keiko's paris journal <パリ通信 - KLS> keikoparis.exblog.jp

パリ在住20年ライター&コーディネーター角野恵子目線のパリ情報です。Keiko SUMINO-LEBLANC, journaliste japonaise, FOOD et Life Style.


by KSL
プロフィールを見る

Reims, sa Cathédrale et Chagall - ランスのノートルダム大聖堂とシャガール

a0231632_4411246.jpg

J'ai rêvé depuis plus de 10 ans de visiter la Cathédrale de Reims,
la patrimoine mondiale de l'UNESCO, et je l'ai fait la semaine dernière.


10年以上前から、ランスのノートルダム大聖堂を見てみたい、と
夢見ていました。
世界遺産、ステンドグラス・・・
それが先週、現実に。



M Michel Dovaz m'a appris qu'ici tous les Rois français se sont fait sacrer
et puis "On voit la vigne dans le relief" puisque c'est la région
de Champagne!!!

a0231632_4422196.jpg

ワイン評論家のミッシェル・ドヴァーズさんは、シャンパンの専門家だけあり
シャンパーニュ地方のこの教会のことをよくご存知で、
① フランスの歴代国王の戴冠式が、ここで行われたこと、
② 教会の中に葡萄の葉のレリーフがあること、
を、教えてくれました。



C'est cela la vigne?
Le motif est bine pinot noir?

a0231632_4451290.jpg

つまりこれが、葡萄の葉のレリーフでしょうか?
ピノ・ノワールか??
それだけこの土地にとって、シャンパンは重要だった、ということでしょうか。
それとも単に、この辺一帯、葡萄畑に囲まれていた?
調べたいです。



J'ai continué jusqu'au tout au fond de la Cathédrale et découvert
des vitraux de Marc Chagall!
Juste magnifique...
Cette Cathédrale a vécu une histoire très dure que je ne connaissais pas
et c'est pourquoi on voit aujourd'hui l'ouvre de l'artiste relativement récent...
Mais quelle histoire!! La France!

a0231632_44719.jpg

更に先に進み、教会の一番奥に到達すると、
そこにはなんと、シャガール作のステンドグラス。
この教会は1210年の火災に始まり、100年戦争、フランス革命、第一次世界大戦
と、厳しい歴史を生きぬいてきたのだそうです。
何度も破壊され、建て直されたからこそ、近代の芸術家であるシャガールの作品が
1974年に設置されることにもなったのでしょうが・・・ 
それにしても、なんとまあ、フランスの歴史はヘヴィー!
そして常に、血と共にあります!!!


INFO *ランス駅へはパリからTGVで40分程度、TGV料金は30ユーロ程度(時間帯で金額が変わる)。
ランス・ノートルダム大聖堂までは、駅から徒歩で10分程度。トラムもあります。

Commented by ちゃこ at 2012-06-22 11:24 x
微笑みの天使のいる大聖堂ね〜。薔薇窓もシャガールも美しい!
Commented by keikosuminoleb at 2012-06-22 15:22
*ちゃこさま、
その「微笑みの天使」はスルーしてしまい・・・無教養が悔やまれます。
また、「ピノのワールのレリーフ」というのが、やはり存在するそうです。
リベンジしか無いですね。



Commented by ちゃこ at 2012-06-23 19:45 x
リベンジリベンジ〜!
Commented by keikosuminoleb at 2012-06-24 09:16
*ちゃこさま、
します! 
パリから45分程度、しかも料金も往復で60ユーロ程度、と知ったからには!
by keikosuminoleb | 2012-06-19 03:03 | フランスの田舎 / 南仏 | Comments(4)