keiko's paris journal <パリ通信 - KLS> keikoparis.exblog.jp

パリ在住20年ライター&コーディネーター角野恵子目線のパリ情報です。Keiko SUMINO-LEBLANC, journaliste japonaise, FOOD et Life Style.


by KSL
プロフィールを見る

パリで日本酒! ラ・メゾン・デュ・サケ! La Maison du Saké

a0231632_05240156.jpg

今年2月にオープンした La Maison du Saké ラ・メゾン・デュ・サケ。
お店の様子は → こちら! にアップしましたが、
ようやく、やっと、
ここのディナーに行きました!

コンセプトはズバリ、IZAKAYA!
メニューも、日本酒に合うラインナップです。
細かく単品で注文するのもいいですが、
この日は
OMAKASEメニュー42ユーロ
(1人分、約10品)をチョイス。

日本酒も、
今月のおすすめ3種類飲み比べを選びました。
厳選3種45ユーロ


a0231632_05252387.jpg
こちら! にも書きましたが、
ラ・メゾン・デュ・サケは月替わりで日本各地の酒造を招待し
店頭で大きく紹介しています。
これまでに、佐賀、四国、などがゲストに。
7月のゲストは京都!





オーナーであり
マネージャー、コンセプターでもある
ユーリン・リーさん。
a0231632_05262811.jpg
酒サムライの一人です。
*シャンパーニュ騎士団、ボルドーワイン騎士などあるように、
日本酒界のシュヴァリエ(騎士)に当たるのが
この酒サムライ。
フランス人酒サムライは現在2人のみ!

この日の3種ラインナップを以下に:
京都 羽田酒造『北山の里』
兵庫県 小西酒造『キュベ小西シュールリー』
香川県 川鶴酒造『川鶴』


a0231632_05270164.jpg
日本酒や和食は
器もいいですよね。
こういうディテールに
フランス人はとても敏感。



a0231632_05273356.jpg


a0231632_05280279.jpg

この日のおまかせメニューは;
やわらか新キャベツと出汁醤油、
枝豆、
コーンのかき揚げ、
茶碗蒸しetc・・・


a0231632_05284238.jpg




鴨南蛮は鴨を抜いてもらいました。
しかしうまかった・・・
a0231632_05292223.jpg
ピリッと辛みの効いた薬味のネギ、
こういうのがフランスにはないのです。

こんなにクオリティーの高い居酒屋メニューを
パリで食べられるなんて〜〜〜!!!




75席の大箱!
a0231632_05295145.jpg
写真左がシェフ。
コルドンブルー出身です!


「たとえ日本酒を紹介するイベントを企画したとしても、
それだけでは不十分なんです。
試飲をしてもらって、
せっかく気に入ってもらえた日本酒も
買いたいと思った人にお売りできなければ
酒蔵さんたちの努力は実を結ばない。

そのジレンマをずっと抱えていました。

そこで、
ラ・メゾン・デュ・サケを作りました」



と、ユーリンさん。
そんな思いがあったのですね・・・



a0231632_05310620.jpg
レストランの冷蔵庫には
約120本の銘柄が並んでいます。
どれも、ユーリンさんが試飲し、
厳選したものばかり。

「この冷蔵庫も今は1台しかありませんが
近い将来もう1台増やす予定です。
毎月約千本の販売量を
3倍にしたいと思っています」


こんなに頑張って日本酒を広めている
フランス人がいるなんて!!
感動しますよ!




こちらは店頭の陳列棚。
夏季はは商品の劣化を配慮して
あまりお店には並べないのだとか。
a0231632_05315687.jpg


ユーリンさん、日本酒と和食の世界
堪能しました!
&
感動しました!!

a0231632_05322621.jpg
左がユーリンさん。
右は、
この日、ディナーを共にした東京の友人の一人。
ユーリンさんお見立ての一本を
私にプレゼントしてくれたのです❤️
ごちです!

この友人も日本酒マニア。
いつか、銀座『い組』に
ユーリンを連れて行きたいね!
あそこには流通しない希少な品が
たくさんあるから。
(『い組』を教えてくれたのも、じつは彼)



さて・・・

プレゼントしてもらった日本酒『古伊万里酒造・前(さき)』を、
パリに引っ越してきてから知り合った
ご近所さんたちと飲みました。
みんな、そのまろやかさに驚き、
「アルコールは体質に合わない」と言っていた
パリジェンヌも、お代わりしたほどです。

フランスででは「saké(サケ)」というと、
大変残念なことに、
中国レストランで食後に出てくる
透明の蒸留酒のことだと思う人がほとんど。
あれはあれでいいとして、
日本酒はワインと同じ醸造酒で
アルコール度数も16度程度、
香りも味わいも繊細な、別物なんだよと
教えることから始めなくてはなりません。
が、飲めばみんな好きになる!
これは例外なし。

ブルゴーニュ出身の若者で
ワインは苦手だけど日本酒は大好物! という人も知っています。

ユーリンさんのような人が、
根っからの美味しいもの好きで食いしん坊な
フランスの人たちに、
日本酒を伝えてくれるのは
本当に嬉しいです。


私もユーリンさん、全力で応援しますよ〜〜〜〜〜!





PS
プレゼントしてもらった
古伊万里酒造の『前(さき)』、
特別なお酒のようで、
蔵元もネット販売をしていないとのこと。
問い合わせはこちらから→古伊万里酒造コンタクト
あー、こんなにいい日本酒を
もう飲んでしまったよー!!!


PS2
7月25日から、私、
パリ13区に住んでいます。
2001年〜リュエイユ・マルメゾン(ナポレオン妃ジョセフィーヌの城)
2006年〜シャトゥー(印象派の島)
合計15年間の
パリ郊外ライフにピリオドを打ちました。
これからも有益で、ちょっとハッピーになれるパリ情報を
たくさんお届けしたいと思います!






*****


角野恵子の共著書、翻訳本、よろしければ手にとってご覧くださいませ。








角野恵子、こんな仕事もしています。→こちら
取材、コーディネート、旅のお手伝い、ご質問etc コンタクトはこちらからどうぞ。→こちら








Commented by Marie at 2016-08-11 04:33 x
わお~引越しされたんですね!おめでとうございます。
13区は、どんなところでしょう?
たまに通う蜂蜜屋さんしか知らない・・・
今度。13区の記事もお願いします~
Commented by chocolat0713 at 2016-08-11 10:50
はじめてコメントさせていただきます。
いつもすてきな情報や美しい写真を見て、フランス・パリLOVEをつのらせています。
10月1日からバレエ友達(40歳を過ぎて、クラッシック・バレエを始め、そのお仲間です)と久々のパリ旅行に出かけます。その際に、宿泊先を13区のシタディンヌ・プラス・ディタリーにとりました。角野さまのお住まいも13区!ということで、何となくうれしくなって書き込みしています。
ラージ・ドール、ユーリンさんのお店、ぜひ行ってみようと思います。
日本は暑くて暑くて大変ですが、パリはいかがでしょう?
これからもすてきな情報をよろしくお願いいたします。
Commented by keikosuminoleb at 2016-08-14 15:49
> Marieさん

ありがとうございます!
いろいろなことがめまぐるしい速さで(無理して急いで??)変化し、
今はまだインターネットも電話もなく、
ダンボールも解けない状態ですが(工事をしなくてはならないことがわかり・・・)
この先どうなるかわからないながらも、
引っ越してよかったとは思っています!

13区いいですよー、この間アップしたブランチの『ラージ・ドール』も13区です!
Commented by keikosuminoleb at 2016-08-14 15:56
> chocolat0713さん

嬉しいコメントをありがとうございます!!
10月のパリ、きっと暑くもなく寒くもなく、
空は秋晴れで、
食べ物も美味しく(生牡蠣、お嫌いでなければ是非ご賞味いただきたい!!)
いい時間を過ごされることと思います!!!
バレエ観劇もご予定に入っているかもしれません。
本当に楽しみですね!!!

プラスディタリーのシタディーヌといえば、私の日本の友達もよく利用します。
すぐそばに立つマルシェが充実しているのですよね、
パリ! って感じです〜〜!!!

パリは今週に入ってようやく気温が上がり始め、
ノースリーブで歩いています。
が、30度は超えません。
日本はかなり過酷な猛暑と聞きます。
chocolatさんもどうぞお体大切に、
そして、万全の体調でパリを満喫されますよう!


Commented by kanafr at 2016-08-16 08:58
まあ、角野さん、お引越しされたんですね。
もう、ご近所じゃなくなったのが、ちょっと寂しい。
でも、13区のプラスディタリーの近くは、私がフランスにきて初めて住んだ場所です。
13区にお引越しされたと知って、懐かしくなりました。
買い物も便利ですし、やはりなんといってもパリ市内は動くのに便利ですよね。
引っ越しって面倒ですが、新しいお部屋での飾りつけを考えるのもまた楽しいですよね。
パリのほうが行動範囲が広がっていいかもしれませんね。
私は、毎年の夏のA線の工事にうんざりしています(苦笑)
Commented by keikosuminoleb at 2016-08-17 13:06
> kanafrさん

鍵の受け渡しをした後、セーヌ川を越えてパリへ向かいながらkanaさんのことを思い出していました。
この景色をいつも眺めつつパリと自宅を行き来していた生活に、ついにお別れをするんだ、と思うと、なかなか複雑な心境ではありました。

現在の最寄り駅はOlympiadesになります。
13区は公団が多い区なんですね、これまでの生活環境とは全く違います。
多少の戸惑いはありながらも、新生活にだんだんと慣れそれを楽しむようになってきました。
確かに買い物(特に日々の日本食材!)はとても便利です!!
ヴェリブも乗るようになったし、もっともっと新生活を謳歌したいと思います!
まずは工事!!笑
(結構問題の多い物件だったのですよ〜〜〜〜・涙)

確かに夏のA線工事は厄介ですよね・・・

by keikosuminoleb | 2016-08-10 18:59 | パリで日本酒 | Comments(6)