keiko's paris journal <パリ通信 - KLS> keikoparis.exblog.jp

パリ在住20年ライター&コーディネーター角野恵子目線のパリ情報です。Keiko SUMINO-LEBLANC, journaliste japonaise, FOOD et Life Style.


by KSL
プロフィールを見る

カテゴリ:フランスの田舎 / 南仏( 24 )

a0231632_18283314.jpg

La Maison d'à côté ラ・メゾン・ダコテ(すぐそばの家)という名前の
レストラン。

ロワールの城巡りで有名な
シャンボール城のすぐそばにあるホテル・レストランに
昨日2017年3月29日、
行ってまいりました。






シェフのクリストフ・エさんは
まだ30代(と言っても今年40歳になるそうですが)の若手ですが
フロリダのレストラン『ポール・ボキューズ』で
シェフを務めた実力派。
その後パリでも腕を振るい、
2015年、
生まれ故郷ロワール地方のこのホテルを購入して
自身のホテル・レストランをスタートしたのだそうです。
そしてあっという間に
ミシュラン1つ星を獲得!


この日は南仏リュベロンはDomaine de Capelongue
ドメーヌ・ド・カペロングのシェフ
エドワール・ルべさん(2つ星)を迎え
連弾で奏でるランチを披露。
その前に、二人揃って野草摘みに出かけました。

a0231632_18275890.jpg


ホトケノザですね。
フランスのは日本のに比べて
だいぶ大きい。


a0231632_18293480.jpg

他にも
名前を知らない草花たちが・・・
どれも、摘んだその場で味をみていました。




こんな景色の中!

a0231632_18290038.jpg



やっぱりフランスは
田舎が美しいです。




白い花をつけているのは、りんご?
プルーンかもしれません。


a0231632_18300757.jpg



小川の水も清く澄み切って透明。

水の中の葉っぱはクレソンかな〜

a0231632_18302922.jpg

手前にぼうぼうと茂っているのはイラクサ。
オーガニック食材の人気者。
これが雑草なのですから
贅沢な話です。



a0231632_18495504.jpg

クリストフさんご自慢の自社菜園も見せていただいて、
(あいにくこの季節は準備段階で
野菜の姿は全くなし)
いざ、ホテル・レストランへ移動・・・




a0231632_18510031.jpg


モンリヴォー、という小さな小さな集落。


教会の裏側が、ラ・メゾン・ダコテ。


a0231632_18244216.jpg






a0231632_18251839.jpg



どうしてこんなところに?
と思うような、なーんにもないところにある
ミシュラン一つ星レストラン。


a0231632_18260208.jpg



中に入ると、すぐに
い〜い匂い!!!



a0231632_18262388.jpg



それもそのはず、キッチンが全開!

単なるオープンキッチンではなく
ホールからそのまま筒抜けの
地つづき状態!!


a0231632_18270794.jpg




調理台にくっついたテーブルもあって
そこは2名のみの特別な席でした。
シェフズテーブル、というやつですね。


a0231632_18264420.jpg



ワインセラーもこの通り。
テーブル席から筒抜け!


a0231632_18272719.jpg



左がDomaine de Capelongue
ドメーヌ・ド・カペロング
エドワール・ルべさん。
右がクリストフさん。

a0231632_20111466.jpg

クリストフさんが今、
土地の食材と生産者に密着した
仕事をしているのは、
8年前、エドワールさんとの出会いがあったから。
生まれ故郷の食材に誇りを持って
その魅力をみんなと分かち合いたい、
伝えたい。
そんな思いで料理をしていることが
よくわかります。



で、この日の朝
二人がロワール川で釣った魚が
アペリチフのテーブルに!


a0231632_20093098.jpg


地産地消のアペリチフ!

シャンパンではなく、ロワールのクレモン(発泡ワイン)。



a0231632_20114473.jpg

この頃ちょくちょく実感するのですが、
クレモンが本当に美味しくなりましたね!
作り手たちの
努力の賜物なのだと思います。



ロワールの川魚をすり身にした
かるーいフリッター。

a0231632_20105108.jpg

先ほど摘んだホトケノザ!

この他にも、ソーセージは
この地方で養殖されたカモだったと。



テーブルへ移動しましょう。





a0231632_20130316.jpg


テーブルクロスをかけない
モダンなセッティングです。




a0231632_20190841.jpg

バターはボルディエ。
パンも美味しかった〜!!






アミューズもロワールの川魚のオンパレード。
それぞれの魚の名前を
ちゃんと控えておくべきでした。
(これがなかなか難しい。言い訳ですが)

一般的には骨が多すぎで使われない雑魚なども
丁寧に調理するそうです。

a0231632_20121159.jpg
岩に見える小さいディスクの
中は、魚ベースのクリーム。




こちらもアミューズ。
なめらかなクリームの中に
ポーチされた魚が隠れていて、その
クリームに一工夫あり。
乳脂肪ではなくて、味そのものが濃厚で、
とろみはゼラチン的なものでつけた感じ。

a0231632_20182639.jpg




そして前菜1皿目!
クリストフ・エさんによる
Mulet de Loire Mariné à la violette

ロワールのボラ、スミレ風味


a0231632_20214047.jpg

魚の味はほとんどなく
透明感を感じさせるテクスチャーだけ。
風味はふんわりスミレの香りのみ。
ずいぶん繊細です。


合わせたワインはオルレアンの
シャルドネ100パーセントのこちら。

Orléans 2014
"Excellence"
Clos Saint Fiacre


a0231632_20201992.jpg





2皿目
エドワール・ルべさんによる
Soufflé d'écrevisses Gratiné

川エビのスフレ


a0231632_20231555.jpg
ソースにスピルリナが入っています。
南仏リュベロンにも
スピルリナの生産者が増えているとか。




合わせたワインは、リュベロンのこちら。
エドワール・リュベセレクション
AOP Loberont 2015
"Grenache blanc"

a0231632_20224862.jpg

白い花の香りのするワイン!
南のワインはやっぱりインパクトがあります。





3皿目、
クリストフ・エさんによる
Esturgeon de sologne

ソローニュ川のチョウザメ!




a0231632_20233670.jpg

フランスには
キャヴィアの養殖が盛んな地方がありますが、
チョウザメの身を使った料理は初めて。

これが美味しい!
「白いマグロ」とでも表現したい
肉っぽい身。
キャヴィアだけじゃなくて身も
流通すべきだわ!!
(もしかしたら調理に手間がかかるのかもしれませんが・・・
この料理では、
魚をコリアンダーの枝で蒸し焼きにしていました)




ワインは
Cheverny 2015
"Louis de la Saussaie"
Domaine de Montcy

写真が・・・
ピノノワールとガメの
アサンブラージュ。






4皿目
エドワール・ルべさんによる
Pintade Rôtie

ホロホロ鳥のロースト


a0231632_20262181.jpg




絹のような舌触りのホロホロ鳥・・・
黒ごまをまとった皮も美味。
そしてはしりのアスパラガス。



合わせたワインは、やはりエドワール・ルべコレクションから

AOP Loberont 2015
"Marselan"



a0231632_20244773.jpg



どうもリュベロンのワインが
好みのようです(私)。
単純で美味しいからかな。




5皿目
クリストフ・エさんによる
Chère du Père Fabre

ファーブル父さんのヤギチーズ

a0231632_20295651.jpg


鏡餅のように盛り付けたヤギチーズのムースに
スライスしたヤギチーズが散らしてあります。
ヤギチーズ、2つのテクスチャー。






合わせたワインは
Touraine 2011
"Coeur de Roche"
Domaine Mérieau


a0231632_20292035.jpg


ヤギにはソーヴィニオンブラン、
ロワール地方の基本!






6皿目
エドワール・ルべさんによる
Oeuf Mimosa Vert comme une soupe

スープ仕立ての緑のミモザ卵



a0231632_20313752.jpg


白いものはホワイトチョコレートで、
中はムース状。
グリーンのスープと一緒に食べると
爽やかなデザートでした。

が、これは賛否両論が分かれました。
若い人たちは感動し、
年配者はデザートと認めない。
すべての人をあっと言わせるのは
大変なことです。



合わせたワインは
AOP Loberont 2015
"Lou Rinardas"

a0231632_20310725.jpg

赤いベリーのような
ほんのり甘い香りのワインで
私は好きでしたが
「このデザートには合わない」との声も。




チームの皆さん!!


a0231632_20320360.jpg






ラ・メゾン・ダコテは
アラカルト以外に、セットメニューもあります。
ランチは3皿42ユーロ、
ディナーは5皿68ユーロ、7皿88ユーロ。

そして、すぐお隣にはビストロもあるので
とても利用しやすい。
2015年のオープン当時は、このビストロだけでやっていたそうです。

ホテルは8室➕スイート4室。
小規模なところが良いですね。

あと、このレストランの面白いところは
キッチンが全開になっていることもそうですが、
クリストフさん自らがオーダーを取りに来て、
料理をしたキュイジニエ本人たちが
テーブルに料理をサーヴするところ。

こんなアプローチ、パリでは見たことがありません。

地方の一つ星、と聞いて
保守的かなと想像していましたが、とんでもない!!
地元に根ざした、面白い活動がされていました!



今年のゴールデンウイークに
ロワールの城巡りを計画されている方、
ホテルとしても
レストランとして、ビストロとしても、
使いやすいいいアドレスだと思います!
シャンボールまで車で5分
ブロワまでは10分です。


17 rue de Chambord
41350 Montlivault

Tél. : 02 54 20 62 30

contact@lamaisondacote.fr




CÔTÉ BISTRO

Tél. : 02 54 33 53 06

contact@lamaisondacote.fr





おまけ:

道中ひたすらこんな感じ。

フランス、豊饒の大地です。

a0231632_20322604.jpg




* * * * * * *

角野恵子、こんな仕事をしています。→こちら
取材、コーディネート、旅のお手伝い、ご質問etc コンタクトはこちらからどうぞ。→こちら


応援クリックお願いします → にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ




                                                what's new in paris ?  パリ情報毎日更新 → a0231632_18374182.jpg      
   

                                                    my daily life 日々のスナップ集 → a0231632_1838120.png

by keikosuminoleb | 2017-03-30 21:48 | フランスの田舎 / 南仏 | Comments(0)

a0231632_21002856.jpg
日本酒『獺祭』と、フォアグラを合わせるイベントこちら 
お邪魔した、
シャトー・ド・クールバン & Spa NUXE


長年無人だった館をリールのファミリーが購入し、
自分たちのセカンドハウスにリノベート。

すると、狩猟でこの地を訪れる人々が
「もしできれば、1泊泊めてもらえませんかね?」
とたずね始め・・・
ホテルになってしまった、というから驚きます。


聞くと、このファミリーは
リールのインテリア会社の経営者。

どうりで、エントランスから居間、書斎、
客室etc 館全体に統一感があり、
しかも細部までかっこいいわけだ!!



私が泊まった部屋を、ちょっとお見せしますね 006.gif


a0231632_21022272.jpg

窓の外は果てしなく広がる耕地。
木の枝のヤドリギが、フランス053.gif って感じでした。




a0231632_21032412.jpg
バスルームへ・・・




a0231632_21062956.jpg
大胆にど真ん中!
いや〜、夢ですねーーー。
右のドアを開けると、シャワー室、
左のドアはトイレ。
便利に、うまくできてます。



a0231632_21072737.jpg
左右対称が、フランス装飾の基本!
安定感が出て、どっしりビシっと決まる。



a0231632_21084422.jpg
石造りの洗面台
板張りの床は、水を使う場所のみ
石のタイル敷きになっています。




a0231632_21091898.jpg
バスタブの下も、この通り。
いいアイデアですよね!



a0231632_21113115.jpg
左端のピンク色の館に
宿泊しました。
アネックスが他にもあり、石造りの鳩舎(というかな?)を改装した
ユニークな部屋も。
この通りプールもあり、そして
そしてほとんど毎日、こんなに素敵な夕焼けが見れる、という。



a0231632_21440695.jpg
さあ、レストランへ!




客室は1つ1つ、内装が違うので、
よろしければサイトをぜひ。
インテリア取材したら素敵だろうな〜053.gif

ゴージャスでありながら、落ち着く、
本当に「我が家」ですよね。



7, rue du Lavoir
21520 Courban
France
tel. +33 3 80 93 78 69
contact@chateaudecourban.com






*木下隆志シェフが腕をふるった!!
日本酒『獺祭』x フォアグラのマリアージュイベントは、こちら

*この土地でとても盛んな最も古く、最もノーブルな狩猟!
シャス・ア・クールは、こちら






* 海外旅行のwifi、調べました。
フランス1日970円 
サイトから簡単に見積もりができます→ 海外旅行レンタルwifi 楽天トラベルグローバルwifi
イモトのwifiより10円お得。




【お知らせ】
フランスのインテリア、いいですよね。
フランスの、そしてパリのエスプリを
手軽に自宅に取り入れるアイデアを集めた
インテリアの本2冊、
手にとっていただけますと嬉しいです。

 

アマゾンからのお取り寄せは、こちらから
* DIYでつくるパリのインテリア


楽天からのお取り寄せは、こちらから
    ↓
* DIYでつくるパリのインテリア






by keikosuminoleb | 2016-03-02 01:47 | フランスの田舎 / 南仏 | Comments(2)

a0231632_00254697.jpg

Chasseà Courre (シャス・ア・クール)、

または

Vénerie(ヴェヌリ)と呼ばれる狩猟を、

生まれて初めて見せてもらいました。




見た、と言っても、そのスタートに立ち会ったのみで、

一部始終を目撃したわけではありません。

が、かなり、ドラマティックなシーン!

同時に、いろいろ考えることにもなった

体験でした。



*以下の動画は、こちらをクリック→ instagram Keiko Sumino Leblanc

a0231632_00281976.png

シャス・ア・クールは、最も古い狩猟のスタイルで

同時に、最もノーブルな狩猟と言われているのだそう。




なぜノーブルかというと、銃を使わないから。





伝統の装束に身を包んだ騎馬の人々が、

何十匹という犬を引き連れ、森に入ります。


犬たちは、自らの嗅覚と野生的直感だけで獲物を見つけ、

走りに走って追い詰めて行く。

追い詰められた動物が力尽きた時、狩猟が完結する。


人間の役割は、犬たちに的確な指示を与えること、

そして、

力尽きた動物に、最後の一撃を加えること。






騎馬の人々の装束をよく見ると

腰に矢をつけた人がいて、

この矢で、一思いに心臓を突く、・・・。







・・・なんだか・・・

動物の立場になりたくないですね。







しかし、このスポーツ(?)に情熱を燃やしている

当人たちの話を聞くと、

これが単なる残酷な遊びには思えなくなります。




なんでも、動物を射止めること以上に、

犬や馬の感覚を共有し、自然を肌で感じられることが

素晴らしい、と。




しかも、国家の定めたルールにのっとって

一年の決められた期間だけ森に入り(9月から3月まで)、

狩猟が可能な動物の種類と数も

忠実に守るのだとか。




「何かに隠れて動物を銃で撃ち殺すなんて

私には考えられない。

(残酷、卑怯・・・というニュアンスあり)


お腹に子供のいる鹿だっているのに」



と、話していました。




また、



「狙った獲物だけを捉えるシャス・ア・クールには

生か、死か、どちらかしかない」


とも。




銃で撃つハンティングは、正確に撃ち殺せなかった場合、

動物たちは傷つき苦しみながら

2日も3日も森を走り回るそうで・・・








この日、私たちを案内してくれたファミリーは、

猟犬をなんと160匹も所有していると!!


猟犬たちの横腹にはそろいのイニシャルが印してあり、

これはハサミ(バリカンだと思います)を使い

手入れをしているのだとか。

焼印ではありません。

このイニシャルのために

2週間に1度のメンテナンスが必要だそうです。




また、猟犬たちは、牡鹿、イノシシなど、

決められた動物だけを追うように訓練されているそう。

さもないと、何十匹という猟犬が森をかけているうちに

まとまりがなくなってしまいます。




そして当然ながら、一年のうちのシーズン外も

この160匹は生きていて、

いい状態でスタンバイしている必要があるわけです。

そのために、もちろんですが、

犬の世話を専門とするプロのグループが、

代々通年で雇われているとのこと。

私から見ると、どれも同じ顔の犬たちを、

彼らは1匹1匹、名前で呼んでいましたよ!!




犬種は、ポワトヴァンというフランスの猟犬。

* ポワトヴァン

他にも幾つか、

シャス・ア・クールに適した犬種があるようです。







それにしても、

これだけの代償(手間とお金)を払ってでも

シャス・ア・クールをやる。




加えるなら、

伝統の装束はかっこいいですが

防寒には優れておらず、また暑いときでも同じ衣装なので

実用的ではありません。

が、伝統のスタイルを守る。






こうなるともう、私になどにはくちばしを挟む余地もありません。

恐れ入りました・・・! 




かくしてこの2016220日(土)、

彼らは

勇ましいファンファーレとともに森へと向かったのでした。

*上の動画をご覧ください!

この日の猟犬の数は約60匹!







このファンファーレも

シャス・ア・クールに欠かせない伝統の儀式。



最初にグループのチーフが

この日仕留めるべき獲物を宣言し(若い牡鹿!)、

続いて騎馬の人と犬の調教人が

トロンプ・ド・シャスという 

狩猟用ホルンで音楽を合奏。

トロンプ・ド・シャス




この演奏の間、調教人は犬たちに向かって

「後ろで待機!」と繰り返していましたが、

犬たちはもう、気持ちが盛り上がって

たまらない様子。


a0231632_00484233.jpg
首からたすき掛けにしている
細いものが、狩猟用ホルン。




以上、長々と書きましたが、

本当にまあ、

フランスには深い伝統文化があったものです。




そして、こういった伝統に

膨大な情熱とお金注ぎ込む層が

実在するのですね。





ちなみに、このシャス・ア・クール、

1995年以降ドイツとベルギーで、

2005年以降イギリスで、

禁止されています。(wikiによると)








「金持ちが、こんな残酷な遊びをして」



と、私には言えません。

私は肉を食べませんが、

革靴も履くし、革のバッグも使います。

革は、動物由来のものです。




それに



「日本だって、イルカを追い込んで棒で殴り殺す漁を

やっているでしょう?」



という意見もすぐに、思い浮かぶので。



同時に、

近年、私の地元山梨県で話題に上る

野生の鹿による自然への害のことも思い出します。

鹿を保護した結果、増えすぎている、と。





いろんな要因が絡み合い・・・

シャス・ア・クールだけを責める気にはなれません。



が、追い込まれた挙句、

最後に水に飛び込んだ立派な雄鹿の写真など見ると

(大抵、水の中がラストシーンになるそう)

「ああーーーー・・・」 002.gif と思ってしまいますよ・・・









そんな写真を見ていたら(小屋のあちこちに飾ってありました)

「そういえば、ルーブル美術館などで

この場面を描いた油絵を見たことがあるな」

と。

あと、映画『美女と野獣』でも、シャス・ア・クールは

主要なテーマの一つ。

黄金の鹿を狙っていましたね。







というわけで、いろいろ考えるきっかけとなった

シャス・ア・クール。


シャトーホテル 

『シャトー・ド・クールバン』の計らいで

体験させていただきました。

シャトー・ド・クールバン& SPA NUXE



a0231632_00431438.jpg




シャンパーニュを南下し

ブルゴーニュに入る、その入り口にある

小さな石造りの村、クールバン。



森と湿地帯に恵まれた、

代々狩猟の盛んな地域なのだそうです。

ディジョンからだと、北へ約90㎞(車で約1時間半)。




日本からのゲストには、ちょっと不便ですが、

チャーミングなフランスの田舎に佇む

こじんまりとしたシャトーは、

フランス人にはもちろん、

ベルギー人やドイツ人からも人気なのだそう。

NYからわざわざ、狩猟目的でやってくる常連もいるとか。






a0231632_00543849.jpg

私はここの猫と犬が好きでした。



猫の名前はなんと、マドモワゼル・寿司!

暖炉の前のソファーに座り

マドモワゼル・寿司の背中をなでれば

「ここは我が家053.gif」の気分。



a0231632_00562679.jpg
a0231632_00590640.jpg





次回、『シャトー・ド・クールバン』の

木下隆志シェフと

長谷川佐恵シェフパティシエールのこと、

&

日本酒『獺祭』とのコラボイベントのことを書きます。

→ 書きました!! こちら!!



HP → シャトー・ド・クールバン& SPA NUXE

FB → chateau de Courban & Spa Nuxe


7, Rue du Lavoir
21520 Courban
France
te. +33 3 80 93 78 69



*シャトー・ド・クールバン、お部屋の様子は→ こちら!です。





* 海外旅行のwifi、調べました。
フランス1日970円 
サイトから簡単に見積もりができます→ 海外旅行レンタルwifi 楽天トラベルグローバルwifi
イモトのwifiより10円お得。













【お知らせ】
以下、すみのけいこの共著も合わせて
ご覧いただけますと幸いです。













by keikosuminoleb | 2016-02-22 01:02 | フランスの田舎 / 南仏 | Comments(2)
a0231632_35562.jpgAvant le déjeuner sur la terrasse ICI,
j'ai visité les chambres de
La Bastide de Moustier,
le premier établissement d'Alain Ducasse
du sud de la France

… cliquer More ☆↓

スターシェフ、アラン・デュカスの
南仏のホテル、
La Bastide de Moustier
ラ・バスティード・ド・ムスティエ。
テラスでランチこちら! の前に、
客室を見せてもらいました。
ついでに敷地もひとめぐり。


More ☆
by keikosuminoleb | 2014-06-06 16:40 | フランスの田舎 / 南仏 | Comments(4)
a0231632_143352.jpgPause déjeuner sur la terrasse de
La Bastide de Moustier.
Vous fetes environ 1h30 de route
depuis l'Hostellerie de L'Abbaye
de La Celle ICI.
et vous vous retrouvez encore une fois
sur le Paradis, un autre :-)

… cliquer More ☆↓

ラ・バスティード・ド・ムスティエ
テラスでランチ。
オステルリー・ド・ラベイ・ド・ラ・セル、こちら
から、車で1時間半程度 


More ☆
by keikosuminoleb | 2014-06-04 15:08 | フランスの田舎 / 南仏 | Comments(2)
a0231632_19541293.jpgJe termine le reportage de
l'Hostellerie de L'Abbaye de La Celle
par le petit déjeuner ma-gni-fique !!

*voir ma chambre ICI !
*jardin et vigne ICI !!
*diner en rocavore raffiné ICI !!!


… cliquer More ☆↓

アラン・デュカスの南仏のホテル、
オステルリー・ド・ラベイ・ド・ラ・セル
レポート4回目、最終回を
朝食で締めくくりましょう! 


More ☆
by keikosuminoleb | 2014-05-18 02:10 | フランスの田舎 / 南仏 | Comments(2)
a0231632_5214327.jpgIl faut parler de la cuisine
quand on est chez Alain Ducasse !
Après la promenade dans le jardin ICI
et le village de La Celle,
c'est le temps de se restaurer :-)
Le dîner commence par l'apéritif
à la véranda
… cliquer More ☆↓

アラン・デュカスのホテルに
宿泊する、つまり、
目玉はもちろん、食事!
庭の散歩 こちら、に続いて
ラ・セル村を散策した後は、
お待ちかねのディナータイム。


More ☆
by keikosuminoleb | 2014-05-16 22:40 | フランスの田舎 / 南仏 | Comments(0)
a0231632_141573.jpgPromenade dans le domaine
de l'Hostellerie de L'Abbaye de La Celle ICI,
un des hôtels du chef
Alain Ducasse.
Commençons par le jardin avec
les plants aromatique
… cliquer More ☆

スーパーシェフ
アラン・デュカスの、南仏のホテル、
Hostellerie de L'Abbaye de La Celle
オステルリー・ド・ラベイ・ド・ラ・セル。
前回の客室 こちら! に続き、
敷地内の様子を。 ↓

More ☆
by keikosuminoleb | 2014-05-15 00:10 | フランスの田舎 / 南仏 | Comments(0)
a0231632_21195079.jpgMoins de 2h de route
en voiture depuis
Crillon Le Brave ICI près d'Avignon,
je suis arrivée à Hostellerie de L'Abbaye de La Celle
que j'ai rêvé tant, depuis l'interview au chef
Benoit Witz ICI !!

… cliquer More ☆↓

南仏クリヨン・ル・ブラーヴ村こちら を
あとにして、目指すは
アラン・デュカスのホテル
Hostellerie de L'Abbaye de La Celle !! 


More ☆
by keikosuminoleb | 2014-05-10 23:59 | フランスの田舎 / 南仏 | Comments(4)
a0231632_0594318.jpgAprès la promenade dans le jardin
de l'Hôtel Crillon Le Brave ICI,
c'est le temps de se reposer,
youpie :-)

… cliquer More ☆↓

南仏のホテル、クリヨン・ル・ブラーヴの
こちら! を散策した後は、
ようやく、待ちに待った休憩タイム。
アヴィニョンTGV駅からホテルまでは、
レンタカーで40分程度。
(アヴィニョンへは
リヨンからTGVで1時間。
パリからは2時間半。近い!)


More ☆
by keikosuminoleb | 2014-05-10 16:56 | フランスの田舎 / 南仏 | Comments(2)