keiko's paris journal <パリ通信 - KLS> keikoparis.exblog.jp

パリ在住20年ライター&コーディネーター角野恵子目線のパリ情報です。Keiko SUMINO-LEBLANC, journaliste japonaise, FOOD et Life Style.


by KSL
プロフィールを見る

<   2017年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

a0231632_18022883.jpg


2017年5月2日
ゴールデンウイークに 林檎の礼拝堂 へ。
芸術家田窪恭治氏の代表作の一つを
日本からの面々と連れ立って見に行きました。

ノルマンディー地方の
サン・マルタン・ド・ミュー村にある
小さな小さな礼拝堂。
ファレーズ観光局に事前に連絡を取り、
日時を指定して開けてもらいます。
そのくらいひっそりとした集落にある、小さな小さな礼拝堂なのです。



約束の時間を過ぎても
なかなか到着しない担当者・・・
でも大丈夫、ちゃんとこの通り、中に入ることができました。


a0231632_18071545.jpg


教会入り口正面の
木と一体化した壁画。




優しい光が差し込んでいます。



a0231632_18090145.jpg




屋根瓦の一部が
色ガラスになっていて
これももちろん、芸術家の作品。
確か、ノルマンディー地方の職人に作らせた、と・・・
地場産業の支援もしたわけですね。
そして、この土地の人々と一緒に
作り上げたということ。

a0231632_18154493.jpg






春夏秋冬、林檎の風景で描かれた
礼拝堂の壁面。

a0231632_18172062.jpg



ここに来るまではフレスコ画だと思っていたのですが、
なんと、壁に色の層を作り
それを上から削ることで描いた
壁画なのだそうです。

a0231632_18175878.jpg

想像しただけでも困難なテクニックを
なぜ田窪氏は採用したのでしょう。
その理由は、きっと著書 林檎の礼拝堂 に書かれているはず・・・


a0231632_18164378.jpg


フランスの田舎らしい
小さな小さな礼拝堂でしたが、
そこにいる時間は
どこか日本を思い出させるような、
不思議な感覚がありました。


そして一歩外に出れば
ノルマンディーならではのこの風景です。


a0231632_18181939.jpg

りんごの木、菜の花、そして牛。

こんな風景の中に、日本人芸術家が人生をかけて作り上げた
大作がある。
その作品を、完成から約20年が経過した今も
情熱と誇りを持って、
訪れる人々に伝える地元の方々。
人と人のつながり、
文化と文化のつながり。
芸術と愛が絆になった
つながりを、しっとりと感じた訪問でした。







さて、林檎の礼拝堂へのアクセスは、
公共の交通機関では実現できません。
私たちは例によって(去年のパトリック・ロジェアトリエ訪問ツアーこちら!と同じように)
パリランデヴー社の大沢さんにお願いしました!
8人乗りのミニバスで、
パリの滞在ホテルから目的地まで楽々移動。
しかも、
フランス国家公認ガイドの大沢さんの案内で
印象派ゆかりの港町オンフルールも歩き、
パリに戻る道々サヴォワ邸にも寄った、という
とても盛りだくさんな(わがままな)日帰り旅行でした。
フランスで自由な旅をしたい方、
パリランデヴーおすすめです!!




ちなみに、この日帰り旅行が実現したもう一つのカギは、
「林檎の礼拝堂をこの目で見たい!」という
パリ好き姉妹の長年の夢。
彼女らは田窪氏の著書もしっかり読んで
完璧な予習をして来ていました。





アマゾンから注文できます。





*『林檎の礼拝堂』写真掲載は、
田窪夫人の許可を得ております。
田窪様、特別なおはからいをありがとうございました。






*****


角野恵子の共著書、翻訳本、よろしければ手にとってご覧くださいませ。








角野恵子、こんな仕事もしています。→こちら
取材、コーディネート、旅のお手伝い、ご質問etc コンタクトはこちらからどうぞ。→こちら








by keikosuminoleb | 2017-05-31 19:04 | 旅のお役立ち情報・治安 | Comments(2)
a0231632_16192725.jpg


「すみのさん! 今年の最優秀バゲットは13区のお店ですよ!」

ゴールデンウイーク中パリに来ている
日本の友人からメッセージが入り、
早速直行。
(いつもながら、
日本の面々は本当に情報通!)
目指すはトルビアック通りの
ブラン・ブーランジュリー。


我が地元、パリ13区の店と聞いたら
モチベーションも100倍です!
18時頃到着すると、この通り、
お約束の長蛇の列。
並んでいるのは近所の人たちだけではく
英語も聞こえてきました。

a0231632_16200504.jpg



このお店、私ももちろん知っていましたが、
これまで買い物をしたことはありませんでした。
立派な店構えで、
かなりしっかり頑張っているオーラが漂い、
庶民派の13区らしくない気が・・・
(我ながら、本当に身勝手なものです)




並んで待つこと約10分?
もっとかな?
だんだん近づいてきました〜

a0231632_16202654.jpg


パティスリーの品揃えが
かなり充実しています。



大きなトロペジエンヌ、うまそう!
一切れにカットしたのがあったら
是非買いたい!!
(残念ながらありませんでした。次回、
もう少しすいている時に、お店の人に聞いてみようと思います)


a0231632_16220286.jpg



やっと店内に〜〜〜


a0231632_16222695.jpg



ババオラムがありますね!

a0231632_16225459.jpg



レモンタルト、メレンゲありとメレンゲなし。
絶対美味しいはず!
これも次回必ず!!

a0231632_16231815.jpg



私「パリ最優秀バゲットを1つください〜」
お店の方「トラディションですね」



a0231632_16234191.jpg

そうか、La Meilleure baguette de Parisコンクールは
バゲットトラディションのコンクールなのですね。
(注:バゲットは、一般的な『バゲット』と
こだわりの粉と製法で作る『トラディション』の
2種類があります)




パティスリーもいろいろ買いたかったですが、
すべて次回のお楽しみに。
何せ今は並びすぎです・・・(私的には)






a0231632_16240580.jpg

ちなみに、毎年5月に開催される
パリ最優秀バゲットコンクールは、以下5つの視点で
バゲットを評価するそうですよ:

1焼き上がり
2全体の味わい
3中身(白い部分)
4全体の見た目
5すだち(カットした時の中身の気泡)


a0231632_16242591.jpg


Brun Boulangerie Pâtisserie
193, rue Tolbiac
75013 Paris

営業時間:7時〜20時
定休日:火・水曜日




実はこのブラン・ブーランジュリー、
2015年には同コンクールで2位に輝き、
昨年2016年は8位だったのだそう。
2年連続でトップ10にランクインし、
2017年の今年、晴れてナンバーワンに輝いたというのですから
ものすごい粘りです!



そして、面白いことに
バゲットコンクールの上位につけるのは
圧倒的にパリ左岸が多い、と。
しかも、パリ13区からは3店舗もトップ10入りしています。
以下、le figaro.fr の抜粋です。

1. BOUATTOUR Sami, Boulangerie Brun - 193, rue de Tolbiac (13区).

2. MANSOUR Khemoussi, Aux Délices de Glacière - 90, boulevard Auguste Blanqui (13区).

3. LAHAYE Tanguy, Boulangerie du Pain - 20, Boulevard des Filles du Calvaire (11区).

4. CHERRIER Gontran, Boulangerie Gontran Cherrier - 22, rue de Caulaincourt (18区).

5. LAKOUM Abdallah, Boulangerie Bichon - 2, rue Cail (10区).

6. LEVASLOT Gilles, Les Gourmandises d'Eiffel - 187, rue de Grenelle (7区).

7. M'SEDDI Mahmoud, Boulangerie 2M - 215, boulevard Raspail (14区).

8. SYLLA Ismaël, Le Grenier à Pain - 52, avenue d'Italie (13区).

9. CASENOVE Swan, Boulangerie Tembely - 33, rue Myrha (18区).

10. BEATRIX Hubert, Maison Hubert Trévisse - 6, rue de Trévise (9区).




13区、ちっとも有名じゃないし、人気もないエリアなのに
味に関する仕事はいいもの沢山持っているようです。
かのフロマジュリー『キャトルオム』も
パティスリー『ローラン・デュシェーヌ』も13区。
どちらもMOF(フランス最優秀職人)です。

*ローラン・デュシェーヌはこんなお店です⇨こちら!




わたくし、昨年夏に引っ越してきてからの
にわか住人ですが、
13区の面白さをもっともっと宣伝したいと思うのでした。
こんなにいろんな顔を持つエリアだとは
知りませんでした!






【お知らせ】
美味しいものとパリが大好きなみなさま!

「一週間だけパリジェンヌ♪」のためのガイドブック
『パリでうちごはん そしておいしいおみやげ』
ぜひ手にとってご覧くださいませ。

ビストロでメニューを注文するには?
マルシェでの買い物は??
暮らすように旅するアドバイスがぎっしり!
料理家・重信初江先生によるパリ旅レシピと、
オススメのお土産リストも必見です!









*****

角野恵子、こんな仕事をしています。→こちら
取材、コーディネート、旅のお手伝い、ご質問etc コンタクトはこちらからどうぞ。→こちら






by keikosuminoleb | 2017-05-07 18:08 | FOOD | Comments(2)