keiko's paris journal <パリ通信 - KLS> keikoparis.exblog.jp

パリ在住19年ライター&コーディネーター角野恵子目線のパリ情報です。Keiko SUMINO-LEBLANC, journaliste japonaise, FOOD et Life Style.


by KSL
プロフィールを見る

<   2012年 02月 ( 15 )   > この月の画像一覧

a0231632_5133628.jpg

La semaine dernière, après la dégustation du vin japonais "Koshu" ICI,
M Omura de Marufuji Winery et moi avons fêté nos retrouvailles à Paris dans un restaurant traditionnel
AU PETIT RICHE, très parisien.
En fait, j'ai rêvé de venir ici depuis longtemps et j'avais raison!
Il m'a plu!!
Regardez ce beau plateau des huîtres!
C'est dans le menu "AU PETIT RIHE" à 29,20 euros pour
entrée+ plat+ dessert
.




パリのOIVで開催された、甲州ワインの試飲会→こちらに参加した後、
丸藤葡萄酒の大村さんとの再会を祝う晩餐へ。
場所は オ・プチリッシュ
このとろこ伝統アドレスに夢中になっている私が、
「行きたい!!」と願っていたレストランの一つです。
季節感いっぱいの、牡蠣のプレートからスタート。
これが、前菜+主菜+デザートでなんと29,20ユーロの、
お得なコースから選択したものだなんて、感動的ですよね?!!!



Ensuite, M Omura a pris une joue de boeuf.
Très tendre, même les légumes d'accompagnement.
Et la sauce... c'est la France!

a0231632_1293359.jpg

主菜に、大村さんは牛ほほ肉の煮込みをチョイス。
大変良く煮込んであり、とろけるようでした。野菜もしかり!
それにこのソース・・・ これぞ、ザ・フレンチ!!



Moi, j'ai choisi une quenelle.
Elle était très différente de celle de chez Daniel et Denise à Lyon ICI.
Différente mais délicieuse!
Le champignon haché caché en sous de la quenelle était également savoureux.

a0231632_5233731.jpg

私はクネルを。
リヨンの名店『ダニエル・エ・ドゥニーズ』で食べたもの→こちらとは、
全く違っていました。
ナンチュアソースではなく、マッシュしたマッシュルーム
敷きつめてあり、パリ流、ということでしょうか。
マッシュルームにしみ込んだうまみが濃厚で、とても美味しかったです!!




Pour le dessert, j'ai choisi un baba au rhum!
Fondant et parfumé...

a0231632_1313446.jpg

デザートはいろいろ悩みながら、ババオラムに決めました!
しっとり、そしてヴァニラの香り高く・・・
上にはレーズンが散らしてあります。



On y rajoute le rhum vanillé à volonté! emoticon-0100-smile.gif
M Omura a pris une tarte au citron, cela aussi hyper classique.

a0231632_1322678.jpg

これに、ヴァニラ漬けのラム酒を、
好きなだけかけて食べるのです。 emoticon-0100-smile.gif
大人の(おっさんの)デザート!!

大村さんは、こちらもクラシックなタルト・オ・シトロン
選んでいました。
酸味がよかったー!



C'est une adresse à noté pour votre prochaine visite à Paris.
J'étais très contente de la qualité, l'atmosphère et le prix!
C'est étonnant de voir le menu complet en 29,20 euros, à Paris en 2012!!

a0231632_1332522.jpg

次回のパリ旅行のために、覚えておくとよいアドレスだと思います。
食事は当然美味しく、それに店内は古き良きパリそのもの
そして値段が手頃とくれば、言うことなしです。
だいいち、前菜+主菜+デザートのメニューが、29,20ユーロ
この西暦2012年のパリで、ですよ! 
今でもあるのですね、こんな店。



La maison est fondée en 1854.
J'espère vraiment qu'elle restera ainsi pour toujours.

a0231632_1342836.jpg

1854年創業の、老舗。
ぜひとも、現在の姿を末永く、と願わずにはいられません。




AU PETIT RICHE
25, rue Le Peletier
75009 PARIS
France
Tél. 01 47 70 68 68
ouvert tlj de 12h00 à 14h30 (営業時間:12h00 〜14h30、19h00〜深夜)
et de 19h00 à Minuit
(22h30 le dimanche)(日曜は〜22h30、定休日:なし



by keikosuminoleb | 2012-02-28 17:55 | FOOD | Comments(4)
a0231632_2463962.jpg

Il a fait très beau et chaud (!!) à Paris à vendredi dernier...
Idéale pour un déjeuner avec une amie alors je l'ai fait avec
Isabelle LALLEMENT, rédactrice en chef du magazine
BEST HOTELS .
On s'est donné le rdv dans un des ses adresses que je vous présente
la prochaine fois et aujourd'hui je voudrais parler de son magazine!



先週金曜日、パリは快晴!
気のおけない友達とのランチには、おあつらえむき、ということで
イザベル・ラルモンさんと食事をしました。
シャンゼリゼのオフィスで働く彼女のおすすめの店は、次回ご紹介するとして、
今日は彼女が編集長を務める雑誌 BEST HOTELS の情報を!



a0231632_2444229.jpga0231632_2473925.jpg On peut l'acheter au
kiosque mais aussi
sur internet pour
l'i-pod, l'i-phone
... ICI

En plus il est bilingue,
français et anglais,
alors les japonais peuvent profiter eux aussi tous ces belles
adresses
et des informations french touch!!



世界中のホテル、リゾートから、きわめて
ラグジュアリー
なアドレスだけを、厳選している雑誌です。
フランス語と英語のバイリンガル表記で、しかも
電子書籍としての購入もこちらで可能とくれば
日本のみなさまにご紹介せずにはいられませぬ!
ハネムーンの行き先をお探しの方、必読ですね。
見ごたえある写真満載なので、眺めているだけでも
「世界って、美しいなあ」と・・・
ちなみに、次号は『世界のスパ特集』だそうですよっ!


NB:
Isabelle est super rock'n roll, elle portait ce jour-ci
une petite broche de tête de mort!


イザベルさんはいつも“ロケンロール”
この日はドクロのブローチなどつけていました。
どうすれば、こういう粋な大人の女性が、できるのでしょうねー。
by keikosuminoleb | 2012-02-27 03:29 | hotel & luxe ホテル | Comments(4)
a0231632_17501815.jpg

Trouver le vrai sushi à Paris n'est pas simple malgré ces nombreux
restaurants japonais dans la capitale.
Il faut allez chez les japonais, déjà, toute fois cela m'arrive assez souvent d'être déçue
à cause du riz sec et maigre...
Au Sushi Gourmet, je me régale toujours.
Les poissons sont varié (pas que le thon et le saumon!!),
le travail est délicat (même les maki ne sont pas ordinaires) et
du riz!
Il est bien rond et pulpeux, tout en étant ferme.


Une fois, ma copine de Tokyo m'a dit lord de son voyage à Paris
qu'ici le sushi fait tout le temps rouge et orange: le thon et le saumon... et puis c'est tout.
Au Sushi Gourmet, non!
Et en plus, le budjet reste sage.
Le seul problème est le cadre qui ne permet pas de venir en nombreux.
Alors je leur fait préparer en emporter s'il le faut.
Il suffi de commander par téléphone et aller en chercher.




パリには“スシ・ヤキトリ”の店がたくさん!
その8割以上が、日本人以外の経営とききます。
私はもちろん、お寿司を食べる時は必ず日本人の店へ行きますが、
それでも満足できないことがしばしば・・・
問題はネタではなくシャリで、ボソボソと味気なく
米がやせていると感じることが多い。
日本で栽培される日本のお米は、本当にそれだけでごちそうですよね。

幸いにも、ここ『スシグルメ』があります。
魚の種類は豊富だし、シソや薬味を使ったにぎりは日本のそれに引けを取りません!
加えて、お米がおいしいのです!
かなり幸せになれます。
唯一の問題は店内が狭く、大人数では来店できないこと。
電話注文をして、お持ち帰りにしてもらうと
ホームパーティなどに便利です。

PS
東京の友人がパリ旅行をしたとき、町中のあちこちにあるお寿司屋さんのお品書きを眺めて
「赤とオレンジばっかり」と言っていました。
マグロとサーモンだけ・・・ 中国人の店などは、本当にそうなのです。
が、パリにも『スシグルメ』のような店、あります!



Sushi Gourmet
1, rue Assomption
75016 Paris
tél. +33 1 45 27 09 02 ‎


*budget : sushi royale (avec la salade et le miso soupe) 26 euros.
*予算:スシロワイヤル(ミニサラダとみそ汁付き)26ユーロ

by keikosuminoleb | 2012-02-25 16:20 | FOOD | Comments(4)
a0231632_17354552.jpg

La façade de l'Hôtel de Crillon est redevenue
toute neuve depuis fin 2011!
Nous avons de nouveaux la vue sur la Place de
la Concorde
par la fenêtre du restaurant
les Ambassadeurs.
La terrasse de Marie-Antoinette est également
restaurée et nous pouvons la voir sur le video de voeux 2012!
En attendant d'y dormir un jour...



ホテル・ドゥ・クリヨンのファッサード工事が終了し、
その美しい姿がコンコルド広場によみがえりました。
レストラン『レ・ザンバサドゥール』の窓からも
また以前のように、コンコルド広場を眺めることができます!




さらには ↑ 2012年、今年のニューイヤービデオをご覧いただくと、修復工事を終えた
マリーアントワネットのテラス が見られます。
コンコルド広場の景観は、こうでなくては!
そして大理石づくしのホテル・ドゥ・クリヨン、是非いつの日か、
宿泊できることを夢見つつ・・・





*Les Ambassadeurs et ses décorations ICI ←レストラン『レ・ザンバサドゥール』の内装はこちら
*Le déjeuner aux Ambassadeurs ICI ←『レ・ザンバサドゥール』のランチはこちら
*Sa sole meunière ICI ←『レ・ザンバサドゥール』の舌平目のムニエルはこちら



Hotel de Crillon
10, place de la Concorde
75008 Paris | France
Tel: +33 (0) 1 44 71 15 00

by keikosuminoleb | 2012-02-23 18:14 | hotel & luxe ホテル | Comments(4)
a0231632_1775650.jpg

Hier, le 20 (le vin!) février 2012, la dégustation du vin de Koshu a eu lieu à Paris à l'OIV, Organisation International de
la Vigne et du Vin
.
13 vignerons de ma région natale (voir les photos ICI) se sont réunis
pour faire découvrir aux journaliste français le vin de Koshu,
la cépage japonaise
.



2012年2月20日の昨日、パリのOIV(ワイン国際協会)にて
甲州ワインの試飲会が開催されました。
山梨県から13のワイナリーが参加し、フランス人ワイン評論家や
ジャーナリストのみなさんに、自慢の1本を披露しました。
私のふるさと、山梨の風景はこちら



M Haruo Omura de Marufuji Winery, fondée
en 1890, était là alors j'étais très contente de le revoir à Paris!
D'habitude, il me reçois dans sa cave à Katsunuma.
C'est une des personnes qui m'ont aidé quand j'ai réalisé un article sur Koshu
pour le magazine "Régal" en France.

a0231632_17114330.jpg

丸藤葡萄酒の大村春夫さんも参加!
以前、フランスの雑誌『レガル』に甲州ワインの記事を寄せた際、
取材をさせてもらった方の一人です。
いつもは勝沼のセラーで私を迎えてくださる大村さんに、
パリで再会できるなんて!



Et M Omura avait une ambition... de mettre son vin dans la cave de l'OIV.
M Yann Juban, director adjoint de l'OIV, nous a gentiment accompagné
dans la cave!
Ici, on voit 3000 bouteilles de 38 pays.
La collection est constituée uniquement par les bouteilles offertes.

a0231632_1719659.jpg

大村さんには、この日、ささやかな野望があり・・・
それは、OIVのワインセラーに、自社ワインを寄贈すること!
OIVの副会長、ヤン・ジュバンさんにお願いすると、
とても親切に対応してくださいました。



Maintenant, la bouteille de Marufuji Winery fait partie.
Regardez bien, il y a deux cases consacrées au vin japonais,
avec la petite drapeau du Japon!

a0231632_17503016.jpg

38カ国から集まった、3000本のワインが眠るOIVのセラー。
このコレクションは全て、寄贈されたワインで成り立っているのだそうです。
今、丸藤葡萄酒の1本も、その中の1本に加えられました。
よくご覧ください、下の棚に、日本の国旗が付いている2コマがあります。




"C'est la plus ancienne de notre collection"
M Juban nous l'a montré.
1927, c'est l'année de la fondation de l'OIV!
Paris, c'est LA capitale du vin.
On verra bien si un jour les français apprécient le vin de Koshu pour accompagner
le sushi et le tempura...

a0231632_17333874.jpg

一番古いものは、これです」
と、ジュバンさんが教えてくれた1本。
1927年、この年に、OIVは設立されたのだそうです。
長い歴史を持つ、ここはワインのキャピタル!
そんなパリ、フランスで、甲州ワインが受け入れらる日は来るのか。
パリの美食界に根付いた日本食に、甲州ワインを合わせる、
そんなフランスの人々の姿が、見られるようになるのか!
見守って行こうと思います。

NB -
Les vins de Koshu ont été bien appréciés par les connaisseurs français.
Toute fois, il faut une vraie stratégie pour la distribution en France
puisque le vin japonais est cher par apport aux autres vins étrangers.
La vente du Beaujolais Nouveau au Japon peut être une bonne exemple comme méthode...

この日、甲州ワインは、フランスの専門家たちに
おおむね好意的に受け入れられていました。
しかしながら、他の新世界ワインに比べ値段が高いことや、
香りや味があまりに繊細で料理を選ぶことなどの理由から、
実際の流通には明確な戦略が必要と思われます。
日本におけるボジョレーヌーボーの販売戦略が、良いヒントになるのでは。



*Ils se sont tous présentés : 参加ワインメーカーリスト*

Aplus Wine アルプスワイン
Grace Wine グレースワイン
Haramo Wine原茂ワイン株式会社
L'Orient Wine ロリアンワイン
Lumière ルミエールワイナリー
Marquis Winery まるきワイナリー
Mercian シャトーメルシャン
Rubayat Wine ルバイヤート
Sadoya サドヤ
Soryu Winery ソウリュウ
Tomi no Oka Winery SUNTORY サントリー登美の丘
Yamanashi Wine 山梨ワイン
Yamato Wine 大和葡萄酒

by keikosuminoleb | 2012-02-21 19:41 | wine, cocktail, bar | Comments(2)
a0231632_0522758.jpg

"La tarte au citron, il faut qu'elle soit acide."

Patricia Alexandra, la rédactrice en chef de Gault Millau, me l'a dit.
Je suis sure qu'elle adorera celle de Sébastien Gaudard
à "la pâtisserie des martyrs".
Bien acide, cette tarte au citron n'est pas parfumé aux zestes de yuzu,
ni d'autres parfums à la mode.
Elle est juste classique, traditionnelle, et délicieuse!




『タルト・オ・シトロンは、酸味が
きいていなくては。』


ゴーミーヨ編集長のパトリシア・アレクサンドルさんの言葉。
きっと彼女も、パティスリー・デ・マルティール
のものなら、大満足でしょう。
この店のパティスリーはすべて、クラシックな伝統菓子。
タルト・オ・シトロンも、たとえばユズ風味になっていたりはしません。
新しいアレンジはいっさいなし、が、パティシエ、
セバスチャン・ゴダールさんのこだわり。




Le paris-brest avec véritable crème praliné onctueuse...
Le mussipontain, crée par son papa, est composée de
succès amandes, crème vanille et amandes caramélisées...
NB :
A Paris, c'est uniquement ici que l'on peut trouver
cette pâtisserie de Pont-à-Moussonla.

a0231632_026203.jpg

パリブレストのプラリネクリームは、
リッチなヘーゼルナッツの香り。
「パリではここだけ」という、ミュシポンタンは、
ダックワーズに似た軽いお菓子ですが、より繊細。
しかも、軽やかでいて、
確かに人を引きつける個性があるのです。
アーモンドパウダーのビスケットと、ヴァニラクリームを
何層にも重ね、キャラメル化したアーモンドを全体にまぶしている、とのこと。
ちなみに、ミュシポンタンとは、
ポンタムソンの街の人々のことをこう呼ぶそうで、
ケーキとしてのレシピを作ったのは、ゴダール氏のお父様なのだそうです。
父親のスペシャリティーをパリに持って来た、とは、
良い話ではないですか。







Le plaisir n'est pas seulement "pendant" mais "après" également.
Car tous les petits détails sont sympathiques comme ce papier ...
"La pâtisserie purement traditionnelle jusqu'au bout."
Sébastien Gaudard n'a pas monti mais quelle passion!

a0231632_0462564.jpg

美味しいパティスリーを味わう時間はもちろんのこと、
お楽しみは食べたあとまで続きます。
パティスリーの包装紙、
この伝統柄までも、ゴダールさんのこだわり。
ゆめゆめ&ガーリーに、感激!



Voici sa boitte de pâtisserie...
a0231632_1123825.jpg

ケーキの箱も、
控えめながら、センスの良さが光っていますよね。




"Il faut parler des pâtisseries, pas d'emballage
ni le concept !!"

Sébastien m'a réclamé.
Mais n'est-ce pas merveilleux de son concept d'ouvrir une vraie magasin
des pâtisseries traditionnelles?
Car elle n'existe plus vraiment !

a0231632_0544520.jpg
「デザインやコンセプトじゃなくて、
パティスリーのことを話して!」
と、ゴダールさんは言っていましたが・・・
が、今回の彼の店、時代にドンピシャなコンセプトだと思います。
だって、間違いなく美味しい、伝統パティスリーの店、今まであるようでなかった・・・
やっと見つけました!!!!!



Pâtisserie des Martyrs de Sébastien Gaudard
22, Rue des Martyrs
75009 Paris
Tel : + 33 (0)1 71182470
Fax : + 33 (0)11182469
Mardi au vendredi de 10h à 14h et de 16h à 20h (営業時間:火〜金曜)
Samedi de 9h à 20h(営業時間:土曜)
Dimanche de 9h à 14h00(営業時間:日曜)
定休日:月曜




*voir la boutique "pâtisserie des martyrs" → ICI
*“パティスリー・デ・マルティール”ショップの様子は →こちら

by keikosuminoleb | 2012-02-18 17:54 | patisserie スイーツ | Comments(6)
a0231632_19585832.jpg a0231632_16521188.jpg
a0231632_2004824.jpg





Safia Thomass Mendali, la directrice Image Communication et Marketing de
la maison LADUREE, offre pour ses fans japonaises
le blog de son life style tous les jeudis, depuis hier.
J'ai la chance de la réalisation; la photographe et la traduction en japonais.
*VOIR A → la letter parisienne par Safia


ラデュレのイメージ・コミュニケーション・マーケティング部長の
サフィア・トマス・ベンダリさんが、日本のラデュレファンのみなさまへ
パリのライフスタイルブログをお届けします。
毎週木曜日更新、写真撮影とテキストの翻訳を
私が担当させていただくことになりました。

*こちらご覧ください→ サフィアのパリ便り

by keikosuminoleb | 2012-02-17 02:29 | お仕事のお知らせ | Comments(8)
a0231632_344566.jpg

Il faut retourner au Musée de Nissim de Camondo,
vite!
Il y a en ce moment l'exposition "La Table Dressée" .
Immanquable pour ceux qui s'intéressent à l'art de vivre car
c'est la véritable l'art de table français de l'an 1933 qui est présentée!!




先日、大急ぎでニッシム・ドゥ・カモンド美術館
行きました。
開催中の特別展示、『ラ・ターブル・ドレッセ展』(テーブルセッティング)を見るためです。
1933年、美食家のあつまりであるClub des Centの昼食会のために
実際にカモンド家でセッティングされたテーブルを再現する
、と聞けば、
インテリア好きには見逃せません!!




Dans une magnifique salle à manger au premier étage,
on peut voir une table dressée pour les invitées du Club des Cent.

a0231632_385370.jpg

館の2階にあるダイニングルームへ入ると、ご覧ください!
8人のテーブルがセットされています。
18世紀様式のインテリア、そして美術館のコレクションを配した
本物のテーブルセッティング・・・!!


De vraies argenteries (1785), des verres en
cristale
(1834) et la vaisselle de Chantilly (1730)...
... que je ne connaissais pas.
En fait, cette fabrication a été très développée à l'époque.
(selon le guide écouteur)

a0231632_3102671.jpg

1785年の銀器1834年のクリスタルグラス
皿は有名なセーヴル焼きではなく、シャンティイイの磁器だそうです。
1730年のもの。
オーディオガイドによると、当時シャンティイイでは焼き物の開発が進み、
広く流通したとのことでした。





Et encore une fois selon le guide écouteur, il est arrivé, pour les invités
de cette maison, d'être proposés la cuisines de 100
variétés!!

Par la fenêtre, on voit le jardin du Parc Monceau...

a0231632_36729.jpg

そしてまたオーディオガイドによると、いつの時代か忘れてしまいましたが、
カモンド家では100種類もの料理を、お客様に振る舞ったのだそうです。
窓からは、モンソー公園の緑が。


Cette salle à manger est contiguë avec le cabinet des vaisselles
de collection!!

Quel raffinement, n'est-ce pas??

a0231632_3123059.jpg

このダイニングルームには、なんと磁器のコレクションルーム
併設されているのですよ。
「贅の限りを尽くす」という表現が、ぴったりですね。




Descendons au rez-de-chaussé.
Ici, on voit la table des domestiques qui se trouve
dans la cuisine.
A gauche, il y a des casiers ou les gens mettaient leurs objets
personnels comme la bouteille du vin, la serviette etc...
J'aime les ronds de serviette, c'est une habitude très
mignon...
*La cuisine au misée de Nissim de Camondo, voir ICI

a0231632_314186.jpg

階段を下りた1階には、大きな厨房があり、
その隣に使用人たちの食堂があります。
写真左に見えるロッカーは、各使用人が自分の持ち物をしまう場所なのだそう。
ワインのビンや、ナプキンや・・・
ナプキンリングがかわいいですよね。
私には、とても素敵な習慣に思えます。
*カモンド美術館の厨房の様子はこちら



En passant par cette petite fenêtre, les gens pouvaient communiquer
facilement vers le coin des vaisselles possédant trois éviers.
Hyper pratique!
En fait, ici est très différant que la salle à manger des invitées mais chacune
est intéressante l'une et l'autre.
Ce lieu pour les domestique est très très sympathique, je trouve!!

a0231632_331164.jpg

この小さな窓は、食器の洗い場へ続いているので、
実に機能的!
こうして見ていると、ゲストのためのテーブル空間もよいですが、
使用人のスペースもかなり魅力的です。
どちらもそれぞれに「スタイル」があるから、でしょうか。
使用人のダイニングには、なんともいえないあたたかみがありますよね。



*attention!! l'exposition "la table dressée" jusqu'au 19 février
"ラ・ターブル・ドレッセ展" は、2012年2月19日まで開催

Musée de Nissim de Camondo
63, rue de Monceau
75008 Paris
ouvert du mercredi au dimanche de 10h à 17h30 (開館時間)
fermé le lundi et le mardi (定休日:月・火曜)


by keikosuminoleb | 2012-02-15 05:09 | museum 美術館・名所 | Comments(7)
a0231632_17453941.jpg

Oh la belle pâtisserie...
Elle est exactement comme on rêve... du bon vieux temps...
Regardez bien, sur le papier, il est marqué
"22, rue des Martyrs".



ミュシポンタン・・・
セバスチャン・ゴダールさんの、看板パティスリーの一つ・・・



C'est LE lieu dont on parle sans cesse depuis son ouverture
fin novembre 2011.
Oui, c'est Sébastien Gaudard, ex-chef du "délicabar" au
Bon Marché qui l'a réalisé.

a0231632_1750919.jpg

ここ、『パティスリー・デ・マルティール』は、
パティシエのセバスチャン・ゴダールさんが
去年11月末にオープンしたお店です。

彼の経歴をざっとご説明すると・・・
フォションのシェフパティシエを勤めた後に独立し、
自身のサロンドテ『デリカバー』を
百貨店ボンマルシェ2Fにオープンさせたのが、2003年。
スタイリッシュな空間と、色をテーマにした料理や、
当時はまだ珍しかった抹茶やごまを使った斬新なパティスリーが
大きな話題を振りまき、一躍時の人となりました。
しかし2009年に『デリカバー』を閉店、以来なんと3年間も
おもてだった動きはなかったのです。
ファンは待ちました!





Ici, les pâtisseries sont tous traditionnelles.
Et la boutique aussi, très rétro, sympa...

"L'idée, c'est de faire un lieu où comme s'il existait depuis toujours.
Je suis content de voir mes clients qui commandes
ses gâteaux préférés sans l'aide de notre part
tellement que les gâteaux sont classiques!"

Explique Sébastien Gaudard.

a0231632_17592176.jpg

この店のケーキは、全て伝統菓子のみのラインナップ。
しかも、店の内装、ケーキの箱、包み紙、すべてトラッド。
レトロな雰囲気さえ感じますね。

「まるでずっとここにあったかのような、そんな店を作りたかったのです。
パティスリーのラインナップも実にクラシックなので、
お客様は何の説明もいらずに、ご注文をされますよ。」


と、ゴダールさん。
デリカバー時代とは、真逆のスタイル。





L'éclaire, le paris-brest, le mont-blanc...
Quelle beauté!
J'adore également le support doré et le papier en dentelle.

"Tout est traditionnel jusqu'au bout.
Plus de gâteau traditionnelle revisité, c'est fini!"


a0231632_1753540.jpg


エクレア、パリブレスト、モンブラン・・・
フランスの伝統菓子がずらりと並ぶ様子は、
いつ、誰が見ても、ワクワクもの!!

「もう、"伝統パティスリーの現代アレンジ" はしません(笑)」






Ex-agitateur du goût... est-il devenu sage?
Une chose est certain :
ce style plaira à tout le monde, aux habitants du quartier, aux bobo et
aux touristes (japonais)!!
Car on ait la valeur sure !
a0231632_17132396.jpg

かつての斬新ボーイも、大人になった、ということでしょうか。
いずれにせよ、このお店の伝統スタイルは、
老若男女全ての人に喜ばれるはず。
(案外子どもが、斬新なお菓子を喜ばないもので)

地域の住人、ボボ(昨今のリベラルな裕福層)たち、それから
ツーリストである私たち日本人も、
こんなお店が欲しかった!




Les passants s'arrêtent souvent devant le vitrine pour consulter
l'intérieur de la boutique, attentivement.
Sébastien m'a dit qu'il y aura encore plus de chose bientôt.
On est impatient !
a0231632_1711932.jpg

道行く人々も、しばし足を止め、ウインドーの中をじっくりと観察。
数ヶ月後には、店内の品揃えはもっと充実するそうです。




Pâtisserie des Martyrs de Sébastien Gaudard
22, Rue des Martyrs
75009 Paris
Tel : + 33 (0)1 71182470
Fax : + 33 (0)11182469
Mardi au vendredi de 10h à 14h et de 16h à 20h (営業時間:火〜金曜)
Samedi de 9h à 20h(営業時間:土曜)
Dimanche de 9h à 14h00(営業時間:日曜)
定休日:月曜

a0231632_185191.png


Merci Sébastien pour cette belle adresse!!
*voir ses pâtisseries → ICI


素敵な店をありがとう、セバスチャン!!
次回は彼のケーキを、もっと詳しくご紹介します。
*パティスリー・デ・マルティールのケーキはこちら ← ご覧ください<







a0231632_20285415.gif*** Blogランキングに
チャレンジします!
どうぞ応援してください →
by keikosuminoleb | 2012-02-12 17:03 | patisserie スイーツ | Comments(16)
a0231632_019145.jpg

Après le travail hier, je me suis arrêtée au bar du
Saint James Paris
, le lieu magique dont j'ai déjà parlé ICI...
L'histoire, l'authenticité, l'ambiance intime...
bref, c'est très parisien.


先日、仕事の後に、サンジェームズ・パリのバーに寄りました。
こちらにアップした写真のとおり、魔法のような空間です。
歴史、本物の魅力、親密なムード・・・
つまり実にパリ! でございます。



En plus, quel plaisir (aujourd'hui!!) de pouvoir prendre une bonne coupe
de champagne Laurent Perrier Brut seulement pour
20 euros dans un cadre comme ci-dessous avec un vraie service!

a0231632_0212569.jpg

それにそれに!! なんと
うれしいことに、シャンパンを20ユーロでいただけるのですよっ!!!
本物のサービスの中で、
シャンパンの名門、ローランペリエのブリュットを、です。

今や、「グラスシャンパンは20ユーロ後半」が当たり前になった感のある
パリのラグジュアリー空間において、これは良心的としか思えません。



On boit ici l'eau minérale dans un verre à relief.
J'aimerai bien avoir les mêmes verres chez moi.
J'adore!

a0231632_0234752.jpg

ミネラルウオーターは、繊細なレリーフのグラスで。
これ、本当に、同じ物が欲しいです。
すごく好きです!!!






43, Avenue Bugeaud
75016 Paris
tel. 01 44 05 81 81
*ouvert au grand publique à partir de 19h
ouvert tout moment pour les montres du Club et les clients de l'hôtel.

*19時から一般利用可能、それ以外の時間帯は会員及びホテル宿泊客のみ

by keikosuminoleb | 2012-02-10 01:49 | hotel & luxe ホテル | Comments(6)