからスタートした場合)が
ここ、キャラメル・パリです。

グルメなパリ散歩に
覚えておきたいアドレスです!






おまけ 2:
化粧箱ではなく、シンプルな袋入りのキャラメルは
自宅用に。(お土産にももちろん)

a0231632_18373997.jpg





キャラメル好きにはたまらない!
パリ土産の新定番になりますね!

a0231632_18380039.jpg




【おまけ/ショッピング】

人気のヨックモック、アンリ・ルルー、ウエスト、etc...

伊勢丹オンラインショップからお取り寄せできます→ 伊勢丹スウィーツ







***





応援クリックお願いします → にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ





取材、コーディネート、旅のお手伝い、ご質問etc コンタクトはこちらからどうぞ。→こちら


                                                what's new in paris ? → a0231632_18374182.jpg      
   

                                                    my daily life → a0231632_1838120.png

by keikosuminoleb | 2016-12-23 19:53 | FOOD | Comments(4)
a0231632_22203019.jpg

今年2016年9月の文化遺産の日は、
フランスの国会議事堂『フランス国民議会』を
見学 →こちら!

この時に見つけた
La Boutique de l'Assemblée Nationale
フランス国民議会のブティックが、

「パリ土産の隠れた穴場〜〜〜!」

と、叫びたくなるかわいらしさ ❤️



a0231632_22193136.jpg
どの商品も、程よくこってりとフレンチで、
どこかお上品、そしておしゃれ!
さすがパリ、さすがフランス〜!!


コラボ商品が多く、なんと
ジャン=ポール・エヴァンの板チョコが!

a0231632_22214276.jpg

国民議会仕様のパッケージでずらり!
これ、レア物ですよね!?





ショッピングバッグも
鉛筆も・・・
トリコロールってどうしてこう、
感じいいのでしょうね :-)
a0231632_22230058.jpg
商品ラインナップは
サイトをご覧いただくとして・・・
La Boutique de l'Assemblée Nationale


このショップ、ディスプレーも洒落ています。
これが国民議会のお土産やさんだなんて!!


a0231632_22314455.jpg

La Boutique de l'Assemblée Nationale
7, rue Aristide Briand
75007 Paris
tel. 01 40 63 00 33
営業時間:10時〜19時(土曜のみ18時閉店)
定休日:日曜



店の面積も広く、
扱う商品の数も多いです。
ゆっくりゆったり、お土産探しを楽しめそう!
本当にオススメの穴場です!
(と、私がおすすめしても、あまり響かないんですよね・・・
最近痛感しております。が、やっぱりおすすめ!)



a0231632_00571209.jpg

めったに買い物をしない私も
これらは迷わず買いました ♫


余談ですが・・・
私の2016年のスケジュール帳は、昨年末の里帰りで購入した
干支入り。
ロフトで見つけました。
ロフトネットストア

年女ということで、
毎年愛用している
ブックバインダーズデザイン(*よろしければblog→こちらを)をやめ、
干支デザインをピックアップ。
日本らしい、小ぶりで薄く、軽い手帳は久しぶりでした。
最近は携帯でスケジュール管理するので、
このくらいのボリュームでもいいかな、と。

そして、ロフトの売り場で思ったこと。
「日本には、本当に、た〜〜〜〜〜〜くさんの選択肢がある!」
あのずららららら〜〜〜〜〜! 感はすごいです!!!


2017年は酉年!
鶏はフランスのシンボル!
こんなかっこいいスケジュール帳見つけました!










以下、旅の準備・料金の比較検討にご利用ください:

羽田から行く海外ツアー ←私はいつも羽田・ANAです!
日本航空 国際線航空券予約
Hotels.comのホテル予約 ←日程、予算、エリア別にホテル探しができ便利。
ホテルズドットコム ←日程、予算、エリア別にホテル探しができ便利。
パリの旅行ガイド(エクスペディア)



* 旅行中のwifi、調べました。
頻繁に海外旅行をする友人やライターの皆さんが
よく利用しているのはこちら ↓


イモトのwifi たった18秒でお見積も! リンクは⇨ こちら!
イモトのwifi 簡単申し込みは⇨ こちら!!
レンタル申し込みまだ間にあう? 申し込みチェッカーは⇨ こちら!!!
速度制限の不安なし! LTEギガMAXキャンペーンは⇨ こちら!!!!






他にも、
フランス1日970円 
サイトから簡単に見積もりができます→ 海外旅行レンタルwifi 楽天トラベルグローバルwifi
イモトのwifiより10円お得。










*****


角野恵子の共著書、翻訳本、よろしければ手にとってご覧くださいませ。









* * * * * * *

角野恵子、こんな仕事をしています。→こちら
取材、コーディネート、旅のお手伝い、ご質問etc コンタクトはこちらからどうぞ。→こちら


応援クリックお願いします → にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ




                                                what's new in paris ? パリ情報毎日更新しています → a0231632_18374182.jpg      
   

                                                    my daily life  日々のスナップ → a0231632_1838120.png

by keikosuminoleb | 2016-10-07 01:00 | 旅のお役立ち情報・治安 | Comments(0)
a0231632_21453696.jpg

2016年9月17・18日の土日は
Journées Européennes du Patrimoine
ヨーロッパ文化遺産の日でした。
毎年楽しみにしている
9月半ばのこの週末 ❤️

日本のニュースに取り上げられるか、は
いまひとつわかりませんが、
エリゼ宮を始め、
普段は足を踏み入れることのできない場所が
一般公開される二日間です。

私もこれまでに、
パリ市庁舎、フランス元老院(リュクサンブール宮)など見学。
ルーブル美術館等の美術館・博物館も
一般公開されますが、
通常お金を払えば見学できるこれらの場所よりも、
アクセスできない場所を見てみたいですよね。
(百貨店のギャラリー・ラファイエットも
歴史的な館内の裏側を見せたりしています)
情報はネットで検索を→ Journées Européennes du Patrimoine



そして今年は、フランス国民議会へ!

フランスの国会議事堂。
セキュリティーチェックも厳重です。

a0231632_21390968.jpg

並びに並ぶこと、1時間強・・・
途中で雨も降り・・・
(雨具の用意もなく・・・)

それでも並んで、見てみて、
楽しかった!

まず、セキュリティーの人からして
ものすごくクラース!
ジェームズ・ボンドのような
落ち着きのオーラを醸し出しつつ
微笑で私たちを迎えて(チェックして)
くれました。

さすが国民議会のガードマン!!



a0231632_21403460.jpg


中に入ればシャンデリアの連続。

18世紀の宮殿が、
革命後、こうして国家の主要機関の本部として
利用されているのだと、
誰でも一目でわかります。



会議の間がこちら ↓
a0231632_21411723.jpg
こんな感じで
お仕事されるんですね〜〜。





そして宴の間。

a0231632_21422204.jpg



ヴェルサイユか?!

これ、実際に、こういう状態で
現在活用されている、というところが
重要だと。
見せるための展示ではない!

a0231632_21430954.jpg


テーブルセッティング。
勉強になります〜〜

a0231632_01271433.jpg
以前、シェフのジャン=フランソワ・ピエージュさんが
ラジオで話していたこと。
彼は兵役をエリゼ宮のコックとして勤め、
その時に学んだフランスの伝統文化は
他では体験することがなかっただろう、と。

例えば、
実際の人数よりも1人分多くテーブルを準備する。
(料理や飲み物も、もちろん!)
これにはちゃんと理由があり、
ピエージュさんも説明してくれたのですが、
忘れました・・・

ただ、
「これは、利益を出さねばならない
レストランやホテルで
できないことです」
と話していたことは憶えています。

フランスの伝統文化を
国家機関が伝承する。
その意思が伝わってきます。
(正直、維持費は大変なことだと思います!)



変わってこちらの間は
巨匠ドラクロワがフレスコ画を担当!

a0231632_21440643.jpg


四方八方ドラクロワ!

a0231632_04090163.jpg



そして図書館。

a0231632_21445145.jpg
かつて「知識」は
限られた人たちだけに許された
特別な財産でしたが、
今ではネットで誰でも、なんでも、
(ある程度)知ることができる。
ということを、このような立派な図書館を見るたびに
感じるのでした。



a0231632_16034511.jpg



他にも、ひろ〜〜〜〜〜い庭園や
(7区のセーヌ川沿いに、こんな場所があったとは!!)、
階段状の議事堂など、いろいろ撮影しましたが、
どの写真をどうアップすれば
現場のもの凄さをお伝えできるのか・・・
わからなくなり・・・

そのくらい
金、大理石、シャンデリア、ゴブラン織りetc
の世界!

と、同時に、
絢爛豪華なまばゆさでは、
元老院(リュクサンブール宮)の方が上だったなあ
という発見も。
これも、実際に見せてもらったからこその
感想なので、
ナマで現場を見る、というのは
やっぱりいいものです。


さて、発見の連続だったフランス国民議会。
私が一番、皆さんにお伝えしたいのは
お土産のグッズ!!!


a0231632_01253213.jpg

ちょっとちょっと、
これめっちゃ可愛いじゃん!!


a0231632_22183053.jpg

と、血圧上がりました〜〜〜!!
フランスらしいユーモアの効いたグッズも多く
(例:鍋つかみに「右」「左」とあったり)
しかもどれもおしゃれ!

a0231632_22191056.jpg
この日、販売スタンドにいらした面々も
ガードマンさん同様に
クラースで・・・



図書館柄のシルクのスカーフ。
十分にシックですよね!

a0231632_01263901.jpg

「外のブティックには
もっとたくさんグッズがありますよ」
と、教えてもらい、
そちらもチェックしましたよ!!
次回、お店情報アップします。
パリのお土産の、New 穴場!

*アップしました!→こちら!




a0231632_01281319.jpg


さよなら、フランス国民議会。



a0231632_01284903.jpg

来年の手帳と鉛筆、ボールペンをゲット。




フランスは
共和制民主主義の国なので、
国のものは国民のもの
そんな社会基盤が
年中行事のあちこちで感じられます。
パリ祭の軍事パレードもその一つ。

そんな
国民一人一人の自覚と意識も
長い歴史の中で育まれた
環境や教育の賜物なのだなあと。
皆さんご存知の通り、
たくさんの問題を抱えた国ではありますが、
国民と国家の理想は明確。(少なくとも我が祖国日本よりは・・・涙)



9月半ば、フランス旅行を計画中の方は、
文化遺産が解放されるこの二日間を
ぜひチェックされますよう!!
私も一度はエリゼ宮を見たいです〜〜〜
(一番並ぶらしい・・・)







* 旅行中のwifi、調べました。
頻繁に海外旅行をする友人やライターの皆さんが
よく利用しているのはこちら ↓


他にも、
フランス1日970円 
サイトから簡単に見積もりができます→ 海外旅行レンタルwifi 楽天トラベルグローバルwifi
イモトのwifiより10円お得。







*****


角野恵子の共著書、翻訳本、よろしければ手にとってご覧くださいませ。








角野恵子、こんな仕事もしています。→こちら
取材、コーディネート、旅のお手伝い、ご質問etc コンタクトはこちらからどうぞ。→こちら








by keikosuminoleb | 2016-10-05 15:53 | 旅のお役立ち情報・治安 | Comments(0)
a0231632_23195960.jpg

EMPREINTES アンプラント ・・・
「足跡」という意味をすぐに思い出しましたが、
「指紋」のことかもしれません。

9月半ば、マレ地区にオープンした
地下1階、地上3階からなる
600平米の大型店!
ここは Ateliers d'Art de France フランス工芸家組合のメンバーである
クリエーターたちの、作品を販売するショップです。

クリエーターの作品、ということはつまり、
ここにある商品全てが作家モノ!
しかも、どの商品にも
一点ものの証明書が付くという。
本物の作家モノ、本当の手作り(だから「指紋」?)、しかもフランス産!!
ということは、
一味違ったパリのお土産や、
世界に一つのプレゼントを見つけるのにうってつけ。

陶器や磁器のほかに
アクセサリーやオブジェ、家具、テキスタイルなど
商品の幅も広く、
それに値段も手頃なものからあるのです。


オープン後、すぐに店内を見せてもらいました。


まずは1階のエントランス。
a0231632_23264058.jpg



1点1点の商品の魅力もさることながら、
その見せ方も
とても工夫されていました。



a0231632_23204639.jpg



a0231632_23222168.jpg






a0231632_23234183.jpg

広々空間に陳列されて、
商品たちも満足でしょうね❤️



a0231632_23243359.jpg


そしてアンプラントの建築がまた
最高に味がある!!
こんなところに住みたいです〜〜〜

a0231632_23275410.jpg


この心地よい抜け感・・・・
そしてマレ地区の建築らしい
古いディテール・・


a0231632_23291154.jpg


2階(フランス式1階)のカフェ
「SEASON」
a0231632_23302204.jpg

ここも抜群の抜け感です。
いい時間を過ごせそう!


a0231632_23311094.jpg


メニューは、オープンサンドや
サラダ、ケーキ、飲み物など
軽食。



a0231632_23320208.jpg


飾ってあるものも、もちろん、
全て、商品です!


a0231632_23323798.jpg



さらに上の、3階(フランス式2階)へ。
紙製の照明、ボリュームはあっても
軽やか。

a0231632_23332794.jpg


その奥は、アクセサリーコーナー。




a0231632_23374820.jpg


あれ?
と思い、近づくと・・・


a0231632_23371366.jpg
あれまー!
こんなものもあるのでした!



同じクリエーターさんのアクセサリー。
a0231632_23382012.jpg



こちらは別のクリエーターさん。
高級品です。
a0231632_23363630.jpg


いいなー、と思ったら
日本のクリエーターさん!
値段もかなり求めやすい!!
a0231632_23385113.jpg


今、パリの新居に
鏡が欲しいんですよねー・・・
(って他にもいろいろ必要なのですが)

a0231632_23344070.jpg



椅子や照明の他に、
キャビネットやソファーなど
重量感のある家具もあります!
アート作品も多数!!

a0231632_23393783.jpg

冒頭にも述べましたが
商品はどれも一点もの、
ですので、売れてしまえばおしまいです。
クリエーターさんのラインナップも
順次入れ替わるとのこと。




歴史的に、職人さんたちの工房が多かったエリアに
このようなコンセプトのお店ができたことにも
意義があると感じました。

ミュージアムショップはお土産の宝庫だと
常々思っているのですが、
アンプラント、興味深いです!!
伝統工芸の技術を伝承する作家の
作品を紹介し、販売する、こういうショップが
日本にもあるのかな?
などなど、他にもいろんな気づきがありました。

これからパリを旅されるご予定の方、
どうぞ「行くとこリスト」に加えられますよう!



a0231632_23401669.jpg

5, rue de Picardie
75003 Paris
FRANCE
営業時間:11時〜19時
定休日:日曜













【お知らせ】
フランスのインテリア、いいですよね。
フランスの、そしてパリのエスプリを
手軽に自宅に取り入れるアイデアを集めた
インテリアの本2冊、
手にとっていただけますと嬉しいです。

 

アマゾンからのお取り寄せは、こちらから
* DIYでつくるパリのインテリア


楽天からのお取り寄せは、こちらから
    ↓
* DIYでつくるパリのインテリア




*****

角野恵子、こんな仕事をしています。→こちら
取材、コーディネート、旅のお手伝い、ご質問etc コンタクトはこちらからどうぞ。→こちら



by keikosuminoleb | 2016-10-01 06:36 | デザイン/ DECO/ DIY | Comments(2)