keiko's paris journal <パリ通信 - KLS> keikoparis.exblog.jp

パリ在住20年ライター&コーディネーター角野恵子目線のパリ情報です。Keiko SUMINO-LEBLANC, journaliste japonaise, FOOD et Life Style.


by KSL
プロフィールを見る

Paul Bocuse 2014 ② - ポール・ボキューズ、リヨン近郊のあの店へ!②

a0231632_171015.jpg2014、私のゴールデンウィーク!
Attaquons la suite du reportage ICI,
avec les scènes qui m'ont
impressionnées chez Paul Bocuse
Auberge du pont de Collonges
(NB, vous voyez la flute,
l'image du chef est gravée :-) )

… cliquer More ☆

前回こちら! に続いて、
驚きの体験@ポール・ボキューズを。
写真は、カクテル・メゾン
(フランボワーズ、カシス、クレモンドゥブルゴーニュ)
グラスにボキューズさんのレリーフ。↓



Sur la table voisine…
Loup en croûte feuilletée, sauce Choron
(à partir de 2 convives) 70 euros par personne

a0231632_184312.jpg

私たちの隣のテーブルでサーヴされた、
パイに包んだ魚!



J'aime voir le service à la table.
a0231632_193971.jpg

Loup en croûte feuilletée, sauce Choron
スズキ(だと思う)のパイ焼き、ショロンソース添え。
2人分から注文できて、1人70€。
教科書のメニューですね。


Sur une autre table avec 10 personnes environ,
vous savez ce que c'est c'est deux ballons ?

a0231632_1123010.jpg

10人のテーブルには、なにやら大きな風船が運ばれ、
みんなそろって写メ!



Volaille de Bresse en vessie "Mère Fillioux" 220 euros
(pour 2 ou 4 convives)

On déchire ce ballon d'abord et on découpe une belle volaille
qui se trouve à l'intérieur après.

a0231632_113544.jpg

Volaille de Bresse en vessie "Mère Fillioux"
ブレス鶏の膀胱蒸し焼き“フィイウ母さん流”,220€。
(2人または4人分)
牛の膀胱の中に、まるまる1羽のブレス鶏が入っていました。
まず風船状に膨らんだ膀胱を破り、
ツヤツヤのブレス鶏を切り分けてサーヴ。
牛の膀胱はとても丈夫なので、鶏の水分をしっかりとキープし、
ジューシーに仕上げてくれる、という。
19世紀のレシピのようです。
アルミホイルやオーブンペーパー、シリコンの無い時代の
すばらしい知恵に感服。




Monsieur en costume rouge joue la musique
pour le client qui fête l'anniversaire.

a0231632_1171345.jpg

赤いコスチュームのムッシューが、
オルガンを演奏。
すると花火の付いたケーキがテーブルに運ばれる、という
バースデーのサプライズ。
この日は2回も見ました。(3回だったかな?)




Ma copine a commandé
un Filet de boeuf Rossini, sauce Péringueux, 60 euros
Enorme comme montagne.

a0231632_1535542.jpg

Filet de boeuf Rossini, sauce Périgueux
牛フィレ肉のロッシーニ風、ペリグーソース、70ユーロ。
ロッシーニ風=トリュフ、
ペリグーソース=トリュフ。
そびえ立つ立派な盛り!
大きなフォアグラまでのっかって・・・
友人が注文、そして完食。
てっぺんのマッシュルームの細工がおちゃめ。




Le service de desserts à la princesse… !
a0231632_15345997.jpg

デザートのサーヴ中は、お姫様気分!
かつて宮廷では、こんなのが日常だったのだろうなー、と
しばし想像しました。




La boutique du restaurant.
a0231632_15371352.jpg

レストラン内のショップ。
ここで、ボキューズさん柄のお皿やグラスなどが買えます。
著書もたっくさん!




On peut acheter les assiettes du restaurant ici, entre autres.
a0231632_15375977.jpg

何かお土産にひとつ、欲しくなります。




OPINEL !
C'est vrai qu'il coupe très bien ce couteau.

a0231632_1543562.jpg

オピネルが!
よく切れますからね、
厨房でも使われているのでしょう。




Portrait des grands chefs avec
Auguste Escoffier, Antonin Carême...

a0231632_15391262.jpg

壁にはグランシェフのポートレートが飾られ、
案の定(そして当然)
アントナン・カレームと
オギュスト・エスコフィエから始まっていました。




ancien premier ministre du Japon, Ryutaro HASHIMONO !
a0231632_15411553.jpg

橋本龍太郎夫妻のお写真も。
総理大臣就任時代かな。




"Rue des Grands Chefs", à l'extérieur de l'établissement.
a0231632_15455846.jpg

レストランの外壁は、
“グランシェフ通り”と名付けられ、
有名シェフたちを描いたフレスコ画で覆われています。



On voit Le Loup en croûte et la soupe aux truffes noires...
a0231632_15475375.jpg

スズキのパイ包みと、
黒トリュフのスープ!!




Et le chef japonais, Shizuo TSUJI, avec son ouvrage.
a0231632_15505464.jpg

日本人料理人、辻静雄さん。


a0231632_17565766.jpg

そして厨房。

キッチュ、時代錯誤、
そんなこと、とても私には言えません。
ここはフランス料理のミュージアム。
本でしか見たことのないレシピを、実際に私たちに提供してくれる、
そんな店がちゃんと今もあるということに、
ただただ、感激します。
銀座すきやばし次郎で、次郎さんににぎってもらうことは
一生無いと思うけど、
ポール・ボキューズは、貯金して挑みさえすれば来れる。
飲み物も合わせて、一人250ユーロ程度だったかな・・・
本や油絵の中でしか見たことの無かった
料理、サーヴィス、盛りつけを、
実際に体験できました。
ボキューズさん、重ねて、ありがとう!




Kitch, démodé... on ne peut pas considérer comme cela
car ce restaurant dépasse du tout.
C'est un véritable musée de la gastronomie française, je crois!

a0231632_16283858.jpg

restaurant Paul Bocuse
Auberge du pont de Collonges
40 Quai de la Plage
69660 Collonges au Mont d'Or
Tél. : 04 72 42 90 90






* ce que j'ai mangé ce jour,
voir ICI !!

* この日の私のテーブルは、こちら









a0231632_16472161.png*** Blogランキングに
チャレンジします!
どうぞ応援してください →
Commented by あたふた at 2014-05-05 09:21 x
わあ!本当にフランス料理の博物館ですね!何事も基本を知ることって、とても大切な気がします。日本料理もしかり。。今なかなか懐石料理なんて行かないですけど、たまにはやはり伝統や文化を勉強するためにも行かなくてはいけないですね。
先日、八戸でたまたま次郎さんの後輩弟子の方のお店でお寿司をいただきました!カウンターに7人座ったら満席の小さな店、総て大将のペースで進んで行く店、そして大将を中心にお客が全員で一つの空間を作る店(面白い事にみんな色々な繋がりがあったりして)、次郎さんの店も昔はそんな店だったそうです。今ではなかなかご本人に握っていただけないそうですね、、。

私もブログをやっていれば、「遊びに来て下さい!」と言いたい所ですが、何せマメでないのでなかなか始められず、、。
友人にも日記代わりになるからと勧められるので、いつかは、、、と思っているのですが。。
Commented by keikosuminoleb at 2014-05-05 14:32
*あたふたさま、
八戸の、次郎さんの後輩弟子のお店・・・!
私も是非体験したいものです。いつかきっと・・・
昨年末、日本に里帰りした時に
友人につれられ築地のお寿司屋さんでさくっとランチしたのですが、
並んで待ったり、カウンターでおまかせを食べたり、
つるっと清潔ないたさんが切れの良い所作でサーヴしてくれたり、
そのような一連の流れがこれまた文化だな、と
強く実感され新鮮でした。
フレンチの仰々しいサーヴィスもすごく好きなんですが、
対極にある寿司屋のそれもまた、気持ちよく。

ハイエースの旅は進行中ですか?
そろそろご自宅に戻った頃かしら・・・
本当にちらっとでも拝見させてもらいたいです、
あたふたさんのハイエースの旅!
Blogを始められたら一番に教えてくださいね!!!

by keikosuminoleb | 2014-05-04 18:13 | France 地方・田舎 | Comments(2)