keiko's paris journal <パリ通信 - KLS> keikoparis.exblog.jp

パリ在住20年ライター&コーディネーター角野恵子目線のパリ情報です。Keiko SUMINO-LEBLANC, journaliste japonaise, FOOD et Life Style.


by KSL
プロフィールを見る

Manufacture du chocolat Alain Ducasse - ショコラ by アラン・デュカス

a0231632_23315977.jpgDupuis le 20 février 2013,
la manufacture du chocolat
Alain Ducasse
ouvre ses portes dans le quartier
populaire à Bastille

... cliquer More ★↓

2013年2月20日、
ショコラ・アラン・デュカス
マニュファクチュールが
パリ11区の庶民的エリアにオープン。
ここバスティーユ界隈は、
家具屋や職人の街として
栄えた伝統があるそうです。




Ici, comme son nom l'indique,
on fait la fabrication du chocolat de A à Z.
Les clients pour voir le travail des artisans par la fenêtre depuis la boutique.
Sur la photo, M Alain Ducasse et M Nicolas Berger,
le chef chocolatier de Manufacture,
sont en train de vérifier leur travaille...

a0231632_23441268.jpg

ショコラ・アラン・デュカス・マニュファクチュールは、
その名の通り、チョコレートの製造工場
この場所で、チョコレート作りが
1から10まで行われています。
写真左は、アラン・デュカスさん、
右は、このアトリエのシェフ・ショコラティエ、ニコラ・ベルジェさん。



La boutique fait un peu comme le Musée des Arts et Métiers
à cause de son décor en matières brutes.
D'ailleurs M Berger travaille avec des matériaux anciens!!

a0231632_23484892.jpg

「チョコレート製造に必要な機械の、ほとんどすべてを
中古品で見つけました」
と、ニコラ・ベルジェさん。
古い道具、そしてマニュファクチュールのエスプリを反映し、
店内の什器も「パリ工芸博物館」を思わせるマテリアル&デザイン。




La cohérence jusqu'au packaging !
Matière brute, esprit manufacture, vente en directe ...

a0231632_063336.jpg

商品パッケージも、もろに「素材感まるだし」で、なんと
カートン仕様。
「直売」のイメージを、大切にしていることが伝わりますね。



J'ai eu la chance de visiter dans l'atelier qui se trouve juste derrière
les mures vitrés.
Comme j'ai dit, c'est vraiment de A à Z de la fabrication du chocolat :
stockage des fèves de cacao qui viennent de 11 pays différents,
torréfaction, concassage et broyage, conchage...
Même le praliné est fait maison !!

a0231632_0132388.jpg

ガラス張りの壁の向こう、アトリエの中も、
見学させてもらいました。
第1の部屋は、カカオ豆のストック場。
カカオ豆は11カ国、13の地域のものを厳選。
焙煎の機械、焙煎したカカオ豆を砕く機械も、ここに。




Tous les étapes sont visibles pour tout le monde
si on vient dans la boutique comme client.
Cela peut-être une bonne animation pour les enfants...!!

a0231632_0161954.jpg

砕いたカカオ豆はすりつぶし、ペースト状に。
さらに液体になるまで滑らかにしてから、今度は粉末化。
粉末にした後初めて、砂糖や粉ミルクを混ぜ
私たちが食べるチョコレートのモトの固まりとして
いったん完成させるそう。
そしてさらにこの固まりを加工して、
私たちが食べるチョコレートボンボンや板チョコ等、
完成品へと高めて行きます。

そんな行程を一通り見せてもらいましたが、写真撮影を忘れました。
しかし、これらすべてを、店に行きさえすれば、
ガラス越しに見ることができます。
上の写真は、調合が完成したチョコレートをさらに加工し、
型に流し入れているところ。


a0231632_019216.jpg

J'ai goûté le praliné tout frai et été très étonnée car
c'était salé !
J'ai bien senti du sel.
Les grains du praliné étaient assez grossiers, pas tout à fait lisse,
et j'ai trouvé cela très intéressant, goûteux, authentique...


a0231632_0224412.jpg

チョコレート製造のAtoZがここで行われる、
まさに、マニュファクチュール!
パリに有名チョコレート店はたくさんありますが、
このマニュファクチュールのコンセプトは、ここだけ。

作りたてのプラリネ(100%自家製!)を
食べさせてもらったら、塩がきいていてびっくり!
ざらりとザラメ感のある舌触りも、自家製らしいと思いました。
美味しかったです!
チョコレートそのものの話は、また次回に・・・




Il y a beaucoup de bons chocolatiers à Paris mais
aucun n'est dans ce concept de manufacture.
Encore une fois il nous étonne M Ducasse
et c'est toujours dans le but de la transmission de savoir-faire.

a0231632_027696.jpg

マニュファクチュールだから、
高級ショップの並ぶ取り澄ましたエリアではなく、
あえて庶民の街、職人の街のバスティーユに
店を構えたということでしょう。
伝統の技術を後世に、という思いも含め、いろいろ感じました。
板チョコ 6€〜
ボンボン 21個詰め25€〜
*チョコレートについてはこちらをぜひ!





Tablette de chocolat à partir de 6 euros,
Bonbons de chocolat à partir de 25 euros pour 21pièces...
Je parlerai à la prochaine fois sur leurs chocolats.
*merci de voir ICI sur le chocolat!!


a0231632_1951545.jpgLE CHOCOLAT Alain Ducasse
40, rue de la Roquette
75011 Paris
ouvert de 10h à 19h
fermé le lundi et le dimanche 
営業時間:10時〜19時
定休日 :日・月曜



















a0231632_20285415.gif*** Blogランキングに
チャレンジします!
どうぞ応援してください →
Commented by カトウ at 2013-03-13 09:09 x
おお、ランキングはじめたのね~。早速1位じゃないか!
そして、デュカスのショコララトリー、素朴なパッケージ&内装&道具類、気になるわ。
もちろん、おいしのは間違いないでしょうし。
次(いつ?)は、行かねば。
Commented by keikosuminoleb at 2013-03-13 15:16
*カトウさま、
おかげさまで17人中では1番となっています(笑)
デュカスのチョコレートは、プラリネのざらっと感と塩味、
ガナッシュの滑らかな舌溶けが、とても印象に残っています。
塩味プラリネのために、近々また来店したい。

by keikosuminoleb | 2013-03-12 00:29 | FOOD | Comments(2)