KSL paris journal <パリ通信 - KLS> keikoparis.exblog.jp

パリ在住18年ライター&コーディネーター角野恵子目線のパリ情報です。Keiko SUMINO-LEBLANC, journaliste japonaise, FOOD et Life Style.


by keikosuminoleb
プロフィールを見る
a0231632_02060913.jpg
この4月、新しく生まれ変わった
レ・アルのショッピングセンター、フォーラム・デアル
ここに、かのアラン・デュカス氏のレストランがオープンし
話題です!
「ダサいレ・アル」が「イケてるレ・アル」に変身したことを、
これだけ明確に象徴する出来事はありません。

店の名前はChampeaux シャンポー。

デュカスさんのお話によると・・・

「シャンポーは、1800年に
このすぐ向かいの商工会議所広場にオープンした
レストランの名前です。

同時に、中世の時代から
この辺りは『シャンポー』(小さな畑・原っぱ)
と呼ばれていた歴史がある。

生まれ変わったフォーラム・デアルに
新しいレストランをオープンするにあたり、
21世紀のブラッスリーの原型になるものを作ろうと思いました。
そこで、1800世紀のレストランを
2016年に蘇らせたのです。

店のロゴは、
私が収集している古い料理文献の中に
シャンポーのオリジナルメニューがあるので、
そのメニューから、当時のタイポグラフィーを引用しました。

21世紀に蘇る、1800年の老舗、
それを実現することができ、嬉しいです」



デュカスさん、この日のプレスディナーにご招待くださり
本当に有難うございました!

21世紀のブラッスリーには
バーカウンターが欠かせません!
オリジナルカクテルも6種類あり。
a0231632_02035176.jpg


オリジナルカクテルの中から
「ラ・アル・デ・アル」をチョイス。
a0231632_02150784.jpg
グレイグース・ウオッカbyアラン・デュカス
アラン・デュカスセレクションの日本酒がベース!
デュカス一色の1品!!



そしてこの日のディナーemoticon-0152-heart.gif
前菜は、季節の野菜の温&冷サラダ 14ユーロ
a0231632_02160784.jpg
いいレストランの野菜料理は、本当に絶品。
野菜そのものが「いいもの」なんですよね〜〜〜


メインはヨーロピアンシーバス 28ユーロ
(カジュアルな店でも、高級店流のサーヴィス!)
a0231632_02172629.jpg


魚の下に敷いたソースが、
ゆず味噌のような和の風味・・・
あれはなんだったのか? 美味しかったー!
a0231632_02182127.jpg



デザート
チョコレートのスフレ 12ユーロ
a0231632_02190804.jpg
スフレはこの他に、
オレンジ&コワントローと
ピスタチオ&塩バターキャラメルがあり。
チョコレートはアラン・デュカスのマニュファクチュールのものを使用。
(*マニュファクチュール
ル・ショコラ・アランデュカスについては→ こちらを!
とても軽く、いっぺんに3種類制覇できそう。
アイスクリームと一緒に食べることを計算した
抑えた甘さなんでしょうね。


a0231632_02205192.jpg
クロックムッシュー(12ユーロ)や
タルタルステーキ(20ユーロ)など
定番のカフェメニューもあって、
それらはいつ、どんな時間でも注文できる仕組みです。
ランチやディナーの時間に左右されずに済むので
旅行者や、忙しい現代人に好都合。

また、ブラッスリーの伝統に則って
1週間の曜日ごとに
日替わりのプレート(22ユーロ)があります。
金曜日のクネル、
食べにきたいぞー。
ナンチュアソースと明記されているので、
きっとパリではなかなかお目にかかれない
本格派のはず!!



黒板メニューではなく、
昔の終着駅にあったような(または空港のような)
パタパタパタ・・・と表示が変わる掲示板が
メニューボード。
余談ですが、北駅の発着表示が
このパタパタから電光に変わり、どんなにがっかりしたことか!
ここで再会でき嬉しいです・・・
a0231632_02363907.jpg
↑あまりよく見えませんが、
サーヴィスの面々のエプロンが
肉屋の片がけエプロンになっているのです!
レ・アル在りし日の姿を彷彿とさせるこのディーテール。
いいですよね〜〜〜〜emoticon-0152-heart.gif
(蛇足かも、ですが、「レ・アル」は中央市場の意味で、
60年代まではここにパリ中央市場がありました)




180席の大スペース!
NYみたい!!(って行ったことありませんが)
a0231632_02214291.jpg


a0231632_02262934.jpg


ガラス張りの向こうに
ライトアップされたサントゥスタッシュ教会が見えます。
a0231632_02273869.jpg

現代のダイナミズムと
昔からここにあったような暖かさ、
その両方が混在するブラッスリー。
ある意味、今のパリらしいと感じます。
(*今のパリを象徴する『サマリテーヌの改装工事』は、こちらを!
a0231632_02284324.jpg
restaurant Champeaux
Forum des Halles La Canopée
75001 Paris
営業時間 : 11H30 - 深夜
(木〜土曜は翌1時まで)
tel : +33 1 53 45 84 50




外から見ると、こんな感じ。
a0231632_02303256.jpg

レ・アルの新しい顔となった、この透明の屋根は
「カノペ」と呼ばれています。
カノペとは、深い森林の表面のことだそうで、
面白い名前をつけるなあと。

a0231632_02312887.jpg
この屋根の下に、たくさんの、いろんな人が集まって
いい時間を過ごしますように。
そんな願いが名前に込められていると
感じますよね。

より良い未来へ向けての都市開発を、市と、建築家と、シェフ、
そしてそこで働くスタッフみんなが
一緒になって推し進めている、そんな実感も得られた
と言ったら、大げさかな。

デュカスさんの店は、パリだけでも
オー・リヨネ、
ブノワ(こちら!)、
レッシュ、
スプーン、
ジュールヴェルヌ(こちら!)、
プラザアテネ(こちら!)・・・
などなど、数多くありますが、
このシャンポーはとても使い勝手のいい店だと思いました。
何せ、11時30分から深夜まで、ノンストップ営業、
席数も多いので、予約なしでも心配いらず。
いいですよね、こういうお店!





*レ・アル改装のムーヴィ、結構すごいです!→ Réinventer les Halles, 2011-2016

今回もデュカス氏の写真を撮り逃しました。
次回こそ絶対!








*****


角野恵子の共著書、翻訳本、よろしければ手にとってご覧くださいませ。








角野恵子、こんな仕事もしています。→こちら
取材、コーディネート、旅のお手伝い、ご質問etc コンタクトはこちらからどうぞ。→こちら








# by keikosuminoleb | 2016-05-03 00:42 | FOOD | Trackback | Comments(4)