keiko's paris journal <パリ通信 - KLS> keikoparis.exblog.jp

パリ在住19年ライター&コーディネーター角野恵子目線のパリ情報です。Keiko SUMINO-LEBLANC, journaliste japonaise, FOOD et Life Style.


by KSL
プロフィールを見る

<   2017年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

a0231632_21443874.jpg


誰もがタイトルを知っているベストセラー本
『フランス人は10着しか服を持たない』

2014年10月に発売されてから2年も経った
去年、2016年秋に、
日本の友達にお願いしてお土産にもらい、読みました。


パリ関連の本は、
もうずっと前(20代の頃)からそう感じていたのですが
なかなか共感できるものに出会えません。
「この人のパリの本なら、ぜひ欲しい!」
と思って買った本に
「・・・あれ? パリってこんなんだっけ・・・?」
と、なんど思ったことか。


とかなんとか言いながら、当時の私(20代の頃)が
どれだけパリを知っていたかというと、
これがまるで初心者。
たった1度、1週間パリ旅行をしただけで、
第一それ以前は
この街の芸術にも、ファッションにも、
食べ物にも憧れていませんでした。
何も知らないも同然です。



パリのことをろくに知らない私が、
たった1度だけ旅行をし、
魅了され、
日本で感じられるパリを探して・・・

そんな時、本はとてもいいツールだと思うのです。

が、これがフィットしない。
楽しみに読めば読むほど「なんか違う」と・・・




で、気づいたのです。
「きっと、その人の数だけ、パリがあるんだ」
と。

パリは世界に1つですが、
そのパリを歩いて、見て、体験した人の数だけ
パリはあるんだと思いました。
(そういう都市も、珍しいかもしれません)
だから、共感できるという確信のある著者の本を読んでも
いまいち、私自身のパリとは違っていて
欲求不満が残ったのだと思います。

そんなわけで、パリに関する本を
あまり読まなくなっていました。



『フランス人は10着しか服を持たない』においては、
タイトルからして私は引きました。

「そんなわけないじゃん」
と、即座に思うからです。

また、
「こう言うキャッチーなことを言うから受けるんだよね」
とも、瞬時に思ってしまう。



いわゆる「ひがみ」なんですけど
それを差し引いても手が伸びず・・・

私の友人や先輩たちからは
「パリ本のベストセラーなんだから、同業者として一度読んでおいたほうがいいよ」
とアドバイスもされましたが・・・


そして2年も経ってようやく読んで、
読み終わった感想は
「面白い!」
です!!!


なぜ面白かったかというと、
パリとか、10着とかとは関係のない
もっとずっと普遍的なことを言っている本だから。

正直、最初の数ページで展開される
ステレオタイプな描写には共感できませんでした。
が、ページが進めば進むほどステレオタイプから離れ、
キャッチーなハウツー(ワードローブを10着に絞りましょう!とか)もなくなり、
「確かにそうだわ!」
と、共感。
彼女の提案に「そうだね、これからはそうしてみよう!」
と学びもするようになっていたのです。




ざっと1度だけ読んでみての感想ですが、
そんな風に感じました。
そしてまた、
さすが、アメリカで本を出すような人は
ちゃんと勉強しているし、実力もあるわと。

読み始めるまえは「ブロガーがたまたまヒットして」というようことを
聞いていたのですが、
子供の頃からショービズの世界で仕事をし、
大学では演劇(映画だったかな?)を学び、
その後クリエティブコースで文筆も勉強している
努力と実力の人でした。
ジェニファー・L・スコットさん!

また読み返してみようかな〜






 ←Amazonから購入








*****


角野恵子の共著書、翻訳本、よろしければ手にとってご覧くださいませ。








角野恵子、こんな仕事もしています。→こちら
取材、コーディネート、旅のお手伝い、ご質問etc コンタクトはこちらからどうぞ。→こちら








by keikosuminoleb | 2017-03-11 21:45 | 読書 | Comments(0)
a0231632_17531741.jpg


La Nouvelle Seine ラ・ヌーヴェルセーヌという
セーヌ川に浮かぶ船のレストラン兼劇場(ミニシアター)へ。
フード系イベントに絡めた
朝食会が開催され、見に行きました。


セーヌ川に浮かぶ船、といえば
90年代にセンセーショナルを巻き起こした
ナイトクラブ batofar バトファから始まって
最近ではhotel OFF オフなど
かなり色々な施設(?)があります。


しかも、昨年秋からは
セーヌ川沿いの車道の一部が完全閉鎖され、
岸辺の環境がクリーンアップ!
川に沿った石畳に、広くテラスを展開する
船上レストランも目立つようになりました。

これからゴールデンウイークに向けて
日が長く、新緑も豊かになるので
セーヌ川の船施設がますます魅力的になります。
近いうちに調査し
まとめたいと思っています!



で、まず手始めに La Nouvelle Seine ラ・ヌーヴェルセーヌ !



場所は、ノートルダム寺院のすぐ脇。
左岸側です。

a0231632_17522526.jpg



この日はあいにくの雨でしたが、
それがかえってしっとりとした良い風情。

a0231632_17515282.jpg




1階(というのかな?)部分がカフェ・レストラン
地下部分がミニシアターになっていて・・・

a0231632_17525160.jpg
写真右奥の階段を降りると・・・






いわゆる「カフェカフェテアトル」
のムード。

a0231632_17543898.jpg



小さいながらも雰囲気バッチリの
立派なシアターが!


a0231632_17540539.jpg

写真が良くないので、ぜひサイトを御覧ください⇨ La Nouvelle Seine





演目のフライヤーたち。


a0231632_17534502.jpg




船ですから、時々何となく揺れ、
それがちょっと非日常。
パリの魅力を別の角度から味わい、楽しむ、
そんな魅力があります。


a0231632_17555179.jpg



La Nouvelle Seine
3 Quai de Montebello
75005 Paris
tel: 01 43 54 08 08


毎週日曜12時〜のブランチ、
日本から遊びに来る友達と行ってみたいな〜〜




a0231632_17562446.jpg

それにしても、これぞまさに絵画の世界!!

セーヌ川岸全体が
世界遺産とのことですが、
それも確かに納得です。

a0231632_17570768.jpg



a0231632_17573542.jpg



小雨の舞うパリもまたよし、でした。









* * * * * * *

角野恵子、こんな仕事をしています。→こちら
取材、コーディネート、旅のお手伝い、ご質問etc コンタクトはこちらからどうぞ。→こちら


応援クリックお願いします → にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ




                                                what's new in paris ? → a0231632_18374182.jpg      
   

                                                    my daily life → a0231632_1838120.png

by keikosuminoleb | 2017-03-08 17:14 | 旅のお役立ち情報・治安 | Comments(0)
a0231632_05034221.jpg




パリ植物園のすぐそばにある
韓国料理の店 La Table d'Hami ラ・ターブル・ダミ。

韓国人のハミさんが料理をし、
フランス人の夫と息子さん(超美形!)がサーヴをする
とても家庭的なレストランです。

パリ植物園を散歩するたびに
いつか食事をしたいと思いながら、
先日ようやくランチに行くことができました。


前菜+ビビンバのランチ
Zenメニュー17ユーロから・・・

前菜はジャプチェをチョイス。

a0231632_05041273.jpg

さつまいもが原料の麺。
ちょっと糸こんにゃくのよう。
私は本当に韓国料理を知らないなあと・・・




メインは、タコのビビンバ。
ラ・ターブル・ダミの
スペシャリティー!

a0231632_05043539.jpg

みずみずしい野菜がたっぷり!
紫色の五穀米はモッチモチ!!
ハイトビールもすっきり爽やかで
本当にヘルシーなランチでした。
分量もちょうど良い。



ハミさんの夫と話をして、
彼がこれまでフランス大使館に勤務していたこと、
そのせいでお二人は韓国はもちろん
タイ、アメリカ、カナダにも暮らしていたこと、
レストランを始めたのはパリに戻ってきてからで
ラ・ターブル・ダミは
オープンしてまだ1年半くらいだということなど
教えてもらいました。
それから
「ホックニーの世界観というのかな、
モダンで明るい色を使ったこういう内装が
今のソウルなんですよ」
とも。
内装の写真を撮り忘れたのが
返す返す悔しい!!
また行きます。



ちなみに、
レストラン経験ゼロのハミさんでしたが
お母様がお店をやっていて、
小さい頃の思い出の中にその記憶があるそうです。


ちょっと話が脱線しますが、先日、
お蕎麦やさん『更』(*こちら!)店主の北田さんとお話しをしたらば、
最近はファッションウイークのパリに集まるモード界の面々に
韓国料理が人気だと教えてくれました。
ヘルシーで、小さい小鉢がいろいろ付いて
お値段も手頃、というのが理由だそうです。
ラ・ターブル・ダミは、それに加えて
ハミさんが丁寧に作る家庭料理、というところもポイント!




グランド・モスケ・ド・パリ(*こちら!)のお向かい、
パリ植物園(*こちら!!)のすぐお隣。
とってもなごやかな空気のながれる
いいお店です。
それに値段も手頃です〜〜〜!!



 La Table d'Hami 
5, rue Daubenton
75005 Paris
電話:01 45 35 04 26
営業時間:12h00 à 15h00, 19h30 à 22h30
定休日:日曜







【お知らせ】
「一週間だけパリジェンヌ♪」のためのガイドブック
『パリでうちごはん そしておいしいおみやげ』

ビストロでメニューを注文するには?
マルシェでの買い物は??
暮らすように旅するアドバイスがぎっしり!
料理家・重信初江先生によるパリ旅レシピと、
オススメのお土産リストも必見です!









『パリでうちごはん そしておいしいおみやげ』共著者の
重信初江先生のベストセラー
『いま・すぐ・食べたい! 韓国ごはん』


  ←amazonからお取り寄せ



あまりの人気に、続編が出版されました!
楽天ブックスからお取り寄せできます。
↓ ↓ ↓
新いま・すぐ・食べたい!韓国ごはん ビビンバからチゲ、デザートまで



*****

角野恵子、こんな仕事をしています。→こちら
取材、コーディネート、旅のお手伝い、ご質問etc コンタクトはこちらからどうぞ。→こちら






by keikosuminoleb | 2017-03-02 18:21 | FOOD | Comments(4)