keiko's paris journal <パリ通信 - KLS> keikoparis.exblog.jp

パリ在住19年ライター&コーディネーター角野恵子目線のパリ情報です。Keiko SUMINO-LEBLANC, journaliste japonaise, FOOD et Life Style.


by KSL
プロフィールを見る

ROBOY sur magazine japonais MAGONO CHIKARA - 『孫の力』 未来の孫ロボット? ROBOY

a0231632_17391723.jpgLe 25 janvier 2014,
Magono Chikara vol. 16 est sorti.
Ce magazine japonais offre
aux messieurs de plus de 60 ans
des informations sexy, rock et
fashionable !!

… cliquer More ☆↓

1月25日発売
『孫の力』16号の、P128〜131
担当させてもらいました。
なんと、ロボットの話題。
スイスで開発された
腱駆動型ロボット、ROBOYくん。




Dans ce numéro, je m'occupais d'un sujet
sur ROBOY, humanoïde suisse
issu des derniers technologies.
Moi, je suis journaliste de la gastronomie et de l'art de vivre,
qui a énorme chances d'avoir des amis spécialistes dans tous les domaines !
En France et au Japon, en plus.
Mille mercis à M Rafael Hostettler, chef de projet ROBOY,
et Dr. Rolf Pfeifer de l'Université de Zurich,
pour vos interviews,
et à mon frère, de m'avoir aidée.
J'ai adoré cette expérience.

a0231632_22525988.jpg

腱駆動型ロボット とは、
人間の身体と同じように、骨格、筋肉、腱でできているロボットのこと。
人間と同じ滑らかな動きをします。

なぜロボットに、人間と同じ動きが必要なのか?
未来のヒューマノイドに求められる、インタラクティブ性とは?

Roboy君に出会った人々は、皆、彼のことを好きになるのだそう。
これというのもRoboy君が、インタラクティブなヒューマノイドだから。
詳しくは『孫の力』をご覧くださいませ!

開発チームプロジェクトマネージャーの
ラファエル・ホステトラーさん、
Roboyのスピリチュアルファーザー、ロルフ・ファイファー教授、
インタビューほかのご協力、ありがとうございました!

そして今回、私を助けてくれた、日本の専門家にも感謝。
本当にありがたいことです。
(今までも、薬のこと、タイヤ製造のこと、不動産のことなど、
日仏の専門家の友人たちに助けられています・・・)



*『孫の力』16号、こちらからもご購入いただけます↓ 



『孫の力』は60代男性に向けられた、
セクシーでロケンロールな、カルチャー・ファンション・総合雑誌です!
(認識大丈夫かな?)






a0231632_1742386.png*** Blogランキングに
チャレンジします!
どうぞ応援してください →
by keikosuminoleb | 2014-02-03 23:44 | 本・雑誌・お知らせ | Comments(0)