keiko's paris journal <パリ通信 - KLS> keikoparis.exblog.jp

パリ在住20年ライター&コーディネーター角野恵子目線のパリ情報です。Keiko SUMINO-LEBLANC, journaliste japonaise, FOOD et Life Style.


by KSL
プロフィールを見る

<   2017年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

a0231632_20001304.jpg

アレクサンドル三世橋を降りてすぐ、
セーヌ川に浮かぶ flow pairs フロウ・パリ。

開放感抜群の
船上レストランです。


2017年5月30日、
ここにパティシエのジェフリー・カーニュ氏を迎え
『パティスリーカクテル』のイベントが
おこなわれました。


a0231632_19585721.jpg



船っていいですよね。

そこにいるだけで
あっという間に非日常。
時間もゆっくり流れるような・・・


a0231632_20010090.jpg



振る舞われたパティスリーカクテルは
以下の5種類:

フレジエ(イチゴケーキ)ー ウオッカベース
ティラミス ー ウイスキーベース
レモンタルト ー ホワイトラムベース
フォレノワール ー テキーラベース
ババオラム ー もちろんラムベース!





a0231632_19564668.jpg


私は『フォレノワール』をチョイス。
テキーラの染み込んだチェリーをトップに、
なんとグラスの中にはチョコレートの
スポンジケーキが入っていました!




「パティスリーのクリエーションとカクテルのそれは
同じロジックなのです。

ですので、その二つを融合するのは
難しくはないのですよ」

と、ジェフリーさん。

a0231632_19572582.jpg





『フレジエ』にはパンナコッタがたっぷり。



a0231632_19580637.jpg





『レモンタルト』は
煮詰めた柑橘フルーツが
グラスの底に見えます。
そして、タルト台がグラスの淵にあしらわれているという。



a0231632_19582828.jpg





グラスを片手に
船の舳先へ進めば、この絶景!!!

a0231632_20012240.jpg


セーヌ川に架かる橋の中で最も美しいと言われる
アレクサンドル三世橋。

夜、ライトアップされた様を
この船から眺めたいもの!!




そして、
パリ祭のエッフェル塔の花火
も、バッチリ堪能できるでしょう!



という相談を広報担当者にしたところ、
船の1階のレストランをすすめてくれました。




a0231632_20015783.jpg

いいじゃないですか!

しかもうれしいことに、
パリ祭の特別料金はないそうです。
普通に予約をするだけ!

バーの利用は予約不要ですが、
パリ祭の夜は
ものすごい人数になるはずですから
下のレストランを予約するのが
私世代には賢明でしょう。
(ちなみに私はこの日、
すぐその場で予約しましたよ。早い者勝ち!!)




舳先から、左手にはエッフェル塔
右手にはグランパレ!
後ろを向けばコンコルド広場の大観覧車。
セーヌ川に浮かぶ船のレストランは数あれど
ここが「ベストボジション」であることは間違いありません。

a0231632_19592305.jpg



flow paris
4, Port des Invalides
75007 Paris
tel : 01 44 05 39 50









おまけ①:

エッフェル塔ヴューのもう一つ、おすすめは
Shangri-La Hotel Paris シャングリラホテル・パリ
バー・クリュッグ!
7月1日〜8月26日、期間限定で登場する特別なスペースです。
クリュッグのグラス55ユーロを片手に、
このエッフェル塔の眺め・・・
プライベートエッフェルタワーですよ!


a0231632_14500819.png

テラス席は16席のみ!
希少でございます。

パリ祭の7月14日は1名350ユーロ
クリュググランキュヴェ1グラス付き。
(軽いカナッペ等もつくかと)

要予約!








おまけ②;

ザ・ペニンシュラ・パリ の最上階からも
エッフェル塔が綺麗に見れます!

a0231632_19002210.png

7月14日パリ祭当日のプランは以下の2つ;

1 最上階のレストランオワゾー・ブラン
デギュステーションメニューディナー 430ユーロ(1名)

2 ルーフトップバーの
シャンパン+パティスリー 240ユーロ(1名)












* * * * * * *

角野恵子、こんな仕事をしています。→こちら
取材、コーディネート、旅のお手伝い、ご質問etc コンタクトはこちらからどうぞ。→こちら


応援クリックお願いします → にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ




                                                what's new in paris ?  パリ情報毎日更新しています → a0231632_18374182.jpg      
   

                                                    my daily life  日々のスナップ集 → a0231632_1838120.png

by keikosuminoleb | 2017-06-08 21:04 | FOOD | Comments(2)
a0231632_20385143.jpg

2017年5月23日火曜日

フランス最大、そしてヨーロッパ最大のデパート
ギャラリーラファイエット からのご招待で
ゲランのメイクアップアトリエに参加。


テーマは
「フレンチマダムの魅力の秘密・テラコッタメイク」!!


テラコッタ肌、憧れます。
でも、テラコッタメイクにトライして
成功した試しがありません。
じゃ、実際に日焼けするか?! とやればやったで
シミばかりが増え、一向にテラコッタにならないばかりか
日焼け色がきたならしくくすむのみ。
(年齢?!)



そんな私も、
テラコッタメイクのパイオニア
ゲランの技術を会得すれば
ヨーロッパマダムのテラコッタ肌を手に入れられるかもしれません!




会場は、パリ本店4階の特別サロン。
ウエルカムドリンクとフィンガーフードでくつろいでから
いよいよ着席。
スタートです!

a0231632_20391494.jpg


ゲランの美容部員さん3名が
丁寧にテクニックを披露してくださいました。
数々の驚きテクニックの中でも
「これは目から鱗!」
と思ったのは、ブラシの使い方です。
保湿ジェルからベース、ファンデーション、パウダーなど、
全てを1本のブラシで塗布。
指でブラシの毛をぎゅっと握って細くすれば
同じブラシで
アイシャドーもつけられます。
テラコッタのパウダーをまぶたに付けるときは、
こうしていました。
(私の説明、通じますかね?)


以下、使用した全商品を
ゲランのサイトにリンクさせつつ書き出します。
(つまり、詳しい商品説明は
ゲランのサイトをご覧くださいませ)

順序は、使用した順です。
日本未発売のものもあるかもしれません。


ゲラン スーパーアクアセロム
(保湿効果バツグン!)

ゲラン ロールエッセンス エクラ
(純金入りのメークアップベース。伸びがいい)

ゲラン メテオリット(ライト)
(チューブタイプ。おでこ、鼻筋、目の下、顎に、ハイライト的役割。)

ゲラン ジョリ・タン
(チューブタイプ。メテオリットを塗った以外の場所に塗る。)

ゲラン メテオリット(ライト)
(パウダータイプ。顔全体に満遍なく。
この後につけるアイシャドー等メイクを密着させる役割。)

ゲラン テラコッタ 03
(髪の生え際をなぞるように、
おでこのてっぺんから奥歯の噛み合わせ、ほほ骨の下、顎と
「3」を描く要領で) 
*下の写真をご参照ください!

ゲラン ラ・プティット・ローブノワール リップチーク
(唇と頬にごく少量。自然なピンク色)

ゲラン エクラン スルスィル
(4色パウダーのアイブロウ。
使いやすく、眉の乏しい私ですらモデル眉に変身)

ゲラン ラ・プティット・ローブノワール ブラックラッシュドレス
(まつげを持ち上げるために改良された
ブラシの形が面白いマスカラ)

ゲラン ラ・プティット・ローブノワール リップスティック
(みずみずしいテクスチャーの口紅)







a0231632_20495392.jpg


大きく、3を描くように・・・と。

テラコッタのパウダーは、
顔全体につけるものではなかったのですね!
そして、キム・カーダシアン以降
コントゥーリングが注目されていますが、
ゲランは1984年のテラコッタ発売からずっと
コントゥーリングを提案しているわけです。

口紅を現在の形(スティックタイプ)にしたのも
ゲランだと言いますし、
老舗でありながら、実は
革新のメゾンなんですね。



ゲランの美容部員さんの手ほどきで
こんなにメイク上手になりましたー❤️
(もちろん写真は加工しています!)

a0231632_20381463.jpg

加工アプリのおかげで
もはや私の顔をしていない美人さんになっていますが、
メイクの参考にアップします。
ゲラン流の
自然な陰影がいいと思いませんか?



ゲランの美容カウンターは
こちらです!(ハートで囲ったところ) ↓ !!

a0231632_20462287.jpg


実は私、化粧品はもう何年も
アルマーニを愛用しています。
が、ゲランの商品、優れていました・・・
乗り換えるかもしれません。
フランス製だし。
(せっかくフランスに住んでいるのだから
フランスのものを愛用したいと思うのです)


ちなみに、ゲランのテラコッタメイクを会得して以降は
毎日元気なメリハリ顔です!
ゲランの美容部員さん、
ありがとうございました!

a0231632_20465609.jpg


ところで、
ギャラリーラファイエットでは、このように
一般のお客様を対象にした
様々なイベントが開催されています。
お知らせは、ギャラリーラファイエットHPやFBでチェックを。⇨ギャラリーラファイエット HP


毎週開催されるファッションショーは、
観光でパリに来られる方にも
参加しやすいですね ⇨ こちら!

参加費は無料!
ぜひお申し込みを〜〜〜!!!





また、
VIPなお買い物ができる、パーソナルサーヴィスもあるそうで
さすが、ただでナンバーワン百貨店にはなっていないなと。

これらのメリットをあまり知らず
今まで利用してこなかったこと、
反省してしまいました。







おまけ:

私の化粧の腕を上げてくれた本。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓



メイクのハウツー本なのに、読んで爆笑しました。
顔、というものの捉え方が変わります。
吉川泰雄さん、面白いです!!

そして、これまでにもう数え切れないくらい
雑誌でメイクのハウツーを見てきましたが、
視覚的にわかったきになる写真の説明よりも、
「なぜメイクをするのか」という核心の部分、
メイクの成り立ちを理解させてくれる
言葉による説明の方が
メイク技術アップに不可欠だったと知ったのでした。
(40代後半になってようやく)

「あら! keikoは随分きれいになったのね、
髪型を変えたの?」
など、
この本を読んだ直後は反響が大きかったなー。

amazonからお取り寄せできます⇨ 生まれつき美人に見せる







*****


角野恵子の共著書、翻訳本、よろしければ手にとってご覧くださいませ。








角野恵子、こんな仕事もしています。→こちら
取材、コーディネート、旅のお手伝い、ご質問etc コンタクトはこちらからどうぞ。→こちら








by keikosuminoleb | 2017-06-05 22:36 | イベント & お披露目 | Comments(2)