keiko's paris journal <パリ通信 - KLS> keikoparis.exblog.jp

パリ在住19年ライター&コーディネーター角野恵子目線のパリ情報です。Keiko SUMINO-LEBLANC, journaliste japonaise, FOOD et Life Style.


by KSL
プロフィールを見る

Macaron! ラデュレのマカロン専門店オープン!

a0231632_00350528.jpg


エクレア専門店、
シュークリーム専門店、
ブリオッシュ専門店・・・
今は閉店しましたが、シフォンケーキ専門店もありました。
(*パリ初のシュークリーム専門店ポプリーには⇨こちら!


これら、1つの商品を扱うモノプロダクトのショップが
最近増えています。

そしてついに、マカロン専門店が誕生!
仕掛け人はもちろんラデュレ❤️





レ・マルキ・ド・ラデュレのショップを改装し、
マカロン専門店『Macaron』にリニューアル。

a0231632_00312547.jpg


「レ・マルキ・ド・ラデュレに来店するお客様はいつも
『マカロンはないの? ラデュレなのに?』
と反応されて。

それに、マカロン専門店をラデュレ以外の
他のメゾンが手がけることなどありえません。

そんな経緯からマルキのブティックを
Macaron』にリニューアルしたの」


と、ブランドジェネラルマネージャーの
サフィアさん❤️






さて、他のラデュレブティックにはない
ここだけの特典が3つあります!



歴代の人気マカロンボックスが
ずらり勢ぞろい!



a0231632_00280491.jpg




ハートがついたボックスは
音声メッセージを録音できます。
今年、バレンタインにもらいました〜❤️
ありがとう、サフィアさん❤️❤️❤️

a0231632_00315185.jpg







伝統の大判マカロンがある!


a0231632_01094179.jpg
ちょっとわかりにくいですが、
奥に並ぶマカロンがそれ。

マカロンって、もともとはどら焼きくらいに
大きいサイズだったのですよね。
それが、現在のサイズになって
いろんなフレーバーを
何種類も楽しみやすくなって。
(ピエール・エルメ氏がラデュレのシェフパティシエだった時代に
改革したのだったはず)

でも!
昔ながらの大判はやっぱり美味しい!!

これもサフィアさんの持論で

「ぜひ食べ比べてみて!
お気に入りのフレーバーの大判を食べたら
ミニサイズを3つも4つも食べるよりも
ずっと美味しいから!!
もう完全に別物よ!!」



そうなのです!
あのみっちり感!
充実感のある味わい・・・
もし来店されたら、ぜひ大判を試してください!!!
まさに、食いしん坊を満足させる
グラマラスなお味です!!!!!

ちなみに、レシピも
ミニと大判は違うそうですよ。








購入したマカロンをカスタマイズできる!




a0231632_00294788.jpg

この日はまだ準備が整っていませんでしたが、
ショップ奥のこのテーブルコーナーで
マカロンのカスタマイズをしてもらえるそうです。
(ちなみに写真のマカロンぼっくしは200個入り!
値段は確か600ユーロ)


メッセージを入れたり、
イラストを入れたり?!

楽しみですよね!




『Macaron』by Ladurée
文字どおり、マカロンの殿堂!
マカロンファンのみなさま、
次回のパリ滞在のために
「行くところリスト」にメモを〜❤️


a0231632_00283988.jpg



さて、ショップ見学に続いて
新作の試食を。
(役得・・・ありがとうございます)


a0231632_00310172.jpg


パールのつやが美しい
ピンク色のマカロンは
なんとシャンパーニュフレーバー!
シャンパンマカロンです!

味は、ほんのりカシス風味がして(フランボワーズかな?)
シャンパンと言うよりも
キールロワイヤルのイメージ。
甘さはかなり抑えられていました。
他のマカロンと比べると
だいぶ甘くないです。
その繊細な感じが、女性シェフパティシエ
クレールさんの手柄なんですよね〜。
(*クレールさんは⇨こちら!
(*彼女が手がけたシャンパンアイスは⇨こちら!!




もう1つ、人気フレーバーの
マカロン「マリーアントワネット」も
いただきました❤️
ブルーのマカロンです。

a0231632_00332369.jpg

ラデュレの紅茶に
人気商品の「マリーアントワネット」があります。
ちょっとアールグレイのような
柑橘が香る上品な紅茶。
そのミルクティーを思わせるお味でした。
これ、好み❤️!!!






店内は、まるで
ソフィア・コッポラ監督映画『マリー・アントワネット』
の世界。

a0231632_00321332.jpg

ガーリー&ロック♫

パンクなお姫様?

しびれるー!




a0231632_00330276.jpg




a0231632_00334738.jpg




a0231632_00323245.jpg


男性的に作ったマルキの内装を
よくここまで一新したと思います。




やっぱりガーリー&ロック!

a0231632_00341470.jpg





a0231632_00344062.jpg


Macaron by Ladurée
14 rue de Castiglione
75001 Paris

営業時間:10時〜19時30分(月〜金曜)
9時30分19時30分(土曜)
10時〜19時(日曜)








【ショッピング♫】
ラデュレのダイアリー、翻訳を担当させていただきました。
もう2月ですが・・・
暮らしを素敵にするいろいろなヒントが詰まっています!
ぜひ手にとってご覧くださいませ。





*****

角野恵子、こんな仕事をしています。→こちら
取材、コーディネート、旅のお手伝い、ご質問etc コンタクトはこちらからどうぞ。→こちら

Commented by kanafr at 2017-02-20 02:42
そうそう、こんなにマカロンが市民権を得ず、普通に街のパン屋さんでも売っていた時代は、大判のマカロンでした。
そんな事を角野さんの今回の記事で思い出しました。
でも、私としては、いろんな味をちょこちょこ食べたい欲張りな人間なので、やはり小さいタイプの方が好みかなあ。
せっかくの記事なのに、すみません(-_-;)

ラデュレのマカロンと言えば、昔、こんなにマカロン、マカロンと大騒ぎになるほんの少し前、ある会社で、これから日本向けにパリの商品を紹介したいという事で、パリ市内のマカロンの食べ比べを頼まれたことがありました。
色んなお店のマカロンを食べた後、ラデュレのマカロンの味を尋ねられ「これは、他のマカロンと違って、フレーバーに何を使っているかどうかなどの理屈などいらない、女性が自然に笑みのこぼれる幸せな味ですね」と言ったら、担当者が男性だったせいか「もっと具体的に言ってください」と言われて事を、今ふと思い出しました。
マカロンシャンパン、是非、是非、食べてみたいです!
Commented by keikosuminoleb at 2017-02-20 14:58
> kanafrさん

いろんな味をちょこちょこ食べたい(日本人女性の?)ニーズに応えたからこその
現在のマカロンブームなのだと思いますので
kanaさんの意見に異議なしです!笑
とはいえ、一度、お好きなフレーバーのミニと大判を食べ比べていただきたい!
大判は4つに切り分けて・・・

本当に全然違いますよ!


あと、ラデュレのマカロンのご感想にも同意です。
私も以前、家庭画報のマカロン特集をコーディネートさせてもらったのですが
その時の感想がまさに、でした。
本格派や伝統レシピとは違った、"ラデュレのマカロン"として完成されていると思います。
いつ食べてもやっぱり美味しいと思います。

by keikosuminoleb | 2017-02-18 01:38 | FOOD | Comments(2)