keiko's paris journal <パリ通信 - KLS> keikoparis.exblog.jp

パリ在住20年ライター&コーディネーター角野恵子目線のパリ情報です。Keiko SUMINO-LEBLANC, journaliste japonaise, FOOD et Life Style.


by KSL
プロフィールを見る

<   2016年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

a0231632_20194504.jpg

2016219日、

日本酒の『獺祭』と

フランス産のフォアグラを合わせるイベントに

ご招待いただきました。



場所は、Château de Courban & Spa Nuxe

ブルゴーニュ地方の田舎町にある、

感じの良い4つ星シャトーホテルです。

シェフは、木下隆志さん。

日本人!





だだっ広〜〜〜〜〜い耕作地の続く

フランスらしい風景の中をひたすら進み

(最寄り駅から車で約45分)

ようやくたどり着く石造りの小さな村・・・

そこに日本人シェフがいるなんて!

誰が想像するでしょう。

「フォアグラと日本酒のマリアージュ

という実験的な挑戦は、

日本酒に詳しい料理人にお願いするべきだ

と思っていました」

と、今回のイベントを企画したグループ

『セッチエム・グ』のジャン・デュソソワさん。

*HP Septième Goût



しかも、フォアグラという伝統的なフランス食材を

熟知している料理人でなくてはなりません。




木下シェフは、ディジョンや南仏の

星付きレストラン厨房に加え、

エリゼ宮の宮廷料理までも担当した

経験豊富な料理人。



伝統フランス料理の頂点と、

日本酒。

そのどちらも心得た料理人、ということで

木下シェフにぜひ! と話が進んだそうです。





さて、フォアグラは木下シェフが調理してくださるとして、

それに合わせる日本酒は?



日本で、そしてパリでも大人気の 『獺祭』から、

獺祭 EU50

獺祭 磨き 二割三分

獺祭 磨き その先へ




獺祭EU50は、フランスの酒税を意識し、

アルコール度数14度で作った特別な日本酒。

(詳しくは、

酒食ジャーナリスト・地域食ブランドアドバイザーであり

厳選日本酒手帖 知ればもっとおいしい!食通の常識著者の

山本洋子さんのブログ こちらを)





ジェトロの2011年資料によると、

アルコール度数15度未満の醸造酒(つまりワイン)には

100ℓにつき3.55ユーロの酒税がかかり、

15度〜22度未満になると、

233.51ユーロの酒税がかかることがわかります。

14度と15度、1度の差で

いきなり約70倍!

この70倍が、消費者の負担になるわけで・・・




「ワインの国フランスは、こうやって

自国の文化・産業を保護しているんですね」

と聞いたことがありますが・・・





さて、この3種類の『獺祭』を

4つのフォアグラ料理と合わせる。

これが今回、木下シェフに課されたミッション!







以下、

木下隆志シェフが披露した

フォアグラと『獺祭』の4つのマリアージュを、

順を追ってご紹介します。





a0231632_20010257.jpg

1皿目

獺祭 EU50 冷酒(810度)

鴨のフォアグラのフイユテ

クンバワ(コブミカン)のムース添え


バターではなく、フォアグラで層にした

フイユテ(パイ生地)!

フォアグラの香りとクンバワのムースが合います。

フルーティで軽い飲み口の獺祭EU50は、アペリチフにぴったり。









a0231632_20034797.jpg

2皿目

獺祭 EU50 ひなた燗(3035度)

小鴨と鰹節のコンソメと鴨のフォアグラのポシェ

ブルドールカブと揚げ餅のイルフロッタント


まるで懐石料理・・・

研ぎ澄まされた旨味成分が、器の中に凝縮。

温度を上げ、主張を増した獺祭EU50との調和・・・

・・・申し訳ないけど、白いご飯が欲しい!









a0231632_20120859.jpg

3皿目

獺祭 磨き 二割三分 冷酒(810度)

梨のグラニテとグレープフルーツ

桜の花のメレンゲ、ガチョウのフォアグラ添え


仕切り直しのシャーベット。

冷凍したフォアグラを、シャーベットの上に削る一品です。

シャーベットの冷たさで舌が麻痺しつつも

(ちょっともったいなかった)、

獺祭磨き二割三分の深みのある爽やかさを

楽しませていただきました。







a0231632_20141022.jpg

4皿目

獺祭 磨き その先へ 冷酒(1015度)

ビーツと日本酒でマリネしたガチョウのフォアグラのグリル

ビーツサラダ、ビーツのチュイル



誰もが絶賛した一皿!

とろりとレアなフォアグラには

ほんのり獺祭の風味・・・

隠し味の八角は、気づかないほどの微妙なところで

絶妙に塩梅されています。





「試作のために獺祭を試飲しながら、

フォアグラとの共通点は、

澄んだピュアな味わいにある、と気づきました」





という、木下シェフの言葉通り、

その双方の魅力が引き出された

見事なマリアージュ。

堪能いたしました!!


この後、私たちは

木下シェフによるディナーもご馳走になったのでした。





この日、フランス人ジャーナリストたちを前に

フランス語で堂々と料理の説明をし、

自分の意図したところを解説した、木下シェフ。

フランスで活躍する日本人シェフの

次世代を見た気がします。





厨房チームには

日本人料理人たちの姿!



a0231632_19585703.jpg
左が長谷川佐恵シェフパティシエール

その隣が木下隆志シェフ
みなさん若く、知的ないい顔です!!



リヨンやオーベルニュの2つ星、3つ星で活躍する

日本人料理人が、

木下シェフの元に集まったという。

(厨房はフランス人と日本人が4:6、

ホールは全員フランス人)




シェフパティシエールの長谷川佐恵さんは、

ご自分でパンも作っていて、

これがなんとも・・・

癒されるような、心にしみるお味でした。

フランス人ジャーナリストも絶賛!

(翌日、シャス・ア・クールの

ピクニックで出してもらった

長谷川佐恵シェフパティシエールの作・洋梨のタルトも、

恐るべき好評ぶり。

包んで持ち帰る人もいたほど!!

ああいうシンプルな焼き菓子が、目が飛び出るほど美味しい・・・

素晴らしいです。

やっぱり癒しの味、です)








13歳で料理人を志し、

中学校に通学しながら早朝の時間帯に修行を始め、

親の反対を押し切って進んだ調理学校は首席で卒業。

日本でプロのキャリアをスタートし、

21歳に渡仏した木下隆志シェフ。

13歳の若さで自分の仕事がわかっていたことも、

21歳の若さで渡仏の準備ができていたことも、

驚きの事実です。

現在36歳。


本当に次世代、いや、世代交代です!!



a0231632_05481751.jpg





このイベントで知り合ったジャーナリストたちも

確実に世代交代していました。




例えば、私がよく知っていた

ゴーミーヨ編集長に育てられた、という

30代の若手が、

ワイン専門誌を代表してイベントに参加するのです。

今まではこういうお集まりに行くと

料理でもワインでも、専門家は皆、年上ばかりでした。

が、完全にひっくり返っていると実感。



帰りの電車の中で、みなさん口をそろえて言っていました。



「フォアグラはクリスマスの定番で

フォアグラといえばソーテルヌだったけれど、

日本酒を合わせるのは全然悪くないね。

ソーテルヌを合わせるよりずっと軽く爽やかになるし、

重たいクリスマス料理に新しさが加わって

いいんじゃない?」






今年のクリスマスは、フォアグラ&日本酒で決まり! 017.gif



a0231632_20153043.jpg


フランス人の面々にそう思わせたのも、

木下シェフの手柄というものです。

本当にブラボー。

シャトー・ド・クールバンは

パリからはちと遠いですが、

日本から親戚や友達が来たら

1泊旅行で連れて行来たいものです。

観光名所だけじゃない、本当のフランスの魅力を

見て、感じることができます。





7, rue du Lavoir
21520 Courban
France
tel. +33 3 80 93 78 69
contact@chateauducourban.com


別の機会に、今回の会場となった

シャトー・ド・クールバンの

お部屋写真をアップします・・・ 分けないと、長くなりすぎてしまう。








ところで・・・

パリは日本酒ブーム!

日本全国の日本酒を集めた

サロン・デュ・ショコラならぬサロン・デュ・サケ

なども開催され、大盛況です。

とはいえ、

ボリュームゾーンでは今も

中華料理の食後に出される強い蒸留酒のことを

サケ、と思っているフランス人がほとんどなのだそう。

本当のサケ、日本酒は、ワインと同じ醸造酒で

アルコール度数も高くない、ということから

知ってもらわねばならないようです。





それを知る最初の一杯が『獺祭』なら

最高ですよね!

・・・『獺祭』が普通に、一升瓶で買える

日本が羨ましいです。



試飲したフランス人の、すべてを虜にする!
『獺祭ストア』ショップリストはこちら→HP






ちなみに、シャトー・ド・クールバンのお客様に、

日本酒をリクエストするゲストはまだないそうですが、

ジャパニーズウイスキーのリクエストはあるとのこと。

日本酒も、日本ワインも、

ジャパニーズウイスキーをフランスに広めた

ニッカの努力にならい、草の根活動&広告を、ということですね。

生産量の少ない日本ワインは難しいかー・・・





*シャトー・ド・クールバンのお部屋の様子は、こちら! です。

*この日の翌日体験した、
もっとも古く、もっともノーブルな狩猟
『シャス・ア・クール』は、こちら






追記:
2016年3月2日付の
「旭酒造株式会社 蔵元日記」こちら によりますと、
ネットで販売されている『獺祭』に膨大なプレミア価格が上乗せされているとのこと。
蔵元の希望小売価格の2倍にもなるそうです。

このブログにリンクを貼る際は、
製造販売元にも、それを購入される方々にも
(つまり、このブログを読んでくださる皆さんにとって)
有益な情報のみに絞らねば、と
決心を新たにした次第です。




* * * * * * *

                                                what's new in paris ? パリニュースは → a0231632_18374182.jpg      
   

                                                    my daily life  日々のイメージは→ a0231632_1838120.png

by keikosuminoleb | 2016-02-28 06:26 | パリで日本酒 | Comments(12)

a0231632_00254697.jpg

Chasseà Courre (シャス・ア・クール)、

または

Vénerie(ヴェヌリ)と呼ばれる狩猟を、

生まれて初めて見せてもらいました。




見た、と言っても、そのスタートに立ち会ったのみで、

一部始終を目撃したわけではありません。

が、かなり、ドラマティックなシーン!

同時に、いろいろ考えることにもなった

体験でした。



*以下の動画は、こちらをクリック→ instagram Keiko Sumino Leblanc

a0231632_00281976.png

シャス・ア・クールは、最も古い狩猟のスタイルで

同時に、最もノーブルな狩猟と言われているのだそう。




なぜノーブルかというと、銃を使わないから。





伝統の装束に身を包んだ騎馬の人々が、

何十匹という犬を引き連れ、森に入ります。


犬たちは、自らの嗅覚と野生的直感だけで獲物を見つけ、

走りに走って追い詰めて行く。

追い詰められた動物が力尽きた時、狩猟が完結する。


人間の役割は、犬たちに的確な指示を与えること、

そして、

力尽きた動物に、最後の一撃を加えること。






騎馬の人々の装束をよく見ると

腰に矢をつけた人がいて、

この矢で、一思いに心臓を突く、・・・。







・・・なんだか・・・

動物の立場になりたくないですね。







しかし、このスポーツ(?)に情熱を燃やしている

当人たちの話を聞くと、

これが単なる残酷な遊びには思えなくなります。




なんでも、動物を射止めること以上に、

犬や馬の感覚を共有し、自然を肌で感じられることが

素晴らしい、と。




しかも、国家の定めたルールにのっとって

一年の決められた期間だけ森に入り(9月から3月まで)、

狩猟が可能な動物の種類と数も

忠実に守るのだとか。




「何かに隠れて動物を銃で撃ち殺すなんて

私には考えられない。

(残酷、卑怯・・・というニュアンスあり)


お腹に子供のいる鹿だっているのに」



と、話していました。




また、



「狙った獲物だけを捉えるシャス・ア・クールには

生か、死か、どちらかしかない」


とも。




銃で撃つハンティングは、正確に撃ち殺せなかった場合、

動物たちは傷つき苦しみながら

2日も3日も森を走り回るそうで・・・








この日、私たちを案内してくれたファミリーは、

猟犬をなんと160匹も所有していると!!


猟犬たちの横腹にはそろいのイニシャルが印してあり、

これはハサミ(バリカンだと思います)を使い

手入れをしているのだとか。

焼印ではありません。

このイニシャルのために

2週間に1度のメンテナンスが必要だそうです。




また、猟犬たちは、牡鹿、イノシシなど、

決められた動物だけを追うように訓練されているそう。

さもないと、何十匹という猟犬が森をかけているうちに

まとまりがなくなってしまいます。




そして当然ながら、一年のうちのシーズン外も

この160匹は生きていて、

いい状態でスタンバイしている必要があるわけです。

そのために、もちろんですが、

犬の世話を専門とするプロのグループが、

代々通年で雇われているとのこと。

私から見ると、どれも同じ顔の犬たちを、

彼らは1匹1匹、名前で呼んでいましたよ!!




犬種は、ポワトヴァンというフランスの猟犬。

* ポワトヴァン

他にも幾つか、

シャス・ア・クールに適した犬種があるようです。







それにしても、

これだけの代償(手間とお金)を払ってでも

シャス・ア・クールをやる。




加えるなら、

伝統の装束はかっこいいですが

防寒には優れておらず、また暑いときでも同じ衣装なので

実用的ではありません。

が、伝統のスタイルを守る。






こうなるともう、私になどにはくちばしを挟む余地もありません。

恐れ入りました・・・! 




かくしてこの2016220日(土)、

彼らは

勇ましいファンファーレとともに森へと向かったのでした。

*上の動画をご覧ください!

この日の猟犬の数は約60匹!







このファンファーレも

シャス・ア・クールに欠かせない伝統の儀式。



最初にグループのチーフが

この日仕留めるべき獲物を宣言し(若い牡鹿!)、

続いて騎馬の人と犬の調教人が

トロンプ・ド・シャスという 

狩猟用ホルンで音楽を合奏。

トロンプ・ド・シャス




この演奏の間、調教人は犬たちに向かって

「後ろで待機!」と繰り返していましたが、

犬たちはもう、気持ちが盛り上がって

たまらない様子。


a0231632_00484233.jpg
首からたすき掛けにしている
細いものが、狩猟用ホルン。




以上、長々と書きましたが、

本当にまあ、

フランスには深い伝統文化があったものです。




そして、こういった伝統に

膨大な情熱とお金注ぎ込む層が

実在するのですね。





ちなみに、このシャス・ア・クール、

1995年以降ドイツとベルギーで、

2005年以降イギリスで、

禁止されています。(wikiによると)








「金持ちが、こんな残酷な遊びをして」



と、私には言えません。

私は肉を食べませんが、

革靴も履くし、革のバッグも使います。

革は、動物由来のものです。




それに



「日本だって、イルカを追い込んで棒で殴り殺す漁を

やっているでしょう?」



という意見もすぐに、思い浮かぶので。



同時に、

近年、私の地元山梨県で話題に上る

野生の鹿による自然への害のことも思い出します。

鹿を保護した結果、増えすぎている、と。





いろんな要因が絡み合い・・・

シャス・ア・クールだけを責める気にはなれません。



が、追い込まれた挙句、

最後に水に飛び込んだ立派な雄鹿の写真など見ると

(大抵、水の中がラストシーンになるそう)

「ああーーーー・・・」 002.gif と思ってしまいますよ・・・









そんな写真を見ていたら(小屋のあちこちに飾ってありました)

「そういえば、ルーブル美術館などで

この場面を描いた油絵を見たことがあるな」

と。

あと、映画『美女と野獣』でも、シャス・ア・クールは

主要なテーマの一つ。

黄金の鹿を狙っていましたね。







というわけで、いろいろ考えるきっかけとなった

シャス・ア・クール。


シャトーホテル 

『シャトー・ド・クールバン』の計らいで

体験させていただきました。

シャトー・ド・クールバン& SPA NUXE



a0231632_00431438.jpg




シャンパーニュを南下し

ブルゴーニュに入る、その入り口にある

小さな石造りの村、クールバン。



森と湿地帯に恵まれた、

代々狩猟の盛んな地域なのだそうです。

ディジョンからだと、北へ約90㎞(車で約1時間半)。




日本からのゲストには、ちょっと不便ですが、

チャーミングなフランスの田舎に佇む

こじんまりとしたシャトーは、

フランス人にはもちろん、

ベルギー人やドイツ人からも人気なのだそう。

NYからわざわざ、狩猟目的でやってくる常連もいるとか。






a0231632_00543849.jpg

私はここの猫と犬が好きでした。



猫の名前はなんと、マドモワゼル・寿司!

暖炉の前のソファーに座り

マドモワゼル・寿司の背中をなでれば

「ここは我が家053.gif」の気分。



a0231632_00562679.jpg
a0231632_00590640.jpg





次回、『シャトー・ド・クールバン』の

木下隆志シェフと

長谷川佐恵シェフパティシエールのこと、

&

日本酒『獺祭』とのコラボイベントのことを書きます。

→ 書きました!! こちら!!



HP → シャトー・ド・クールバン& SPA NUXE

FB → chateau de Courban & Spa Nuxe


7, Rue du Lavoir
21520 Courban
France
te. +33 3 80 93 78 69



*シャトー・ド・クールバン、お部屋の様子は→ こちら!です。





* 海外旅行のwifi、調べました。
フランス1日970円 
サイトから簡単に見積もりができます→ 海外旅行レンタルwifi 楽天トラベルグローバルwifi
イモトのwifiより10円お得。













【お知らせ】
以下、すみのけいこの共著も合わせて
ご覧いただけますと幸いです。













by keikosuminoleb | 2016-02-22 01:02 | フランスの田舎 / 南仏 | Comments(2)

a0231632_04444643.jpg

パリ郊外の街

ル・ヴェジネにあるパン屋さんル・ポミエは、

フランス人パティシエのデヴィさんと、

奥様のふさえさんが

二人で切り盛りする小さなお店です。

ここ、ル・ポミエの新作

抹茶チョコレートが・・・



たまりません 053.gif




「ホワイトチョコは嫌い」と言っていた

あの人に食べさせたい!



なぜなら、

ホワイトチョコレート嫌いの人は、

ブラックチョコレートに含まれる

カカオのタンニンが好き。

それを取り除いてつくられるホワイトチョコレートの

油っぽくもたっとした味が嫌い、

だと思うのです。



ところが、

ル・ポミエの抹茶チョコレートは、

ホワイトチョコレートベースではあるものの

本物の抹茶を使っているので

抹茶のタンニンが IN! されている!!



クロロフィルではなく、本物の日本の抹茶。

重要です 049.gif




またもし、これが

ミルクチョコレートや

ブラックチョコレートベースだったら、

強烈なカカオの風味が勝ってしまい、

こうまでは抹茶を堪能できないはず。




つまり、

抹茶チョコレートは

ル・ポミエ版がベスト!

私はそう思いますよ 006.gif




ひとかけら、口の中に放り込み、

舌の上でゆっくりと溶かしてゆく・・・

練乳に似たホワイトチョコレートのまろやかさと

ほのかな渋みを含んだ抹茶の風味が

口全体、脳全体に広がり・・・


し・あ・わ・せ 053.gif






さて、ル・ポミエは、

このブログに何度か登場しています。


* 2015年ガレットデロワ

* 2014年ビュッシュドノエル





抹茶のビュッシュドノエルや

抹茶ガレットデロワ、

ゆず風味のチーズケーキなど

いろんな和のフレーバーを店頭に並べる

日仏パン屋さん、ル・ポミエ。

もちろん、フランス伝統のフランや

キッシュなども美味しいです。





ちょっと一口メモとして、

抹茶やゆずは

パリ市内でこそメジャーですが、

パリ郊外や地方の一般の人たちには

まだまだ馴染みのない食材。




それでも、ル・ポミエは

自分たちのアイデンティティーである

「日仏カラー」を大切に、日々、具体的に

前進している 049.gif



その姿に、励まされるというか、

感動するというか・・・



そんなル・ポミエの地道な努力が

地元の人たちに通じ、

最近ではメロンパンやあんぱん、

どら焼きなどを買いに来る

子供や大人が多いのだそうですよ。

(しつこいですが、日本に特に興味を持たない

一般のフランス人が、です)



a0231632_04481477.jpg

先週末、2月1314日の土日は、

ル・ヴェジネの映画館で

日本映画『あん』が上演されました。



あんことどら焼きがメインモチーフになっている

この映画を、

ふさえさんは

一足先にシャンゼリゼの映画館で鑑賞したそうです。



「豆が甘いって、どういうこと?」

「クリームみたいなものかな??」



ひそひそ声で話すフランス人たちに、

百聞は一見にしかず、

うちのどら焼きを食べさせたい!! と・笑



早速、ご主人ダヴィさんに

ル・ヴェジネの映画館へ

どら焼きを持って行かせたところ、

すぐに映画上映+ル・ポミエのどら焼き販売が

イベントとして決まったそうです。



イベントは大成功!

普段、観客の少ないル・ヴェジネの映画館は

なんと満員御礼。

(職員の方もびっくりして「こんなの初めて!」とSMS送りまくっていたとか)

どら焼きも、

上映前に買って、

帰る前にまた買って、という人がほとんどで、

必死に追加で作ったものの

あっという間に売り切れ 066.gif





具体的に形のあるものづくりを

仕事にしている人は

素敵ですよね。



しかもそれを食べて、幸せになる人が沢山いる。



私にとって、

ル・ポミエのあんぱんは

癒しのためのくすりです・笑


抹茶チョコレートは、

もー、

寝起きに食べてもすんなり美味!




ちなみに、ル・ヴェジネの人は

抹茶チョコレートとどら焼きを

セットで求めるようです 053.gif







a0231632_04514977.jpg

Boulangerie Pâtisserie Le Pommier

41, boulevard Carnot

Le Vésinet, France

tel. 01 39 76 01 25

定休日:土曜日








今回は、長かったですね・・・










【お知らせ】
パリのインテリア本や、
ラデュレのダイアリー翻訳、
暮らすように過ごす旅レシピ本など。
すみのけいこの共著、手にとっていただけると嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓







by keikosuminoleb | 2016-02-19 05:00 | パリで抹茶 | Comments(6)
072.gif Dans la matinée du 4 Mai 2016,
J'organise la visite de l'atelier de l'Artiste Chocolatier Patrick Roger à Sceaux
en collaboration avec Paris Rendez-Vous.
tarif : 90 euros/personne
(transport depuis paris et mini pique-nique sont inclus)
Merci de contacter par ICI pour les questions et l'inscription.

a0231632_03515113.jpg


2016年ゴールデンウイーク

人気ショコラティエ『パトリック・ロジェ』
アトリエ訪問ツアー

日程: 2016年5月4日(水) 約4時間
料金: 90ユーロ(1人) *参加者6名から履行
定員: 7名
お支払い方法: 当日ピックアップ時に、現金または小切手にて全額をお支払いください。

*お申し込みのさいは、以下の情報をお教えくださいませ:

①お名前(フルネーム)

②飛行機便名、日本の出発日、パリからの帰国日 ←旅行日程

③ホテル住所

④携帯電話番号

フランス在住の方は、②③は不要です。

フランスの携帯番号のみお教えください。

a0231632_05273331.png


キャンセリングポリシー

ツアー1週間前から2日前までのキャンセル  ツアー料金の30%

ツアー前日のキャンセル − ツアー料金の50%

ツアー当日のキャンセル  ツアー料金の100%

ツアー当日の無連絡不参加  ツアー料金の100% 

*4月26日までのキャンセルは無料です


a0231632_03533429.jpg



パリ郊外の高級住宅街・ソーの街にある
『パトリック・ロジェ』アトリエと、
ソーのマルシェソー公園を堪能する半日ツアーです。



a0231632_03550232.jpg



まずは、
アトリエ見学をスタート!
ロジェさんご本人と直接ふれあいながら、
魅惑のチョコレートたちが生まれる工程の
一部始終を見せていただきます。
ロジェさんはかなりの変わり者ですが、
とても人間味のある方。
どんな見学になるのか? 楽しみです。




アトリエ見学後、外に出て
庭の菜園へ!
庭師のレイモンさんが、菜園での取り組みについて
話をしてくださる予定 058.gif
今は冬なので写真はありませんが、この菜園のハーブ
『パトリック・ロジェ』のチョコレートに使われるのです。
なんと、ミツバチの巣箱もあって、
蜂蜜までも自家製!
天気が良ければ、庭のベンチで一休み・・・
(*『パトリック・ロジェ』アトリエ庭のベンチは
まだ外部の人に解放したことがないそうです〜!)




庭のベンチで一休みしたら、
『パトリック・ロジェ』のソー本店へ。
ショッピングをお楽しみください♪




続いて、ソーのマルシェ(朝市)へ。
せっかくパリ郊外まで来たのですから、
すぐにとんぼ返りせず、
郊外らしいゆったりした生活の一コマを垣間見たいですよね 053.gif



マルシェの後は、ロジェさんオススメの
ソー公園を散策。
タイミングが合えば、満開の八重桜が見れるかもしれません。
ソー公園の八重桜は、大変有名なのです。
天気が良ければ、お花見も?!


以上の内容です!



移動は全て、
大沢さんが担当。
* Paris Rendez-Vous ←ツアー告知はこちら

朝は、ホテルまでお迎えにあがり、
ツアー終了後は、パリの希望の場所までお送りします。
注:朝のお迎えは、交通状況を考慮し
「オペラ・ガルニエ正面階段前集合」に変更の可能性もあります

もちろん、ツアー工程の全てに
私、すみのがおともします。









a0231632_03561807.jpg



今後、日本での展開が期待される
『パトリック・ロジェ』の世界を、
いち早く、そしてみっちり濃密に
ご堪能ください!
新緑まぶしい
ロジェさんの菜園も、楽しみですね!
お申し込み、お待ちしております。





おまけ:
『パトリック・ロジェ』マドレーヌ店
a0231632_05313031.jpg

a0231632_05321991.jpg




『パトリック・ロジェ』アトリエとその菜園、
2月の打ち合わせではこんな感じでした→ こちら!




以下、
旅行料金検索・比較検討にお役立てください:

ANAで行く海外旅行

ヨーロッパ旅行だったらおトクな「ANAハローツアー」、自分の旅を作る「WEBフリープラン」、ホテルでもANAのマイルが貯まります。

国内・海外格安航空券のena(イーナ)

Hotels.com



* 海外旅行中のwifi、調べました。

頻繁に海外旅行をする友人やライターの皆さんが
よく利用しているのはこちら ↓


他にも、
フランス1日970円 
サイトから簡単に見積もりができます→ 海外旅行レンタルwifi 楽天トラベルグローバルwifi
イモトのwifiより10円お得。






【お知らせ】
「一週間だけパリジェンヌ♪」のためのガイドブック
『パリでうちごはん そしておいしいおみやげ』

ビストロでメニューを注文するには?
マルシェでの買い物は??
暮らすように旅するアドバイスがぎっしり!
料理家・重信初江先生によるパリ旅レシピと、
オススメのお土産リストも必見です!







by keikosuminoleb | 2016-02-15 05:35 | ツアーのお知らせ | Comments(2)
a0231632_20174659.jpg
今朝、我が家に届きました〜!

現在発売中のミセス3月号
『花のある暮らし』特集
ピエール・フレイさん宅の取材を担当させていただきました。

フランスの老舗ファブリックメーカー三代目、
ピエール・フレイさんのインテリアと、
人気フロリスト、ステファン・シャペルさんの花。
素晴らしい感性の共演です ♪
ぜひ手にとって、P60〜63をご覧くださいませ!




ミセス2016年03月号[雑誌] ←アマゾンからのご注文はこちらから
ミセス2016年3月号 ←楽天ブックスからのご注文はこちらから






by keikosuminoleb | 2016-02-08 20:54 | お仕事のお知らせ | Comments(0)
a0231632_23404822.jpg

約2年ぶりのバター食べ比べ!



オペラ座のラファイエットグルメに行き、

人気&気になるメーカーのバターを

大人買いしました。

*「モノプリグルメ レ島の塩の花入り」だけは

近所のスーパー、モノプリで購入。




ラインナップは・・・

ベイユヴェール ←アラン・デュカスの店で出会って以来お気に入り

ボルディエ ←天下の人気ブランド

エシレ ←天下の有名ブランド

モノプリグルメ ←我が家の定番

パンプリ ←人気パン屋さん「デュ・パン・エ・デジデ」御用達

フォンテーヌ・デ・ヴーヴ ←某人気フロマジュリーのイチオシ



今回は間違いなく

全て「ドゥミセル」=半塩タイプ(有塩)で揃えました=!

と言いたいところですが

1つだけ間違いが・・・

フォンテーヌ・デ・ヴーヴだけ、無塩です 007.gif





まず、

重要な値段と、成分を以下に:


a0231632_23425772.jpg

ベイユヴェール 250g 3.95ユーロ

脂肪分 80%

Lait Cru (レ・クリュ=生乳。低温殺菌や成分調整をしない生の牛乳)

ノワールムティエ島の塩の花 2.5%

100gあたり727kcal






a0231632_23441519.jpg

ボルディエ 250g 5ユーロ

脂肪分 79%

塩 2.8%

100gあたり716kcal






a0231632_23453370.jpg

エシレ 250g 3.90ユーロ

脂肪分 80%

低温殺菌クリーム

塩 2%

100gあたり720kcal








a0231632_23463063.jpg

モノプリグルメ 250g 1.99ユーロ

脂肪分 81%

Lait Cru (レ・クリュ=生乳)

レ島の塩の花 1.7%

100gあたり733kcal







a0231632_23473502.jpg

パンプリ 250g 2.65ユーロ

脂肪分 81%

低温殺菌クリーム

塩 1.7%

100gあたり733kcal







a0231632_23483731.jpg

フォンテーヌ・デ・ヴーヴ 250g 2.65ユーロ

脂肪分 83%

Lait Cru (レ・クリュ=生乳)

塩 0.01%

100gあたり751kcal





情報をざっと整理すると、

生乳使用は

ベイヴェール、モノプリグルメ、フォンテーヌ・デ・ヴーヴ

低温殺菌乳使用は

エシレ、パンプリ。

ボルディエは無表記だったので不明。


塩分に

塩の花(塩田に浮かぶ一番塩)を使っているのは

ベイユヴェール、モノプリグルメ

フォンテーヌ・デ・ヴーヴは有塩ではないので

対象外です。




では!

実際に味わってみましょう!

今回の食べ比べメンバーは、

パリ郊外の人気パティスリール・ポミエのデヴィさん、

デヴィさん夫人のふさえさん、

グルメなパイロットのジャン=ルイさん、

そして私の4名。





・・・ 前置き抜きで、

以下、食べ比べの順位と、

それぞれのバターの感想を 072.gif072.gif072.gif




1位

ベイユヴェール

いい乳製品特有の乳酸の香りがダントツ。

(ヨーグルトの乳酸菌を思わせる)

長い余韻も特徴的。

発酵バターを食べている幸せが、最も味わえる。




2位

フォンテーヌ・デ・ヴーヴ

切り分ける瞬間に生乳の香りが立ちのぼる。

こってり感(油っぽさ)が強いが、

他と違い有塩ではなかったので

比較が難しい。




3位

ボルディエ

塩気・風味共に最強のインパクト。

「濃い」という感じ。

ただ、これは生乳ベースなのか? 

表記がないので不明。





4位

エシレ

上品で穏やかな風味。

ふんわりと鼻から抜けるミルクの香りもよい。

ただし、案外ニュートラルでもある。



同4位

モノプリグルメ

ミルクの香り・風味共に豊か。

値段を考えると素晴らしいコスパ。



6位

パンプリ

美味しいが、ニュートラル。






私個人の感想としては、

やっぱりベイユヴェールはすごかった!

文句なしのダントツでした。


エシレは、前回

「見くびっていてごめん」とひれ伏しましたが、

今回食べてみて

案外ニュートラルな印象でまたびっくりです。




ボルディエは、風味が強いので

「パンにつけた時に美味しいバター」

なのかな、と思いました。




パンプリは、期待ほどではなかったですが、

傾向としてエシレに近いバターでした。



フォンテーヌ・デ・ヴーヴは、

間違って無塩を買ってしまい、本当に申し訳ないことをした。

対等に比較できないので・・・

そして、我が家の定番モノプリグルメ・・・

あなた、この値段ですごいよ! と(笑)

ジャン=ルイさんは、これを2番に選んでいました 003.gif



有名どころの印象を一言で表現すると、

ボルディエはパンの良き友、

エシレはお上品、

ベイユヴェールは絶品!



気づいたこととして、

生乳を使わないバターは

どうしてもインパクトに欠けるようです。



以上の結果となりました。

2年前の食べ比べと照らし合わせると、

各メーカーの味の印象が大きく変わっていたことも事実です。

私の舌のせいか、

それとも実際に

品質に変化があるのか・・・

微妙なところですので、

今後も時々食べ比べをしたいと思います 016.gif







ついでに一口メモ。

ボルディエやベイユヴェール、

フォンテーヌ・デ・ヴーヴは

普通のスーパーには売っていません。

ラファイエットグルメや

グランデピスリー・ド・パリ(ボンマルシェの食品館)、

チーズ専門店などへ出かけて、購入します。


スーパーで買えるのは

エシレ、イズニーサントメール、プレジデントなど。

モノプリであれば、モノプリグルメはあります・しつこい笑



以前、イズニー・サントメールのバターを製造している人に

「日本ではフランスのバターのことを発酵バターというが、

何が発酵なのか。

バターにしてからどこかでしばらく発酵させるのか?」

と聞いたことがあります。


答えは、


「発酵させるのではなく、熟成した牛乳を使って作ります」


でした。

だから、牛乳を攪拌してバターにしたら、

形を整え、ソク完成。

フレッシュなうちに食べるのが一番です!






ホントに美味しいフランスのバター❤️

日本で入手できるものを調べてみました。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓


エシレバターのお取り寄せはこちらから


【おまけ/お買い物】
伊勢丹オンラインストアのおすすめスイーツ一覧に、
アンリ・ルルーの塩バターキャラメル
ブルターニュ産の塩バターをたっぷり使った
フランス直送の味!
1つ1つ大切に食べたい♪



前回のバター食べ比べのようすは、こちらを
フランスのバターの3タイプ
Doux, demi-sel, salé についても説明しています。





by keikosuminoleb | 2016-02-04 00:03 | FOOD | Comments(12)