keiko's paris journal <パリ通信 - KLS> keikoparis.exblog.jp

パリ在住20年ライター&コーディネーター角野恵子目線のパリ情報です。Keiko SUMINO-LEBLANC, journaliste japonaise, FOOD et Life Style.


by KSL
プロフィールを見る

タグ:ガーデンパーティ ( 2 ) タグの人気記事

a0231632_18442210.jpg


5月16日は聖オノレの日、
つまりサントノレの日!

ご存知の方も多いと思いますが、
フランスのカレンダーを見ると
どの日にも必ず聖人の名前が記されています。

例えば、2月14日は聖ヴァランタンの日。
つまりセント・バレンタインデー、というふうに。

パリのサントノレ通りにあるパレスホテル 
Mandarin Oriental Paris マンダリンオリエンタル・パリは、
今年から聖オノレの日=サントノレの日を
お祝いすることに!

サントノレ、といえば、フランスの伝統スイーツの名前でもあります。
シュークリームをミニピラミッド型に積み重ねて
クリームでデコレーションしたお菓子、
と表現すればいいでしょうか。
シュー菓子好きにはたまらない一品で、
かつ、マンダリンオリエンタル・パリのシグネーチャーとも言えるスイーツ!
つい今年の5月頭までシェフパティシエを務めていたダヴィッド・ランドリオさんが
かつて見たことのないエレガントなサントノレを作ったのでした!
*ダヴィッド・ランドリオさんのサントノレは⇨こちら!



・・・前置きが長くなりましたが、そんなわけで
マンダリンオリエンタル・パリとサントノレ(通りも、お菓子も)は
切っても切れない間柄。
今年から毎年、サントノレの日をサントノレ(お菓子)でお祝いする
というイニシアチブ、遊び心があって素敵だと思います❤️



サレ(塩味系)のサントノレが数種類ふるまわれ、
シャンパン片手に談笑していると・・・



超巨大サントノレが登場!

a0231632_18453659.jpg

もう2ヶ月も前のことなので
忘れてしまいましたが、
確か280人分のサントノレだったと思います。

それにしても見事な美しさ!!

こんなに大きいのに、パーフェクトな仕上がりですよね。
さっすがパレスホテルのクオリティー❤️




パティシエたちが数名連なって
両脇をささえて運んできました。

a0231632_20011513.jpg




サレのサントノレはこちら ↓

a0231632_18433913.jpg



シェーヴルチーズ(ヤギチーズ)と
トマトだったと思います。

a0231632_18431578.jpg







a0231632_18440218.jpg





こちらは甘いサントノレ。


a0231632_18450030.jpg
ローズ、ヘーゼルナッツ、ピスタチオ
だったかな。




シャンパンは、ルイ・ロードレールのロゼ❤️❤️❤️



a0231632_18451613.jpg


普段はロゼを選ばない私も
このロゼは美味しかった〜〜〜〜



ルイ・ロードレールの営業マン氏の
携帯ケースです。
いいですよね!


a0231632_18444381.jpg



初夏の夜はゆっくりとふけてゆき・・・

a0231632_20013877.jpg




「アーバンジャングル」と呼ばれる
マンダリンオリエンタル・パリの中庭は
別の表情を見せはじめます。

a0231632_20020931.jpg


なんとも言えない独特のムード。
夏のこれからは特におすすめしたい!
何しろ緑の勢いがハンパありません!!!

a0231632_20030476.jpg




DJの音楽とともに・・・


a0231632_20023282.jpg



やっぱり素敵です、マンダリンオリエンタル・パリ。

いつも、いろんな人に言っていますが、
エントランスを入った瞬間から
いい「気」を感じるのです。




a0231632_20035308.jpg


また遊びに来ますね。

本当に気持ちよくなれる、好きな場所です。


そうそう、マンダリンオリエンタル・パリのサントノレ、
ケーキショップで買えます!
オススメ!










* * * * * * *

角野恵子、こんな仕事をしています。→こちら
取材、コーディネート、旅のお手伝い、ご質問etc コンタクトはこちらからどうぞ。→こちら


応援クリックお願いします → にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ




                                                what's new in paris ? パリ情報、毎日更新しています!→ a0231632_18374182.jpg      
   

                                                    my daily life  日々のスナップ集 → a0231632_1838120.png

by keikosuminoleb | 2017-07-11 05:25 | HOTEL & ラグジュアリー | Comments(0)
a0231632_01485337.jpg

2016年6月、
今年もブリストルの夏恒例
ガーデンパーティに呼んでいただきました。
ありがとうございます!!

しかしながら、
夏らしくない今年のパリ・・・
寒く、雨が多く、
それでもまずは青空でスタートし、一安心。




a0231632_01364464.jpg
現在、ル・ブリストルの中庭に
ダニエル・ビュランのインスタレーションが
登場しています。
パレロワイヤルのしましまの円柱で知られる
フランス人アーティスト。
ちょうど今、ルイヴィトン財団の建物を
蛍光カラーのスケルトンで覆った
彼のインスタレーションが話題ですね!
21世紀は白黒ストライプではなく、
カラフル&透明感のあるストライプ。
(ということなんだなあと)




上から見るとこんな感じ!
a0231632_01455594.jpg
毎年、ガーデンパーティの際に
リニューアルした部屋を見せてもらっています。
今年はスイート2つを見せてもらい、
1つはテラスが、
もう1つは書斎が新しくなっていました。


中庭に面した廊下!
こんなに雰囲気のある廊下!!
天井が高くなく、こじんまりしているからこその
この親密感。
a0231632_01443565.jpg
私はどうも
だだっ広い空間よりも、
このくらいの規模の親密な内装の方が
好きみたいです。
より「贅沢」「特別」「本物」
を感じられる・・・もちろんここ、十分広いですけど!



ご覧ください、この自然な緑!
これが新しくなったスイートのテラス。
a0231632_01385338.jpg
やっぱりシャンペトルですね。
パレスホテル(パラス)も、野の草花。
これぞ、時代の空金感。

中庭のフランス庭園は
ブリストルの特徴の一つですが、
スイートのテラスには
自由な雰囲気のシャンペトルを採用しているのですから。

a0231632_01403530.jpg


そしてこちらが、新登場した書斎!
映画関連の書籍が集まっています。
a0231632_01465023.jpg
ル・ブリストルでは伝統的に
映画試写会のインタビューが行われるので、
あえて映画関連の書籍を揃えた、と
装飾の責任者の話でした。



そしてバスルーム。
a0231632_01422591.jpg
フリストルの、飾らないバスルーム。
飾らないけれど、大理石たっぷり。
これがここの方針だと感じます。
そして、スイートのアメニティーは
ずっと変わらずエルメス!




中庭の壇上で、ディレクターのスピーチです。
フィリップ・ペールさん。
南仏のHotel du Cap Eden Roc ホテル・デュ・キャップ・エデンロック
他、3つのラグジュアリーホテルのディレクターであり、
つい1ヶ月ほど前から
ホテル・ル・ブリストル・パリの
ディレクターも兼任する凄腕!

a0231632_01494224.jpg

お待ちかねのトンボラ(くじ引きビンゴゲーム)
のタイミングで、ついに雨は本降りに。


a0231632_01513365.jpg
でもなんだか可愛い❤️
ブリストルの傘、いいですよね。



お部屋も見て、
スピーチも聞いて、
いよいよ料理に集中!
a0231632_01504309.jpg

三ツ星シェフ
エリック・フレションさんのビュッフェの数々、
どれも繊細で、本当に美味しいです。
写真のこれ、なんだと思いますか?
なんと、
ラディ・オ・ブール(ラディッシュとバター)!
赤いジュレの中に
シャキシャキのラディッシュが隠れていて、
上の緑色のクリームが
ムース状に軽くしたバターでした!
フランスでは給食でもおなじみの素朴な前菜を
こんなにおしゃれにしてしまうなんて。
さすが!




デザートは、ローラン・ジャナンさん。
安定のクオリティーですよ〜〜〜〜!
a0231632_01524080.jpg




近年、ル・ブリストル・パリは、
ラ・メゾン・デュ・ショコラとのコラボが盛ん。

a0231632_01575559.jpg

新作のチョコレート「エアー」と、
やはり新作マカロンボックス。
ボックスは、エルメスと同じメーカーのもの!



作りたてガナッシュにクーベルチュールを絡め、
よく冷えたシャンパンに落とします。
a0231632_01584479.jpg
ぜ・い・た・く❤️



MOFバーマン(バーテンダー)
マキシム・ウルトさんによるカクテルも!
a0231632_01593222.jpg
大量を一気に作らねばならないこういった場でも
完璧に美しいです!



グラスにはル・ブリストルのロゴ。
赤いカクテルは
最近パリのあちこちで見るようになったピムスを
ツイストした一品。
a0231632_02001349.jpg


こちらはウオッカベースの一品(確か)。
夏はキュウリのカクテルが
爽やかで美味しいんですよねー!
あいにくの雨でもったいない。

a0231632_02004276.jpg




3品めはラムベース、
ココナッツを使ったパンチ!
a0231632_02011806.jpg
口当たりはいいですが
とても危険な一杯だと思いました・笑

マキシムさん、この2月だったか
日本の帝国ホテルでプレゼンをしたそうで、
その体験談を熱っぽく話してくれました。
日本サイドの準備は万事完璧で、
とても仕事がしやすかったそうです。
ついでに「浅草寺でおみくじを引いたら
大凶だったよ〜〜」とも・笑




楽しい時間はあっという間。

a0231632_02021504.jpg
夏らしくない天気で
せっかくのガーテンパーティがもったいないようでしたが、
それでも私は十二分に堪能させていただきました!

私がもし、シャローン・ストーンか誰かだったら
ここに来るたびに
「やっと我が家に戻ったわ」
と言いたい!

ちなみに、この言葉は実際に
シャローン・ストーンさんが、エデン・ロックで
フィリップ・ペール総支配人に
かけた言葉だそうです。




a0231632_02030462.jpg

映画『ミッドナイト・イン・パリ』の舞台にもなった
ホテル・ル・ブリストル・パリ。
この落ち着き・・・
とても心地よいのです。


a0231632_02043053.jpg

クラシックな花も素敵!
ザ・フランス!!


ル・ブリストル・パリの、
パレスホテルならではの心地よさを
気負わず、気軽に利用したい時は、
café Antonia カフェ・アントニア(例;クラブサンドイッチ42ユーロ)
Le Bar du Bristol ル・バー・デュ・ブリストル
(例;オリジナルカクテル各26ユーロ、+無料ウエルカムカクテル)
がおすすめです。




Le Bristol Paris
112, rue du Faubourg Saint-Honoré
75008 Paris
France
reservation@lebristolparis.com
Tel: + 33 (0)1 53 43 43 00









*****


角野恵子の共著書、翻訳本、よろしければ手にとってご覧くださいませ。








角野恵子、こんな仕事もしています。→こちら
取材、コーディネート、旅のお手伝い、ご質問etc コンタクトはこちらからどうぞ。→こちら








by keikosuminoleb | 2016-07-02 04:06 | イベント & お披露目 | Comments(0)