keiko's paris journal <パリ通信 - KLS> keikoparis.exblog.jp

パリ在住20年ライター&コーディネーター角野恵子目線のパリ情報です。Keiko SUMINO-LEBLANC, journaliste japonaise, FOOD et Life Style.


by KSL
プロフィールを見る

<   2017年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

a0231632_18442210.jpg


5月16日は聖オノレの日、
つまりサントノレの日!

ご存知の方も多いと思いますが、
フランスのカレンダーを見ると
どの日にも必ず聖人の名前が記されています。

例えば、2月14日は聖ヴァランタンの日。
つまりセント・バレンタインデー、というふうに。

パリのサントノレ通りにあるパレスホテル 
Mandarin Oriental Paris マンダリンオリエンタル・パリは、
今年から聖オノレの日=サントノレの日を
お祝いすることに!

サントノレ、といえば、フランスの伝統スイーツの名前でもあります。
シュークリームをミニピラミッド型に積み重ねて
クリームでデコレーションしたお菓子、
と表現すればいいでしょうか。
シュー菓子好きにはたまらない一品で、
かつ、マンダリンオリエンタル・パリのシグネーチャーとも言えるスイーツ!
つい今年の5月頭までシェフパティシエを務めていたダヴィッド・ランドリオさんが
かつて見たことのないエレガントなサントノレを作ったのでした!
*ダヴィッド・ランドリオさんのサントノレは⇨こちら!



・・・前置きが長くなりましたが、そんなわけで
マンダリンオリエンタル・パリとサントノレ(通りも、お菓子も)は
切っても切れない間柄。
今年から毎年、サントノレの日をサントノレ(お菓子)でお祝いする
というイニシアチブ、遊び心があって素敵だと思います❤️



サレ(塩味系)のサントノレが数種類ふるまわれ、
シャンパン片手に談笑していると・・・



超巨大サントノレが登場!

a0231632_18453659.jpg

もう2ヶ月も前のことなので
忘れてしまいましたが、
確か280人分のサントノレだったと思います。

それにしても見事な美しさ!!

こんなに大きいのに、パーフェクトな仕上がりですよね。
さっすがパレスホテルのクオリティー❤️




パティシエたちが数名連なって
両脇をささえて運んできました。

a0231632_20011513.jpg




サレのサントノレはこちら ↓

a0231632_18433913.jpg



シェーヴルチーズ(ヤギチーズ)と
トマトだったと思います。

a0231632_18431578.jpg







a0231632_18440218.jpg





こちらは甘いサントノレ。


a0231632_18450030.jpg
ローズ、ヘーゼルナッツ、ピスタチオ
だったかな。




シャンパンは、ルイ・ロードレールのロゼ❤️❤️❤️



a0231632_18451613.jpg


普段はロゼを選ばない私も
このロゼは美味しかった〜〜〜〜



ルイ・ロードレールの営業マン氏の
携帯ケースです。
いいですよね!


a0231632_18444381.jpg



初夏の夜はゆっくりとふけてゆき・・・

a0231632_20013877.jpg




「アーバンジャングル」と呼ばれる
マンダリンオリエンタル・パリの中庭は
別の表情を見せはじめます。

a0231632_20020931.jpg


なんとも言えない独特のムード。
夏のこれからは特におすすめしたい!
何しろ緑の勢いがハンパありません!!!

a0231632_20030476.jpg




DJの音楽とともに・・・


a0231632_20023282.jpg



やっぱり素敵です、マンダリンオリエンタル・パリ。

いつも、いろんな人に言っていますが、
エントランスを入った瞬間から
いい「気」を感じるのです。




a0231632_20035308.jpg


また遊びに来ますね。

本当に気持ちよくなれる、好きな場所です。


そうそう、マンダリンオリエンタル・パリのサントノレ、
ケーキショップで買えます!
オススメ!










* * * * * * *

角野恵子、こんな仕事をしています。→こちら
取材、コーディネート、旅のお手伝い、ご質問etc コンタクトはこちらからどうぞ。→こちら


応援クリックお願いします → にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ




                                                what's new in paris ? パリ情報、毎日更新しています!→ a0231632_18374182.jpg      
   

                                                    my daily life  日々のスナップ集 → a0231632_1838120.png

by keikosuminoleb | 2017-07-11 05:25 | HOTEL & ラグジュアリー | Comments(0)
a0231632_20492047.jpg



またまたパリに
美味しいパティスリーがオープンしました!

maison aleph メゾン・アレフ。
驚くほど上質なレバント菓子のお店です。
(*無教養なものでレバントという土地を知らず
検索したところ、
シリアを中心に広がる歴史的シリア地区のことを指す名称のようです)


レバント菓子ではなく、アラブ菓子なら、
パリを旅された方はよくご存知かと思います。
モロッコ・チュニジア料理のレストランで食べる
あまーーーーーーーいお菓子!
ミントティーと一緒に、ティータイムにも良いですよね。

しかし何しろ甘い!
ナッツぎっしり、はちみつは溢れ出んばかり。
そしてバラやオレンジフラワーの花の香りが
かなり強烈で・・・
そんなインパクト大の、アラブ菓子が大好き!
ではありますが、
メゾン・アレフが提供するレバント菓子は
アラブ菓子にしてアラブ菓子にあらず! 


まず、この可愛らしい佇まい。

a0231632_20524769.jpg

まるでマカロンのよう❤️



仕掛け人は、シリア生まれのミリアム・サベさん。


a0231632_20522262.jpg

なんと、以前は金融トレーダーだったそう。

「パリで暮らし始めた頃、
友人のところにお呼ばれすると
手土産に私の故郷のお菓子をリクエストされました。
パリのいろんなアラブ菓子を買いましたが
どれも私にはピンとこなくて。

それなのに友人たちは
『本当に最高だよ!
アラブ菓子は美味しいよね!』
と絶賛。

私が探しているのはこんなお菓子じゃない!
と、いつも思っていんたんです」




a0231632_20515077.jpg


私が小さい頃に食べた
あの味を再現したい。
アラブ菓子ではなくて、アレップのあの味・・・


そこでトレーダーの職を辞したのが
3年半前のこと。

まずレバノンへ行き、祖父たちの時代に
パティスリーを作っていたという師匠のもとで修業をします。
その後、パリの職業学校で資格を取得。



そして今、
フランスパティスリーの正確さと繊細さを兼ね備えた
レバントの伝統パティスリーが誕生しました!!


a0231632_20494969.jpg



ローズ水とともに試食させていただきました。



・・・驚くほど上質です。

アラブ菓子の特徴である
あの強烈な糖分はナシ。

そう聞くと
「えー、そんなインパクトのないアラブ菓子なら
食べたくないよ」
と思われるかもしれません。
が、
ヘーゼルナッツ、ピスタチオ、くるみ、フランス産バター、
オレンジフラワーウオーター、カルダモン
などなど、すべての素材が上質で
それぞれの風味が際立っているため、
味はとても濃いのです。
インパクト大!






アイスクリームもありました❤️
3,50 euros

a0231632_20511910.jpg

羊乳のフローズンヨーグルトと
ローズのアイスクリームのミックス。
トッピングのピスタチオも風味豊か。

アイスクリームの試食をし、
美味しくて美味しくて最後まで食べたのは
久しぶりです。


こちらもパティスリー同様
素材の味が素晴らしい!
羊乳のヨーグルト、バラ、ピスタチオ・・・
ピスタチオの香ばしい食感も良かった。




パッケージも素敵。

a0231632_20505447.jpg



心が安らぐブルー。

このブルーは、アレッポで今破壊されている
歴史的建造物から取ったのだそう。







そのブルーのパッケージは
一番小さいものが4つ入り。
4つ入りボックス 8.40 euros
パティスリー1個 2,10 euros



a0231632_20531367.jpg




ドライフルーツとナッツがたっぷりの
チョコレートバー。
キャラメル味のミルクチョコレートで
コートされていました。
チョコレートバー1個 3,10 euros

a0231632_20534070.jpg






これも、甘さは強すぎず
素材それぞれの風味がものすごく濃かったです。
通常のアラブ菓子も大好きですが、
メゾン・アレフのパティスリーは
ものすごく上質で、
ひとつ食べればもうひとつ、とからなず手が伸びる味。
ちょっと今までにない美味しさです。
テクスチャーもいい!



「フランスのパティスリーを語るのに
" ヨーロッパ菓子" と表現しても何も意味しないように、
" アラブ菓子" という表現も同じなんです」

とミリアムさん。

素敵な発見を有難うございました!!
メゾン・アレフは、7月8日(土)オープンします!




maison aleph
20, rue de la Verrerie
75004 Paris
tel: 09 83 03 42 02
営業時間:水〜金曜 12時〜20時
土曜 11時〜20時
日曜 11時〜19時
定休日:月曜










* * * * * * *

角野恵子、こんな仕事をしています。→こちら
取材、コーディネート、旅のお手伝い、ご質問etc コンタクトはこちらからどうぞ。→こちら


応援クリックお願いします → にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ




                                                what's new in paris ?  パリ情報毎日更新しています! → a0231632_18374182.jpg      
   

                                                    my daily life  日々のスナップ集 → a0231632_1838120.png

by keikosuminoleb | 2017-07-05 21:47 | FOOD | Comments(1)