keiko's paris journal <パリ通信 - KLS> keikoparis.exblog.jp

パリ在住20年ライター&コーディネーター角野恵子目線のパリ情報です。Keiko SUMINO-LEBLANC, journaliste japonaise, FOOD et Life Style.


by KSL
プロフィールを見る

カテゴリ:フランスの田舎 / 南仏( 24 )

a0231632_4581473.jpg

Trouville, j'y suis venue seulement trois fois de ma vie
alors je ne suis pas spécialiste.
Pourtant, je m'attache beaucoup chez LES VAPEURS,
la brasserie traditionnelle d'autre fois!
J'adore la chame de lieu, le décor authentique
et les plats hyper classiques qu'on trouve difficilement à Paris...
Et puis, cette magnifique carte de restaurant!!
Oui, les japonais adorent Savignac!



パリから北西へ向かい、イギリス海峡にたどり着くと、
トゥルーヴィルという街があります。
トゥルーヴィル体験は、人生3回目。
初心者の私ですが、毎回必ず行く名物ブラッスリーがあって、
それがここ、レ・ヴァプールです。
イラストレイターのサヴィニャックが通ったことで知られ、
メニューはサヴィニャックの、粋なイラスト!
店のロゴも、サヴィニャックかな?
そんないつわはもちろん、伝統コテコテのブラッスリーであるところも
リピーターになっている理由です。
内装も、メニューも・・・
といった詳細は次回にとっておくとして、サヴィニャックのイラストを
ご堪能ください。





a0231632_67561.pngLES VAPEURS
160, Boulevard Fernand Moureaux
14360 Trouville-sur-Mer
tel: 02 31 88 15 24
ouvert de 9h à 23h30
tous les jours
営業時間:9時〜23時30分ノンストップ
定休日:なし














* la ville de Trouville à 8h du matin est ICI
* トゥルーヴィル、朝8時の街の様子はこちら
by keikosuminoleb | 2012-10-02 06:28 | France 地方・田舎 | Comments(6)
a0231632_574988.jpg

Comme je vous ai déjà raconté ICI, j'ai rencontré au ouvre de Koki Tanaka
dans la cave de POMMERY.
Exposé sur le mur de pierre dans l'obscurité existant depuis plus d'une siècle,
son univers Pop m'a parlé en une façon particulière...



シャンパーニュのメゾン、ポメリー見学中にこちら
田中功起さんの作品に遭遇し、飛び跳ねて喜んだ私。


Je me rappelle du moment découvrant par hasard
des ouvres de Andy Warhol au Palais de Tokyo.
C'était exactement la même impression.
Koki Tanaka se présente l'an prochain au biennale de Venise.
Vous aurez peut-être l'occasion...

a0231632_591027.jpg

1世紀以上前の昔から続く、かなり特殊な暗闇の中、
石造りの湿った壁に、ポップな画面。
自分の感想をうまく言葉にできず、もどかしいですが、
こうして写真で振り返っても、すごくかっこいいと思います。
5年ほど前、パレドトーキョーのポップアートエキシビジョンで
アンディー・ウオーホールに遭遇したときのような。



*La Cave POMMERY est ICI
*Champagne POP EARTH de POMMERY au Fouquet's est ICI


*ポメリーカーヴ見学はこちら
*パリのカフェフーケがサーヴするエコシャンパン、ポメリーのポップアースはこちら
by keikosuminoleb | 2012-06-23 16:13 | France 地方・田舎 | Comments(0)
a0231632_21584480.jpg

A Reims, j'ai profité l'occasion pour visiter la cave chez Pommery,
la maison de champagne fondé en 1836.


ランス日帰り旅行では、シャンパンのメゾン『ポメリー』の
カーヴ見学もしました。 
せっかくシャンパーニュ地方へ足を運ぶのです、
せめて1つくらい、メゾンを見なくては。



Dans le hall d'entrée, on voit un énorme tonneau sculpté et puis
d'autres installations de l'Art contemporain...

a0231632_21564667.jpg

広いエントランスに、巨大な樽。
古いものです。(ちなみにメゾン創業は1836年)
そしてなぜか、あちこちにコンテンポラリーアートがちりばめられ・・・




Voici l'entrée de la cave décorée avec deux objets qui n'ont pas l'air de
correspondre à l'univers du champagne...
Je me suis demandée pourquoi.

a0231632_220696.jpg

カーヴ入り口には、2体のオブジェ・・・(??)
シャンパンの世界感とは、一致しない気がするのですが。
なぜここに?? ・・・



Alors, la visite commence.
On descend à 30m de sous-sol, en se sentant l'humidité, le froid...

a0231632_2213484.jpg

さあ、見学スタート!
ここから地下30メートルへ、階段でおりて行きます。
一歩あゆみを進めるごとに、湿度が増し、気温が下がります。


Bien-sur qu'il y a des bouteilles partout dans les galeries
mais on voit également de l'Art!
Car aux crayères, les murs sont parfois sculptés.

a0231632_2222590.jpg

建築に必要な石材を採掘した場所=巨大な穴が
この地方にはいくつもあったそうで、そこを利用し、
シャンパンの貯蔵が始まったとのこと。
石切り場の穴は地下通路でつながれ(その距離が何キロだったか・・・)、
その通路部分に、たくさんのボトルが並んでいました。
ボトルだけでなく、アートもたっくさん!!



Comme celui-ci.
Il représente une scène de la fête de Bacchus.
Vraiment énorme comme sculpture!

a0231632_2265143.jpg

例えばこのレリーフ!
5メートルほどの巨大なもので、
この他にも2つ、見事なレリーフを見ました。


Les ouvres de l'Art contemporain se trouvent partout puisque la maison
expose en ce moment les installations liées au son.
Cette balançoire est très très longe, presque 30m!

a0231632_2284370.jpg

さらには現在、「音に関するコンテンポラリーアート」のエキシビジョン開催中。
コンテンポラリーアート作品が多数展示されていて、こちらは、
地上の鉄柵からぶら下がる、約30メートルのブランコ。
『鐘』という名の作品です。
鈴がいくつもついています。



Et elle est couverte par les petites cloches.
Mes amis japonais s'éclatent!

a0231632_22101160.jpg

日本からのお客様も、童心に帰って大はしゃぎ。
地下30メートルの鐘の音、ひびかせろー!
じゃらんじゃらん。


Moi, j'ai sauté en l'air en découvrant cette installation.
C'est Koki Tanaka, il va se présenter au biennale de Venise l'an prochain.
(Je suis fan de lui et son travail 053.gif053.gif053.gif)

a0231632_22132397.jpg

そして私は、地下30メートルで運命の再会!
田中功起さんの作品です!!!!!
彼は来年の、ベネチアビエンナーレ日本館出展アーティスト。
もー、現地に会いに行くしかないですよ、これは。





La visite se termine avec les bouteilles anciennes, les trésors de la maison.
Maintenant, je comprends mieux la présence de l'art contemporain dans
la cave, puisque les propriétaires de la maison ont toujours fait travailler
des artistes pour la sculpture de leur tonneaux, de leur crayères...
Ce n'est pas étonnant s'ils sont encore les patronnes des artistes aujourd'hui!

a0231632_22145278.jpg

カーヴ見学の締めくくりは、メゾンのお宝、
歴代のシャンパンボトルのコレクションでした。
黒プレートに記された年号を見てください、よく残っていたと思います。
そして、今こうして見学を振り返り、
なぜシャンパンのメゾンにコンテンポラリーアートなのか、
すっと理解できる気がします。
醸造の樽に、そしてカーヴの壁面に、彫刻をさせてきた当時のオーナーたち。
芸術家や職人に仕事をさせるのも、彼らの役割だったとしたら、
今、現代のアーティストを支援するのも、当然ですよね。




Domaine Pommery - Service Visites
5 place du Général Gouraud
51100 REIMS
Tél : (33) 03.26.61.62.56


Visites :
- Du 1er avril au 31 octobre : tous les jours, week-ends et jours fériés inclus de 10 h à 18 h.
Visites payantes en français, anglais et allemand.
- Du 1er novembre au 31 mars : tous les jours, week-ends et jours fériés inclus de 10h à 17h. Visites payantes en français, anglais et allemand.
Fermé les 25 décembre, 1er janvier et 3 janvier.

フランス語、英語、ドイツ語による見学ガイドツアー(有料、要予約)
-4月1日〜10月31日:10時〜18時、無休
-11月1日〜3月31日:10時〜17時、無休
-定休日:1月1日、12月25日 



*Les informations sur d'autres visites, voir ICI
*Ma petite excursion à la Cathédrale de Reims, voir ICI


*シャンパーニュ地方の、他の見学可能メゾン情報はこちら
*ランス・ノートルダム大聖堂見学の思い出はこちら

by keikosuminoleb | 2012-06-20 14:54 | France 地方・田舎 | Comments(0)
a0231632_4411246.jpg

J'ai rêvé depuis plus de 10 ans de visiter la Cathédrale de Reims,
la patrimoine mondiale de l'UNESCO, et je l'ai fait la semaine dernière.


10年以上前から、ランスのノートルダム大聖堂を見てみたい、と
夢見ていました。
世界遺産、ステンドグラス・・・
それが先週、現実に。



M Michel Dovaz m'a appris qu'ici tous les Rois français se sont fait sacrer
et puis "On voit la vigne dans le relief" puisque c'est la région
de Champagne!!!

a0231632_4422196.jpg

ワイン評論家のミッシェル・ドヴァーズさんは、シャンパンの専門家だけあり
シャンパーニュ地方のこの教会のことをよくご存知で、
① フランスの歴代国王の戴冠式が、ここで行われたこと、
② 教会の中に葡萄の葉のレリーフがあること、
を、教えてくれました。



C'est cela la vigne?
Le motif est bine pinot noir?

a0231632_4451290.jpg

つまりこれが、葡萄の葉のレリーフでしょうか?
ピノ・ノワールか??
それだけこの土地にとって、シャンパンは重要だった、ということでしょうか。
それとも単に、この辺一帯、葡萄畑に囲まれていた?
調べたいです。



J'ai continué jusqu'au tout au fond de la Cathédrale et découvert
des vitraux de Marc Chagall!
Juste magnifique...
Cette Cathédrale a vécu une histoire très dure que je ne connaissais pas
et c'est pourquoi on voit aujourd'hui l'ouvre de l'artiste relativement récent...
Mais quelle histoire!! La France!

a0231632_44719.jpg

更に先に進み、教会の一番奥に到達すると、
そこにはなんと、シャガール作のステンドグラス。
この教会は1210年の火災に始まり、100年戦争、フランス革命、第一次世界大戦
と、厳しい歴史を生きぬいてきたのだそうです。
何度も破壊され、建て直されたからこそ、近代の芸術家であるシャガールの作品が
1974年に設置されることにもなったのでしょうが・・・ 
それにしても、なんとまあ、フランスの歴史はヘヴィー!
そして常に、血と共にあります!!!


INFO *ランス駅へはパリからTGVで40分程度、TGV料金は30ユーロ程度(時間帯で金額が変わる)。
ランス・ノートルダム大聖堂までは、駅から徒歩で10分程度。トラムもあります。

by keikosuminoleb | 2012-06-19 03:03 | France 地方・田舎 | Comments(4)