keiko's paris journal <パリ通信 - KLS> keikoparis.exblog.jp

パリ在住19年ライター&コーディネーター角野恵子目線のパリ情報です。Keiko SUMINO-LEBLANC, journaliste japonaise, FOOD et Life Style.


by KSL
プロフィールを見る

レ・アル Forum des Halles リニューアルオープン!

a0231632_01462774.jpg

パリのど真ん中、レ・アルが
ついに新しくなりました!
2011年の着工から、5年。
レ・アルのショッピングセンターフォーラム・デ・アル も
綺麗になってリニューアルオープン。

工事中、その進行の様子を垣間見ては
「屋根のうねりが
ザハ・ハディドの新国立スタジアム的だなあ〜」
とか、
「工事現場のコンテナまでおしゃれなんだ!」
とか、
「ダサいレ・アルが、本当におしゃれに変身できるのか?」
などと思いつつ見守っておりましたが・・・


生まれ変わった姿は、こんなに個性的な建築です!




「カノペ」と呼ばれる屋根が特徴。
「カノペ」とは、深い森林の表面を表すフランス語です。

a0231632_01513800.jpg

屋根には隙間があり、
ところどころに空が見え、開放感いっぱい。

a0231632_01530774.jpg


日光と風を感じられる屋根。
まさに「カノペ」!
a0231632_01501887.jpg


オスマニアン建築のブルーグレーの屋根と
21世紀のカノペの対比、共存・・・

a0231632_01565417.jpg

アラン・デュカスの新レストラン『シャンポー』
は、ここ! 地上階部分 ↓
a0231632_12534318.jpg
広場に向かって広がるカノペの
向かって左サイドです。
『シャンポー』については、→ こちらを!


a0231632_01581306.jpg

先日、『シャンポー』のプレスディナーの席で
集まったジャーナリストの面々によると、
この「カノペ」は酷評されているのだそう。
黄色の色が悪い、
雨漏りがする、
など・・・

でも、雨は上手に一枚一枚の羽の淵を伝って
「カノペ」中央の雨樋に集まり、
小さな滝になってしかるべき場所に落ちる仕組み。
それを見た私は
「こういうことだったのか!」
と感心したのでした。


フランク・ゲイリーのルイヴィトン財団美術館もそうですが、
閉じているようで開いているような、
硬いようで柔らかいような、
軽さ、解放感を感じられる建築こそが
21世紀の建築だ、と
ここでも痛感しました。


a0231632_02003780.jpg
周辺も一掃され、清潔そのものに。
雑多でダサかったレ・アル界隈が
おしゃれエリアに変身できそう!
パリ市の努力を思うと、私まで一安心 emoticon-0118-yawn.gif


ついでに、
フォーラム・デ・アルの広告も
まるで「高級百貨店ボンマルシェ?!」と見紛うような洗練度 emoticon-0102-bigsmile.gif
a0231632_13021058.jpg
RERのホームの写真なので暗いですが、
メトロだともっとかっこいいです!


ルーブル美術館間地下のショッピングセンター同様
年中無休です!
パリ、進化しています。







【お知らせ】
21世紀の建築、デザインとは?
フランス人建築デザイナージョゼフ・ディランさんのインタビューを
担当させていただきました。
くまモンの小山薫堂さんインタビューほか
有益な情報のつまった一冊です。


DESIGN for the FUTURE 21組の有識者が語る、21世紀のデザイン ←amazonからお取り寄せ



フランスのインテリア、いいですよね。
フランスの、そしてパリのエスプリを
手軽に自宅に取り入れるアイデアを集めた
インテリアの本2冊、
手にとっていただけますと嬉しいです。

 

アマゾンからのお取り寄せは、こちらから
* DIYでつくるパリのインテリア


楽天からのお取り寄せは、こちらから
    ↓
* DIYでつくるパリのインテリア




*****

角野恵子、こんな仕事をしています。→こちら
取材、コーディネート、旅のお手伝い、ご質問etc コンタクトはこちらからどうぞ。→こちら



Commented by Marie at 2016-05-06 03:57 x
そんなに?使えなくないほど古くもないのに。
Les Hallesを、全取替えしたってことは・・・まえのLes Hallesがみんな好きじゃなかったってことでしょうか?
実はワタシも、キライだったので(笑)。色気がなくいつも迷子にはなるし欲しいモノもなかったし~ 
これはステキですねー!ぜったい行きます。ご紹介ありがとうございます。
Commented by keikosuminoleb at 2016-05-06 04:20
> Marieさん

「パリの恥部」として名高かったレアルなので
なんとかせにゃ、というところはあったと思います。
放っておくと、どんどん汚く、ひどい状態になり、周辺の環境がますます悪くなりますから・・・

でも!
友人のフランス人ジャーナリストの話によると、
以前のあの建築には、非常口が一つもなく(!!)、当時のドラノエ市長にとって
リニューアルは絶対の義務・責務だったのだそうです。
恐ろしいですー!!

Commented by kanafr at 2016-05-09 06:52
まだ以前のレアルが建設中の時代の頃、出張できた事があります。
そしてオープンした最初の頃は、あそこに行けばパリの流行が見れる!っていう勢いだったんですけどね。そのうちだんだん治安が悪くなっていきました。
完成予想図は、パリ市長の横の何かの展示会の際に見た事があり、未来都市観たいになるんだと楽しみにしていました。
ただ、角野さんがご覧になったという天井の部分の雨漏りですが、すぐにあそこを見に行った息子の話では、雨漏りは、やはりあるそうで、地下で撮った写真を見せてもらいましたが、ちょっとした湖状態でした。
部分的にはちゃんとなっていないのかもしれませんね。
Commented by keikosuminoleb at 2016-05-10 04:21
> kanafrさん

勢いのあった頃の旧フォーラムレアルをご存知とは!
kanaさん・・・フランスの大先輩です!!
その事実を書いたガイドブックなり文章なりを
一度も読んだことがないのです。
だいたいが、市場の、ドアノーの時代を懐かしむ調子で。
でも、私も初めてパリに来た時には
あそこで結構買い物しました。
欲しいものが集まっていて、便利だと思ったことを覚えています。
フォアグラの専門店とか、結構高級感があった記憶がありますよ。

で、湖・・・そんなことになっていたのですね。
どういうことでしょう。
どうして地下に?!
不思議・・・


by keikosuminoleb | 2016-05-05 13:20 | パリ 街と人 | Comments(4)