keiko's paris journal <パリ通信 - KLS> keikoparis.exblog.jp

パリ在住20年ライター&コーディネーター角野恵子目線のパリ情報です。Keiko SUMINO-LEBLANC, journaliste japonaise, FOOD et Life Style.


by KSL
プロフィールを見る

Paul Bocuse 2014 - ポール・ボキューズ、リヨン近郊のあの店へ!

a0231632_16103453.jpg2014、私のゴールデンウィーク!
C'était mon rêve!
J'ai en fin déjeuné chez
Paul Bocuse, le vrai, qui se trouve
au bord de la Saône

cliquer More ☆↓

ついに体験、ポール・ボキューズ!
美食のワンダーランド、
ガストロノミーの博物館に
ランチに行きました。
リヨン中心部からは、
タクシーで20分強、
ソーヌ側沿いののどかな場所にあります。




A l'entrée, on voit la cuisine.
C'est ici la scène !

a0231632_1620766.jpg

入るといきなり、ガラス張りの厨房。
ここが“ステージ”!!





ビックリハウス的な外観に比べると、
内装は落ち着いたもの。
まっすぐテーブルに通され・・・
a0231632_16155628.jpg




La table est dressée assez simplement mais avec
beaucoup de détails qui évoquent "le musée de la gastronomie"…
ou bien le parc d'attraction culinaire !

a0231632_16241153.jpg

紙のメニュー(これ、意外でした)を広げて・・・
テーブルアレンジも、拍子抜けするほど(?)シンプル。
主役はあくまでも料理、という意気込みが伝わってくるのは、
ここがポール・ボキューズだからかも知れません。
とはいえ、ディテールのあちこちに
美食のアミューズメントパーク的要素があって、
なんともお茶目で楽しい。

さて、何をたべようか。
コースメニューに惹かれたものの、
ついてゆく(食べきる)自信がなく、アラカルトでチョイス。
前菜に、かの有名なトリュフのスープ、85€
メインは、リヨン名物のクネル(また!)、59€
そしてデザート。
シンプルな構成にしました。





Nous avons composé notre déjeuner à la carte :
entrée -
soupe aux truffes noires V.G.E. (plat créé pour l'Elysée en 1975) 85 euros
plat -
quenelle de brochet aux écrevisses, sauce Nantua 59 euros
desserts -
aux choix !!

Commençons par l'amuse bouche.

a0231632_16214066.jpg

まずはアミューズ。




Bonjour M Bocuse :-)
a0231632_16263067.jpg

食べ終わった小皿の底に、ボキューズさん発見!
もちろんこの小皿、
レストラン内のブティックで購入できます。
まさに、美食のアミューズメントパーク!




La fameuse Soupe aux truffes noires...
a0231632_16291463.jpg

soupe aux truffes noires V.G.E. (plat créé pour l'Elysée en 1975) 85 euros
ジャジャーン!
1975年、エリゼ宮で振る舞われるためにあみ出されたレシピ。
やっと出会えた・・・



Incroyablement chaude, vraiment!!
a0231632_16324771.jpg

熱い、とのことでしたが、本当に熱く、
食べるまでしばらく待ちました。
スープ壷の内側一面に、黒トリュフが敷きつめられ、
その中を
フォアグラや牛すじ肉を煮込んだ具沢山のブイヨンが
満たす、という。
澄みきったブイヨンの、きれいなお味。

こういうフランス料理、小さい時にどこで見たんだろう?!




Belle Quenelle, joliment dressée.
a0231632_16361974.jpg

quenelle de brochet aux écrevisses, sauce Nantua 59 euros

そして、メイン。
小エビをあしらったクネル。
ナンチュアソースの甲殻類エキス、濃かったです。




J'ai adorée cette petite assiette de légumes al dente
qui accompagnée la quenelle.
Belle glaçage, non?

a0231632_1638030.jpg

付け合わせの春野菜、これ、気に入りました!!
美しいグラッサージュ、
火の通し加減はアルデンテ。
濃い紫色のマメは、あずきですよね?
ほくっとほどよく固く、ほんのりひろがる甘味を楽しみました。




Alors, avant d'attaquer le dessert…
(mais malheureusement, on n'a pas pu toucher à
aucune de ces mignardises... trop mangé!
Mais quel dommage! )

a0231632_21251170.jpg

デザートへ行く前に、小さなスイーツの盛り合わせ。
他のテーブルにはずらららら===と
チーズが並んでいましたが・・・
すでに、かなり限界的にお腹いっぱい。
たぶん、前日のブションリヨネこちら! が、
影響していたのだと思います。




今思うともったいないことこの上ないのだけど、
これ、どれ一つ手を付けてない!
リベンジせねば。
a0231632_21274675.jpg





Les desserts arrivent...
a0231632_2130423.jpg

そしてデザートー♡
料理人の教科書でしかみたことのない品々の
オンパレードにカンゲキ〜!




手前から、プラリーヌを添えたメレンゲ、
シャルロット・オ・フレーズ、
サントノレ。
a0231632_2133276.jpg




タルト・オ・フランボワーズ、
ガトー・アンバサドゥール(!!!!!)
ババオラム、
ガトー・オ・ショコラ。
a0231632_2135129.jpg






Gâteau Ambassadeur.
Je n'ai vu pour la première fois en vrai.
Je ne le connaissais que sur le livre.

a0231632_21375686.jpg

ガトー・アンバサドゥールなんて、
生まれて初めてこの目で見た!
グリーンのマジパンがたまらん・・・




Mais, incroyable variété de desserts!
a0231632_21404079.jpg

コンポートいろいろ、
フルーツサラダ、
クレームブリュレ、
ボジョレーに漬け込んだベリー・・・
いったい、全部で何種類?



ババオラムイーターの私は、
やっぱりこれ。
きめ細かな蜜な生地は、
今まで食べたババには無かった初の食感。
こういうババもあるんだー・・・
a0231632_2142338.jpg

以上で、憧れのランチ終了。
こうして写真を見ると、あんがい適量で、
どうしてあのとき、あんなにお腹いっぱいになったのか
よくわかりません。
料理の密度がすごかった、ということ? かもです。





Restaurant aux Trois étoiles depuis 1965…
Je n'étais pas encore née.

J'ai été très contente de pouvoir faire cette expérience.
En fait, on ne connait plus la vraie cuisine française
que l'on voit sur les livres de cuisinier.
Je vous montrerai la prochaine fois
plus de photos des plats étonnants que j'ai faites pendant cette occasion.

Merci M Paul Bocuse de ne pas avoir changé!

a0231632_21495025.jpg

私が生まれる前から、ずーーーーーっと
三つ星なんですね。
本当にすごいことです。
ガストロノミーの歴史に名を残す料理人の料理を
本人の目の黒いうちに味わうことができてよかった。

この日、ポール・ボキューズでみた
このほかの伝統レシピ、伝統の皿の数々は、
次回のBlogで。
圧倒的でしたよ♡

ミシュランマンよ、オールヴォワール!




En espérant d'y revenir…
a0231632_21513397.jpg

restaurant Paul Bocuse
Auberge du pont de Collonges
40 Quai de la Plage
69660 Collonges au Mont d'Or
Tél. : 04 72 42 90 90




* suite de cette expérience est ICI!
* 続きは、こちら









a0231632_23303314.png*** Blogランキングに
チャレンジします!
どうぞ応援してください →
Commented by フォルナリーナ at 2014-05-04 14:58 x
こんにちは、毎回拝見しております!!

まッ、今回はボキューズですか!! 羨まし過ぎ〜!!
新国立美術館のブラッスリー P ・ボキューズでハーフを戴きましたが、生トリュフじゃなく瓶入り?だったので牛スジの香りばかりで・・。具も少ない感じだったような?? 他のお料理は好きでした。クレームブリュレは、バニラたっぷり。

そういえば、先日、アメリカの料理学校の C・I・A (カリナリー・・)を検索していたら、ボキューズ氏のご子息が入学なさっているとのこと(時期は不明)、以外でした。

学費が超高額なことでも有名ですが、アメリカでは絶大な人気があるんですよね。10年ほど前、料理人誕生(渡辺葉さん翻訳)という本で知りました。分校に F・B・I (フード&ビバレージ・・)があるそう?なんですが、検索できませんでした。(笑)

では、次回も異次元行きを(笑)楽しみにしています!!

Commented by フォルナリーナ at 2014-05-04 15:05 x
訂正
以外→意外
Commented by keikosuminoleb at 2014-05-04 18:28
*フォルナリーナさま、
アメリカの料理学校のこと、知らなかったですー!
そしてボキューズ氏の息子さんが・・・これも知りませんでした。
たしかフロリダのディズニーワールド(だったと思いました)の
ボキューズレストランは、息子さんが厨房を守っているのだったと
思いましたが・・・

ボキューズ氏、ディズニーと仲良しのようで、
リヨン郊外のこの店の中にも
あちこちにミッキーのオブジェがありました。
お茶目なおじいちゃんなんでしょうね。
ご本人に会わねばですよ!!

by keikosuminoleb | 2014-05-03 23:31 | フランスの田舎 / 南仏 | Comments(3)