keiko's paris journal <パリ通信 - KLS> keikoparis.exblog.jp

パリ在住20年ライター&コーディネーター角野恵子目線のパリ情報です。Keiko SUMINO-LEBLANC, journaliste japonaise, FOOD et Life Style.


by KSL
プロフィールを見る

タグ:パスカル・ルガック ( 2 ) タグの人気記事

a0231632_20365108.jpg
パリ郊外のサンジェルマン・アン・レーのショコラティエ
Pascal Le Gac パスカル・ルガックさん。
2008年9月にオープンするや否や
あっという間に注目を集めた名店・・・

というのも、ルガックさんは元々ラ・メゾン・デュ・ショコラの
クリエイティヴディレクターを務めた人物。
独立して構えたこの店が、話題になったのも当然です。
ファンは待っていました!




4月のある日、サンジェルマン・アン・レーのお店に
お邪魔しました。
a0231632_20382126.jpg


「チョコレート以外に、焼き菓子も人気なんですよ」
とルガックさん。
a0231632_20391615.jpg

ブルターニュ出身のルガックさんによる、
郷土菓子のバリエーション。
お土産にいいですよね!


a0231632_20395070.jpg
ジャムは、ブルターニュの作り手さんのもの。
パリ近郊ではここでのみ購入できるそうです。


常時40〜50種類のボンボンがずらり!
a0231632_20410710.jpg
1つの新作ボンボンを完成させるのに
6ヶ月間を要するのだそう。
1度作ったものを1週間後、2週間後・・・と試食し、
フレーバーのバランスの変化を
厳しくチェック。
微調整を繰り返して、完成品が誕生します。
作りたてが美味しいのは当たり前で、
それが2週間後、3週間後も、変わらず美味しい。
そんな商品を提供しているわけですね。

a0231632_20422086.jpg

ルガックさんのショップには
パティスリー目当てで来店するお客様も多数!
マカロン、エクレア、オペラ・・・うう===む!
a0231632_20430842.jpg
ショコラティエのマカロン、というと、
ガナッシュを挟んだものが一般的ですが、
ここにはクリームベース、コンフィチュールベースのものもあるのです。
重すぎないところがよい❤️



季節柄、ウインドーは5月のスズラン商品で
飾られていました。
a0231632_20435979.jpg

地元に愛され、
日本のファンからも愛されるショコラティエ
パスカル・ルガックさん。
穏やかなお人柄が
ほんのり優しいお味のクリエーションに
現れているように思います。
a0231632_20464839.jpg

Pascal Le Gac

61, rue de Pologne

78100 Saint Germain-en-Laye

営業時間:10時〜19時(日曜は、〜13時)

定休日:月曜


サンジェルマン・アン・レーは、
ルイ14世が生まれたことで知られる
歴史深いパリ郊外の街です。
高級住宅街でもあり、そのせいか
食べ物も雑貨も、いいお店がたくさん!
(*サンジェルマン・アン・レー散歩は、こちら!をご覧くださいませ)
パリのオペラ座からRER A線に乗って
約30分程度電車に揺られれば、
そこにはパリとは違ったこじんまりと可愛い街があり、
清々しい空気を感じられる。
悠々と流れる緑のセーヌ川を越えて・・・
ちょっと足を延ばす価値、ありますよ!



【お知らせ】
パスカル・ル・ガックさんのお店は、
1階の奥がパティスリー工房、
2階がショコラ工房になっています。
このルガックさんのアトリエ見学を
今年のサロンデュショコラツアーに組み込みました!
→ 朝日旅行 幸せのパリ・ショコラの旅(7日間基本コース)

延長コースでは、ディジョンのファブリス・ジロット本店、
アルボワのイルサンジェ本店もたずねます。
イルサンジェでは
イルサンジェさんご本人の案内で
チョコレートミュージアム見学と
アトリエ見学も。

サロン・デュ・ショコラには出展されない人気ショコラティエ
ルガックさん、ジロットさん、イルサンジェさんを
丁寧にフォローいたしました。
ショコラファンの皆さま、是非この機会をお見逃しなく!
ご参加お待ちしております!!


旅の詳細ブログにアップしました。ぜひご覧くださいませ→こちら!




*****


角野恵子の共著書、翻訳本、よろしければ手にとってご覧くださいませ。








角野恵子、こんな仕事もしています。→こちら
取材、コーディネート、旅のお手伝い、ご質問etc コンタクトはこちらからどうぞ。→こちら








by keikosuminoleb | 2016-05-19 18:44 | FOOD | Comments(0)
a0231632_03344809.jpg

先日、パトリック・ロジェさんのショップに行ったついでに
サンジェルマンアンレーの街歩き。
(*ロジェさんのショップの様子は → こちらです

実は私、2001年から2003年の2年間、
サンジェルマンアンレーにあるリセ・アンテルナショナル日本セクションで
秘書業務を担当しておりました。
当時から、シックなこの街の雰囲気が大好きです。


駅を出て、地上に上がれば
サンジェルマンアンレー城。
この城で、太陽王ルイ14世が生まれたと。
パリの凱旋門にあるシャルルドゴールエトワール駅から
RER A線で約30分。


早速街の中心部
マルシェヌフ広場へ・・・


a0231632_03322366.jpg
ここに毎週火・金・日曜日の午前中
マルシェが立ちます。
とても活気があります!!



a0231632_03360978.jpg
マルシェが立たない時は、子供達の遊び場に。



a0231632_03373627.jpg
テラスも広々!
まるでイタリア!!!




a0231632_03385709.jpg
そんなマルシェヌフ広場のすぐ脇に
日本のショコラファンの憧れるお店が!!
パスカル・ルガック



a0231632_03422143.jpg



a0231632_03462287.jpg




a0231632_03395392.jpg
Pascal Le Gac

61, rue de Pologne

78100 Saint Germain-en-Laye

営業時間:10時〜19時(日曜は、〜13時)

定休日:月曜





ルガックさんのお店の向かいは
ハチミツ専門店のファミーユ・マリー
ここのハチミツ、美味しいです!!
a0231632_03472625.jpg


トレードマークはこの
量り売りのハチミツ!
(パリの店には、この量り売りが2種類くらい出ています)
a0231632_03481368.jpg

養蜂家だった先代が、
自分のミツバチが作るハチミツを
マルシェで量り売りして歩いたのが
メゾンの始まりだったそう。
(以前、オレンジページネット向けに取材しましたヨ!)

その当時のスピリットを忘れないために
今も量り売りを続けているそうです。



ミツバチをとても大切にしていているから
ここのハチミツは濃くて美味しい053.gif
a0231632_03492711.jpg
ハチミツベースのコスメや
サプリメントも作っています。
これがお手頃価格。
自分のところのハチミツを使うので
値段を抑えられるとのこと。




駅に向かってぶらぶらすると・・・大きなパン屋・・・
ゴントラン・シェリエではないですか!

a0231632_03515241.jpg
パリにもお店がありますが、小さいです。
広々としたテラス、そして
大規模な製造部門を併設する店内には、
テーブルコーナーもあります。
買って、食べられて、とても便利。
このゆったりスペースは、郊外店ならでは。

a0231632_03543139.jpg
Gontran Cherrier
1 Rue Grande Fontaine
78100 Saint-Germain-en-Laye
営業時間:7時30分〜20時(日曜は、〜18時)
定休日:木曜




さらに駅に向かって進むと、
サンジェルマンアンレーといえば、のチーズ屋さん
セバスチャン・デュボワ!
a0231632_03554919.jpg
感動的に素敵な店内の様子は、
また次回ゆっくりと!!
せっかくチーズを買うなら、こんな店でと思いますよ!!


a0231632_03565052.jpg
Sébastien Dubois
16 rue de Poissy
Saint Germain En Laye
78100 France
営業時間:9時〜13時 16時〜19時30分
(土曜ノンストップ、日曜は〜13時)
定休日:月曜)



車の通らない
歩行者だけの路地に、感じのいいお花屋さんも。
a0231632_05023493.jpg


イギリス色が濃いサンジェルマンアレンレーの街。
これは歴史的なもので、
15世紀の数十年間、サンジェルマンアンレー城が
イギリス人によって占領されていた時代もあったそう。
a0231632_03595239.jpg


a0231632_03582419.jpg



ここから地下に入ると
RERの駅です!
a0231632_04004943.jpg


ちなみに、駅からマルシェ・ヌフ広場まで行く途中に
先ほどのパトリック・ロジェの店があります。(*こちらです




パリ郊外には
素敵街がいくつかありますが、
高級感ではここがピカイチでしょう。
肉屋さん、パティスリー、パン屋さんなど
名店が多いのも、それだけいい品物のニーズがある、ということですよね。




パリ旅行をご予定の方、
滞在日数をゆったりめに取ると
「どこかもう1カ国行きたいな」
と思われるかと思います。
でも、パリの周辺にも、見所は沢山!
フランス国王と歴史の深いサンジェルマンアンレー、オススメです。




余談ですが、
先日知り合った若いご夫婦、
旦那さんはアルザス出身、
奥様はロシアのかたで、
1年前からサンジェルマンアンレーに住んでいる、と。


「これまで5年間パリに住んでいたけど
こっちに来てからの方が、ずっと沢山のことができるんですよ!
森もあるし、川もあるし、それに住人がインターナショナルだから
お付き合いも楽しいです」


奥様は、ロシア出身者のお集まりのメンバーになって
文化的な活動もされているそうです。
・・・と書いていたら、久しぶりに連絡を取りたくなったな。


数年前に読んだ記事によると、
サンジェルマンアンレーの住人の4割程度が
イギリス人、アメリカ人、オランダ人etc等
外国人。
「庭を愛するイギリス人は、
たとえパリに赴任されてもパリ中心部ではなく
郊外のいい環境に暮らしたがる」ともありましたね・・・









【お知らせ】
「一週間だけパリジェンヌ♪」のためのガイドブック
『パリでうちごはん そしておいしいおみやげ』

ビストロでメニューを注文するには?
マルシェでの買い物は??
暮らすように旅するアドバイスがぎっしり!
料理家・重信初江先生によるパリ旅レシピと、
オススメのお土産リストも必見です!









*****

角野恵子、こんな仕事をしています。→こちら
取材、コーディネート、旅のお手伝い、ご質問etc コンタクトはこちらからどうぞ。→こちら






by keikosuminoleb | 2016-04-10 16:25 | パリ郊外とその日常 | Comments(2)